音楽と仕事の日々

Youtubeのお気に入りの音楽と仕事のヒント

Tag:プロフェッショナル


<!--
TITLE プロであることを確認する
TAG プロフェッショナル,専門家,プロ,習慣,SoftSkills,SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル,ジョン・ソンメズ
CATEGORY 演習―あなたの思考力・実現力に挑戦!
BKREF SoftSkills-->
<SCRIPT charset="utf-8" type="text/javascript" src="http://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?ServiceVersion=20070822&MarketPlace=JP&ID=V20070822%2FJP%2Fshori0763-22%2F8005%2Fe5c707b6-5e00-4e94-b08c-32c76495f8d1"> </SCRIPT> <NOSCRIPT><A HREF="http://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?ServiceVersion=20070822&MarketPlace=JP&ID=V20070822%2FJP%2Fshori0763-22%2F8005%2Fe5c707b6-5e00-4e94-b08c-32c76495f8d1&Operation=NoScript">Amazon.co.jp ウィジェット</A></NOSCRIPT><br>考える力は、他人が出した結論を見るだけでは絶対に付きません。<br>自分の頭で考え、それを整理し、行動してそれをさらに最初の考えにフィードバックするというループによってのみ強化されます。<br><br>本カテゴリでは、さまざまなテーマを設問としてご紹介していきます。<br>そのテーマについて、ノートに自分の考えを書き出して、それから導き出される結論に基づくアクションを決定して行動してみてください。その結果自分の考えがどのように変わったのか、一度このノートをを見なおしてください。<br>
続きを読む


<!--
TITLE 真のプロフェッショナルとは
TAG プロフェッショナル,記録,記憶,プロフェッショナルの条件,プロフェッショナルの条件,P.F.ドラッカー
CATEGORY 巨人たちの言葉
BKREF プロフェッショナルの条件-->
<SCRIPT charset="utf-8" type="text/javascript" src="http://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?ServiceVersion=20070822&MarketPlace=JP&ID=V20070822%2FJP%2Fshori0763-22%2F8005%2Fe5c707b6-5e00-4e94-b08c-32c76495f8d1"> </SCRIPT> <NOSCRIPT><A HREF="http://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?ServiceVersion=20070822&MarketPlace=JP&ID=V20070822%2FJP%2Fshori0763-22%2F8005%2Fe5c707b6-5e00-4e94-b08c-32c76495f8d1&Operation=NoScript">Amazon.co.jp ウィジェット</A></NOSCRIPT><br>
続きを読む

続きを読む


 「部下のマネジメントはどうしても嫌だ」
 「自分にマネジメントの仕事は向いてない」

中間管理職に昇進したばかりの人や昇進する直前の人からこういう訴えを聞くことがあります。

実際、会社では

 管理職=部下のマネジメントをする人

というのがあたり前で、「マネジメントができない/やりたくない」というのはその時点で、管理職にはならないという意味です。
会社のヒエラルキーとしては、一般職は管理職よりも下で、役員や上級管理職にとってみれば、「ステップアップさせてやろう」という気持ちでいたのに、「いや」と言われては失望してしまうわけですね。

なので、原則的には、「管理職にならないか」と言われたら、二つ返事で「よろしくお願いします」というのがいいとは思いますが、本当に嫌なら仕方がありません。

■中学校にもどれ

管理職に引き上げるのは、その人が優秀で、手足を増やしてやることによってより大きな成果を出してほしいと思っているからであって、それを「できない」と言われると「じゃあ一般職にもどれ」ということになります。

ちょっと例えとしてはあまりいいものではないと思いますが、高校にはいったら「勉強についていけない」というので、「じゃかもう一度中学の勉強をやり直せ」と言われるようなものです。言った方も言われた方も結構ショックですよね。

■プロフェッショナルコース

こういう問題を避けるために、「プロフェッショナルコース」という職位を設けている会社があります。
管理職ではないが、一般職でもない。その道のプロとして生涯務めるキャリアです。

もし、あなたが自分が管理職には向かないのではないかと心配なら、自分の会社に(あるいは転職しようとする会社に)こういう昇進ルートがあるかどうかを確認しておくべきだと思います。


たとえば、自動車販売の場合、トップセールスマンが営業所長に昇進したけれども、部下を指導するのは苦手だと気づいた。それなら、部下を指導しなくてもいいから、自分で売ることに専念する。これまで年間100 台売っていたなら、今後は200台、300台を目指すというコースです。そんなブロフエッショナルコースが会社に用意されていれば、引き上げる方も引き上げられる方も失望をしなくて済みます。

プロフェッショナルコースがあるかどうかは、入社予定の会社であればホームページの会社案内を調べてみるといいでしょう。
現在の会社であれば、人事案内などで公知にされているはずですので、しっかり調べましょう。

ただし、そのコースがあっても有名無実という場合もありますので要注意。
もし就職・転職するなら、「そのコースではどのくらいの人が働いて見えますか」と実例・実数を聞きましょう。
すでに就職しているなら、実際にそういう人に直接あってみたり、その人の周囲の人に話を聞いてみて、「働きやすいのか」「なにか問題はないか」など調べてみましょう。

■早めに決断を

こういうのはその人のキャリアとして重要なポイントに成りますので、早めに決断しておいたほうがいいです。
一旦管理職になってから、「やっぱりできない」というのは最悪です。自分にとってもあなたの上司や経営者にとっても感情的なしこりを残すことになります。

ただし、自分の感覚として、食わず嫌いな人が少なくありません。
「食わず嫌い」なので、管理職になってもマネジメント能力を磨こうともしないし、やらない言い訳にしているとしか思えない時があります。
そうなれば、窓際に放り出されることになりますので、やっぱり

 やると決めたらとことんやる

という決断は必要だと思います。


◆このテーマのおすすめ図書


仕事は「外見」で決まる!コーチングのプロが教えるプレゼンスマネジメント

仕事の成果は「目線」で変わる:「モノの見方・考え方」が鋭くなる51のポイント

新・ケアマネジメントの仕事術―現場実践の見える化と勘所

キャリア・マネジメントセルフ・アセスメント:変わり続ける仕事とキャリア

図解ミドルマネジメントの仕事100―現状を打破し、新たな価値を創出する「活創型ミドル」への新・行動原則

仕事ができる人の「デスクトップ」は美しい

■関連する記事

「わかりません」にはしつこく食らいつく

人に何かを頼みに行った時に、「自分はよくわからないので…」とか「どうしていいか見当もつきませんので…」などと返される時があります。他にやれそうな人がいるようなら、「そうですか」とあっさり引き下がりますが、他に頼めそうな人がいないときには、食い下がるようにしてます。ただ、食い下がるにしても、この答えでは取り付く島もないので、取り付く島を見つけないといけません。(44)「..

目標は達成可能でなければならない

以下で引用する『マッキンゼー式 世界最強の仕事術』のマッキンゼーの仕事のコツでは2つのことが書かれています。ひとつは、外向きの目標と内向きの目標を使い分けること。もうひとつは、目標がどの程度妥当なのかを事前に調査しておくことです。あくまで到達可能な目標を設定するブロジェクトを構築するときは、コンサルタントとしてサービスを売り込む場合でも、社命で会社内の問題を解決する場合でも、力..

キャリアのためにすべきこと、してはいけないこと

キャリアサラリーマンとして、「キャリア」と言えば業務経験と職位と社内外の知人の豊富さでしょうか。その中でも特に1つだけであれば、やっぱり職位が上がるというのは、会社の中であなたの能力が認められたという点で、一番嬉しいですかね。当然、職位が上がれば収入も上がります。これもうれしい面ですね。では、職位が上がるためには何をしなければならないかというと、当然仕事で結果を出すことですが、それだけでは不足です。特に上司との人間関係には注意しなければなりま..

キャリアアップって?(キャリアアップのバカヤロー)

キャリアアップって?(キャリアアップのバカヤロー)よく、「キャリアアップを目指す」とか自己啓発系の広告で目指しますが、これってどうなることかみんなわかっているんでしょうか?私はさっぱりわかりませんでした。で調べてみるとキャリアとは(http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/54539/m0u/)1 職業・技能上の経験。経歴。「を積む」「不足」2 国家公務員で上級試験に合格している者。「組」だそう..

自分より職位が上の人を驚かせてはいけない

自分の上司だったり、更にその上の人だけでなく、自分より職位が上の人の協力が得られないと仕事は順調に進みません。「協力を得る」ことの前にかならずやっておかないといけないのが、職位が上の人に対する根回しです。驚かせてはいけない何かの会議で、自分の所見を発表したり、プロジェクトの進捗状況を報告したりすることがあると思います。その時に、決済者だけでなく管理職、とくに発表者である自分より職位が上の人が「え!?そうだったの!?」みたいな反..

初めての問題は存在しないが同じ問題も存在しない

初めての問題は存在しないたとえば、「コミュニケーションミス」みたいなトラブルはどこの会社にもあります。「ノウハウが経験者にのみ蓄積されて、若者に伝達されていかない」なども同じ。初めての問題など存在しない(その1)たいていのビジネス問題は、互いに違っているより、似ている部分のほうが多いものだ。ということは、少数の問題解決テクニックがあれば、幅広い種類の問題に答えられるということ..

キー・ドライバーに集中する

TOC では、「ボトルネック」「根本原因」と言ったりします。本書『マッキンゼー式 世界最強の仕事術』では「キー・ドライバー」と表現されています。本ブログでも「根本原因」とか「てこの支点」という表現をしています。これは要するに、特定の問題を解決する上で、その問題にもっとも大きな影響を与えているもののことです。これを嗅ぎ分ける力を養うことで、より効率的に仕事が進められるようになります。..

転職はキャリアアップ、それともキャリアダウン?

私はこのブログシゴトコンパス〜サラリーマンの仕事の羅針盤やサラヒン〜サラリーマンの仕事のヒントでも同じなのですが、基本、「転職」には否定的な書き方をすることが多いです。理由は簡単、経済的にもキャリア的にも損になった事例が少なからずあったからです(自分の経験ではなく、知人や同僚の経験ですが)。そこのところ、『「キャリアアップ」のバカヤロー 自己啓発と転職の“罠”にはまらないために』という本で、著者で人材コンサルタントの常見陽平氏が..

できない人はできない

私が時々出没する Yahoo 質問箱に、「同僚でができない人がいる。なんとか教えてあげたい」というような質問があります。他人を教育したい質問者の気持ちや、業務ミッションとしての教育・指導については、よくわかります。ある程度仕事に慣れてくると、後輩や部下、自分より特定の分野で仕事が「できない人」の教育・指導という仕事が当然のように発生しますし、昇進していけば、ますますその業務の割合や重みは増していきます。しかしながら、教育..

キャリアアップの2つの道

「部下のマネジメントはどうしても嫌だ」「自分にマネジメントの仕事は向いてない」中間管理職に昇進したばかりの人や昇進する直前の人からこういう訴えを聞くことがあります。実際、会社では管理職=部下のマネジメントをする人というのがあたり前で、「マネジメントができない/やりたくない」というのはその時点で、管理職にはならないという意味です。会社のヒエラルキーとしては、一般職は管理職よりも下で、役員や上級管理職にとってみれば、「ステップアッ..

■同じテーマの記事

年下の上司には最敬礼で接する

まあ、年上の部下の使い方もひとつの難しいテーマですが、ここでは年下の上司のへの接し方に絞って、私なりの対応方法についてご紹介します。実際、子供の頃は年上の人には無条件に敬意を持って接するようにしつけられることが多いです。たとえば、学校などでは、上級生というだけで、下級生に対しては多少ぞんざいな言葉遣いをしても許されました。その逆はたいていは「おまえ生意気」などときつく咎められます。そういう雰囲気で育ちながら、会社に入ると、年齢に..

↑このページのトップヘ