音楽と仕事の日々

Youtubeのお気に入りの音楽と仕事のヒント

Tag:たった1%の仕事のコツ


どんな言語でもそうですが、その言葉が表している語感というのがあります。

無意識に使ってしまいますが、その言葉が自分自身のモチベーションを下げてしまったり、相手に悪感情を持たせてしまったりする言葉があります。これを忌み言葉と読んでます。

過去記事でもいくつかの忌み言葉を紹介しましたが、本日は

 とりあえず

について。

続きを読む


どう転んでも1日は24時間しかありません。

あたりまえのことですが、いろいろな仕事が集中すると、それがわからなくなってしまうことがあります。
私だけでしょうか?

続きを読む


 「それはルールだからダメだよ」

あなたがなにか新しいことをやろうとして、こういうセリフで抵抗を受けた経験はあるでしょうか?

私は結構あります。

続きを読む


続きを読む


自分の言葉で説明しなさい

プレゼンだけでなく、誰かと交渉するときであっても、「借りてきた言葉」というのはやっぱり説得力がありません。

一方で、組織の何かを変えようとするとそのイチ構成員では組織は動きにくいという事実もあります。

続きを読む


続きを読む


チームを率いる上司(リーダー)になった時に、重要な心得があります。

 失敗を経験させる

ことです。

続きを読む


何らかの組織を持って仕事をしているリーダー、とくに管理職で、「あいつは使えない」的な発言をする人が時々います。
とくに同じ部門の中だと、どうしても部門全体の評価会議の時に、「あいつはな~」などと評価が低い理由がでてきます。
続きを読む


結構難しいのですが、リーダーとしてメンバー一人ひとりがが何を大切に思っているのかが理解できると、仕事がスムーズに進むようになります。

続きを読む


最近、仕事場で「メンター制度」という言葉をよく聞くようになりました。
まあ、言うなれば「指導や助言をしてくれる人」というところなのでしょうが、私が若手だった頃はそんな制度はありませんでしたし、あっても使わなかったでしょう。

なにしろ、デキは悪いけどプライドだけは超高いうえに、引っ込み思案。
そんなヤツが、だれかに「仕事で悩んでるんです」なんていう訳ありません。
続きを読む

↑このページのトップヘ