音楽と仕事の日々

Youtubeのお気に入りの音楽と仕事のヒント

Tag:二者択一



■二者択一法


説得法のひとつに二者択一法というのがあります。

簡単に言ってしまえば、結論を2つに分けて、「どちらを選ぶか」を迫る方法です。
これはすごく協力な方法で、相手の選択肢の幅を狭めて、自分の思い通りの結論に持っていくことができます。

相手にこの方法を使われると、なかなかそこから抜け出すのは難しいです。

例えば、私は部下によくこの方法を使います。

 「結局、オレの指示したことをやるの? やらないの?」
 「この情報は、必要だと思うの? 思わないの?」

こんなふう。
続きを読む



■二者択一法


説得法のひとつに二者択一法というのがあります。

簡単に言ってしまえば、結論を2つに分けて、「どちらを選ぶか」を迫る方法です。
これはすごく協力な方法で、相手の選択肢の幅を狭めて、自分の思い通りの結論に持っていくことができます。

相手にこの方法を使われると、なかなかそこから抜け出すのは難しいです。

例えば、私は部下によくこの方法を使います。

 「結局、オレの指示したことをやるの? やらないの?」
 「この情報は、必要だと思うの? 思わないの?」

こんなふう。
続きを読む


■誤前提暗示


相手に自分の期待する結論を出させる方法として、

 誤前提暗示

という方法があります。

実際使ってみると、簡単に引っかかってくれるので、結構面白い方法です。

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

ありもしない前提を相手に伝えたうえで、相手の判断を自分の思い通りにコント口ールする一誤前提暗示」と呼ばれる心理テクニックもあります。

例えば、ファストフード店などで
 「トッピングはポテトになさいますか、それともサラダになさいますか」
などと言われると、食べようと考えてもいなかったのに「じゃあポテト … 」と答えてしまった経験はないでしようか。

これは、人がもっともらしい前提や選択肢を与えられると、それ以外の選択肢があるにも関わらず、与えられた選択肢のなかだけで物事の判断を下してしまいやすいという人間心理を応用しているのです。

トッピングをつけることがあたかも当たり前の前提であるかのように相手をが暗示がにかけることで、ポテトかサラダのどちらかを選ばなければという心理にさせるのです。

誤前提暗示は、周りの同僚に自分の仕事を手伝ってほしい場合などにも応用できます。

 「オレの仕事を手伝ってくれよ」

というふうに漠然とお願いするのではなく、

 「この資料のコピーか、テキストの入カをやってくれない?」

と、手伝うことが当たり前のようなニ者択一式の問いかけをするのです。

冷静に考えれば、「資料のホッチキス止めをやる」「資料にヌケがないかチェックする」など、ほかにも選択肢はあるはずなのに、このようにふたつの選択肢を封じこめてしまうことを「二分法の罠」とも呼びます。

こうして、あなたが手伝ってほしい仕事を相手が選ぶようコントロールするのです。

また、二者択一式のお願いをするときは、本当にお願いしたいことを選択肢の最後に持ってくるとより効果があるといわれています。

これは、人間心理では、複数の事柄をリスト的に提示されると、それぞれの記憶に差異が起こり、終わりに近い事柄のことをよりはっきりと記憶しているという「系列位置効果」が起こるとされているからです。

マルコ社(編集)(著) 『他人を支配する黒すぎる心理術
――――――――――――――――――――――――――――★


この「トッピングはポテトになさいますか、それともサラダになさいますか」は2者択一の罠とも呼ばれますし、いろいろな心理的な効果が織り込まれています。

ま、私ごときが解説するまでもなく、本書にそのものズバリが書かれていますので、そのとおりにやってみればいいのです。

ポイントは、

 ・自分の期待することが当然の前提として話をする
 ・選択肢を示すときには、最後のものを期待する結論とする

の2点。

この「誤前提暗示」は、

 ゴタ消し―示談交渉人 白井虎次郎

というマンガにも出てきました。
このマンガ、テレビシリーズにもなっていて、誤前提暗示を利用したエピソードの解説はこちらにあります。

本書は交渉術の宝庫です。マンガなので軽く読めますので、一読されると勉強になりますよ。


■参考図書 『他人を支配する黒すぎる心理術



「人を操る」とは「良好な人間関係を築くこと」につながるのです。

人間関係の悩みを解決して、円滑なコミュニケーションを行なう方法のひとつに、心理学をベースにしたコミュニケーション法が存在します。
心理学的見地から、相手の表情やしぐさ、行動を分析して心理状態を把握し、コミュニケーションに役立てる心理術のなかでも、相手を「支配する」(=操る)心理術にフォーカスしたのが本書です。
コミュニケーションとは言い換えれば「操り合い」のこと。心理学をベースにした心理誘導に役に立つ考え方や具体的なテクニックを学ぶことで、コミュニケーションスキルは大きく向上することでしょう。そう、「人を操る」とは「相手との良好な人間関係を築くこと」につながるのです。
本書では人を操るための心理学や心理テクニックを紹介するために、「心理学」「心理術」の専門家への取材を敢行。心理学の基本や相手の心を透視(見抜く)技術について紹介するとともに、メインコンテンツでは相手の行動や心理を自分の意図した方向に誘導する心理術を紹介しています。


●関連記事
 最初に違いを言う
 緊張するプレゼンは最初に手を広げる
 「まばたき」をコントロールする
 不意打ちでYESと言わせる方法
 名前を呼ぶと親密度が増す
 返事は「そうだよね」を使う
 説得術:無言で相手を誘導する方法
 声の大きさや音程を使い分ける
 人に合わせて話すスピードを調節する
 サインに気をつける(話半分、観察半分)
 接種理論〜論理構造を図示してアンチテーゼを出す
 接種理論〜評論家タイプの同僚を利用する
 誤前提暗示を活用する
 ランチョン・テクニックで和やかに議論する
 「姿勢反響」で上司から信頼を得る
 行動原理を知ると人の行動が読める
 ボディランゲージを聞く
 サインに気をつける
 人間がつくウソの種類
 他人を支配する黒すぎる心理術





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

他人を支配する黒すぎる心理術
著者 :マルコ社(編集)

他人を支配する黒すぎる心理術
検索 :最安値検索
他人を支配する黒すぎる心理術
検索 :商品検索する

●このテーマのおすすめ図書


税務署員がこっそり教えるお金の裏ワザ-サラリーマン最強の蓄財術(中公新書ラクレ)

思い通りに人をあやつる101の心理テクニック(フォレスト2545新書)

相手を自在に操るブラック心理術(日文新書)

格差社会を生き延びる“読書”という最強の武器

他人が必ず、あなたに従う黒すぎる心理術

伝え方が9割



↑このページのトップヘ