音楽と仕事の日々

Youtubeのお気に入りの音楽と仕事のヒント

Tag:中谷彰宏

v続きを読む


ふつう、風邪を引いたら休みますよね。
まあ、仕方ありません。でも、もったいない

過去記事でも書いてますが、私は年休消化率は結構いいほうです(それでも100%とはいきませんが)。ただし、風邪みたいな病気で休んだことは、直近では記憶にありません。
※「体調不良」という言い訳を使ったりするのは、気が乗らなくて早退をするときに…

年休を取って何をしているかというと、遊びに行ったり、そこら辺をぶらぶらしたり、図書館にこもったりしてます。
続きを読む

上司や先輩として、部下や後輩を指導するとき、一番腐心するのは、

 どうやったら相手が前向きに取り組んでくれるか

ということです。

過去記事で、自分は「やる気ゼロでもやれる仕組みを作る」と書いてましたが、やる気がマイナスではやっぱりやれません。

強制されたと感じさせずに、自分がやってほしいことを相手にやってもらうところが上司や先輩から仕事を指示するときの大切なコツのひとつ。「やる気」までいかなくても、少なくとも「前向きに取り組んで欲しい」と。
続きを読む

続きを読む

続きを読む


 「だいたい君はいつも〜だ」
 「そもそも〜」
 「この前もそうだっただろう!」

部下を叱るときに、この言葉は禁句です。

■叱っても引きずらない

★――――――――――――――――――――――――――

●単発で叱る。過去の失敗と合わせて叱らない

叱る時には単発で叱ることが大切です。

何か失敗をした時に、今この場でダイレクトに叱ってはいけないような場面も確かにあります。でも基本的には、時間がたってから叱ってはいけません。

そのことが起こった時点で、必ずその場ですませていくことです。
その場で叱って、あとは忘れ、決して尾を引いてはいけないのです。

何か起こった時、 1 週間ぐらいたってから叱ってもダメです。そうすると、上司は自分のことをずっと快く思っていなかったのだなと、部下は不安になってしまいます。
 :
そういう清疑心を生ませないことが、叱る時には一番大事です。
今叱っていても、明日になったら忘れる。一晩寝たら、それはすべて時効と思わないといけません。また、そういうふうに部下に思わせないといけないのです。

中谷彰宏著 『管理職がしなければならない50のこと

中谷彰宏(著) 『管理職がしなければならない50のこと
――――――――――――――――――――――――――★


管理職は常に部下に対しては中立を維持しないと、部下をマネジメントする事はできません。

感情的には好きな部下、嫌いな部下がいることは仕方がないです。
ただし、それを極力部下に見せないようにしないといけません。

そのために、意図的にも中立を装うことが必要です。

部下がもしあなたを怒らせるような失敗をしたとしても、その場で、「それではダメだ!」と言っておいて、すぐに忘れてしまうように務めることです。

忘れてしまう必要はありません。忘れたかのように振る舞えばいいだけです。

■叱った瞬間に過去のことにする

本書(『管理職がしなければならない50のこと』)では、翌日には忘れると書いてありますが、私の感覚からすれば遅すぎ。

怒ったり叱ったりしたら、その言葉が終わった途端に、もうすっかり忘れて、「そういえば、このまえ××さんと飲みに行ったんだって?」とかいきなり「ヨタ話」をし始めればいいです。また会議中であれば、次の発言には「○○君のいうことはもっともだ」とことさら肯定発言をするようにします。

叱った事自体を忘れたかのように振る舞うためには、過去に叱ったことをぶり返さないことです。
それが冒頭の禁句

■叱っても反省できない人

とはいえ、何度同じことで叱られても、その場だけの反省の弁で済ませてしまう部下もいます。ひどい人は反省の弁もなく、黙りこむだけという人も。

こういう部下に対しては、「再発防止リスト」を作らせるようにしてます。

 ・発生した問題(失敗)
 ・発生した日時
 ・失敗した原因
 ・再発防止策
 ・実施内容・経過

これをEXCELで管理してます。

これがかけるまでは他の仕事は一切禁止。
一人で書けないようなら、同僚・先輩を集めて相談させます。

ただ、特定の部下だけに作らせると、いろいろややこしいことになるので、

 「2度同じ失敗をした場合は全員が書くこと」

をルールにしてます。同じかどうかは私の判断で決める、と言ってあります。


■参考図書 『管理職がしなければならない50のこと

管理職がしなければならない50のこと決断できないものに決断を
下すのが、管理職の仕事。マニュアルから外れたところからが、
管理職の仕事。厳しいことでも明るく叱る。
すべての業種で通用する管理職のノウハウを、50の項目で学ぶ。




◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

管理職がしなければならない50のこと
著者 :中谷彰宏

管理職がしなければならない50のこと
検索 :最安値検索
DMMでは見つかりませんでした



●本書を引用した記事
 セラピストを学ぶ
 「だいたい君はいつも」は禁句
 部下は育てるのではなく育つ
 予算管理のコツ1:予定外の予算が出せることが管理
 予算管理のコツ2:予定外の予算がの確保の仕方
 答えは相手に言わせると前向きになってくれる
 混沌を作り出す
 明るく叱る
 管理職がしなければならない50のこと

●このテーマの関連図書


あの人の下なら、「やる気」が出る。モチベーション・リーダーになる50の具体例



■同じテーマの記事

セラピストを学ぶ

「セラピスト」という職業について、名前くらいは聞いたことがあると思います。セラピストとはセラピストとは身につけた知識と技術をつかって心身を癒やす、治療技術の専門家です。世界には多くのセラピーがあり、セラピーの数だけセラピストの種類があります。ここでは、セラピストのレベルや分類、カウンセラーやヒーラーとの違いを考えながら、セラピストとして生..

「だいたい君はいつも」は禁句

「だいたい君はいつも〜だ」「そもそも〜」「この前もそうだっただろう!」部下を叱るときに、この言葉は禁句です。叱っても引きずらない単発で叱る。過去の失敗と合わせて叱らない叱る時には単発で叱ることが大切です。何か失敗をした時に、今この場でダイレクトに叱ってはいけないような場面も確かにあります。でも基本的には、時間がたってから叱ってはいけません。そのことが起こった..

部下は育てるのではなく育つ

「長」のつく役職をもらうと、仕事が一つ増えます。部下育成です。ただ、私はこの「育成」という言葉があまり好きではありません。どうも、「自分が立派なので、部下も立派にしてやろう」みたいな上から目線というか、増長しているというか…。「何様じゃ?」みたいな感じがするので。育てるのではなく、育つ仕事上で部下というと、自分より年齢的に下の人もいますが、それでも立派な大人です。子供じゃないんだから、「育成」「育てる」なんておこがましいよう..

予算管理のコツ1:予定外の予算が出せることが管理

この4月から管理職に昇進された方もいらっしゃると思います。おめでとうございます。管理職でなくともそういう業務をされている方も見えるかと思いますが、本日は予算の管理について、私が心がけていること。管理することまず「管理する」ということはどういうことかについて考えてみたいと思います。・ある規準などから外れないよう、全体を統制すること。「品質をする」「健康」「教育」・事が円..

予算管理のコツ2:予定外の予算がの確保の仕方

前回、管理職の仕事のひとつ、「予算管理」について、「管理」している状態というのは、予算外の出費をどう判断するのかについてご紹介しました。本日は、その出費を全体の予算の中でどのように確保するのかについてご紹介します。管理できるのは予算と時間管理職がしなければいけない管理のひとつは予算、もうひとつは時間です。たとえば部下が出したアイデア..

答えは相手に言わせると前向きになってくれる

上司や先輩として、部下や後輩を指導するとき、一番腐心するのは、どうやったら相手が前向きに取り組んでくれるかということです。過去記事で、自分は「やる気ゼロでもやれる仕組みを作る」と書いてましたが、やる気がマイナスではやっぱりやれません。強制されたと感じさせずに、自分がやってほしいことを相手にやってもらうところが上司や先輩から仕事を指示するときの大切なコツのひとつ。「やる気」までいかなくても、少なくとも「前向きに取り組んで欲しい」..

混沌を作り出す

部下の元気は、大混乱から生まれる。社員がバラバラの状態でいる時、会社は一番元気な状態になります。会社が活性化するという言葉の解釈も、上司と部下ではまったく違っています。部下の側からすると、自分の好きなことができる状態が、会社が活性化しているということです。:統一した状態よりも、梶沌とした大混乱の中から新しいものが生み出されていくのです。会社も活性化していき、変化に適応して..

明るく叱る

叱り方の一番大事なポイントは、明るく叱ることです。叱っている人はたいてい、暗いのです。暗く叱っている場合は、叱っているのではなくて、ただ怒っているのです。怒るというのは、感情的なものです。感情的ではなくて、あくまでも冷静に筋道を立てて、「ここはこうしたほうがいいよ」と教え諭すのが叱ることです。だから、笑いながら叱ることができるわけです。中谷彰宏著『管理職がしなければならない50のこと』..

管理職がしなければならない50のこと

内容を紹介した記事明るく叱る叱り方の一番大事なポイントは、明るく叱ることです。怒ってはいけないと言われますが、感情が入らなければ相手に伝わらないこともあります。ただし、引きずってはいけません。…続きを読む…混沌を作り出す管理職になったら、意図的に混乱を発生させましょう。それによってのみ新しいものを生み出すことができます。@#INFO管理職になったら、意図的に混乱を発生させましょう。それによってのみ新しいものを生み出すことができます。…続..


★――――――――――――――――――――――――――
叱り方の一番大事なポイントは、明るく叱ることです。
叱っている人はたいてい、暗いのです。

暗く叱っている場合は、叱っているのではなくて、ただ怒っているのです。怒るというのは、感情的なものです。

感情的ではなくて、あくまでも冷静に筋道を立てて、「ここはこうしたほうがいいよ」と教え諭すのが叱ることです。だから、笑いながら叱ることができるわけです。

中谷彰宏著 『管理職がしなければならない50のこと
――――――――――――――――――――――――――★


よく、

 ・「怒る」と「叱る」を履き違えない
 ・怒ってはいけない、叱りなさい

などと言われます。とくに管理職になるとそういった研修を受けたりしている会社もあるのではないでしょうか(かくいうウチの会社もそういうのが数年に一度あります)。

しかし、部下は失敗します。
成果としての失敗であったり、上司であるあなた自身の指示違反であったりしますが、やっぱり失敗します。何かをすれば失敗することはあたり前です。

その時に、どういう態度を取るかがあなたの管理能力を問われます。

■「怒ってはいけない」は正解ではない ― 怒りたいときは怒ればいい

本書にあるように、明るく叱るというのも方法のひとつですが、怒ってみせるというのも相手を抑えこむための必要な技術です。

要は、相手と状況によってどのような叱り方をするかを判断することが重要。

「×××をしては○○○になっちゃうだろ。だからこうした方がいいよ」と言って、ちゃんと行動が変わる人はそれで問題ありません。自分にも対して負担にならないので。

でも、言ってもわからない人には

 「テメー! なんてことしてくれるんだ!」
 「さっき言っただろう! なんて言ったか復唱してみろ! 今すぐだ!!」

って怒鳴らないと行動が変わらない人もいます。

■冷静に怒る

それを冷静に、適切に判断することができるようになるように、自分をコントロールしましょ。

「コントロールする」というのは、「影響を計算して怒る」ことです。

この練習のために、あなたの地域のシロウト劇団に入団してみるといい練習ができます。
ほんとうに感情的になってはいけませんが、感情的になっているように振る舞う場面が必要な時もあります。その時のために表情や態度をどうすればいいのかを教えてもらえますよ。

ただし、パワハラと言われないように気をつけましょう。
いまどき、こういったことはうるさいので…。


■参考図書 『管理職がしなければならない50のこと

管理職がしなければならない50のこと決断できないものに決断を
下すのが、管理職の仕事。マニュアルから外れたところからが、
管理職の仕事。厳しいことでも明るく叱る。
すべての業種で通用する管理職のノウハウを、50の項目で学ぶ。




◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

管理職がしなければならない50のこと
著者 :中谷彰宏

管理職がしなければならない50のこと
検索 :最安値検索
DMMでは見つかりませんでした



●本書を引用した記事
 セラピストを学ぶ
 「だいたい君はいつも〜」は禁句
 予算管理のコツ1:予定外の予算が出せることが管理
 予算管理のコツ2:予定外の予算がの確保の仕方
 答えは相手に言わせると前向きになってくれる
 混沌を作り出す
 明るく叱る
 管理職がしなければならない50のこと

●このテーマの関連図書


あの人の下なら、「やる気」が出る。モチベーション・リーダーになる50の具体例



■同じテーマの記事

ビジネス心理術辞典

すべてのビジネスマンにすぐに役立つ心理学を基本にした行動のガイドをしてくれる一冊です。図解 3秒で相手を操る!ビジネス心理術事典 (East Press Business)図解3秒で相手を操る!ビジネス心理術事典著者:内藤誼人価格:1,260円(税込、送料込)楽天ブックスで詳細を見る心理学はわかったようでわからない難解な用語を連発されてすぐにケムにまかれたり、わかったような気になっても具体的に実際にビジネスの場でどう使えばいいか..

ビジネス心理術辞典

図解 3秒で相手を操る!ビジネス心理術事典【評価】選書理由ビジネスに心理学を用いる際の、具体的な方策を知りたかったから。読みやすさ非常に読みやすい。読書時間40分ほど。オススメすべてのビジネスマンに使える。心理学はわかったようでわからない難解な用語を連発されてすぐにケムにまかれるが、この本はそうではない。心理学には詳しくないがビジネスをうまくやるためのコツを教えてくれる。著者内藤 誼人心理学者。慶應義..

明るく叱る

叱り方の一番大事なポイントは、明るく叱ることです。叱っている人はたいてい、暗いのです。暗く叱っている場合は、叱っているのではなくて、ただ怒っているのです。怒るというのは、感情的なものです。感情的ではなくて、あくまでも冷静に筋道を立てて、「ここはこうしたほうがいいよ」と教え諭すのが叱ることです。だから、笑いながら叱ることができるわけです。中谷彰宏著『管理職がしなければならない50のこと』..

管理職がしなければならない50のこと

内容を紹介した記事明るく叱る叱り方の一番大事なポイントは、明るく叱ることです。怒ってはいけないと言われますが、感情が入らなければ相手に伝わらないこともあります。ただし、引きずってはいけません。…続きを読む…混沌を作り出す管理職になったら、意図的に混乱を発生させましょう。それによってのみ新しいものを生み出すことができます。@#INFO管理職になったら、意図的に混乱を発生させましょう。それによってのみ新しいものを生み出すことができます。…続..

他人の感情を読み取る

自分が他人の感情を害してしまったような場合はどうしようもありませんが、感情を害している人を見分けられると、ちょっとだけ仕事がやりやすくなります。感情の沸点が低い人、高い人他人のイライラも受け入れよまた大抵の職場には、怒りの沸点が極端に低く、すぐに怒り出す人がいるかと思います。こういう人の対処方法も同じく、「受け人れてあげること」です。多くの場合、彼らは「瞬問湯沸かし器」という..

文章のコツ3:接続詞の7つのパターン2

どうも日本語というのは、母国語で話し慣れているので、あまり意識しなくてもそれなりの文章が話せたり、書けたりします。ところがちゃんと勉強してみると、以外に知らないことが少なくありません。ちょっとだけわかりやすい文章を書くためのコツのひとつ、「接続詞」について考えてみたいと思います。当然ながら、文章というのは複数の文で成り立っており、少し細かく見ると、文と文がつながって出来上がっています。そこで文と文とをつなぐもの、それが「接続詞」です。この接続詞..

部下の行動を改めさせる恫喝と一罰百戒

上司の立場から、部下を見ていれば、部下が自分(上司)の指示にきちんと従っているか、面従腹背なのかはだいたい見当がつきます。部下のほうは、バレていないと思っているのかもしれませんが、部下の会話の際の、「バーバル(言語的要素)」と「ノンバーバル(非言語的要素ごの不一致)」が見てとれれば、「ああ、こいつは、返事だけだ…」などとわかってしまうものです。ただ、部下の行動を常時チェックしているわけではないので、なかなか証拠を捕まえるのも楽ではありません。ただ、もし..

コンプリーテッドレポート

上司に現在の進捗状況を報告するときに3つのパターンがあります。1.プレゼン資料のように仕上げて、進捗をわかりやすく報告する2.メールで進捗状況、課題などを報告する3.口頭で上司に報告するそれぞれには報告のためのお作法があります。このお作法を私はコンプリーテッドレポートと呼んででます。プレゼン資料にするこれは、プレゼンのテクニックと報告を受ける人の立場がわかればあまり難しくはありません。例えば部門長であれば・課題や遅延している理由何で現在の担当者だけで解決可能か..

カスな部下の扱い方

仕事のできない部下「上司と親は選べない」というセリフを過去記事で何度か使いました。まぁ要するに、サラリーマンである以上、どんな嫌な上司であっても、「上司を変えてくれ」という要求は受け入れられることは絶対にありません。一方、上司から見て部下はというと、ある程度なら選ぶことはできます。そのために人事権を持っているわけです。人事権と言っても、所詮中間管理職ですので、クビにできるわけではありません。もちろん、自主退職に追い込むというのな..

面接のキラーフレーズ

今日は特に、一般職で昇進したいと思っている方、中途採用面接に臨もうと思っている方に読んで欲しい内容。管理職になると、部下を評価することはもちろんやりますが、他の部署の人の昇進の可否を決定する面接をすることがあります。昇進面接私の会社では、部下を昇進・昇級させるのには3段階あります。・直属上司が昇進の推薦をすること・部門長が昇進の推薦を承認すること・人事部および別部門の責任者がその人物がその急にふさわしいかどうかを判断することです。一般職は総合職とオフィス職に分..

↑このページのトップヘ