音楽と仕事の日々

Youtubeのお気に入りの音楽と仕事のヒント

Category: 時間術

メールの受信ボックスが魔窟になってませんか?
まだ読んでないメール、メルマガ、通知メールなどなど。

振り分け設定して、フォルダに分割されている方もみえると思いますが、未読件数2000件って、「後でほんとに読むのかよ」と思ってしまったりします。

続きを読む


<!--
TITLE 集中力を高める環境の作り方2:机の上にはなにもおいてはいけない
TAG 集中力,机の上,デスクトップ,PC環境,メーラー,スケジューラ,エンジニアのための時間管理術,エンジニアのための時間管理術,Thomas A. Limoncelli
CATEGORY 時間術
BKREF エンジニアのための時間管理術--><SCRIPT charset="utf-8" type="text/javascript" src="http://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?ServiceVersion=20070822&MarketPlace=JP&ID=V20070822%2FJP%2Fshori0763-22%2F8005%2Fe5c707b6-5e00-4e94-b08c-32c76495f8d1"> </SCRIPT> <NOSCRIPT><A HREF="http://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?ServiceVersion=20070822&MarketPlace=JP&ID=V20070822%2FJP%2Fshori0763-22%2F8005%2Fe5c707b6-5e00-4e94-b08c-32c76495f8d1&Operation=NoScript">Amazon.co.jp ウィジェット</A></NOSCRIPT>私はすごく気が散ります。ある瞬間とくていのプロジェクトのことを考えていたかと思うと、次には、未読のメールをチェックしていたりします。<br><br> 「<strong>集中力がない</strong>」<br><br>たしか、子供の頃学校の先生にも言われた覚えがあります。<br><br>Yahooの質問箱などでも、こういった悩みを抱えた人が見えるようで、ときどき質問がでてますね。<br>ちょっと集中力を保つを保つための私の方法について、ご紹介します。<br>
続きを読む


以前の記事にも書きましたが、1日に約300〜500件のメールが来ます。
このためかつてはメールをチェックするだけで多い時で1日に3〜4時間かかってました。

これじゃあ、会社にメールを見に来ているのか仕事をしに来ているのかわからない状態になってしまってました。
続きを読む


以前の記事にも書きましたが、1日に約300〜500件のメールが来ます。
このためかつてはメールをチェックするだけで多い時で1日に3〜4時間かかってました。

これじゃあ、会社にメールを見に来ているのか仕事をしに来ているのかわからない状態になってしまってました。
続きを読む

私はすごく気が散ります。ある瞬間とくていのプロジェクトのことを考えていたかと思うと、次には、未読のメールをチェックしていたりします。

 「集中力がない

たしか、子供の頃学校の先生にも言われた覚えがあります。

Yahooの質問箱などでも、こういった悩みを抱えた人が見えるようで、ときどき質問がでてますね。
ちょっと集中力を保つを保つための私の方法について、ご紹介します。
続きを読む

私はすごく気が散ります。ある瞬間とくていのプロジェクトのことを考えていたかと思うと、次には、未読のメールをチェックしていたりします。

 「集中力がない

たしか、子供の頃学校の先生にも言われた覚えがあります。

Yahooの質問箱などでも、こういった悩みを抱えた人が見えるようで、ときどき質問がでてますね。
ちょっと集中力を保つを保つための私の方法について、ご紹介します。
続きを読む

もし調べられるのであれば、直近数ヶ月にした打ち合わせについてどこで打ち合わせをしたかを調べてみませんか?

これが相手のオフィスや長距離の移動を伴うような場所であれば、あなたの時間効率の改善のねたになります。
続きを読む

私はすごく気が散ります。ある瞬間とくていのプロジェクトのことを考えていたかと思うと、次には、未読のメールをチェックしていたりします。

 「集中力がない

たしか、子供の頃学校の先生にも言われた覚えがあります。

Yahooの質問箱などでも、こういった悩みを抱えた人が見えるようで、ときどき質問がでてますね。 続きを読む

前の会議が早く終わった、電車が来るまでちょっと時間があるなどのときにどんなことをしていますか?

この本『時間資本主義の時代:あなたの時間価値はどこまで高められるか?』にはこんなことが書いてありました。
続きを読む

↑このページのトップヘ