音楽と仕事の日々

Youtubeのお気に入りの音楽と仕事のヒント

Tag:資料の作り方



「良い資料作成術:パターンを覚える」でご紹介しました、資料の作り方の1パターンをご紹介します。

続きを読む



「良い資料作成術:パターンを覚える」でご紹介しました、資料の作り方の1パターンをご紹介します。

続きを読む



「良い資料作成術:パターンを覚える」でご紹介しました、資料の作り方の1パターンをご紹介します。

続きを読む


「良い資料作成術:パターンを覚える」でご紹介しました、資料の作り方の1パターンをご紹介します。

続きを読む


「良い資料作成術:パターンを覚える」でご紹介しました、資料作り方の1パターンをご紹介します。

■目の動きの習慣

「良い資料」と言うのは、なかなか定義が難しいですが、ひとつには

  相手の読む習慣に合わせて作る

というのがひとつの条件ではないかと思っています。

以下の例を見てみてください。

★――――――――――――――――――――――――――
。るあで人一の傑英三。名大国戦・将武のてけかに代時山桃土安らか代時国戦、は長信田織
――――――――――――――――――――――――――★


よめました?
※右から左に書いてみました。

アラビア文字を使う人を除き、横書きの文章は大体左から右に読みますよね。

★――――――――――――――――――――――――――
織田信長は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名。三英傑の一人である。
――――――――――――――――――――――――――★


のようなものだと、後者のほうが「読みやすい」と感じるわけです。

以前の記事

 情報の流れ

でも書いたように、人の目の動きの習慣というものにもっと注意位を払ったほうが資料は読みやすくなります。

■見た目のいい資料のポイント

ここで感じた「読みやすい」と思えるポイントは「左から右」「上から下」に読むとわかるようなバランスになっていることです。

また、人は一度方向になれるとそれを継続するように働きます。
つまり、一旦方向を決めたら変えないことです。

あるページは横書きで、あるページは縦書で書いたのでは、読みにくいことこの上ないです。

別の記事

 良い資料作成術:資料は一貫性が大切

で書いたように、パターンを決めたら変えないことです。

もちろん、高等テクニックとして、わざと変えて相手(読み手)の注意を引く、という方法であれば、「アリ」ですが、読みにくさは変わりません。あえてそれを使うだけの戦略的理由がなければ、変えないほうが無難です。

◆このテーマのおすすめ図書


Excelによるドキュメント作成術―もっとも欲しかった技術者のためのパソコン活用法

管理者のWord仕事術―デジタル・ドキュメントの効率的作成と編集・加工・発信のすべて

Wordでラクラク数式作成―MicrosoftWordによるテクニカルドキュメント作成術)

会社を継いだ男たち――ドキュメント2代目の挑戦

仕事で使える!GoogleドキュメントChromebookビジネス活用術

外資系コンサルの資料作成術---短時間で強烈な説得力を生み出すフレームワーク

■関連する記事

良い資料作成術:目の動きの習慣を利用する

「良い資料作成術:パターンを覚える」でご紹介しました、資料作り方の1パターンをご紹介します。目の動きの習慣「良い資料」と言うのは、なかなか定義が難しいですが、ひとつには相手の読む習慣に合わせて作るというのがひとつの条件ではないかと思っています。以下の例を見てみてください。。るあで人一の傑英三。名大国戦・将武のてけかに代時山桃土安らか代時国戦、は長信田織..

良い資料作成術:バランスを揃える

「良い資料作成術:パターンを覚える」でご紹介しました、資料の作り方の1パターンをご紹介します。見た目がいい「良い資料」と言うのは、なかなか定義が難しいですが、ひとつにはパッと見てバランスがいいというのがひとつの条件ではないかと思っています。たとえば、2つの円グラフを並べて表示するときに、左右の大きさが違うと、バランスが良く見えません。それが、大きな方を強調したいがためにわざとバランスを崩しているのなら問題ないのですが、たまたま..

良い資料作成術:3割の空白を作れ

「良い資料作成術:パターンを覚える」でご紹介しました、資料の作り方の1パターンをご紹介します。「すし詰め」は見た目が悪い「良い資料」と言うのは、なかなか定義が難しいですが、ひとつにはぎゅうぎゅう詰めではないというのがひとつの条件ではないかと思っています。織田信長は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名。三英傑の一人。尾張国(現在の愛知県)の古渡城主・織田信秀の嫡男。..

良い資料作成術:資料は一貫性が大切

いわゆる「ホワイトカラー」の仕事の多くは資料を作ることに費やされてます。仕事とは書類を作ることとみたりメールを書くにしても、ドキュメントを作るにしても、プレゼン資料を作るにしても、ひたすら考えたことを文章やプログラムにしていく作業です。変数名を間違えると正しく動作しないプログラミングをやったことがある人はわかるでしょうが、プログラムというのは、大別して、アルゴリズム(処理)と変数・定数から成り立ってます。変数や定数には名前をつけるのです..

良い資料作成術:パターンを憶える

メールにしても、資料にしても、ちょっとした一工夫で、見やすくなったり、作成の時間が大幅に短縮されたりします。思考フレームワークなどもこのパターンのイチ種類ですね。仕事がデキる人がたくさん持っていると言われる「引き出し」という言葉がありますね。メールや資料の作成でも、この「引き出しの多さ」が、その良否、ひいてはあなたを1目おかせる存在へと引き上げてくれます。過去記事でもいくつか紹介してますし、大小様々な「良いパターン」「いいフレームワーク」はありますので、是非関連記事を..

結起承転結

私の会社では、7月は昇進昇格の面接の季節です。面接で良い点をもらうためのヒントを時々書いてますが、きょうは、話し方について。面接官として、昇進に対してNGを出す人の多くのパターンは・リーダとしてビジョンを描けていない・話に説得力がない・コンピテンシーがみあたらないという場合です。本日はこのうち、話に説得力がないについて。話していることがわからない…一番困るのが、こういうタイプ。これも2つにわかれまして、・声が小さかったり、聞き取りにくくてわからない・聞こ..

↑このページのトップヘ