音楽と仕事の日々

Youtubeのお気に入りの音楽と仕事のヒント

Tag:フェイスブック



■目標が達成できなかった時に…



 今年はこれをやるぞ!!

と決めたのに、ついダラダラしてしまって全然進んでない。

そんな時に役に立つアプリが、100SIKI(百式)で公開されていたので、ちょっと紹介。

百式の紹介ログはこちら

 http://www.100shiki.com/archives/2012/05/aherk.html

それは「Aherk!」というアプリで、まず Facebook でログインし、達成したい目標と期日を決める。もし達成できなかった場合に公開されてしまう予定の「恥ずかしい写真」をアップする。期日が来たらその目標が達成されたかどうかを Facebook のお友達が投票で判断し、結果次第では、恥ずかしい写真がアップされるというもの。
続きを読む



とっても気になるタイトルだったので、ちょっと読んでみたのが本書。

 これからのソーシャルメディア航海術

やっぱり読んでみてよかったなぁ、ということでちょっとご紹介。

一番感じ入ったのは、「ファクトとオピニオンのバランスを 8:2 にする」というところ。

実は知人から私のブログを見ての感想で、「あんたの意見が多いよね」「自分の意見を全面に出し過ぎると良くないよ」とコメントを受けてました。
※でも、ちっとも変わらないので、きっとその知人は諦めたのだと…。所詮は趣味の落書き…。
続きを読む



とっても気になるタイトルだったので、ちょっと読んでみたのが本書。

 これからのソーシャルメディア航海術

やっぱり読んでみてよかったなぁ、ということでちょっとご紹介。

一番感じ入ったのは、「ファクトとオピニオンのバランスを 8:2 にする」というところ。

実は知人から私のブログを見ての感想で、「あんたの意見が多いよね」「自分の意見を全面に出し過ぎると良くないよ」とコメントを受けてました。
※でも、ちっとも変わらないので、きっとその知人は諦めたのだと…。所詮は趣味の落書き…。
続きを読む


■目標が達成できなかった時に…

 今年はこれをやるぞ!!

と決めたのに、ついダラダラしてしまって全然進んでない。

そんな時に役に立つアプリが、100SIKI(百式)で公開されていたので、ちょっと紹介。

百式の紹介ログはこちら

 http://www.100shiki.com/archives/2012/05/aherk.html

それは「Aherk!」というアプリで、まず Facebook でログインし、達成したい目標と期日を決める。もし達成できなかった場合に公開されてしまう予定の「恥ずかしい写真」をアップする。期日が来たらその目標が達成されたかどうかを Facebook のお友達が投票で判断し、結果次第では、恥ずかしい写真がアップされるというもの。

確かに、

 ・自分の知人に目標を言うことによる効果
 ・自分の恥ずかしい写真が公開されてしまう恐怖による効果

がダブルで有りそうですね。

■なんでオレに話すんだ?

よく、「目標は人に話しなさい」と言われますが、

 「今年は××ができるようになりたい」

って友だちにはなしても、友だちからすれば

 「それって、オレにどうしろというの?」

と言われて、

 「いや、ビジネス書に書いてあったからさ…」
 「ふ〜ん」

で終わっちゃいそう。

でもこのソフトを使えば、

 「オレの恥ずかしいを公開するから」

と言えば、乗ってくれる友だちが一人や二人はいそうですね。

■Lose it or Lose it

こちらはダイエットのためのサイト(同じく100SIKIより)。

最初に「もし、ダイエットに成功しなければ、××ドルを支払う」と決めて、最初にこのサイトにお金を振り込んでおく。目標が達成できたら、そのお金は返ってくるが、出来なければ没収

これもダイエットの代わりに、TOEICにでもしておいても使えそうな感じのサイトです。

100SIKI紹介ページ
  http://www.100shiki.com/archives/2010/01/lose_it_or_lose_it.html

Lose It or Lose It
  http://loseitorloseit.com/


ちなみに、このお金、このサイトの作者のものになるらしいです。

私もこんなサイトをパクればもしかして、誰かが私に振りこんでくれるかも…?

◆このテーマのおすすめ図書


これで解決!大人の仕事マナー

ソーシャル人の仕事術facebook・スマホ・クラウドで仕事が変わる

Facebook仕事で使う、会社で活かす

LEANIN女性、仕事、リーダーへの意欲

新版Facebook仕事便利帳―情報も人脈も得る180の活用法

ソーシャルメディアの達人が教えるリンクトイン仕事革命

■同じテーマの記事

不意打ちでYESと言わせる方法

あまりしょっちゅうは使えませんし、応用範囲も広くはありませんが、簡単な頼みごとをするときに使える便利な方法があります。不意打ち効果不意打ちの要求や質問でYesと言わせる説得の技法:不意打ち効果と誤前提暗示不意打ちで頼みごとをされると、誰もが一瞬、思考停止に陥り、承諾の返事をしてしまいます。ひとまず受け入れたほうが無難という暗黙知もあるからです。先輩:吉村くん!今からすぐ..

ゼロ秒思考5

今週は、『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング』という本をご紹介しています。ゼロ秒思考とは、あるテーマについて、即座に必要なことを考えることが出来るような事ができるようなトレーニングを「メモ書き」でしよう、という本。マッキンゼーで長期間活躍した筆者が、「誰でも、確実に頭が良くなる方法がある」として開発し、広めているやり方。場所も、時間も取らない。わずか1分のメモ書きを繰り返して、・考..

ゼロ秒思考4

今週は、『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング』という本をご紹介しています。ゼロ秒思考とは、あるテーマについて、即座に必要なことを考えることが出来るような事ができるようなトレーニングを「メモ書き」でしよう、という本。マッキンゼーで長期間活躍した筆者が、「誰でも、確実に頭が良くなる方法がある」として開発し、広めているやり方。場所も、時間も取らない。わずか1分のメモ書きを繰り返して、・考..

ゼロ秒思考3

今週は、『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング』という本をご紹介しています。ゼロ秒思考とは、あるテーマについて、即座に必要なことを考えることが出来るような事ができるようなトレーニングを「メモ書き」でしよう、という本。マッキンゼーで長期間活躍した筆者が、「誰でも、確実に頭が良くなる方法がある」として開発し、広めているやり方。場所も、時間も取らない。わずか1分のメモ書きを繰り返して、・考えていることを明確にすること・何を考え..

モチベーション維持アプリ

目標が達成できなかった時に…今年はこれをやるぞ!!と決めたのに、ついダラダラしてしまって全然進んでない。そんな時に役に立つアプリが、100SIKI(百式)で公開されていたので、ちょっと紹介。百式の紹介ログはこちらhttp://www.100shiki.com/archives/2012/05/aherk.htmlそれは「Aherk!」というアプリで、まず Facebook でログインし、達成したい目標と期日を決める。も..

エスプレッソーダ

http://espressoda.jp/このページを見てみてくださいボスが来た15年くらい前ですが、PCアプリ(ゲーム)で「BOSSキー」というのを備えたアプリがありました。最近はあんまり見ないのですが…。これは「ボスが来た」機能と呼ばれていたもので、ゲームの画面を瞬時にWordやEXCELに似せた画面に切り替えるものです。なんの役に立つかというと、会社のPCなどでこっそりゲームをしていて、上司がやってきた時にそれがバレないように、とっさに画面を仕事用の画面に切..

ソーシャル時代のハイブリッド読書術

書名:ソーシャル時代のハイブリッド読書術著者:倉下忠憲出版社:Webハイブリッド読書術 | Facebookハイブリッド読書術とは、"デジタル"と"アナログ"、"リアル書店"と"ネット書店"、"速読"と"熟読"、"ひとり"と"みんな"など、性質の異なる手法を組み合わせて1つの目的を達成する読書法のことです。「本を選ぶ」「本を読む」「読了後の行動」の3つの領域で、ハイブリッドな手法を紹介しています。本書の目的は、そのハイブリッド読書術を使って、現代の情報環..

ソーシャル時代のハイブリッド読書術

参考図書『ソーシャル時代のハイブリッド読書術』書名:ソーシャル時代のハイブリッド読書術著者:倉下忠憲出版社: シーアンドアール研究所著者Web:ハイブリッド読書術 | Facebookハイブリッド読書術とは、"デジタル"と"アナログ"、"リアル書店"と"ネット書店"、"速読"と"熟読"、"ひとり"と"みんな"など、性質の異なる手法を組み合わせて1つの目的を達成する読書法のことです。「本を選ぶ」「本を読む」「読了後の行動」の3つの領域で、ハイブリ..

情報は「量」より「つなぎ方」

仕事には2つの側面があると考えています。ひとつはその仕事そのもの。何か依頼された結果を期限までに完成させることです。もうひとつは、今まで持っていた情報を更新することです。かつては情報を持っていること自体がその人の価値でしたが、現代ではネットで検索したり書籍にあたったりすれば簡単に手に入ります。情報を持っている事自体は価値ではないんです。ではどういうことに価値があるかというと、一次情報を正確に持っていることと、複数の情報の関係を理解し、それぞれの情報を組み合わせ、接続..

メールに「お疲れ様」は不要?

私の知る限り、多くのメールには、「お疲れ様です」とか「お世話になります」が冒頭に書いてあります。メールの「お疲れ様」は不要?ところで、私は、「オールアバウト」という生活総合情報サイトで「ビジネス文書ガイド」を務めています。定期的にビジネス文書やメールの書き方について記事を書くのですが、あるとき、反響が大きくて驚いたものがあります。それは「社内メールにお疲れ様は必要?..


とっても気になるタイトルだったので、ちょっと読んでみたのが本書。

 これからのソーシャルメディア航海術

やっぱり読んでみてよかったなぁ、ということでちょっとご紹介。

一番感じ入ったのは、「ファクトとオピニオンのバランスを 8:2 にする」というところ。

実は知人から私のブログを見ての感想で、「あんたの意見が多いよね」「自分の意見を全面に出し過ぎると良くないよ」とコメントを受けてました。
※でも、ちっとも変わらないので、きっとその知人は諦めたのだと…。所詮は趣味の落書き…。

やっぱり、多くの人に受け入れられるためには、「事実」をきちんと書いて、それに「意見を添える」くらいがいいのかなと思うのですが、どうしても出発点が「自分の思い入れのあること」なので、どうしてもオピニオンを書いて、それに添えるために事実を書くというスタイルが定着してしまって…。

ということで、今日はなるべく坦々と。

本日は、詳細目次をお送りします。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

■書籍紹介


――――――――――――――――――――――――――――――

 書籍名称  ゴミ情報の海から宝石を見つけ出す これからのソーシャルメディア航海術
 著者    <<津田大介>>
 出版社   PHP研究所

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

■要約


――――――――――――――――――――――――――――――
「テレビや新聞は“マスゴミ”だ」「ネットにはデマがはびこっている」。マスメディア、ネットニュース、ソーシャルネットワーク――これほどまでメディアの川が無数に分岐すれば、それぞれの支流から大量のゴミが情報の海へと流されても当然だ。たんに使い物にならないガラクタならまだしも、判断や価値観を狂わせるウソも流れ込み、海は決して透明ではない。

それでも私たちは、濁った水の底に沈む貴重な情報や知、人脈をなんとか拾い出したい。そのためには、私たち自身が成熟した受け手にして突出した発信者にならなければならないのである。テレビ、新聞を無条件に盲信したり揶揄したり、あるいはツイッターやフェイスブックを内輪の掲示板程度にしか見ていない。そんなことでは、この情報の大海を泳ぎきることなんてできやしない。

各メディアには特性がある。じつは多くの人が、それぞれの真価を理解していないのではないだろうか。

たとえばツイッターは、140字という短い字数で反射的につぶやくことから、別の人格を演じたりカッコつけたりすることが難しく、その人の「素」つまりは人間性があらわになりやすいと著者は言う。そのため、人脈を浅く広げるツールというよりは、ほんとうに信頼できる人を見抜き、その人と関係を深めるためにもってこいのメディアである。その特性を知ってさえいれば、いっしょに仕事をしたり、一生つきあうことになる「宝の人脈」を掘り当てることもできるはず。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

■目次


――――――――――――――――――――――――――――――

◆プロローグ ツイッターで「人」を見抜く


 ・「人」そのものが重視される
 ・情報の質は「人」の選び方で変わる
 ・自分で「世間」を構築するツール
 ・ツイッターでは「素」があらわになる
 ・人脈は「広げる」から「深める」へ

◆第1章 [動かす]メディアはどこへ行く


 ・紙メディアはなくなるのか
 ・新聞記事は全て無料になるのか
 ・電子書籍の値段が安くならないのはなぜか
 ・コンテンツがコミュニケーションに巻き取られる
 ・ネットを2分する「パブリックVSクローズド」の争い
 ・成功するネットメディアの条件とはなにか
 ・読書がソーシャル化する
 ・ツイッターは社会を動かせるのか
 ・ネット選挙は政治の何を変えたのか
 ・「飛ばし記事」はなぜ生まれたのか
 ・マスメディアとネットメディアはどちらが信頼できるか
 ・ソーシャルメディアは機会の不平等を平等に近づける

◆第2章 [受ける]情報のチューニング


 ・成熟した情報の受け手になるために
 ・ツイッターとフェイスブックを使い分ける
 ・フォローの基準をどこに置くべきか
 ・ツイッターのデマを検証する方法
 ・情報のメンターを見つける
 ・これだけは抑えておくべき情報収集源
 ・有料メルマガはコンサルティングツール
 ・良書を見抜く目を養う
 ・たくさん本を読むには
 ・書店でどのように行動するか
 ・ソーシャルメディア疲れ対処法

◆第3章 [発する]アウトプットの論点


 ・ツイッターでフォロワーを増やす方法
 ・何から書き始めたらいいのか
 ・ブログを長続きさせるために
 ・良い文章を書くための秘訣
 ・こうした表現はやめなさい
 ・忙しくて書き込みをする暇がない?
 ・「ネタツイート」はどこまで許されるか
 ・叩かれそうな意見でも言うべきか
 ・むしろ炎上すべし
 ・ネガティブな反応をどう捉えるべきか
 ・ツイッターでしつこく絡まれたら

◆第4章 [伝える]発信者として突き抜ける


 ・スペシャルな分野を持つ
 ・知らない分野をどうカバーするか
 ・価値あるニュースや情報はどこから見つけてくるのか
 ・確信に迫る質問のぶつけ方
 ・話を聞きながら何をしているのか
 ・人前で上手に話せるようになる
 ・iPadは使えるか
 ・間違った情報を拡散してしまったら
 ・いまブログをやるとしたらどんなテーマを選ぶ?
 ・メルマガで読者を集めるためには
 

◆第5章 [魅せる]メディア・アクティビストになる方法


 ・情報の取り扱いは危険と隣り合わせ
 ・未経験からプロのライターを目指すには
 ・フリーライターとしていきていけるか
 ・自分をいかにして売り込むか
 ・「非コモディティ人材」になるには
 ・プロデューサーの適正とは
 ・ネットメディアはお金になるか
 ・ゼロからメディアを立ち上げる際の収益モデル
 ・無料コンテンツへの「寄付」でお金はまわるか
 ・メルマガの月額はいくらが適正なのか
 ・企業アカウントを成功させるには

◆第6章 [働く]あらためて仕事とは何かを考える


 ・やりたいことを見つけるには
 ・就職活動で全ては決まるのか
 ・自分の能力に疑問を感じたら
 ・正社員を捨ててでも成功する転職とは
 ・自分の理解がついていかない時に
 ・飲み会をゲームと考える
 ・能力重視の世界を生き抜くには
 ・ソーシャルメディアを使って人脈を深める

◆付録1 特別対談 アルゴリズムに支配されないために


◆付録2 津田大介論、あるいはパーソナルメディアの誕生



■目標が達成できなかった時に…



 今年はこれをやるぞ!!

と決めたのに、ついダラダラしてしまって全然進んでない。

そんな時に役に立つアプリが、100SIKI(百式)で公開されていたので、ちょっと紹介。

百式の紹介ログはこちら

 http://www.100shiki.com/archives/2012/05/aherk.html

それは「Aherk!」というアプリで、まず Facebook でログインし、達成したい目標と期日を決める。もし達成できなかった場合に公開されてしまう予定の「恥ずかしい写真」をアップする。期日が来たらその目標が達成されたかどうかを Facebook のお友達が投票で判断し、結果次第では、恥ずかしい写真がアップされるというもの。

確かに、

 ・自分の知人に目標を言うことによる効果
 ・自分の恥ずかしい写真が公開されてしまう恐怖による効果

がダブルで有りそうですね。

■なんでオレに話すんだ?


よく、「目標は人に話しなさい」と言われますが、

 「今年は××ができるようになりたい」

って友だちにはなしても、友だちからすれば

 「それって、オレにどうしろというの?」

と言われて、

 「いや、ビジネス書に書いてあったからさ…」
 「ふ〜ん」

で終わっちゃいそう。

でもこのソフトを使えば、

 「オレの恥ずかしいを公開するから」

と言えば、乗ってくれる友だちが一人や二人はいそうですね。

■Lose it or Lose it


こちらはダイエットのためのサイト(同じく100SIKIより)。

最初に「もし、ダイエットに成功しなければ、××ドルを支払う」と決めて、最初にこのサイトにお金を振り込んでおく。目標が達成できたら、そのお金は返ってくるが、出来なければ没収

これもダイエットの代わりに、TOEICにでもしておいても使えそうな感じのサイトです。

100SIKI紹介ページ
  http://www.100shiki.com/archives/2010/01/lose_it_or_lose_it.html

Lose It or Lose It
  http://loseitorloseit.com/


ちなみに、このお金、このサイトの作者のものになるらしいです。

私もこんなサイトをパクればもしかして、誰かが私に振りこんでくれるかも…?

↑このページのトップヘ