音楽と仕事の日々

Youtubeのお気に入りの音楽と仕事のヒント

Tag:勉強


学生時代だけでなく、社会人になってからする勉強が本当に必要な勉強であって、学生時代は勉強するための方法を勉強している、というお話を聞かれたことがあるかもしれません。
続きを読む


勉強の方法として、集中細々の2つの方法があります。

●集中
ようするに、ある期間、とにかく「そのこと」について集中して勉強する方法。
たとえば、金融について知りたければ、図書館などで金融関係の本をとにかく借りてきて読んでみる。現在の金融関係の雑誌などを読みあさるなど、すべての時間を「そのこと」に投資してしまうやり方です。
続きを読む

「努力する」というのは簡単なのですが、どこまでやったら「努力した」といえるのか、みたいな問題は簡単には答えが出ません。

今の社会なら『努力不要論』みたいなのがマッチしているのかもしれません。

続きを読む


続きを読む


学生時代だけでなく、社会人になってからする勉強が本当に必要な勉強であって、学生時代は勉強するための方法を勉強している、というお話を聞かれたことがあるかもしれません。

実際、自分の経験でも、学生時代に勉強したことというのは、基礎知識としては役に立っているかもしれませんが、具体的に仕事に使ったというのは、社会人になってから覚えたことが圧倒的におおいです。ただ、学生時代に一生懸命工夫して、記憶したことは、そのプロセスが役に立っているような気がします。

ただ、社会人になってからの勉強であっても、昨日勉強したことが、今日役に立つかと言われるとほとんどそんなことはありません。
GTDにしろ、TOC(制約理論)にしろ、それが役立つ瞬間は、かなり時間が立ってからでした。
その間に勉強したことを試してみようといろいろトライはしていましたが。

本日は、「勉強して記憶する」という行為について。

■脳は関連すると急速に理解力が上がる

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

いま、皆さんが A という事象を覚えたとします。このとき同時に、 A という事象の「理解の仕方」も、気づかないうちに手続き記憶によって脳に保存されます。

したがって、つぎに B という事象を覚えようとしたとき、 A の手続き記憶が、無意識に B の理解を助けて、容易に B を記憶できるようになります。もちろん、同時に B の手続き記憶もまた自動的に記憶されます。しかし、このとき脳でおこる現象は、それだけではありません。新しく覚えた B の手続き記憶が、すでに記憶している A の理解をさらに深めてくれるのです。つまり、 A と B の二つの事象を覚えると、「 A 」、「 B 」、「 A から見た B 」、「 B から見た A 」というように、「事象」と「事象の連合」が生まれ、記憶した内容に、四つ(2の2乗)の効果が生まれるわけです。このように、記憶力の相乗作用には、一般的に「累積(べき乗)の効果」があります。したがって、勉学の効果は幾何級数的なカーブを描いて上昇します。

池谷裕二(著) 『記憶力を強くする―最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方
――――――――――――――――――――――――――――★


本書によれば、記憶のちからはべき乗効果があるので、最初のうちは、メリットを感じることや実際に、記憶できることは非常に限られているのですが、それが徐々に積み重なると、あるところから極端にレベルがアップするようになる、とのこと。

個人的な経験で言えば、TOC(制約理論)を勉強し始めて、実際に応用が出来るようになったのは3年くらい後のことでした。
それまでは、実際に現状問題構造ツリーや対立解消図(3クラウド)を書こうとしたり、みんなの意見を集めて、一緒に問題点を出そうとしても、あるところまでは出来るのですが、実際にこれはという解決策が見つからない、という、やっては失敗、やっては失敗の繰り返しでした。

それが、「あぁ、こうすればいいんだ」みたいなコツが分かり、「あの文章はこういうことを言っていたんだ」と理解できたのが初めて知ってから3年後という感じです。

また、今のブログ記事で時々やっているように、ビジネス書に書いてあることを、自分の現実問題に置き換えられるようになるまでにも、やっぱり3年くらいかかってますし、特定のジャンル(仕事術や思考方法)も、パラパラめくるだけで放んの要約ができるようになるまでも2年近くかかってます。

なので、この幾何級数的カーブ(最初はほとんど低空飛行のままで、途中から急上昇するイメージ)というのは、実感として理解できます。
きっと、脳の中では本書のような関連付けが行われているのでしょう。

■S字曲線

ただし、ある分野においての知識は、無限大に幾何級数的カーブを描くわけではなく、S字曲線(シグモイド曲線)を描いて、飽和するという感じがします(理論的根拠があるわけではありませんが)。
シグモイド曲線については

 シグモイド-Wikipedia

を御覧ください。

S字曲線は、世の中の色々なものに現れます。

たとえば、何かの改善活動をしようと思うと、最初のうちは効果が少ないのですが、しつこくやり続けていると徐々に効果がではじめます。しかしそれで喜んで続けていても、あるところでさっぱり効果が出なくなります。

私は過去のサラヒン〜サラリマンの仕事のヒントで、ブラインドタッチを憶えることを推奨してます。

 仕事とは書類を作ることとみたり
 毎日基礎トレーニングをする

これもブラインドタッチを覚えた当初は、大した事もなかった(正直に言えば、今までより遅くなった)のに、慣れてきたら急にタイプ速度が上がりました。しかし、ある所(1分間でPCなら100文字前後, スマホ入力なら60文字前後)から「のび」がピタッと止まりました。練習は続けていますが。

■§型成長曲線

これを突破して成長し続けるためには、ある分野だけを徹底的に追求していても、飽和エリアに来ると、コスト対効果が少なくなります。

そこで、必要なことは、ある分野を勉強したら、その勉強の成果が出始めたところで、次の新しいジャンルに挑戦をしていくことだと考えています。
つまり、思考方法という切り口で考えれば、

 論理思考を勉強する
 成果が出るようになったら、TOC思考プロセスを勉強する
 TOC思考プロセスが使えるようになり始めたら、水平思考を勉強する

みたいにどんどん勉強する範囲を広げていったり、拡張して行ったりしないと、一芸に秀でるだけで、それしか使えないということになりかねません。

逆に、このように、ある分野を勉強したらつぎに関連分野することで、ちょうど§の文字みたいに、S字が複数個重なって、大きく見ると一直線に成長している自分の姿が描けると思っています。
私は、勝手に「§型成長曲線」と名づけてます。
※別に名づけたからどうだということはありませんが。

要するに、あるスキルやノウハウがちょっとだけ使えるようになったら、その勉強と実践を続けるとともに、新しいジャンルにも興味を持ちましょうと。
そうすることで、常に成長の実感のある勉強ができるのではないかと考えるようになりました。

ブラインドタッチに話を戻せば、ブラインドタッチで入力速度が上がらなくなる前に、自動入力ツールを導入したり、予測変換を使うようにすることで、文章を入力する方法自体を変えていかないと改善しないわけですね。
※こちらの方法については
ローマ字定義(Google日本語入力)
Google日本語入力
ArtTips
※をご参照ください。

あなたは、次に何を勉強しようとされてますか?

■参考図書 『記憶力を強くする―最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方

神経科学の目覚ましい進歩によって脳の記憶の実体がついに見えてきた。

よく年をとると記憶力が衰えるといわれるが、この研究は成人した後であっても鍛えれば記憶力がよくなることを示している。しかし、そうは言っても成人して年齢を重ねるごとに記憶力が落ちていくのを感じるわけだが、脳科学は脳の構造にあわせた3つの「記憶の仕方」があることを教えてくれている。それは

 (1) 何度も失敗を繰り返して覚える
 (2) きちんと手順を踏んで覚える(易しいものから難しいものへ)
 (3) まずは大きく捉え、最初から細部にこだわらない

である。
年齢と共に「丸暗記」する能力は衰えていくが、この方法を用いれば記憶力は鍛えられる。

記憶力を高める「夢の薬」を研究する著者が、LTPやシナプス可塑性などの最新理論を解説しながら、科学的に記憶力を高めるための具体的な方法を紹介する。




◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

記憶力を強くする―最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方
著者 :池谷裕二

記憶力を強くする―最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方
検索 :最安値検索

記憶力を強くする―最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方
検索 :商品検索する



●関連 Web
 記憶力を強くする ブルーバックスB-1315―何も考えないこと(読書メモ)
 記憶力を強くする(pdf)-Biglobe
 空間的記憶や情動的記憶をつかさどる 海馬を中心とした神経ネットワークの解明(pdf)―東北大学研究発表資料
 記憶力を強くする-池谷裕二のホームページ・Web 記憶力を強くする-Google Books

●本書を引用した記事
 社会人の勉強方法は、学生とは異なる
 プライミング効果で読書する
 諦めないで続けるとある日突然爆発する
 記憶力を強くする

●このテーマの関連図書


海馬―脳は疲れない(新潮文庫)

進化しすぎた脳―中高生と語る「大脳生理学」の最前線(ブルーバックス)

受験脳の作り方―脳科学で考える効率的学習法(新潮文庫)

脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める(生活人新書)

脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!?(新潮文庫)

単純な脳、複雑な「私」(ブルーバックス)



■同じテーマの記事

読書のアウトプットの増やし方

「インプットをしたらアウトプットしないといけない」過去記事でもこういうことを書いていますし、多くのビジネス書にも書いてあります。おそらく何かに習熟するためには普遍的に必用なことかと思いますが、ビジネス書などに取り上げられているのは、たとえば、「本を読んだら読書感想文を書きなさい」とか「人に教えなさい」とか、結構ハードルが高いことが書かれてます。私も本を読んだら、殆どの場合は読書記録(感想文ではない!)を書いてますし、本ブログに自分のコメントを付けて公開したりしてます。..

プレゼンの原稿は作っても読んではいけない

会社でよくプレゼンをする機会があります。ウチワのプレゼンなら原稿は用意せずに PowerPoint の資料だけ用意して、そこに書いてあるキーワードや図の説明をしながらプレゼンをします。ちょっと大きなプレゼンだと、事前に原稿をつくり、原稿を読みながら練習をします。が、本番のときには原稿は持っていかないことにしています。プレゼンで原稿を読んではいけない原稿の丸読みは相手にとって退屈なだけ..

年下の上司には最敬礼で接する

まあ、年上の部下の使い方もひとつの難しいテーマですが、ここでは年下の上司のへの接し方に絞って、私なりの対応方法についてご紹介します。実際、子供の頃は年上の人には無条件に敬意を持って接するようにしつけられることが多いです。たとえば、学校などでは、上級生というだけで、下級生に対しては多少ぞんざいな言葉遣いをしても許されました。その逆はたいていは「おまえ生意気」などときつく咎められます。そういう雰囲気で育ちながら、会社に入ると、年齢に..

良い有給休暇・悪い有給休暇のとり方

有給休暇はサラリーマンの権利です。最近はウチの会社では部門ごとに有給休暇消化率を調査されて、消化率が悪いと人事から「おしかり」を受けることも。仕方がないので、年間の有給休暇予定を Excel で書き込んでもらって計画的に休むような管理をしたりしています。本日は、病気・事故などの緊急時ではない有給休暇の取り方について、ちょっと考えてみたいと思います。悪い有給休暇のとり方有給休暇を取れない理由としてよくあげられるのが・仕事が忙しい・タイミングがとれない(欠席できない..

合意したけど賛成してない―結論は他人の物

いろんなルールを作るけど、ルールがルールとして守られるのは、たぶんほんの一部です。特にルールが賞罰に影響しないものだったり、イチゼロで判断できないようなものだったりすれば一層。とくに、「会議をして全員で決めたのに、結局何も変わらない」なんてのは組織で動いているとよくあることです。たとえば、「帰宅前に机の上を片付けて帰ろう」みたいなルールを決めたのに、1週間もすればもう元の木阿弥。まぁ人間なんてこんなもんなんですけどね。なぜ決..

リンクリストを活用する

私は「リスト」をいろいろ作ります。リストのいいところは、なんでもかんでも一覧で見えてしまうこと。たとえば、何か買い物に行くのであれば、メモ帳に「買うものリスト」を作ってますし、OneDriveには「ほしいものリスト」、Outlookには、「タスクリスト」や「ToDoリスト」「やらないことリスト」などなど。本日はこのリストの中でちょっと変わり種。リンクリストのご紹介リンクリストリンクリストは、単体でリストとして存在しているわけで..

会議が失敗する理由

会議の一つの形態である「ワークショップ」と言うものがあります。日本では「体験型講座」みたいに理解されてますが、本来はプロジェクトにおける関係者の合意とコミットメントのための仕組みです。本書『レバレッジ・ポイントを見つけ出せ! 問題発見力養成講座 “木を見て森も見る”システム・シンキング』では、ワークショップについて、「ワークショップが失敗する理由」が書かれてますが、ここで言う「ワークショップ」は後者の意味です。会議が失敗する理..

若いアタマを維持する2

この記事は比較的若い人を対象にしていますので、あまり加齢ということについて触れてきませんでしたが、40台、50台になっても、アイディアや柔軟性というものは必要です(というか、逆にそのくらいの歳になって硬直すれば昇進は止まります)。精神年齢と肉体年齢と実年齢はそれぞれ別者です。実年齢はコントロール出来ないけど、精神年齢や肉体年齢はトレーニングでコントロールできるようになります。若い頃からアタマの柔軟性をトレーニングしていない人はやっぱりある程度の経験を積むと、「過去の経..

知らないことを聞くときには、関連する情報を付け加える

仕事上で話をしていて、自分の知らないことを相手が言ってきたような場合、「すみません、ってなんですか?」と聞くよりもいい方法があるそうです。聞き方にもポイントがあって、まずは聞き方自体の問題です。「すみません、って何ですか?」とストレートに聞くのでは、無知な印象を与えてしまうので、「勉強不足で恐縮なのですが、今おっしゃっていたというのは、どういうものなんでしょうか?××..

図解トレーニングで反射神経が鍛えられる

ちょっと想像してみてください。あなたの会社の社長が、今年度の経営計画について説明をしています。「社会環境が〜〜」「会社の業績が〜〜」「競合他社の動向が〜〜」::(中略):「だから、我々はをしなくてはいけないんだ!頑張ろう!」たぶん、毎年繰り返される光景ですよね。でも、たいてい覚えてません。唯一、覚えているのは、社長が「をするぞ!」と言ったという部分だけ。※下手をすると、そこす..

採用される意見のコツ

「このやり方はおかしい」「ちょっといいアイディアを思いついた」っていうときに、上司や対応する組織に意見や提案を出したりすることがあります。結局、こういう活動が実を結んで、評価が上がる(経験談)。ところが、自分ではいくらいいアイディアだと思っても、関係者や責任者に聞き入れてはもらえず、不発に終わることも当然あります。過去記事で書いたように、「言い方が問題」だったり、分析の仕方が違っている、根回しが不十分、などいろいろ理由があるので..


学生時代だけでなく、社会人になってからする勉強が本当に必要な勉強であって、学生時代は勉強するための方法を勉強している、というお話を聞かれたことがあるかもしれません。

実際、自分の経験でも、学生時代に勉強したことというのは、基礎知識としては役に立っているかもしれませんが、具体的に仕事に使ったというのは、社会人になってから覚えたことが圧倒的におおいです。ただ、学生時代に一生懸命工夫して、記憶したことは、そのプロセスが役に立っているような気がします。

ただ、社会人になってからの勉強であっても、昨日勉強したことが、今日役に立つかと言われるとほとんどそんなことはありません。
GTDにしろ、TOC(制約理論)にしろ、それが役立つ瞬間は、かなり時間が立ってからでした。
その間に勉強したことを試してみようといろいろトライはしていましたが。

本日は、「勉強して記憶する」という行為について。

■脳は関連すると急速に理解力が上がる


★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

いま、皆さんが A という事象を覚えたとします。このとき同時に、 A という事象の「理解の仕方」も、気づかないうちに手続き記憶によって脳に保存されます。

したがって、つぎに B という事象を覚えようとしたとき、 A の手続き記憶が、無意識に B の理解を助けて、容易に B を記憶できるようになります。もちろん、同時に B の手続き記憶もまた自動的に記憶されます。しかし、このとき脳でおこる現象は、それだけではありません。新しく覚えた B の手続き記憶が、すでに記憶している A の理解をさらに深めてくれるのです。つまり、 A と B の二つの事象を覚えると、「 A 」、「 B 」、「 A から見た B 」、「 B から見た A 」というように、「事象」と「事象の連合」が生まれ、記憶した内容に、四つ(2の2乗)の効果が生まれるわけです。このように、記憶力の相乗作用には、一般的に「累積(べき乗)の効果」があります。したがって、勉学の効果は幾何級数的なカーブを描いて上昇します。

池谷裕二(著) 『記憶力を強くする―最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方
――――――――――――――――――――――――――――★


本書によれば、記憶のちからはべき乗効果があるので、最初のうちは、メリットを感じることや実際に、記憶できることは非常に限られているのですが、それが徐々に積み重なると、あるところから極端にレベルがアップするようになる、とのこと。

個人的な経験で言えば、TOC(制約理論)を勉強し始めて、実際に応用が出来るようになったのは3年くらい後のことでした。
それまでは、実際に現状問題構造ツリーや対立解消図(3クラウド)を書こうとしたり、みんなの意見を集めて、一緒に問題点を出そうとしても、あるところまでは出来るのですが、実際にこれはという解決策が見つからない、という、やっては失敗、やっては失敗の繰り返しでした。

それが、「あぁ、こうすればいいんだ」みたいなコツが分かり、「あの文章はこういうことを言っていたんだ」と理解できたのが初めて知ってから3年後という感じです。

また、今のブログ記事で時々やっているように、ビジネス書に書いてあることを、自分の現実問題に置き換えられるようになるまでにも、やっぱり3年くらいかかってますし、特定のジャンル(仕事術や思考方法)も、パラパラめくるだけで放んの要約ができるようになるまでも2年近くかかってます。

なので、この幾何級数的カーブ(最初はほとんど低空飛行のままで、途中から急上昇するイメージ)というのは、実感として理解できます。
きっと、脳の中では本書のような関連付けが行われているのでしょう。

■S字曲線


ただし、ある分野においての知識は、無限大に幾何級数的カーブを描くわけではなく、S字曲線(シグモイド曲線)を描いて、飽和するという感じがします(理論的根拠があるわけではありませんが)。
シグモイド曲線については

 シグモイド-Wikipedia

を御覧ください。

S字曲線は、世の中の色々なものに現れます。

たとえば、何かの改善活動をしようと思うと、最初のうちは効果が少ないのですが、しつこくやり続けていると徐々に効果がではじめます。しかしそれで喜んで続けていても、あるところでさっぱり効果が出なくなります。

私は過去のサラヒン〜サラリマンの仕事のヒントで、ブラインドタッチを憶えることを推奨してます。

 仕事とは書類を作ることとみたり
 毎日基礎トレーニングをする

これもブラインドタッチを覚えた当初は、大した事もなかった(正直に言えば、今までより遅くなった)のに、慣れてきたら急にタイプ速度が上がりました。しかし、ある所(1分間でPCなら100文字前後, スマホ入力なら60文字前後)から「のび」がピタッと止まりました。練習は続けていますが。

■§型成長曲線


これを突破して成長し続けるためには、ある分野だけを徹底的に追求していても、飽和エリアに来ると、コスト対効果が少なくなります。

そこで、必要なことは、ある分野を勉強したら、その勉強の成果が出始めたところで、次の新しいジャンルに挑戦をしていくことだと考えています。
つまり、思考方法という切り口で考えれば、

 論理思考を勉強する
 成果が出るようになったら、TOC思考プロセスを勉強する
 TOC思考プロセスが使えるようになり始めたら、水平思考を勉強する

みたいにどんどん勉強する範囲を広げていったり、拡張して行ったりしないと、一芸に秀でるだけで、それしか使えないということになりかねません。

逆に、このように、ある分野を勉強したらつぎに関連分野することで、ちょうど§の文字みたいに、S字が複数個重なって、大きく見ると一直線に成長している自分の姿が描けると思っています。
私は、勝手に「§型成長曲線」と名づけてます。
※別に名づけたからどうだということはありませんが。

要するに、あるスキルやノウハウがちょっとだけ使えるようになったら、その勉強と実践を続けるとともに、新しいジャンルにも興味を持ちましょうと。
そうすることで、常に成長の実感のある勉強ができるのではないかと考えるようになりました。

ブラインドタッチに話を戻せば、ブラインドタッチで入力速度が上がらなくなる前に、自動入力ツールを導入したり、予測変換を使うようにすることで、文章を入力する方法自体を変えていかないと改善しないわけですね。
※こちらの方法については
ローマ字定義(Google日本語入力)
Google日本語入力
ArtTips
※をご参照ください。

あなたは、次に何を勉強しようとされてますか?

■参考図書 『記憶力を強くする―最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方



神経科学の目覚ましい進歩によって脳の記憶の実体がついに見えてきた。

よく年をとると記憶力が衰えるといわれるが、この研究は成人した後であっても鍛えれば記憶力がよくなることを示している。しかし、そうは言っても成人して年齢を重ねるごとに記憶力が落ちていくのを感じるわけだが、脳科学は脳の構造にあわせた3つの「記憶の仕方」があることを教えてくれている。それは

 (1) 何度も失敗を繰り返して覚える
 (2) きちんと手順を踏んで覚える(易しいものから難しいものへ)
 (3) まずは大きく捉え、最初から細部にこだわらない

である。
年齢と共に「丸暗記」する能力は衰えていくが、この方法を用いれば記憶力は鍛えられる。

記憶力を高める「夢の薬」を研究する著者が、LTPやシナプス可塑性などの最新理論を解説しながら、科学的に記憶力を高めるための具体的な方法を紹介する。


●関連 Web
 記憶力を強くする ブルーバックスB-1315―何も考えないこと(読書メモ)
 記憶力を強くする(pdf)-Biglobe
 空間的記憶や情動的記憶をつかさどる 海馬を中心とした神経ネットワークの解明(pdf)―東北大学研究発表資料
 記憶力を強くする-池谷裕二のホームページ・Web 記憶力を強くする-Google Books

●関連記事
 社会人の勉強方法は、学生とは異なる
 プライミング効果で読書する
 諦めないで続けるとある日突然爆発する
 記憶力を強くする





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

記憶力を強くする―最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方
著者 :池谷裕二

記憶力を強くする―最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方
検索 :最安値検索
記憶力を強くする―最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方
検索 :商品検索する

●このテーマのおすすめ図書


海馬―脳は疲れない(新潮文庫)

進化しすぎた脳―中高生と語る「…

受験脳の作り方―脳科学で考える…

脳が冴える15の習慣―記憶・集…

脳はなにかと言い訳する―人は幸…

単純な脳、複雑な「私」(ブルー…



↑このページのトップヘ