音楽と仕事の日々

Youtubeのお気に入りの音楽と仕事のヒント

Tag:学ぶ



 「仕事に限らず、恒常的に勉強していることはありますか?」
 「最近、学んでいることや勉強になっていることはありますか?」

こんな質問を昇進面接・昇格面接・中途採用面接で聞くことがあります。

以前、中途面接でした時には、こんな答えが返ってきました。

 「中途採用面接に関することです…」

あれれ…。

続きを読む


学習という行為をするためには、たった2つの方法しかありません。
つまり、何かを勉強したいと思うなら、2つにひとつ、あるいはこの両方をするしか方法はありませんので、勉強を始めることは意外と簡単です。

その方法とは

 1.人に教わる
 2.書籍に教わる

です。
続きを読む


学習という行為をするためには、たった2つの方法しかありません。
つまり、何かを勉強したいと思うなら、2つにひとつ、あるいはこの両方をするしか方法はありませんので、勉強を始めることは意外と簡単です。

その方法とは

 1.人に教わる
 2.書物に教わる

です。
続きを読む



 「仕事に限らず、恒常的に勉強していることはありますか?」
 「最近、学んでいることや勉強になっていることはありますか?」

こんな質問を昇進面接・昇格面接・中途採用面接で聞くことがあります。

以前、中途面接でした時には、こんな答えが返ってきました。

 「中途採用面接に関することです…」

あれれ…。

続きを読む


長文なので、2回に分けてお送りします。
今日はその後編。

現場力とは、自分の職場や職務における活動を通じて、成果を引き出す能力のことです。これのためには、大別して7つの力が必要です。

 1.見える力
 2.探る力
 3.試す力
 4.動かす力
 5.学ぶ力
 6.伸ばす力
 7.出る力

続きを読む


長文なので、2回に分けてお送りします。
今日はその前編。

現場力とは、自分の職場や職務における活動を通じて、成果を引き出す能力のことです。これのためには、大別して7つの力が必要です。

 1.見える力
 2.探る力
 3.試す力
 4.動かす力
 5.学ぶ力
 6.伸ばす力
 7.出る力

ちょっと具体的なチップスではありませんが、こういった体系化をしておくのも必要かと。

■見える力

よく言われる「見える化」をする力です。
これは、製造現場だけで使われるものではなく、オフィスにおいても重要なことです。つまり、

 問題点が見えるような仕組みを作る

ことです。

そこで大切なのは、

 ・数値化
 ・トレンド
 ・共有

の3つ。何でもかんでも数値化する。その数値は若干曖昧でもいいです。もちろんコンピュータ化する必要はありません。

「システム思考」では、縦軸に「悪さ加減、良さ加減」をとって、横軸に時間をとって変動グラフを書きます。そのレベルでも構いません(「時系列変化パターングラフ」といいます)。

このようなトレンドが把握できると、問題点がどこにあるのかはっきりします。

■探る力

「見える力」で見える化した状況から、原因はどこにあるのかを探る必要があります。つまり、推論です。

私はTOCの思考プロセスをよく使います。

当然、人間が作っているシステム(業務のプロセス)ですので、問題がないなどということはありません。というか、問題だらけ
その中で、注力しないといけないのは、繰り返し発生している問題です。

これを見つけて、その原因は何なのかを掘り下げて考えないといけません。
ここは考えることと、その考えに沿って、事実を集めることです。

■試す力

いろいろな問題点の根本原因に行き着いたとしても

 ・その推論は正しいか
 ・その対策は有効か

はやってみないとわかりません(もちろん、有効だと信じてやるのですけど)。

以前の記事で「仕事は楽しいかね?」という本を紹介しましたが、ここにあるとおり、すべての業務は、必ず成果が出るものではありません。

 成果が出そうかどうかを見極める

ことがやるべき業務なのです。
だから、対策を考えたら、まずそれをやってみる。そしてその結果を評価するということを繰り返しやるべきなのです。

対策は1つではいけません。複数個の対策を持ち、それを次々と試していく、そういったスピード感をあなたの上司は評価しているのではないでしょうか。
※多分、それができない上司には見切りをつけたほうがいいかも。

■動かす力

会社という組織にいる以上、一人で業務が完結するということはありえません。
自分の部門であったり、別の部門であったりするとは思いますが、とにかく、他人を巻き込んで活動をすることが必要です。

このためには、他人と問題点を共有し、対策について理解を得、協力してもらえるように説得することが重要。
そのためにも、「見える力」で紹介した「見える化」が重要になってきます。単なる感覚では説得力を持たないからです。

ビジュアルかつ論理的な内容で、相手を納得させ、相手の感情(情熱)を引き出していく、こんな交渉力をつけて行かないといけません。

この記事でも時々心理学的な他人への働きかけの方法を紹介してますが、こういった技術を通じて、相手を動かすようにしましょう。

さらに、これを継続する必要があります。
そのためには、仕組み化が必要。

簡単な話、「定例ミーティング/定例報告会」をやるようにすることです。
もちろん、その活動内容が上司に認められ、上司からの評価が得られるような仕組み化をしていける能力を向上させる力をまとめて動かす力と呼んでます。

◆このテーマのおすすめ図書


究極の文房具ハック---身近な道具とデジタルツールで仕事力を上げる

仕事力を上げる「脱疲労」「脱ストレス」の技術フィジカルエリートが実践する

ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック3Webディレクション第2版

新装版「残業ゼロ」の仕事力

外資系経営人材開発コンサルが教える役員になる課長の仕事力グローバル時代に備える思考術・行動術

デザイン仕事に必ず役立つ図解力アップドリル

■同じテーマの記事

一番簡単にできる成果の増やしかた

年末になると、今年度の業務目標と現時点の実績との差が気になり始めます。たいていは、まだ未達状態(未完了)のものが多くて、「あと3ヶ月で年度始めに立てた目標が達成できるか?」と心配になるものがあります。一番簡単にできる成果を出す方法一般社員なら、年間の業務目標は4〜10個というところでしょうか。管理職なら、部下の業務目標数だけあるはずなのですが、ある程度集約もされるので、20個くらいというところでしょうか。私は第4クオーターになると、こうした個人的に持っている目標、管..

ウインドウを閉じる操作を素早くする

Windows でウインドウを閉じるときに、右上の×ボタンを押して閉じてますか?まぁ、その直前にマウスを操作していたのであれば、ついでにマウスでこの×ボタンをクリック、というのも理にかなってますが、キーボード操作のほうが実は素早くできます。たぶん、多くの人がこのキーの存在は知っているでしょう。ALT+F4※ALT キーを押しながら W キーを押すこれを押すと現在アクティブなウインドウを閉じてくれます。もちろん、編集中のファイルはちゃんと保存してから。※過去にひとつ..

合意したけど賛成してない―結論は他人の物

いろんなルールを作るけど、ルールがルールとして守られるのは、たぶんほんの一部です。特にルールが賞罰に影響しないものだったり、イチゼロで判断できないようなものだったりすれば一層。とくに、「会議をして全員で決めたのに、結局何も変わらない」なんてのは組織で動いているとよくあることです。たとえば、「帰宅前に机の上を片付けて帰ろう」みたいなルールを決めたのに、1週間もすればもう元の木阿弥。まぁ人間なんてこんなもんなんですけどね。なぜ決..

会議が失敗する理由

会議の一つの形態である「ワークショップ」と言うものがあります。日本では「体験型講座」みたいに理解されてますが、本来はプロジェクトにおける関係者の合意とコミットメントのための仕組みです。本書『レバレッジ・ポイントを見つけ出せ! 問題発見力養成講座 “木を見て森も見る”システム・シンキング』では、ワークショップについて、「ワークショップが失敗する理由」が書かれてますが、ここで言う「ワークショップ」は後者の意味です。会議が失敗する理..

CTRL+ALTキーを定義する

だいたい、仕事で使うアプリって決まってますよね。私の場合・Microsoft Excel, PowerPoint・マインドマップ・テキストエディタ・Webブラウザ(Internet Explorer か Google Chrome)さらに、これらで開くファイルも、よく使うものがあります。ワンタッチで開けるようにするWindows では、CTRL+ALT+どれかのキーWin+数字キーっていうのはユーザが定義できるように開放されてます。固定のものもありますが..

倍速再生を基本速度にする

過去記事速足で歩く(クロックサイクルの速め方)でちらっとご紹介しました、脳の応答速度を早めるためのトレーニング方法のご紹介。これは、『クロックサイクルの速め方』という本から。ゲシュ夕ルトを壊す CD トレーニングまた、速読みの訓練としては、シャドウイングも有効な方法です。シャドウイングというのは、ふつうは英語などの語学学習で採用されている訓..

スマートにスマートな仕事を心がける

「スマート」っていう言葉は日本語では2通りの意味がありますね。・洗練されている・スラリとして格好がいいそこで、ちょっと人をけむにまくようなキャッチコピー。スマートにスマートな仕事をしよう!スマートな仕事をするこちらは、「スラリと格好いい」ほうのスマート。つまり、余分なものがない仕事の仕方をしようというもの。意識の問題なのですが、・この作業は、いまのタスクの結果(目的)にどの程度の効果があるかを作業に掛かる前に30秒だけ考えることにしてます。たとえば、上司から..

チャージは大金でする

私は週末に週次レビューをしてます。その時のチェックリストをEXCELで作ってますが、これを印刷して、毎週ノートに張って、ペンでチェックしながらレビューを進めてます。一度に印刷する使っているノートは、A6サイズという A4の四分の一サイズのノートです。このため、iPrint という縮小印刷ツールを使って、4段組印刷をして、これをチョキチョキ切ってノートのサイズにしてます。この時、チェックリストは10ページ位まとめて印刷します。大体1年分ですね。これを一度に印刷して、全..

ゴミ情報の海から宝石を見つけ出す2

とっても気になるタイトルだったので、ちょっと読んでみたのが本書。これからのソーシャルメディア航海術やっぱり読んでみてよかったなぁ、ということでちょっとご紹介。一番感じ入ったのは、「ファクトとオピニオンのバランスを 8:2 にする」というところ。実は知人から私のブログを見ての感想で、「あんたの意見が多いよね」「自分の意見を全面に出し過ぎると良くないよ」とコメントを受けてました。※でも、ちっとも変わらないので、きっとその知人は諦めたのだと…。所詮は趣味の落書き…。やっぱ..

議事録をつけると仕事力がアップする

議事録って簡単そうに見えるのですが、仕事の基本的なスキルなので、比較してみると、仕事が出来る人出来ない人では歴然と差があります。私の部門では、議事録を書くことで仕事力のトレーニングをするよう推奨してます。議事録は新人の仕事大抵の場合、議事録係はその会議で一番若い人か、居なければ新人の仕事です。これはOJTを兼ねており、・人の話のポイントを要約する・その議題になっている業務を理解する・PCへの入力速度を早くする・決定事項と単なる話題を見分ける・情報を整理する..

マニュアルを作る

あなたの手元には、あなたの仕事のやり方を書いた資料はどれだけあるでしょうか?これ意外に持ってない人が多いんですよ。毎日あれだけ仕事をしているのに、どうやって仕事をしているのか、何も書いてない。つまり、あなたの頭のなかにだけあるわけですね。仕事を効率化する最良の方法以前の記事でも何度か書いてますが仕事の効率化の最良の方法は他人にやらせることです。あたり前ですね。自分は何もしなくても結果が出てくるのですから。でも、どうやってやっているのか表現できないものを他人にやって..


長文なので、2回に分けてお送りします。
今日はその前編。

現場力とは、自分の職場や職務における活動を通じて、成果を引き出す能力のことです。これのためには、大別して7つの力が必要です。

 1.見える力
 2.探る力
 3.試す力
 4.動かす力
 5.学ぶ力
 6.伸ばす力
 7.出る力

ちょっと具体的なチップスではありませんが、こういった体系化をしておくのも必要かと。

■見える力

よく言われる「見える化」をする力です。
これは、製造現場だけで使われるものではなく、オフィスにおいても重要なことです。つまり、

 問題点が見えるような仕組みを作る

ことです。

そこで大切なのは、

 ・数値化
 ・トレンド
 ・共有

の3つ。何でもかんでも数値化する。その数値は若干曖昧でもいいです。もちろんコンピュータ化する必要はありません。

「システム思考」では、縦軸に「悪さ加減、良さ加減」をとって、横軸に時間をとって変動グラフを書きます。そのレベルでも構いません(「時系列変化パターングラフ」といいます)。

このようなトレンドが把握できると、問題点がどこにあるのかはっきりします。

■探る力

「見える力」で見える化した状況から、原因はどこにあるのかを探る必要があります。つまり、推論です。

私はTOCの思考プロセスをよく使います。

当然、人間が作っているシステム(業務のプロセス)ですので、問題がないなどということはありません。というか、問題だらけ
その中で、注力しないといけないのは、繰り返し発生している問題です。

これを見つけて、その原因は何なのかを掘り下げて考えないといけません。
ここは考えることと、その考えに沿って、事実を集めることです。

■試す力

いろいろな問題点の根本原因に行き着いたとしても

 ・その推論は正しいか
 ・その対策は有効か

はやってみないとわかりません(もちろん、有効だと信じてやるのですけど)。

以前の記事で「仕事は楽しいかね?」という本を紹介しましたが、ここにあるとおり、すべての業務は、必ず成果が出るものではありません。

 成果が出そうかどうかを見極める

ことがやるべき業務なのです。
だから、対策を考えたら、まずそれをやってみる。そしてその結果を評価するということを繰り返しやるべきなのです。

対策は1つではいけません。複数個の対策を持ち、それを次々と試していく、そういったスピード感をあなたの上司は評価しているのではないでしょうか。
※多分、それができない上司には見切りをつけたほうがいいかも。

■動かす力

会社という組織にいる以上、一人で業務が完結するということはありえません。
自分の部門であったり、別の部門であったりするとは思いますが、とにかく、他人を巻き込んで活動をすることが必要です。

このためには、他人と問題点を共有し、対策について理解を得、協力してもらえるように説得することが重要。
そのためにも、「見える力」で紹介した「見える化」が重要になってきます。単なる感覚では説得力を持たないからです。

ビジュアルかつ論理的な内容で、相手を納得させ、相手の感情(情熱)を引き出していく、こんな交渉力をつけて行かないといけません。

この記事でも時々心理学的な他人への働きかけの方法を紹介してますが、こういった技術を通じて、相手を動かすようにしましょう。

さらに、これを継続する必要があります。
そのためには、仕組み化が必要。

簡単な話、「定例ミーティング/定例報告会」をやるようにすることです。
もちろん、その活動内容が上司に認められ、上司からの評価が得られるような仕組み化をしていける能力を向上させる力をまとめて動かす力と呼んでます。

◆このテーマのおすすめ図書


世界最高のリーダー育成機関で幹部候補だけに教えられている仕事の基本

ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック3Webディレクション第2版

ビジネスエリートの「これはすごい!」を集めた外資系投資銀行のエクセル仕事術---数字力が一気に高まる基本スキル

マスタリー:仕事と人生を成功に導く不思議な力

世界No.1コンサルティング・ファームが教える成長のルールハイパフォーマー集団が大切にする3つの仕事力

世界最高リーダーシップ育成機関が教える経営幹部仕事の哲学これからの日本企業に必須のエグゼクティブ・リーダーシップ

■同じテーマの記事

合意したけど賛成してない―結論は他人の物

いろんなルールを作るけど、ルールがルールとして守られるのは、たぶんほんの一部です。特にルールが賞罰に影響しないものだったり、イチゼロで判断できないようなものだったりすれば一層。とくに、「会議をして全員で決めたのに、結局何も変わらない」なんてのは組織で動いているとよくあることです。たとえば、「帰宅前に机の上を片付けて帰ろう」みたいなルールを決めたのに、1週間もすればもう元の木阿弥。まぁ人間なんてこんなもんなんですけどね。なぜ決..

会議が失敗する理由

会議の一つの形態である「ワークショップ」と言うものがあります。日本では「体験型講座」みたいに理解されてますが、本来はプロジェクトにおける関係者の合意とコミットメントのための仕組みです。本書『レバレッジ・ポイントを見つけ出せ! 問題発見力養成講座 “木を見て森も見る”システム・シンキング』では、ワークショップについて、「ワークショップが失敗する理由」が書かれてますが、ここで言う「ワークショップ」は後者の意味です。会議が失敗する理..

CTRL+ALTキーを定義する

だいたい、仕事で使うアプリって決まってますよね。私の場合・Microsoft Excel, PowerPoint・マインドマップ・テキストエディタ・Webブラウザ(Internet Explorer か Google Chrome)さらに、これらで開くファイルも、よく使うものがあります。ワンタッチで開けるようにするWindows では、CTRL+ALT+どれかのキーWin+数字キーっていうのはユーザが定義できるように開放されてます。固定のものもありますが..

PCが遅い時の対処方法2:原因を探して対策する

「どうも最近、PCの動きが遅い」Linux や Mac だとないのかもしれませんが(それほど使い込んでませんので知りません)、Windowsというのは、使っているうちにだんだん遅くなるというのは有名な話。買った時には、サクサク動いて感動だったのに、使っているうちに慣れてきたせいなのか、PCが遅くなったのかは分からないですが、感動はすっかりなくなり、PCのもっさり感に「ええいっ!とっとと動け!人間様をまたせるとは何事だ!」などと、キーボードにあたっても、実際何の効果も..

倍速再生を基本速度にする

過去記事速足で歩く(クロックサイクルの速め方)でちらっとご紹介しました、脳の応答速度を早めるためのトレーニング方法のご紹介。これは、『クロックサイクルの速め方』という本から。ゲシュ夕ルトを壊す CD トレーニングまた、速読みの訓練としては、シャドウイングも有効な方法です。シャドウイングというのは、ふつうは英語などの語学学習で採用されている訓..

チャージは大金でする

私は週末に週次レビューをしてます。その時のチェックリストをEXCELで作ってますが、これを印刷して、毎週ノートに張って、ペンでチェックしながらレビューを進めてます。一度に印刷する使っているノートは、A6サイズという A4の四分の一サイズのノートです。このため、iPrint という縮小印刷ツールを使って、4段組印刷をして、これをチョキチョキ切ってノートのサイズにしてます。この時、チェックリストは10ページ位まとめて印刷します。大体1年分ですね。これを一度に印刷して、全..

ゴミ情報の海から宝石を見つけ出す2

とっても気になるタイトルだったので、ちょっと読んでみたのが本書。これからのソーシャルメディア航海術やっぱり読んでみてよかったなぁ、ということでちょっとご紹介。一番感じ入ったのは、「ファクトとオピニオンのバランスを 8:2 にする」というところ。実は知人から私のブログを見ての感想で、「あんたの意見が多いよね」「自分の意見を全面に出し過ぎると良くないよ」とコメントを受けてました。※でも、ちっとも変わらないので、きっとその知人は諦めたのだと…。所詮は趣味の落書き…。やっぱ..

議事録をつけると仕事力がアップする

議事録って簡単そうに見えるのですが、仕事の基本的なスキルなので、比較してみると、仕事が出来る人出来ない人では歴然と差があります。私の部門では、議事録を書くことで仕事力のトレーニングをするよう推奨してます。議事録は新人の仕事大抵の場合、議事録係はその会議で一番若い人か、居なければ新人の仕事です。これはOJTを兼ねており、・人の話のポイントを要約する・その議題になっている業務を理解する・PCへの入力速度を早くする・決定事項と単なる話題を見分ける・情報を整理する..

マニュアルを作る

あなたの手元には、あなたの仕事のやり方を書いた資料はどれだけあるでしょうか?これ意外に持ってない人が多いんですよ。毎日あれだけ仕事をしているのに、どうやって仕事をしているのか、何も書いてない。つまり、あなたの頭のなかにだけあるわけですね。仕事を効率化する最良の方法以前の記事でも何度か書いてますが仕事の効率化の最良の方法は他人にやらせることです。あたり前ですね。自分は何もしなくても結果が出てくるのですから。でも、どうやってやっているのか表現できないものを他人にやって..

メールはプルシステム3

以前の記事にも書きましたが、1日に約300〜500件のメールが来ます。このためかつてはメールをチェックするだけで多い時で1日に3〜4時間かかってました。これじゃあ、会社にメールを見に来ているのか仕事をしに来ているのかわからない状態になってしまってました。メールの処理時間を効率化するメールというのは、そこに書かれている内容を読んで理解し、それに対してアクションを起こして、今持っている業務を前進させることが目的なのですが、自分が何かしなければならないメールは実際上はそれ..

すり減らない働き方2

本日は、時間術に関して、著名な本を批評した時間術の本の批評部分のご紹介。昨日も紹介しましたが、この本に書いてあった内容です。「すり減らない」働き方 (青春新書INTELLIGENCE)簡単にまとめましたので、筆者の言いたかったことが一部欠けているかもしれません。その可能性がありますので、筆者がどのように考えて、これらの本の批評を書いているかについては、実際に本をあたってみてください。「残業ゼロ」の仕事力「残業ゼロ」の仕事力吉越浩一郎本の内容は、胸を打っもので..


 「仕事に限らず、恒常的に勉強していることはありますか?」
 「最近、学んでいることや勉強になっていることはありますか?」

こんな質問を昇進面接・昇格面接・中途採用面接で聞くことがあります。

以前、中途面接でした時には、こんな答えが返ってきました。

 「中途採用面接に関することです…」

あれれ…。

■学習意欲

ある程度の年齢(35歳以降くらい?)になってからは、自分の経験の量が十分になってくるのですが、それ以前は、基本的には経験不足です。経験の質は個人差が非常に大きなところではあります。

経験不足を補うためには、

 とにかく、たくさんの経験をする

というのが第一です。
しかし、仕事で色々な場面に次々とぶつかるというのは難しいですし、上司としてはあまり艱難辛苦ばかり味あわせたくはありません。

そうすると、少ない経験からどれほど多くの意味を抽出できたのかという質を高めていくことで、多くの経験をした人と並び、凌駕することが必要です。

そのためには、色々な経験した人の意見や所見を聞くことが重要で、そのエッセンスを集めたものが伝記やビジネス書を始めとした書籍です。

つまり、これから伸びていく人というのは多くの場合、

 意図して何かを学んでいる

んですよ。

■自分の体験と結びつける

何かを学んでいると、自分の体験とそこに書いてある内容を結びつけることが出来るようになります。

たとえば、「マズロー」を読んでいれば、「自分の働く意欲はどこから来るか」ということを概念的に捉えることができます。さらに「働く意義」でも、その概念を捉えることも可能です。

でも、「マズローの欲求5段階説」を知らない人には、「給料が高い会社」と「モチベーションが高い会社」を比較しようもありませんよね。

人間が考えられるのは「言葉」を使っているからであって、言葉やその意味するところを知らなければ考えようがないんです。

また、織田信長の「桶狭間」から、情報を集めることの大切さを学ぶこともできますし、リーダーシップについて、自分のやり方と比較することも可能なんですね。

■漫然と読むのは学んでいるとはいえない

ですので、私は「どんな本に興味がありますか」ではなく「どんな勉強をしていますか?」と聞くようにしてます。

まぐまぐで「ビジネス発想源」というメルマガがあります。
このメルマガで時々、書籍(ノンフィクション本)の紹介があり、「××氏はこんな風にした。あなたならどうするか」みたいなお題が出ます。

私にとっては、ちょっとした書籍になるくらいの活動をされた方と自分の仕事のやり方を比較して、どのような改善が出来るのかというすごくいいヒントになってくれてます。

人の経験からそのエッセンスを抽出していくと、自分では経験できないことも、仮想経験として自分の成長の糧になってくれます。その結果、あなたの知力や考える力、知的生産力が向上できますし、これからも、自分の経験だけが頼りの人より早く成長できるでしょう。


◆このテーマのおすすめ図書


正しい価値観で行動すれば職場と結果は変わる成功事例に学ぶ「インパクト・メソッド」Vol.4

アドラーに学ぶよく生きるために働くということ

デザインのプロセス7人の気鋭デザイナーに学ぶ仕事のやり方、考え方〈カイシトモヤ、タキ加奈子、増永明子、原野賢太郎、佐藤浩二、酒井博子、髙谷廉〉

WORKMODELS世界で働く日本人から学ぶ21世紀の仕事論

人間関係や仕事、恋にも有効!マンガで学ぶ心屋仁之助の「非常識」でコミュニケーションはラクになる

仕事に使える動画術成功例に学ぶYouTube活用とオリジナル動画作成法

■関連する記事

年下の上司には最敬礼で接する

まあ、年上の部下の使い方もひとつの難しいテーマですが、ここでは年下の上司のへの接し方に絞って、私なりの対応方法についてご紹介します。実際、子供の頃は年上の人には無条件に敬意を持って接するようにしつけられることが多いです。たとえば、学校などでは、上級生というだけで、下級生に対しては多少ぞんざいな言葉遣いをしても許されました。その逆はたいていは「おまえ生意気」などときつく咎められます。そういう雰囲気で育ちながら、会社に入ると、年齢に..

ファシリテーションを勉強する

会議で、みんなの意見を取りまとめたり、会議の進行をうまくやる技術を「ファシリテーション」といいます。これは、私が過去にいろんなセミナーで学んだ技術のうちでも、かなり役に立っとと思える技術のひとつ。さらに会議を行う際にとても重要なことがあります。それは「事前準備」です。「事前準備」をきっちり行うことで会議の時間そのものを短縮しつつ、質の良いアウトプットを生み出しやすくします。ここでい..

新しいシステムには一番協力してほしい人の名前を入れる

なにか新しいことがやりたい時に、ひとりでは出来ないので、協力者がほしいですね。そういう時に、協力者を巻き込んでしまう秘策があります。アンドルー・カーネギーの成功の秘訣は何か?カーネギーは鉄鋼王と呼ばれているが、本人は製鋼のことなどほとんど知らなかった。鉄鋼王よりもはるかによく鉄鋼のことを知っている数百名の人を使っていたのだ。しかし、彼は人のあつかい方を知っていたそれが、彼を富豪..

人を動かす:相手の話を聞くときには手を止めなさい

部下や後輩が話しかけてきた時に何かをしていると、ついそれをやりながら、「ん。了解。」とやってしまうことがあります。あるいは、会議の時に、発言者の方を見ずにひたすら PC に何かを打ち込んでいるとか。これが "いかん" とはわかっているつもりなのですけどね。「あなたを愛しています」のメッセージ人の話をよく聞くことは、ビジネスの世界だけでなく、家庭生活でも同じようにたいせつだ。ニュ..

海外出張に行くときは、その国の言葉で挨拶をしなさい

ウチの会社は、海外に子会社がいくつかあります。というか社員数は海外のほうが圧倒的に多い。このため、仕事上、海外出張も少なくありません。その国の言葉で話したい同じ部門でも異なる部門でも、初めてその国に出張に行ってきた人に話を聞くと・中国語を覚えたい・英語を覚えたい・タガログ語で挨拶したい・スペイン語が読めるようになりたい・ハングル語が読みたいたいていこう思って、いままで見向きもしなかった、会社の言語教育コースをとったり..

人を理解するなら修飾語に注目する

交渉術や説得術でよく、「その人が望んでいることを理解して発言する」みたいな事をよく言われます。シゴトコンパス〜サラリーマンの仕事の羅針盤でも『人を動かす』から引用してそんなことをご紹介しました。人を動かす:人の8つの欲求を満たす魚はミミズで釣りなさい人を動かす:人に動いて欲しければその人の問題を扱いなさい人を動かす:チャールズ・シュワップの給料を決めたたったひとつの技術人を動かす:心のなかに欲求をおこさせるでは、どうす..

転職応募書類の書き方のヒント:減点対象に気をつける1

中途採用や新規派遣の時に、応募書類を確認するのですが、書類を見ていて「このひとちょっと不安…」と思うことがしばしばあります。自分で気づかない隠れた原点要素に注意しよう転職関連のサイトや情報誌には、選考で不利となる事項を伝える一般論が多くあります。「正社員経験がないと帰属意識を疑われる」「技術者の職業寿命は 35 歳まで」「育児と両立..

転職応募書類の書き方のヒント:減点対象に気をつける2

中途採用や新規派遣の時に、応募書類を確認するのですが、書類を見ていて「このひとちょっと不安…」と思うことがしばしばあります。実際に面接などであってみると(派遣の場合は事前に合うことはできません)、「なんだ意外と大丈夫そう」ということになることが多いのですが、もしかしたら、それが理由で面接まで進めていない人がいるのかもしれません。くれぐれも留意したいのは..

中途採用書類:目立つ応募者になる

応募書類ってみんなおなじに見える応募者はとかくドングリの背比べになりがち転職を希望する方々に、もうひとつ留意してほしいことがあります。それは求人広告で集まる応募者には「そっくりさん」が多いこと。採用選考は、とかくドングリの背比べ状態になりがちです。とくに転職サイトの求人広告の場合は、応募条件が詳細に記されているケースが目立つだけに、そ..

読みづらい自己申告書は読まれない

面接に臨むとき、本人の職務履歴や自己申告書を書きますよね。実際、あれで結構損をしている人がいます。面接官はシロウト過去記事で何度も書いてますが、新卒採用を除き、中途採用や昇進昇格の時に面接官は現場の課長や部長が担当します。人事もフォローしますが、現場の意見がとっても重要なので。したがって、自己申告書などの書き方や書式に関しては完全に素人です。読み慣れてません。一方で、多くのビジネスマンは、メールのよ..

昇進面接:申告書の書式を変更してはいけない

転職では「応募書類」「エントリーシート」「履歴書」、昇進・昇格では「自己申告書」などと呼ばれると思いますが、「自分の職歴はで、こんな実績がある」とかくやつ、ここでは全部ひっくるめて「申告書」と呼びます。複数ページに渡る申告書?今回は、申告書につかう書式について考えてみたいと思います。大体の申告書というのは、A4で1枚か2枚になってます。ところが、ある本にはこんなことが書いてありました。..

■同じテーマの記事

知らないことを聞くときには、関連する情報を付け加える

仕事上で話をしていて、自分の知らないことを相手が言ってきたような場合、「すみません、ってなんですか?」と聞くよりもいい方法があるそうです。聞き方にもポイントがあって、まずは聞き方自体の問題です。「すみません、って何ですか?」とストレートに聞くのでは、無知な印象を与えてしまうので、「勉強不足で恐縮なのですが、今おっしゃっていたというのは、どういうものなんでしょうか?××..


学習という行為をするためには、たった2つの方法しかありません。
つまり、何かを勉強したいと思うなら、2つにひとつ、あるいはこの両方をするしか方法はありませんので、勉強を始めることは意外と簡単です。

その方法とは

 1.人に教わる
 2.書籍に教わる

です。

本日は、この「人に教わる」ことについて考えてみたいと思います。

■人に教わる

これがもっとも効果的で、もっとも単純な方法。

その技術を持った人に、「教えてください」と言いに行けばいいです。
※もちろん、教えてくれるかどうかは別物ですが…。

相手は、上司・先輩であったりすることもありますが、私などは後輩・部下であることが少なくありません。

もちろん、それ(学びたいこと)を体系的に教えてくれるという場合は少なくて、その人の行動やその人との協業から自然と学びが発生していることがおおいので、「教えてください」と正面切ってお願いしていない場合でも、教わるという行為は成り立ちます。

たとえば、ドラッカーは『プロフェッショナルの条件』の中で以下の様な経験を述べています。

★P101〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

私がなぜ長い問、知的な世界において仕事を続けることができたかについて、次に紹介したいのは、勤め先の新聞社の編集長で、当時のヨーロッパでも指折りのジャーナリストだった人から教わったことである。

当時、記名の平均年齢は 22 歳前後という恐ろしい若さだった。その中で私は、間もなく 3 人の論説委員のひとりに抜擢された。それほど優秀だったわけではない。記者として一流だったことは一度もない。実は、1930 年ころの当時、私の地位に就くべき入たち、年でいえば35歳前後の人たちが、ヨーロッパ全体に払底していたからだった。

 ※第1次大戦で大勢の働きざかりが死んでいた。そのため、重要な責任ある地位に、私のような若い人間を充てなければならなかった。太平洋戦争が終わってら終わりのころ、10年後の1950年台の半ばから終わりの頃、私が訪れたころの日本に似ていた。

当時 52 歳くらいだったその編集長は、大変な苦労をして私たち若いスタッフを訓練し、指導した。

毎週末、私たちのひとりひとりと差し向かいで、一週問の仕事ぶりについて話し合った。

加えて半年ごとに、1度は新年に、1度は6月の夏休みに人る直前に、土 曜の午後と日曜を使って、半年間の仕事ぶりについて話し合った。

編集長はいつも、優れた仕事から取り上げた。次に、一生懸命やった仕事を取り上げた。その次に、生懸命やらなかった仕事を取り上げた。最後に、お粗末な仕事や失敗した仕事を痛烈に批判した。

この年に2度の話し合いの中で、いつも私たちは、最後の2時間を使ってこれから半年問の仕事について話し合った。
それは、「集中すべきことは何か」「改善すべきことは何か」「勉強すべきことは何か」だった。

「私にとって、年に、2度のこの話し合いは大きな楽しみになった。しかし新聞社を辞めた後は、そのようなことをしていたことさえ忘れた。

ところがその後、10 年ほどたって、アメリカでこのことを思い出した。

1940の年代の初めのころ、アメリカで大学の教授になり、同時にコンサルティングの仕事をしていた。
何冊かの本も出していたそのころ、フランクフルトの編集長が教えてくれたことを思い出した。

それ以来私は、毎年夏になると、2週間ほど自由な時間をつくり、それまでの年を反省することにしている。

そして、コンサルティング、執筆、授業のそれぞれについて、次の年間の優先順位を決める。

もちろん、毎年8月につくる計画どおりに年を過ごせたことは一度もない。だがこの計画によって、私はいつも失敗し、今後も失敗するであろうが、とにかくヴェルディの言った完全を求めて努力するという決心に沿って、生きざるをえなくなっている。

P.F.ドラッカー(著) 『プロフェッショナルの条件
――――――――――――――――――――――――――――★


ドラッカーにこのやり方を教えた編集長は、ドラッカーにもっといい記事を書いてほしいと思っていただけかもしれませんが、ドラッカーは、それをすべての知的労働者にわたる定期的な検証と反省ということを学んだわけです。

「人に教わる」という行為は、ある仕事や協業を通じて、自分の学びに昇華させるということです。

昇華させたものごとの原理原則(答え)を教えてもらう、ということではないわけです。
※そういう意味で、人間稼業を40年もやったということは、40年間に出会ったすべての人達から教えられて、いまの自分がある、というわけですね。


■参考図書 『プロフェッショナルの条件

どうすれば一流の仕事ができるか。ドラッカーの教える知的生産性向上と自己実現の秘けつ
本書は,ドラッカーの膨大な著作の中から,我々一人ひとりがどう成果をあげ,貢献し,自己実現を図っていくかについて述べた部分を抜き出して1冊の本にまとめたものである。
本書には「はじめて読むドラッカー」という副題もついている。そのとおりこれからドラッカーを読み始めたいという読者にはうってつけの本である。本書は11の著作・論文から選りすぐった論集であるだけに,企業・社会に対するドラッカー一流の深い洞察が随所に顔を出しており,ドラッカー理論のエッセンスに触れることができる。巻末には出典著作の解説が出ているので,興味を引かれた本から読み始めることをお勧めしたい。

本書の最も優れているところは,ドラッカー自身がどう学び,どう成長してきたかを語る「私の人生を変えた七つの経験」である。現代の巨人が自ら語る成功の秘けつは,まさに「プロフェッショナルの条件」そのものといってよい
原書名は『THE ESSENTIAL DRUCKER ON INDIVIDUALS: TO PERFORM, TO CONTRIBUTE AND TO ACHIEVE』。現代マネジメント思想の巨人、ドラッカーを初めて読む人のために、これまでの著作10点、論文1点からエッセンスを抜き出し、ドラッカー自身が加筆・削除・修正した必携本である




◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

プロフェッショナルの条件
著者 :P.F.ドラッカー

プロフェッショナルの条件
検索 :最安値検索

プロフェッショナルの条件
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 新しいシステムには一番協力してほしい人の名前を入れる
 人を動かす:相手の話を聞くときには手を止めなさい
 海外出張に行くときは、その国の言葉で挨拶をしなさい
 人を理解するなら修飾語に注目する
 同じ土俵で勝負する
 昇進面接質問のブレークダウン
 貢献をしない
 人を動かす:人に嫌われる方法
 人を動かす:日光を吸い込みなさい
 人を動かす:一心に相手の話を聞くことは、相手に対する最大の賛辞である
 人を動かす:人に好かれる原則3「名前は当人にとって最も快い、最も大切な響きをもつものであることを忘れない」
 人を動かす:人に好かれる原則1「誠実な関心をよせる」人を動かす:人に好かれる原則1「誠実な関心をよせる」
 人を動かす:人に好かれる原則2「笑顔で接する」
 人を動かす:幸福は自分の気持ちで決まる
 人を動かす:笑顔で電話しなさい
 人を動かす:あなたの応援がしたい
 人望が集まる人の考え方:相手に注意を与えて成果を上げるための7つのルール
 人を動かす:相手が優位であることを探す
 人と動かす:他人のことに関心を持たない人は、苦難の人生を歩まねばならない
 人を動かす:相手の心のなかに強い欲求を起させること
 人を動かす:心のなかに欲求をおこさせる
 人を動かす:相手の立場から物事を見る
 ドラッカー365の金言:組織の精神はトップから生まれる
 人を動かす:人に動いて欲しければその人の問題を扱いなさい
 人を動かす:人の8つの欲求を満たす
 人を動かす:罰則は「前向きさ」を失わせる
 優先順位と劣後順位を決定する方法
 真のプロフェッショナルとは
 ドラッカー:成功とはなにか
 プロフェッショナルの条件
 竜頭蛇尾で勉強する
 プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))
 学習成果を出すたった2つの方法2
 学習成果を出すたった2つの方法1
 プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))
 犬が近づいてきたら道を譲りなさい
 決定事項に必須の3要件
 決断の優先順位
 プロフェッショナルの条件

●このテーマの関連図書


マネジメント[エッセンシャル版]-基本と原則

イノベーターの条件―社会の絆をいかに創造するか(はじめて読むドラッカー(社会編))

チェンジ・リーダーの条件―みずから変化をつくりだせ!(はじめて読むドラッカー(マネジメント編))

プロフェッショナルの原点

テクノロジストの条件(はじめて読むドラッカー(技術編))

TQ-心の安らぎを得る究極のタイムマネジメント(SB文庫)



■関連する記事

書く目的を明確にする

過去の記事で、「ノートを書くこと」や「メモすること」の手法について、いくつか書いてきました。メモ術の極意ベストノート術2012メモは簡潔がいい?詳細に書く?端カットメモ高速メモの技術1高速メモの技術2高速メモの技術3図読(図解読書)する付箋紙手帳を読む習慣をつける常にテキストエディタを起動しておく日誌はテキストファイルに書くまあ、それぞれの技術は、関連書籍や Web などを参照していただくとして、なぜ、ノートやメモを書く必要があるのかについて、..

ドラッカー:成功とはなにか

ドラッカーは成功について著書『プロフェッショナルの条件』の「人生をマネジメントする」という章でで以下のように述べています。長文ですが引用します。第二の人生をどうするかしかし、知識労働者には、いつになっても終わりがない。文句は言ってもいつまでも働きたい。とはいえ、30 のときには心躍った仕事も、50 ともなれば退属する。したがって、第二の人生を設計することが必要になる..

竜頭蛇尾で勉強する

勉強の方法として、集中と細々の2つの方法があります。集中ようするに、ある期間、とにかく「そのこと」について集中して勉強する方法。たとえば、金融について知りたければ、図書館などで金融関係の本をとにかく借りてきて読んでみる。現在の金融関係の雑誌などを読みあさるなど、すべての時間を「そのこと」に投資してしまうやり方です。細々(ほそぼそ)私が割と得意なのが、こちらの方法。つまり、色んなことをつまみ食いしながら、何年もちょっとづつ勉強..

学習成果を出すたった2つの方法2

学習という行為をするためには、たった2つの方法しかありません。つまり、何かを勉強したいと思うなら、2つにひとつ、あるいはこの両方をするしか方法はありませんので、勉強を始めることは意外と簡単です。その方法とは1.人に教わる2.書物に教わるです。前回は、「人に教わる」ことについて、ドラッカーがどのように述べているかから、制約事項について考えました。今回は、「書物に教わる」ことについて考..

学習成果を出すたった2つの方法1

学習という行為をするためには、たった2つの方法しかありません。つまり、何かを勉強したいと思うなら、2つにひとつ、あるいはこの両方をするしか方法はありませんので、勉強を始めることは意外と簡単です。その方法とは1.人に教わる2.書籍に教わるです。本日は、この「人に教わる」ことについて考えてみたいと思います。人に教わるこれがもっとも効果的で、もっとも単純な方法。その技術..

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))

参考図書『プロフェッショナルの条件いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))』書名:プロフェッショナルの条件いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))著者:P.F.ドラッカー出版社:Youtube プロフェッショナルの条件いかに成果をあげ、成長するか原書名は『THE ESSENTIAL DRUCKER ON INDIVIDUALS: TO PERFORM, TO CONTRIBUTE..

■同じテーマの記事

会議が失敗する理由

会議の一つの形態である「ワークショップ」と言うものがあります。日本では「体験型講座」みたいに理解されてますが、本来はプロジェクトにおける関係者の合意とコミットメントのための仕組みです。本書『レバレッジ・ポイントを見つけ出せ! 問題発見力養成講座 “木を見て森も見る”システム・シンキング』では、ワークショップについて、「ワークショップが失敗する理由」が書かれてますが、ここで言う「ワークショップ」は後者の意味です。会議が失敗する理..

ダラダラ癖から抜け出すための10の法則:時間を記録し分析しなさい

時間管理で失敗する原因というのはいくつかあります。原因がわかれば対策のしようもあるのですが、自分が原因でない割り込み仕事や浪費はなかなか改善できません。割り込み自体を減らすことは難しいのですが、その割り込みを受け付けるかどうかは自分の行為として判断可能です。代表例として電話があります。電話はこちらの都合にかかわらず、いきなり「最優先で対応してくれ!」と言っているのと同じ。放置するわけにも行かないので出ると、ちょっとした要件プラス..

CTRL+ALTキーを定義する

だいたい、仕事で使うアプリって決まってますよね。私の場合・Microsoft Excel, PowerPoint・マインドマップ・テキストエディタ・Webブラウザ(Internet Explorer か Google Chrome)さらに、これらで開くファイルも、よく使うものがあります。ワンタッチで開けるようにするWindows では、CTRL+ALT+どれかのキーWin+数字キーっていうのはユーザが定義できるように開放されてます。固定のものもありますが..

図解トレーニングで反射神経が鍛えられる

ちょっと想像してみてください。あなたの会社の社長が、今年度の経営計画について説明をしています。「社会環境が〜〜」「会社の業績が〜〜」「競合他社の動向が〜〜」::(中略):「だから、我々はをしなくてはいけないんだ!頑張ろう!」たぶん、毎年繰り返される光景ですよね。でも、たいてい覚えてません。唯一、覚えているのは、社長が「をするぞ!」と言ったという部分だけ。※下手をすると、そこす..

わがままにスケジューリングする

もし調べられるのであれば、直近数ヶ月にした打ち合わせについてどこで打ち合わせをしたかを調べてみませんか?これが相手のオフィスや長距離の移動を伴うような場所であれば、あなたの時間効率の改善のねたになります。移動は価値を生まない製造の仕事でよく言われますが、移動することは価値を生まないです。製品を作るときに、何かを組み付けたりインストールしたりする作業は、その製品の付加価値を上げる方法のひとつなのですが、組付けをするために、部品の..

↑このページのトップヘ