音楽と仕事の日々

Youtubeのお気に入りの音楽と仕事のヒント

Tag:英語


続きを読む


私の周りには「英語が得意」という人があまりいません。
※先日中国でお会いした人(中国人)は、TOEICが920点という方がいましたので…。
※ちょっとびっくりな点ですが。
※この時は、その人の片言日本語と、こちらの片言中国語+片言英語で会話しました。

ただ、私の会社は海外(中国語圏と英語圏)に関係会社があるので、英語も中国語も使わないわけには行きません。なんとか、おおよその意思が通じる程度には使っています。
続きを読む


続きを読む


以前、英語文化圏の人とコミュニケーションするようになって、結構困るのが

 語順が違う

というところ。

続きを読む



英語の勉強も兼ねて、休憩時などには英語のニュースを読むようにしてます。

続きを読む

以前、英語文化圏の人とコミュニケーションするようになって、結構困るのが

 語順が違う

というところ。

続きを読む

続きを読む

私の周りには「英語が得意」という人があまりいません。
※先日中国でお会いした人(中国人)は、TOEICが920点という方がいましたので…。
※ちょっとびっくりな点ですが。
※この時は、その人の片言日本語と、こちらの片言中国語+片言英語で会話しました。 続きを読む


食事の時間などの何かしているけど脳みそは動かしていないようなときというのは、「ながら××」をする絶好の機会です。
私は社内ではメールを見たり、タブレットやスマホを取り出して、メルマガやニュースを読んでます。

本日は、ニュースを読むことについて。

■英語のニュースを読む

私は原則日本語のニュースはあまり見ません。自分に直接関わりのあるようなことなら、いずれ周囲の人や新聞記事などで目に入るからです。

それよりも、英語で提供されている外国(主に米・欧・中)のニュースを読みます。
もちろん、スラスラ読めるわけではなく、恐ろしく時間がかかりますが。

「Google Play ニューススタンド」というアプリはアンドロイドを使っていれば標準で入ってます。

これは、主に英語のニュースを流してくれます。写真がおおく貼り付けられているので、英語の文章の意味がわからなくても、写真をみればなんとなく分かるような気がします。

また、日本関連のニュースは

 Japan Today Japan News
 http://www.japantoday.com/

 The Japan Times Online
 http://www.japantimes.co.jp/

 NHK WORLD DAILY NEWS
 http://www.nhk.or.jp/daily/english/

がお気に入りです。「Japan Today Japan News」は非常に短くまとめられているので、流し読みには最適。

「The Japan Times Online」や「NHK WORLD DAILY NEWS」はだいたいひとつのニュースで3,000語〜5,000語位あるので、ちょっと読むのに時間がかかりますが、これが英語を素早く読む練習になります。NHKのサイトでは英語の音声でも聞くことができます。

■中国語ニュース

これは、「Google Play ニューススタンド」でも読むようにできますが、主に使っているのはこちら

 NHK中国語ニュース
 http://www.nhk.or.jp/nhkworld/chinese/top/news.html

 人民網(「人民日報」のサイト)
 http://www.people.com.cn/

 新華社
 http://www.xinhuanet.com/

■普段から外国語に触れておく

確かに日本語に比べると外国語のニュースは読みにくいです。読むのにやたら時間がかかります。

それと普段から外国語に触れていないと、いざというときに「英語が出てこない」みたいなことになりかねないので、ちょっとしたスキマ時間にリハビリ?を兼ねて読むようにしています。

過去記事でも書きましたが、あるがまま読むと速読できるでも書きましたが、日本語と英語・中国語の最もおきな違いは語順です。これらの外国語をいちいち返り読みしていたのでは素早く読むことはできません。その言語の語順のとおりに読むように指定ないと、いざというときにリアルな会話についていけなくなってしまいます。

私は仕事上、英語や中国語でメールを受けることもありますし、直接、ネイティブな人と話をする機会もあります。
このため、普段から、英語脳や中国語脳を意識して使うようにしています。

最初は苦痛ですが、1ヶ月もすれば慣れます。
そして、外国語のサイトを見ながら食事などをしていると、結構「おっ!」と言われますよ(そっちが目的だったりして)。

■同じテーマの記事

目標の意味より目的の意識に働きかける

よく、目標を明確にしなさいと言われます。しかし、経験的に言うと、目標を明確にしても、人は動いてはくれません。経営計画などを発表した時は通常、利益目標とか売上目標とかを発表しますよね。もし、目標が明確なら人が動くのであれば、社員を集めて1時間も2時間も社長が話す必要なんてありません。メールに添付するなり、社内Webに載せるなりすればそれでOKです。でもそうはならない。そ..

成果を上げる5つの条件

より高い成果を上げるためには、成果が出せる仕組みを作ることが大切です。ではその仕組とはどのようなものでしょうか?仕組み自体は、業態や担当している業務によって様々な形がありますが、必ず必要になるものは普遍的にあります。P.F.ドラッガーはこれを5つの条件としてまとめ、『経営者の条件』に記述しています。1.時間を管理すること2.貢献に焦点を合わせること3.強みを生かすこと4.重要なことに集中すること5.成果をあげる意思決定..

人を動かす:人に好かれる原則6「重要感を与える―誠意を込めて」

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:ディール・カーネーギー本日のお言葉:重要感を与える誠意を込めてお言葉の出典:『人を動かす』どうも人を褒めるというのはあまり得意ではありませんが、なるべく意識して褒めるようにしています。それもその人が他の人といるときに。よく、「褒めるときは大勢の前で、叱るときは二人っきりで」と言われますが、おそらくいろんな心理的な要素もあってこういうことを言うんでしょう。なるべく実践を..

サラリーマンの人生設計の3つのコアプロセス

サラリーマンの人生設計は3つのコアプロセスを検討すると、今持っているパフォーマンスの選択と集中ができるようになります。3つのコアプロセスとは、こういうものです。コアプロセスとスキルの結合力組織の中で結合力を発揮する組織で結合力を発揮するうえで、参考になる本があります。アメリカで CEO や経営幹部のアドバイザーとして絶大な信頼を寄せられているラム・チャランとハネウエル・インターナショ..

英語を学ぶより本を読んだほうがいい

英語は使えるに越したことはないいまどき仕事をしていれば、「英語」というのは気になるテーマのひとつではあります。ちなみに私の仕事はというと、一時期はマレーシアや中国にいた期間もあり、そのときは殆どが英語や中国語の時間だったりしましたが、いまは随分減ってきている感じで、英語と中国語を扱っている時間がそれぞれ 1〜5% くらい。会話ではなく、殆どがメールですが。のこりは日本語の時間。ただ、昨今の風潮、会社として TOEIC を推奨してたり、昇進の条件にしたりしている会社も..

人を動かす:名前を覚える努力をする

私は、人の名前を覚えるのがあまり得意ではありません。なので、過去記事でも書きましたが、初めて合う人の名前を連呼する中途面接の印象を良くするコツ:面接官の名前を覚えなさい忘れた名前のごまかし方など、名前の覚え方には結構関心を持っています。本日は、名著『人を動かす』にかかれていた名前の覚え方に関する記載のご紹介。Pたいていの人は、他人の名前をあまりよく覚えないものだ。いそがしくて、覚え..

批判しない、建議し行動せよ、さもなくば忘れよ

宮仕えをしていれば、不満に思うことは多々あります。ただ、私は不満に思っても、それをすぐに打ち消すようにしています。批判しない一度リーダーと決めたら、徹底的に仕えよう「うちの社長はころころ意見を変えるから、ついていけないよー」「課長は無理難題ばかり言うから、他の課に変わりたい … 」よく聞く話です。まともにそのまま受け取っていたら、同情したくなりますよね。しかし、本当にそうでしようか?..

人を動かす:人に好かれる原則2:聞き手にまわる

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:ディール・カーネーギー本日のお言葉:聞き手にまわるお言葉の出典:『人を動かす』自分のことばかり話す人間は、自分のことだけしか考えない。長年コロンビア大学の総長をつとめたニコラス・バトラー博士は、それについて、こういっている「自分のことだけしか考えない人間は、教養のない人間である。たとえ、どれほど教育を受けても、教養が身..

しないことリストがあなたの生きる武器となる

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:中島孝志本日のお言葉:しないことリストがあなたの生きる武器となるお言葉の出典:『仕事ができる人の「しないこと」リスト』たぶん、このブログを読んでいる人なら知らない人はいないとは思いますが、一応中島孝志氏のプロフィール早大政経学部、南カルフォルニア大学大学院修了。 PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタ..

リーダーシップとマネジメントを平易な言葉で言ってみる

「リーダーシップ」「マネジメント」は自分の評価を上げるための2大キーワードです。ただ、これ、英語そのままで使われているので、「じゃあもっと分かるように説明してみて」と言われると案外できないひとが多いです。普段の上司と部下の会話で、こういうちょっと理屈っぽいことを話す機会はほとんどありませんが、昇進・昇格面接などだと、時々聞きます。「リーダーシップ」ってどういうことですか?と聞くと、結構長々と説明してくれます。傾向としてよくありがち..

ジョークのなかに本音がある

上司と話していて、上司が「冗談」を言うことがありますよね。私は、上司の言う冗談はかなり気を使って聞いてます。たぶんですが、それが上司の本音です。上司や取引先の冗談には、本音が隠されている多くの上司が好んで使うのが、ジョークである長く部下をやってきて、さらには上司も経験して、気づいたことがあります。それは上司の冗談には、本音が隠れていることがしばしばある、ということ..

↑このページのトップヘ