音楽と仕事の日々

Youtubeのお気に入りの音楽と仕事のヒント

Tag:理解力


ホワイトボードに説明を書いてもらったときや、パワーポイントなどにまとめたときなどに「説明が上手いなあ」と思う人と、なにを書いているのかさっぱりわからない人がいます。

文章を書くにしても図解をするにしても、こういうのがうまくできるようなコツがあります。
過去記事でも何度か触れてますので、ちょっとご参考までに。

続きを読む


本記事でも時々紹介してますが、新聞の社説を図解するというのは、理解力の向上に非常に効果があります。

★――――――――――――――――――――――――――

私は、この図解しながら文章を読む読解法を「図読」と呼んでいるのですが、分厚い経済白書や大部の論文でも、新聞の社説や数ペ1 ジ程度の論文やエッセイと同様に読みこなしてしまうことができます。それなりの労力は必要ですが、頭を抱えたまま一歩も前に進めない、といったことはまずありません。

(著) 『図で考える人は仕事ができる
――――――――――――――――――――――――――★


しかしながら本書にあるように、社説程度の長さならまだしも、本を一冊まるまる図解するというのは並大抵ではありません。

ただ、しばしば紹介してますように本の要約をするときに、結局頭のなかでこういう「図読」をして、それをまとめているんだなぁと思い当たるところもありましたので、本日は実際に私がやれているわけではありませんが、本書にあった図読の技術についてご紹介。

■図読の手順

実際に本書に書いてある図読の手順を引用しておきます。

★――――――――――――――――――――――――――

・読むべき文章とA4サイズの紙を用意します。それと書きやすいペンと蛍光色などのマーカーを揃えます。
・初めにマーカーを片手に文章を一度読み通してみます。
 あくまでも自然なスピードで読み進み、ポイントと思われる箇所、重要と思われる部分、おもしろ表現などがあれば、印をつけていきます。もちろんわからないところも出てきますが、そういった場所にも印をつけておき、とりあえず全体像をつかむために読んでみます。
・いったん最後まで読み通したら、印をつけたところをヒントに、おおまかに内容全体を図にする努カをしてみます。
 といっても特に決まった方法があるわけではなく、先ほどマーキングしたキーワードを A4 の紙に書き出し、マル印で囲み、他のキーワードとの間に線や矢印を引いたりしながら、
  「これとこれはどういう関係かな?」
  「これが展開していくと、そうか、こっちと結びついていくのか」
 などと考えながら、図にしていくわけです。
 いわばラフなデッサンとして、とにかく頭のなかを整理してみるつもりで図解を描いてみます。
 私はこれを「仮図解」と呼んでいます。
・次にこの仮図解を見ながら、もう一度文章に戻り、最初の読書ではわからなかった部分、もっと詳しく知りたい部分を意識して読んでいきます。
 そして、新しく発見したキーワードや、気づいた関係をさらに仮図解のなかに書ぎ込んでいきます。
・その後、この仮図解に追加した情報も含めて、あらためてすっきりとした形に描き直してみます。
 仮図解のときには混沌としていても、この段階で全体に整合性がとれていれば、図解はバランスのよい、安定した形をとり始めます。
 すると、頭のなかがだいぶ整理されて、文章の内容が自分のものとして把握できた気持ちになってくるでしよう。
 線や矢印で結びつけているということは関係が明らかだということであり、自分なりにわかったところ、わからないところがはっきりしてきます。さらに、図解に手を入れる過程でいろいろと考えていると、もとの文章には書かれていなかった新たな関係を発見し、感動を覚えることもあります。
・そして雑誌などで解説する場合は、こうして完成した図解にそって素直に文章を書いてしまえばいいわけです。
・図解を見ながら書いていると、高い見晴台に立って全体を見渡しているようで、本質的な粗筋もよく把握できていますから、自分自身でも強い納得感があり、不安を感じることがありません。図解のなかで納得のいかない部分があるとすれば、それは「何がわからないかが、わかる」ということになります。

(著) 『図で考える人は仕事ができる
――――――――――――――――――――――――――★


という手順です。

■図読をやってみた

ただ本を紹介するだけでは面白く無いので、本書の手順にそってやってみました。
出来上がった図は恥ずかしいので公開しませんが、その中で感じたことは

 ・本書にあるように理解が非常に進む
 ・A4サイズの紙では書ききれない
 ・最初に配置したものはほんの出現順になっており、それぞれの関係を先で結んだり、自分の考えたキーワードを加えたりすると、線だらけになってあとでどれが本当の接続だかわからなくなるので、
    仮図解 → 本図解
  の2回ではムリ
  書き直し4回目でやっと見られる図になった。理解度やスキルにもよるが、4〜5回の書き直しが目安か。
 ・まともにやろうとすると、丸1日潰れる。途中でやめると、それまで頭にあったことが飛んでしまって、ゼロとは言わないが相当後戻りしてしまう。

ということでした。
※本書の著者は仕事としてやっているので、経験値も高いでしょうし、仕事なら時間をかけてでもやる効果は高いとは感じます。

ただ、もしやれれば本当に強力な方法であることは冒頭に書いたとおりです。
いちど、「これは!」と思う本をやってみてはいかがでしょうか。

ちなみに私は

 『本を読む本

でやりました。こちらも名作なので、機会があれば紹介したい一冊です。


■参考図書 『本を読む本

本書は、1940年米国で刊行されて以来、世界各国で翻訳され読みつがれてきた。読むに値する良書とは何か、読書の本来の意味とは何かを考え、知的かつ実際的な読書の技術をわかりやすく解説している。初級読書に始まり、点検読書や分析読書をへて、最終レベルにいたるまでの具体的な方法を示し、読者を積極的な読書へと導く。単なる読書技術にとどまることなく、自らを高めるための最高の手引書。




◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

本を読む本
著者 :モーティマー・J.アドラー

本を読む本
検索 :最安値検索

本を読む本
検索 :商品検索する



●関連 Web
 上から目線の「本を読む本」を10倍楽しく読む方法
 Wikipedia:モーティマー・アドラー

●本書を引用した記事
 メトロノームとインターバルタイマ
 「読まない」という読書術
 あるがまま読むと速読できる
 英会話ができるようになる?「英語モードスイッチ」
 本と読みながら用語を調べてはいけない
 注釈本の使い方
 図読(図解読書)する

●このテーマの関連図書


読書について他二篇(岩波文庫)

読書術(岩波現代文庫)

知的複眼思考法誰でも持っている創造力のスイッチ(講談社 α文庫)

「分かりやすい表現」の技術―意図を正しく伝えるための16のルール(ブルーバックス)

読書力(岩波新書)

読書の技法誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門





■参考図書 『図で考える人は仕事ができる

 図で考える人は仕事ができる―久恒圭一図解Web
 http://www.hisatune.net/html/02-kenkyuu/tyosaku/bookde/shigotogadekiru/2002-shigoto.htm




◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

図で考える人は仕事ができる
著者 :

図で考える人は仕事ができる
検索 :最安値検索

図で考える人は仕事ができる
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 図解トレーニングで反射神経が鍛えられる
 アナログ時計を使う
 100%書いてはいけない
 図読(図解読書)する
 トレーニング不要の思考整理術

●このテーマの関連図書


図で考える人の図解表現の技術―思考力と発想力を鍛える20講

[カラー改訂版]頭がよくなる「図解思考」の技術

図で考える人は仕事ができる実践編

図で考えるとすべてまとまる

「図で考える」ことができる人、できない人

入門考える技術・書く技術



■同じテーマの記事

図解トレーニングで反射神経が鍛えられる

ちょっと想像してみてください。あなたの会社の社長が、今年度の経営計画について説明をしています。「社会環境が〜〜」「会社の業績が〜〜」「競合他社の動向が〜〜」::(中略):「だから、我々はをしなくてはいけないんだ!頑張ろう!」たぶん、毎年繰り返される光景ですよね。でも、たいてい覚えてません。唯一、覚えているのは、社長が「をするぞ!」と言ったという部分だけ。※下手をすると、そこす..

本と読みながら用語を調べてはいけない

あまり読んだことのないジャンルの本を読むときに、「単語の意味がさっぱりわからない」ということがありますよね。たとえば普通のサラリーマンが仕事以外で第2の収入源を持とうとして投資に関する本を読んだ時など。最近はタブレットで本を読んでますので、ちょっと気になる単語があると、その場でWebなどで言葉の意味が調べられるようになったのですが、これがまた読書に悪影響を及ぼします。私の場合だと、知らない単語をWebで調べる↓そこに書..

図読(図解読書)する

本記事でも時々紹介してますが、新聞の社説を図解するというのは、理解力の向上に非常に効果があります。私は、この図解しながら文章を読む読解法を「図読」と呼んでいるのですが、分厚い経済白書や大部の論文でも、新聞の社説や数ペ1 ジ程度の論文やエッセイと同様に読みこなしてしまうことができます。それなりの労力は必要ですが、頭を抱えたまま一歩も前に進めない、といったことはまずありません。久恒啓一著『図で考える人..

書く目的を明確にする

過去の記事で、「ノートを書くこと」や「メモすること」の手法について、いくつか書いてきました。メモ術の極意ベストノート術2012メモは簡潔がいい?詳細に書く?端カットメモ高速メモの技術1高速メモの技術2高速メモの技術3図読(図解読書)する付箋紙手帳を読む習慣をつける常にテキストエディタを起動しておく日誌はテキストファイルに書くまあ、それぞれの技術は、関連書籍や Web などを参照していただくとして、なぜ、ノートやメモを書く必要があるのかについて、..

トレーニング不要の思考整理術

なにか考えるとき、多くの人がやるのは腕を組んで上を見ることだそうです。私にも覚えがあります。大きく「ふ〜〜〜ん」と言いながら。でも、これ実は思考がぐるぐるまわるだけで、答えがあまり出ません。考えるときにはペンを持つそれにバランスのとれた考えや整合性のあるアイデアは、図にしてみてもやはり安定感があります。「なにか図のバランスが悪い」という感じがして、よく確かめてみたら問題点..

アナログ時計を使う

PC時計はシンプル イズ ベストちょっと周りを見回してください。あなたの周り、見回して時計が見えますか?生活でも必要なのですが、仕事となると、時計がないと何かと不都合です。私の場合、仕事時間の95%は目の前にPCがあるので、PC画面の隅につねに時計が表示されています。私の愛用はYTClockこれを使うようになったポイントは、アナログ時計でシンプルであること。以前にご紹介したArtTips..

100%書いてはいけない

自分の話に人を引き込むコツのひとつに全部を言わないというものがあります。これは配布資料についても言えます。あとで読めばいいやよく、資料などで詳細な情報が書かれていて、概要を口頭で説明するようなプレゼンをすると、下ばかり向いて資料をペラペラめくっている人が出ます。言いたいことは全部書いてあるので、自分の知りたいところに集中してしまって、こちら(プレゼンター)の話に気が向かないという状況になります..

箇条書きに注意

箇条書きに注意何かのレポートを書いたり、メールを書いたりするとき、複数の論点を上げるのによく使われるのが箇条書き。全部を文章でだらだら書く人っていませんよね。確かにポイントが見やすいという利点があるので、たぶん学生のころから、箇条書きを勧められてきた人が多いのではないでしょうか。ところがこの箇条書き、いろいろ落とし穴があります。簡単に言うと、論理が1次元になってしまって、すべてがカバーされているかどうかがわからなくなってしまうことです。つまり構造が..

↑このページのトップヘ