音楽と仕事の日々

Youtubeのお気に入りの音楽と仕事のヒント

Tag:事前準備


私は子供の頃からよく忘れ物をします。
まぁ、印象が強いのでそう思っているだけで、相対的にはどうなのかはわかりませんが、いざとなった時に「ない!」と気が付くと凄くショックですね。

ところが、「あ~、オレってバカ」と思ったり、「次から注意しよう」と思うのもつかの間、具体的改善をしないのでまたしても同じようなミスをします。

「これではイカン!」

と思い立って、持ち物チェックリストなどを作って確認しています。

続きを読む



「さて、報告書でも作るか~」

営業日報であったり、出張報告書であったり、サラリーマンをしているといろいろな場面で、報告書や提案書を作ることがあります(サラリーマンに限らないかもしれないですが)。

そのときに、報告書を書くワードやパワーポイントをどのタイミングで開きますか?

続きを読む


過去記事で、何度か論理的に見えるコツというのを書いてます。

論理的資料作成術:見出しをつけると整理されて見える
論理的資料作成術:ナンバリングするすると論理的にみえる
続きを読む


過去記事で、何度か論理的に見えるコツというのを書いてます。

論理的資料作成術:見出しをつけると整理されて見える
論理的資料作成術:ナンバリングするすると論理的にみえる
論理的資料作成術:2つの観点で書くと説得力がでる

こういう「資料」すなわち紙に書いた文章やPCに打ち込んだ文章というのは、推敲という作業ができるため、論理的にするのは相対的にハードルが低いのですが、話し言葉となるとそうは行きません。

頭に浮かんだ単語をどんどん文章化してつなげていくと、同じことを何度も言ったり、論理構成が全くできなかったりします。

実際、私は研修で、「論理的に説明する」というトレーニングをした時に、自分のスピーチを録音して聞かされました。

ま、色んな意味で、自分の話は聞くに堪えない

■論理力はトレーニング

★――――――――――――――――――――――――――

これに対して、日本の教育現場は論理的思考を鍛えるような環境ではないので、社会人になってから「どうすればロジカルに話せるのか」「そもそも自分は論理的思考が苦手なのではないか」と悩む人が少なくないようです。 ディベーティングやプレゼンなどでは、考えを整理して論理的に話すことができないと、相手に簡単に突っ込まれますし、その場でうまく対処することもできません。

岩瀬大輔(著) 『入社10年目の羅針盤
――――――――――――――――――――――――――★


本書の通り、私は社会人になってから、こういうトレーニング(講習)に参加して初めて、自分の至らなさを自覚しました(「させられた」というべきかも)。

もちろん、ある程度上達した時に、さらに高みを目指せるかどうかというのは、個人の資質によるのでしょうが、百点満点中、10点を取る程度なら割と簡単なトレーニングで出来るようになります。

その講習で習ったコツというのは、

 書きなさい

ということ。

たったこれだけで、ウン万円を支払ったのですが、本書『入社10年目の羅針盤』にズバリそのものが書いてありました。

★――――――――――――――――――――――――――

自分の考えをうまく言葉に変換できないという人は、自分の考えていることをまず紙に書き出してみましょう。断片的な考えでも、紙の上に並べてみると整理しやすくなります。自分の言いたいことは何なのか、そのメッセージを浮かび上がらせることができたら、次にそれを文章化してみます。重要なプレゼンなどが控えているのであれば、それを誰かに見てもらうのがよいでしょう。

岩瀬大輔(著) 『入社10年目の羅針盤
――――――――――――――――――――――――――★


そんなプレゼンの時には、プレゼン資料があるので、個人的にはあまり支離滅裂になることはないと思っていますが(自覚がないだけかもしれません)、やっぱり普段の発言は、何の準備もなく、話に突入すると、ろくなことはありません。簡単に論破されてしまいます。

だから、私は普段の発言こそ、こういう事前準備をするべきかと考えています。

■1分間だけ紙に書いてから発言する

何か気になったことがあって発言するときには、発言する前に1分間だけ使って紙に書く
たったこれだけでいいです。

もし、1分間のタイムラグで発言の機会を逃す程度のことなら、きっと発言してもしなくても結果は変わりませんよ。

■整理できれば論理的に見える

単純な話、紙に書いた文章を読むだけでも、論理構成がしっかりしているように見えます。
たとえ、その文章が論理的ではないとしても、

 ・同じことの重複して言わない
 ・文章が論理的な接続詞で繋がれている

このくらいはだれでも出来るでしょう。それだけで相手からは「論理的」と見られやすくなります。つまり、説得力が出ます。

ところが、思いついた単語をどんどん話していくと、思考はぐるぐる回っているので、話も同じくぐるぐる廻ります。結果、論理的に聞こえないという現象がでます。

これをあるベクトルをもたせようとすると、紙にかけばいいんです。そうすれば、言わなければならない単語を全部見ながら話せるので、十分論理的に聞こえます。

また紙に書き出せば、「どこがもっとも言いたいことか」というのをはっきり意識するため、論理展開にブレが少なくなります。

 キーワードを紙に書き出すだけ

で十分論理的な話ができるようになります。


■参考図書 『入社10年目の羅針盤

右肩上がりの時代なら、一流企業に就職し、順調に出世して、経済的にもゆとりのある暮らしを築くことが、共通した幸せの概念だったかもしれない。しかし人々の間で物質的な豊かさよりも精神的な豊かさが求められている昨今、若い人たちも、上を目指すだけでは自分の幸せにたどり着くことができないことに気づき始めている。よく「最近の若者は出世欲がない」などと言われるが、出世の先に自分の目的とする場所があるわけではないということを、感覚として分かっているからではないだろうか。

入社10年目というと、30歳前後の若手ビジネスパーソンにあたる。経験を重ね、スキルも身についている頃だが、責任も与えられ、部下を束ねている人もいる。私生活でも結婚や出産を意識するなど、考えることの多い年代だ。若い頃はただがむしゃらに進めばよかったかもしれないが、30代以降はしっかりと方向を定めて進んでいかなくては目的地にたどり着けない。

うまくいかない時、つまらない仕事をしなければならない時もあるだろう。しかし自分の目標が定まっているのであれば、それを平然と乗り越えていく術も必要だ。

 失意泰然(しついたいぜん)、得意淡然(とくいたんぜん)。

うまくいっていない時こそどっしりと構えよ、うまくいっている時こそ謙虚であれ、といった意味合いの言葉だ。この本でも紹介している。




◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

入社10年目の羅針盤
著者 :岩瀬大輔

入社10年目の羅針盤
検索 :最安値検索

入社10年目の羅針盤
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 イライラしたら飴におさめてもらう
 他人の感情を読み取る
 楽しい仕事はない。楽しめる仕事はある
 政治的見解は述べてはいけない
 入社10年目の羅針盤:転職するなら地方にいけ
 睡眠時間を優先する
 モチベーションが上がるトリガ
 決断力をつけるのは睡眠とリラックス
 できる人は単純作業ですらレベルが違う
 楽しいふりをすると楽しくなる
 少人数でする仕事があなたを成長させる
 論理的に話すコツは、話す前に紙に書くこと
 英語や中国語は度胸で話せる
 相談の作法
 入社10年目の羅針盤

●このテーマの関連図書


仕事でいちばん大切な人を好きになる力

東大×ハーバードの岩瀬式!加速勉強法

社会人のための勉強力の基本(だいわ文庫)

入社1年目の教科書

ハーバードMBA留学記資本主義の士官学校にて

金融資本主義を超えて―僕のハーバードMBA留学記(文春文庫)



■同じテーマの記事

人に合わせて話すスピードを調節する

こういう記事を読んでみえるということは、おそらくあなたは人よりも考える速度が早い方でしょう。そういうトレーニングをしていることになるのですから。※こうした仕事の改善みたいなことを考える、あるいは情報を集めるだけでもトレーニングになっています。ところが、そういうことを一切しない人もいます。もちろん、地頭がいいのか、悪いのかによっても変わってくるので一概には言えませんが、どういうわけか「論理的に考えられない」「論理的..

できなかった時はチャンス到来

もし、何かで失敗して「やり直し」をすることになったら、たいていはいや〜な気持ちになりますよね。「だめって言うなら、もうちょっと早く言ってくれよ…」「あ〜あ、失敗しちゃった。オレってダメなヤツ…」もう自己嫌悪の集中攻撃です。特に時間をかけて一生懸命やったものだったり、ちょっと途中までちょっと自信があったりしたようなものならなおさら。私はエジソンのこの言葉を思い出して、「やった!ラッキー!」って思うようにしてます。..

口論にしない方法2

以前の記事口論にしない方法の続編。前回同じく、『ムカつく相手を一発で黙らせるオトナの対話術』からの引用。合意点が見つからずに議論が続くどうしても合意点が見つからない時、とりあえずのブレイクとして、よくこの台詞を使います。「違いますね。あ、いや、正しいか、間違っているという意味の"違う"ではなくて、お互いの論点が違っているという意味ですよ」最初の「違いますね」で相手の感情は「お前のほうが間違ってるだ..

論理的に話すコツは、話す前に紙に書くこと

過去記事で、何度か論理的に見えるコツというのを書いてます。・論理的資料作成術:見出しをつけると整理されて見える・論理的資料作成術:ナンバリングするすると論理的にみえる・論理的資料作成術:2つの観点で書くと説得力がでるこういう「資料」すなわち紙に書いた文章やPCに打ち込んだ文章というのは、推敲という作業ができるため、論理的にするのは相対的にハードルが低いのですが、話し言葉となるとそうは行きません。頭..

会議が失敗する理由

会議の一つの形態である「ワークショップ」と言うものがあります。日本では「体験型講座」みたいに理解されてますが、本来はプロジェクトにおける関係者の合意とコミットメントのための仕組みです。本書『レバレッジ・ポイントを見つけ出せ! 問題発見力養成講座 “木を見て森も見る”システム・シンキング』では、ワークショップについて、「ワークショップが失敗する理由」が書かれてますが、ここで言う「ワークショップ」は後者の意味です。会議が失敗する理..

ファシリテーションを勉強する

会議で、みんなの意見を取りまとめたり、会議の進行をうまくやる技術を「ファシリテーション」といいます。これは、私が過去にいろんなセミナーで学んだ技術のうちでも、かなり役に立っとと思える技術のひとつ。さらに会議を行う際にとても重要なことがあります。それは「事前準備」です。「事前準備」をきっちり行うことで会議の時間そのものを短縮しつつ、質の良いアウトプットを生み出しやすくします。ここでい..

メトロノームとインターバルタイマ

をご紹介します。ときどき本ブログで「メトロノーム」が登場していますが、スマホのアプリで私が使っている・メトロノーム・タイマをご紹介します。これら2つは「一定の間隔で音やバイブが鳴動するもの」として使っているので、用途は同じです。ただ、測定できる長さ・複雑さにちょっと違いがあるだけです。きっかけ使うようになったのは、2つのビジネス書で紹介されていたのを読んで、「あぁ、なるほど!」と合点がいったから。タイマ..

緊張するプレゼンは最初に手を広げる

社長にプロジェクトの進捗を報告する顧客の重役に商品をプレゼンする大勢の前で発表をする結構緊張するシチュエーションですね。私の過去最大のプレゼンは、ウチの会社の社長を含む聴衆約800人の前で自分のやってきたプロジェクトの紹介をしたときでした。もう、緊張しまくりで、どうやって壇上に上がったのかすら記憶にありません。その後も、昇進すると、これほどではないにしろ人の前で話をする機会が増えます。人前で何か話たりすることがいやで技術者..

10秒で言えなければ出直してこい

かつての上司に「ちょっと時間をいただけますか?」と聞いた時によく言われたことがあります。「いいかどうかを判断するから10秒で説明しろ」で、説明をモゴモゴしようとしていると、「はい、時間切れ。出直してこい」。今では自分が便利に使わせてもらってます。さすがに「出直してこい」とまでは、言えたことがありませんが。10秒で話せること10秒というと、早口で喋っても3〜4文節くらいです。ここで、上司がより詳しく説明を聞くかどうかを判断します。「現在の問題が起こってまして、..

簡単で効果がある記憶力向上法

記憶力向上法とかいうと、なにか怪しげなトレーニングみたいなものもたしかにありますが、そこまで頑張らなくても、わりと簡単に、今すぐできる方法があります。いろいろなビジネス書や記憶力に関する本で読んだことをまとめるとこんな方法。覚えたいことをちゃんと聞く(見る)「はあ?」と言われそうですが、案外やってないんですよ。たとえば、誰かと話をしていて重要な話になった時に、ふと別のことが頭をよぎってしまうことってよくありますよね。で、そういう時は相手が何を言っているかなんてほとん..

↑このページのトップヘ