音楽と仕事の日々

Youtubeのお気に入りの音楽と仕事のヒント

Tag:ドラッガー


続きを読む


続きを読む


続きを読む


続きを読む

考える力は、他人が出した結論を見るだけでは絶対に付きません。
自分の頭で考え、それを整理し、行動してそれをさらに最初の考えにフィードバックするというループによってのみ強化されます。

本カテゴリでは、さまざまなテーマを設問としてご紹介していきます。
そのテーマについて、ノートに自分の考えを書き出して、それから導き出される結論に基づくアクションを決定して行動してみてください。その結果自分の考えがどのように変わったのか、一度このノートをを見なおしてください。 続きを読む

続きを読む


考える力は、他人が出した結論を見るだけでは絶対に付きません。
自分の頭で考え、それを整理し、行動してそれをさらに最初の考えにフィードバックするというループによってのみ強化されます。

本カテゴリでは、さまざまなテーマを設問としてご紹介していきます。
そのテーマについて、ノートに自分の考えを書き出して、それから導き出される結論に基づくアクションを決定して行動してみてください。その結果自分の考えがどのように変わったのか、一度このノートをを見なおしてください。

 Practice Makes Pefect!!



■本日のテーマ「個人の目標と部門の目標」

一人ひとりの貢献は、組織の成果から見れば部分に過ぎません。
あなたは、上司から何を持って評価されるかというと、組織に対してどれだけ貢献したのかによってのみ評価されるのです。

自らの貢献を評価するには、「直接の成果」「価値への取り組み」「人材の育成」の三つの領域からなる組織の成果を理解していなければなりません。

「直接の成果」とは、今年度の組織目標を一人ひとりの過去の貢献度と能力によって分解したものです。

「価値への取り組み」とは長期的にみて組織の価値をどれだけ高められたか、あるいは高められる可能性があるか、です。

「人材の育成」とは、あなたの部下や後輩が、将来的にどれだけ組織の目標に貢献できるようにするかということです。

これらを総合的に見てあなたの評価が決定されます。

あなたは、上司に対してこれら3分野の総合的な貢献度が高いことをアピールしないと上司からの高い評価は得られません。

★――――――――――――――――――――――――――
自らの仕事ぶりを管理するには、自らの目標を知っているだけでは十分でない。目標に照らして、自らの仕事ぶりと成果を評価できなければならない。(中略)あらゆる者が自らの仕事ぶりを測定するための情報を手にすることが不可欠である。

P.F.ドラッガー著  『マネジメント
――――――――――――――――――――――――――★



■本日のお題

あなたの個人の目標を「直接の成果」「価値への取り組み」「人材の育成」の3つに分けて説明してください。次に、それが組織全体の目標に対して持っている影響度を数字で表してみてください。

現在の影響度を将来どのくらいにしたいかを
 1年後
 3年後
 5年後
に分けて書き出してください。

その目標を達成するために、目標として
 今年何をするか
 今月何をするか
 今週何をするか
を一つだけ書き出してください。

今週の目標を実践しましょう!!



■参考図書 『マネジメント

もはや説明するまでもない、今世紀の金字塔。
ピーター・ファーディナンド・ドラッカーは、オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系オーストリア人経営学者。「現代経営学」あるいは「マネジメント」 の発明者、またマネジメントのグルの中のグルと呼ばれる。 他人からは未来学者と呼ばれたこともあったが、自分では「社会生態学者」を名乗った。
「分権化」「目標管理」「民営化」「ベンチマーキング」「コアコンピタンス」など、マネジメントの主な概念と手法を生み発展させたマネジメントの父。

彼の著作のなかでも最も引用されることが多いのが、本書と『経営者の条件』。
ビジネスマンなら必携の本。解説本も数えきれないほど。




◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

マネジメント
著者 :ピーター・ファーディナンド・ドラッカー

マネジメント
検索 :最安値検索

マネジメント
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 年下の上司には最敬礼で接する
 きっかけを聴く―部下・後輩の無理筋な要求への対応
 マウスの挙動をカスタマイズする
 ファシリテーションを勉強する
 厳しい交渉ごとは役員応接室でやりなさい
 「マクラ」を使うと話がうまくなる
 「どうしようもない」上司への対処方法
 希望の部署に移動する方法
 ストレス経験を思い出して、笑い話にする
 「××までに完了する」を習慣にする
 説得術:無言で相手を誘導する方法
 中途採用書類:目立つ応募者になる
 上司の情報を活用する
 楽しい仕事はない。楽しめる仕事はある
 フィードバック分析
 ダルカチと60人のモンゴル人
 リスクは上げるより見直す2:リスクマネジメントは「良い加減」に
 リスクは上げるより見直す1:リスクは上げるより見直す
 相手の評価を上げる
 担当者を決めない計画立案
 部下力のみがき方4:キーメッセージ2
 部下力のみがき方3:キーメッセージ
 部下力のみがき方2:要約
 部下力のみがき方1:部下力のみがき方
 会議の予定は多めに入れる
 褒め方の3パターン
 集団競技でマネジメントを考える
 考えは伝えられない
 勝手に進むようにするとマネジメントはうまくいく
 遊び時間を作る
 仕事の4条件のスコープを決める
 タイムマネジメントを考えない時間
 たたき台を作ると成長できる
 リーダーになれないなら事務局になる
 上司の言うことは全部やる
 面接質問:その課題に対してどのような計画を立てましたか?
 読んでおくべきビジネス書
 経験のない業務に素早く習熟する方法
 「だいたい君はいつも〜」は禁句
 要約と結論(約起承転結)
 買い物は楽しいか?
 ミーティングチェックリスト
 カスな部下の扱い方
 メールはプルシステム3
 メールはプルシステム1
 巨乳バカ一代
 自分を変える教室3
 WBSを作る
 期末自己申告記入のポイント
 「外ヅラ」をよくする
 仕事の進捗のマネジメント2
 仕事の進捗のマネジメント1
 社長は君のどこを見て評価を決めているのか2
 社長は君のどこを見て評価を決めているのか1
 やりたい仕事についてはいけない
 面接の質問:「記憶に残っている失敗を教えて下さい」
 若いアタマを維持する1
 締め切りをつくる
 面接で「年上の部下・担当者への接し方」を聞かれたら2
 面接で「年上の部下・担当者への接し方」を聞かれたら1
 すり減らない働き方2
 コーチングの罠
 仕事の効率は上司が決める2
 目標面接:目標作成のコツ
 残念な人の仕事の中身
 成功の理由を問う
 結起承転結
 問題認識の手法2―可視化する
 問題認識の手法1―問題と課題
 時間価値倍増法
 行動科学で人生を変える
 カレンダー活用術
 残念な人の仕事の中身
 海外出向をする
 スピード段取り術2
 リスクの時間
 ピクニックに行く
 プロジェクトを最短で終わらせる方法
 シャアに学ぶ仕事術
 原因を追求してはいけない
 OhLife
 インセンティブ
 超マイナス思考
 僕は君たちに武器を配りたい
 スケジュールのスケジュール
 ドラッガーのセルフマネジメント
 30代と40代の使い方
 「努力しなければ」をやめる
 昇進したばかりの上司が部下との面談時に気をつけること
 英語を学ぶより本を読んだほうがいい
 人を動かす:名前を覚える努力をする
 同僚を持ち上げると評価が上がる?
 学習する組織:マネジメントを学ぶよりも「話す」ことが効果がある
 「次は頑張る」は永久にできない
 人を動かす:人に好かれる原則2:聞き手にまわる
 上司は部下の強み、弱みをよくわかっている
 腐ったミカン理論を自分の組織に適用できますか?
 リーダーシップとマネジメントを平易な言葉で言ってみる
 知識とは「何かを変えるもの」
 学習する組織:「学習する組織」に最終目的地や最終的な状態はない
 人生をより良くするためのリストを作る
 学習する組織:マネジメントの一般的体系
 「意思」は信用しない
 自分より職位が上の人を驚かせてはいけない
 目標は自分だけが管理できる
 上司の評価は部下が決めている
 自分の能力はライフサイクルで考える
 「組織開発」という古い課題の新しい手法
 ポジティブシンキングの落とし穴
 上司には上司がいる
 物が増えると時間が減る
 なぜ、継続できないのか?
 本気で「良い習慣を身につけたい」と思うなら
 感情は抑えない、整理する
 ダウンサイドリスクを見積もる
 臨機応変、朝令暮改
 「頑張った私」は言わない
 睡眠時間を優先する
 テレビから離れる
 効率を上げるために通勤を考える
 7つの習慣:率先力を発揮する
 意識をして廃棄をしなさい
 後悔先に立たず、後にも役に立たず
 7つの習慣:人生の責任を引き受けなさい
 ゾンビ情報は損をする
 モチベーションが上がるトリガ
 不満を持つ
 サラリーマンは何歳で「あがり」か〜こっそりガツガツのススメ
 コーチングの引き出す質問を使ってはいけない
 お付き合いを遠慮したい人の10パターン
 みんなより劣っている感覚がある集団に所属する
 ストレスを解消する15分の脳トレ
 7つの習慣:人間は刺激と反応の間に選択の自由を持っている
 上司になったら部下の人生設計を支える覚悟をする
 仕事が完了したらすぐに次の仕事にとりかかる
 後輩を優秀にする
 ドラッカー:人は、自らがもつものでしか仕事はできない
 勉強好きはどのように昇進・昇格に影響する
 緊急の仕事を優先する
 チームと個人の関わりを5つに分ける
 7つの習慣:社会通念という歪んだ鏡
 人を動かす:相手の心のなかに強い欲求を起させること
 できることしかできない
 時間を見える化する
 会して議せず、議して決せず、決して行わず、行ってその責を取らず
 スケジュール・タスク・ToDoを一元化する
 7つの習慣:MASTERチェックリスト
 7つの習慣:本は教えるために読みなさい
 上司の指示と自分の考えの違いを記録する
 管理職の評価のポイント
 ストレスと付き合う3つのステップ
 付加価値を意識する
 自己管理能力を上げる方法
 効果を見るならひとつづつ変えなさい
 ドラッカー365の金言:組織の精神はトップから生まれる
 7つの習慣:人は自分自身を客観的にみることができる
 魚の目―フローを見る力4:貯めと開放、3つの力を活用する
 魚の目―フローを見る力3:慣性の視点
 魚の目―フローを見る力2:作用と反作用の視点
 魚の目―フローを見る力1:3つの力を理解する
 予算管理のコツ1:予定外の予算が出せることが管理
 予算管理のコツ2:予定外の予算がの確保の仕方
 マニュアル・ガイドライン・モットー2
 マニュアル・ガイドライン・モットー1
 決断力をつけるのは睡眠とリラックス
 影響の輪2:問題を自分が働きかけると昇進する
 影響の輪1:自分に影響のある問題を外においてはいけない
 複数系統をつくておくと失敗しない
 方針づくりは全員参加
 発想法:制約条件の理論
 弱音を吐くな
 タイプ別ストレス発散の方法
 やってみることには苦痛がともなうと意識する
 人を動かす:父は忘れる
 人事評価の目的を理解すると評価を利用できる
 答えは相手に言わせると前向きになってくれる
 できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
 人を動かす:罰則は「前向きさ」を失わせる
 出来ないって言うな!
 ルールとモラルはモラルを守れ
 仕事をするための知識はなんですか?
 発想法:シネクティクスとアナロジー発想法
 不平不満は聞く耳持たぬ
 経営理念や経営方針を説明できますか?
 今日の決断判断記録を残す
 優先順位と劣後順位を決定する方法
 リーダになるにはリーダーになる
 ビジネス書名著目録(必須図書)
 社長は君のどこを見て評価を決めているのか?
 社長は君のどこを見て評価を決めているのか? 詳細目次

●このテーマの関連図書


ドラッカー名著集14マネジメント[中]―課題、責任、実践

ドラッカー名著集15マネジメント[下]―課題、責任、実践

ドラッカー名著集3現代の経営[下]

ドラッカー名著集2現代の経営[上]

ドラッカー名著集11企業とは何か

ドラッカー名著集12傍観者の時代(ドラッカー名著集12)



■同じテーマの記事

遊び時間を作る

私は電車を乗り継いで通勤してます。だいたい家を買うとき、「通勤30分」などという売り文句に釣られて、「30分なら圏内か…」と判断すると、電車の本数が少なくて、結局1時間コースになったとか…。時間計画には余裕時間が必要「遊びの時間」を考慮して逆算する到達点から逆算する方法にも、落とし穴があります。それは、「突発的なスケジュールが発生したとき」と、「逆算の過程が抜けて..

ゼロ秒思考2

今週は、『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング』という本をご紹介しています。ゼロ秒思考とは、あるテーマについて、即座に必要なことを考えることが出来るような事ができるようなトレーニングを「メモ書き」でしよう、という本。マッキンゼーで長期間活躍した筆者が、「誰でも、確実に頭が良くなる方法がある」として開発し、広めているやり方。場所も、時間も取らない。わずか1分のメモ書きを繰り返して、・考えていることを明確にすること..

確証のワナ

「確証のワナ」というのは、以下の本に紹介されている言い回しです。わたしたちはみんな、世の中の流れや自分の将来、今後の経済の状況、投資先の発展、仕事の成功など、あらゆることを推測しなければならない環境に置かれている。予想せずに生活することはできない。だが、その予想があいまいであればあるほど、「確証のワナ」の影響を強く受ける。「人間はもっとも優れた生物だ」と考えている人は、その考えが正しいことを示す..

段取りがよくなる段取りシート

「段取り」というのはもともとは歌舞伎の用語だったそうですが、仕事が出来る人はほとんどの場合、「段取り」がいいですね。段取りの意味いつものようにWeb辞書から。1 芝居などで、筋の展開や組み立てのしかた。2 物事を行う順序や手順。また、その準備。「式のをつける」Goo辞書http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/140481/m0u/..

メールはプルシステム1

以前の記事にも書きましたが、1日に約300〜500件のメールが来ます。このためかつてはメールをチェックするだけで多い時で1日に3〜4時間かかってました。これじゃあ、会社にメールを見に来ているのか仕事をしに来ているのかわからない状態になってしまってました。メールの処理時間を効率化するメールというのは、そこに書かれている内容を読んで理解し、それに対してアクションを起こして、今持っている業務を前進させることが目的なのですが、自分が何かしなければならないメールは実際上はそれ..

ManicTime

「時間を記録して分析し、仕事を整理するならば、重要な仕事に割ける時間を把握できる。」P.F.ドラッガー「経営者の条件」以前にもこの言葉をご紹介したような気がしますが、これは常に意識しています。ドラッガー氏は年に1〜2回1週間ほど自分の時間の使い方を測定したそうですが、私の場合仕事の集中度合いがバラつくので、原則毎日測定をしてます。..

仕事の進捗のマネジメント2

前回は、仕事の進捗のマネジメントをする上で、個人の作業として遅れている仕事の原因と対処方法についての前半をお送りしました。簡単に概略を書くと、遅れる原因は3つ。1.やる気はあるのに技術がない2.そもそもやる気が無い。意図的に放置している3.放置している意識がない1.については、その技術を教えれば対応できる2.については人事措置をとる..

若いアタマを維持する1

この記事は比較的若い人を対象にしていますので、あまり加齢ということについて触れてきませんでしたが、40台、50台になっても、アイディアや柔軟性というものは必要です(というか、逆にそのくらいの歳になって硬直すれば昇進は止まります)。精神年齢と肉体年齢と実年齢はそれぞれ別者です。実年齢はコントロール出来ないけど、精神年齢や肉体年齢はトレーニングでコントロールできるようになります。若い頃からアタマの柔軟性をトレーニングしていない人はやっぱりある程度の経験を積むと、「過去の経..

欲しいものを考える

もうすぐ1月も終わりですね。早いもので、もう12分の1が終了です。欲しいものもし、あなたが、携帯電話もテレビも持っていなくて、(例えば観光案内などのように)外国語が必要な仕事をしているとしたら、あなたは何をしますか?・携帯電話を買う・テレビを買う・外国語教室に通う人間はどうしても、「今欲しいもの」に気持ちが集中します。最近、こんな本を読みました。「貧乏人の経済学 - もういちど貧困問題を根っこから考える」..

面接で「年上の部下・担当者への接し方」を聞かれたら1

昇進面接などで、私がする鉄板質問。「あなたのチームの部下やメンバーの年齢構成を教えて下さい」これは大体次のように続きます。「年上の方にたいして指揮命令をするときにどんなことに注意していますか?」自分の経験では意外とみなさんうまく(当たり障りなく)受け答えをする人が多いのですが、こちらの聞きたいことにはなかなかたどり着けません。こちらの質問の意図は、被面接者の「リーダーとしての力量」が知りたいのですが、多くの人は、「丁寧語や敬語を使ってはなします」「年上としての..

コーチングの罠

「きみならどうしたいと思う?」「きみは、次にどうする?」最近良く聞くようになったセリフですね。管理職になったり、管理職直前の人に対して、人事教育の一環としてコーチング研修をする会社が増えましたし、ビジネス書などにもよく出てきます。でも、これを無条件に使おうとする上司がいたり、そういった説明をするコーチングの講師がいたりすると、ちょっとむっとします。数年前ですが、講師に噛み付いたことがありました。「自律的に考えて、こちらの思ったことができる部下なら、自分の経験で..


ドラッガーは「断絶の時代」で

 「他人の意思決定に従うことをいやがるが、それ以上に意思決定の責任を追うことを嫌う」

世代について述べました。

そして、

 「意思決定を避ける事が正しかった試しはない」

と述べています。

意思決定をしない人は、その後に意思決定しなかったことを後悔し、失った時間の大切さを嘆くことになります。
※さらに「意思決定をしないことで失うものが時間だけであれば、まだ幸いである」と述べています。

 「操られる

というのは、他人の意思決定に従うことです。
成果を出す人は自分で自分を操る、つまり自分の責任で意思決定し、行動しています。

意思決定を間違うことも、行動が不十分なときもありますが、失敗も含めて結果はすべて自分のものです。

最後は必ず成功するという信念があれば、途中の失敗は貴重な体験であり、自分を磨き上げる絶好のチャンスなのです。最初から挑戦を避け、意思決定から逃れる行為は、みすみすチャンスを放棄しているようなものです。

戦わなければ勝つことはできません。戦いから学ぶこともできません。
自らが決定した戦い方でなければ、その結果から学習はできません。


■参考図書 『断絶の時代



今からちょうど30年前、ピーター・ドラッカー教授は、社会と文明において根源的な変化、すなわち断絶が起こりつつあることを指摘した。それまでの継続の時代を断ち切り、20世紀の後半を形づくる可能性が大きい新しい現実が生まれつつあることを明らかにした。その断絶が、いよいよクライマックスを迎える。

今日われわれが呆然とさせられている政治・経済・社会の大変動の意味合いも、本書を一読することによって、判然としてくる。むしろ今日のほうが、断絶の意味合いがよくわかる。なにごとも、ことの渦中にあっては見えにくい。今日のような毎日が閉塞下の乱気流状態にあるときほど、ことの始まりとその本質を知ることが大切なときはない。


●関連 Web
 Drucker/断絶の時代?いま起こっていることの本質 - ドラッカー
 断絶の時代:キーワード|ダイヤモンド・オンライン
 断絶の時代 | ビジュアルシンキングh

●関連記事
 意思決定をする
 すぐにやる(ドラッガー 経営者の条件)
 ドラッカー:人は、自らがもつものでしか仕事はできない
 勉強好きはどのように昇進・昇格に影響する
 意思決定をする
 自分を律すること
 継続的学習の方法を身につける
 自分でしか成長できない
 断絶の時代
 働く動機を満たす行動をする
 意思決定回避のリスク





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

断絶の時代
著者 :P.F.ドラッカー

断絶の時代
検索 :最安値検索
断絶の時代
検索 :商品検索する

●このテーマのおすすめ図書


ドラッカー名著集8ポスト資本主…

ドラッカー名著集12傍観者の時…

ドラッカー名著集9「経済人」の…

創造する経営者(ドラッカー名著…

ドラッカー名著集10産業人の未…

ドラッカー名著集11企業とは何…




★――――――――――――――――――――――――――
意思決定は本当に必要かを自問する必要がある。何も決定しないという代替案が常に存在する。
 :
 :
よい外科医が不要な手術を行わないように、不要な決定を行ってはならない。

P.F.ドラッガー  『経営者の条件
――――――――――――――――――――――――――★


意思決定する際に、

 ・いま決定しなければならないのか?
 ・決定が必要なのか?

を常に問いましょう。

人は決定を要求されると、つい、その決定内容に意識を向けてしまいますが、要求された決定自体が意味が無い、または、もっとも悪い選択肢であることがあります。

なにかのトリガを注入することで、悪化する課題も少なくありません。

ただし、その決定しない決定が、

  積極的な決定

では無い限り、決定は避けてはいけません。
すなわち、どのような決定を下すにしろ、「決定が適切な理由」が必要なのです。

自分が置かれている状況を考えてみてください。

あなたがいま決定しなければならないことは何でしょうか?

それをいま決定しない理由は何でしょうか。
今すぐ決定しましょう。


■参考図書 『経営者の条件



ドラッカー・エターナル・コレクション第一弾。
絶大な人気を誇る不朽の名著。成果をあげるためにいかなる行動をとるべきか。己の強みを知り、時間を知り、なすべきこととなさざるべきことを知る。すべての知識労働者に必須の書。


●関連 Web
 ビジネスリーダー講座-日経ビジネス
 3分間ドラッカー―ダイヤモンド・オンライン
 経営者のバイブル ドラッカーを学べ―WizBiz
 ピーター・ドラッカー - Wikipedia
 3分間でわかるドラッカー−「経営学の巨人」の名言・至言

●関連記事
 目的に立ち返る
 段取りがよくなる段取りシート
 ManicTime
 欲しいものを考える
 やらない勇気
 面接質問「どんな貢献ができますか?」
 優先順位をつける
 ドラッガーのセルフマネジメント
 すぐにやる(ドラッガー 経営者の条件)
 ドラッガーの時間管理
 時間の記録
 目次
 目標は自分だけが管理できる
 ドラッカー365の金言:組織の精神はトップから生まれる
 人を動かす:罰則は「前向きさ」を失わせる
 意思決定をする
 知識とは「何かを変えるもの」
 好き嫌いで仕事をしてはいけない
 自らをマネジメントする
 時間の浪費をやめる
 機会をつかむ準備をする
 問題は行動によってのみ解決される
 計画を振り返りましたか?
 目標を達成するには時間配分に気をつける
 習慣の力を活用する
 アクションプランには軌道修正が必要
 計画を作りたければ、まず期限を決める
 ドラッカー名著集1 経営者の条件
 仕事効率を上げる基本ルール(技術編)
 行動を組み込まなければ成果はあがらない
 仕事脳は回転の早さではなく体系化
 時間の定期点検
 一般的な問題、例外的な問題
 行動に転化する
 時間は常に奪われる
 やめる・かえる・へらす
 決定しないという決定
 成果を上げる5つの条件
 フィードバックする仕組み
 時間を分析する
 意思決定をする習慣
 時間を創造する
 時間の定期点検
 時間を塊にする
 目的を明らかにする
 人に任せる
 意見から始める
 時間の使い方を記録する
 ビジネス書名著目録(必須図書)





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

経営者の条件
著者 :ピーター・ファーディナンド・ドラッカー

経営者の条件
検索 :最安値検索
経営者の条件
検索 :商品検索する

●このテーマのおすすめ図書


ドラッカー名著集2現代の経営[…

ドラッカー名著集3現代の経営[…

創造する経営者(ドラッカー名著…

ドラッカー名著集14マネジメン…

ドラッカー名著集15マネジメン…

ドラッカー名著集13マネジメン…



↑このページのトップヘ