音楽と仕事の日々

Youtubeのお気に入りの音楽と仕事のヒント

Category: 巨人たちの言葉


巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。

・本日の巨人 : デール・カーネギー
・本日のお言葉: 自分の誤りをただちにこころよく認める
・お言葉の出典: 『人動かす』

失敗は誰にでもあります。
失敗したことを、大きな損失であると捉えるか否かは、その失敗と対策を判断する人の感情に任されています。

ということは、失敗をしたら、相手の感情を別の所に誘導してやれば、「失敗から信頼がうまれる」みたいなことが起きるわけです。

こういうストーリーでよくあるのが、「失敗を見事な方法で挽回する」とかいうやつですが、それは「見事な方法が考えつけばのこと」です。それよりも凡庸なやり方で、失敗に対応する方法が、『人を動かす』に書かれています。
続きを読む


続きを読む


ドラッカーは『現代の経営』で以下のように述べています。

続きを読む


巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。

本日の巨人 : アルフレッド・アドラー
本日のお言葉: 他人のことに関心を持たない人は、苦難の人生を歩まねばならず、他人に対しても大きな迷惑をかける。
お言葉の出典: 人を動かす

人を動かす』の第2章「誠実な関心を寄せる」から。

続きを読む


本日は、ご存知『7つの習慣』から、習慣の3つの要素についてお送りします。

続きを読む


巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。

本日の巨人 : ドロシア・ブランド
本日のお言葉: あまり重要でない才能の芽を伸ばしなさい
お言葉の出典: 『目覚めよ!生きよ!

ドラッカーを始めとする多くのビジネス書では、「重要なことに資源を集中投下しなさい」「重要でないことにかかずらわってはいけない」とよく書かれています。

しかし、本書『目覚めよ!生きよ!』の著者、ドロシア・ブランドは、
続きを読む


続きを読む



続きを読む


本日の巨人 : スティーブン・R・コヴィー
本日のお言葉: 人は自分自身をも客観的に見ることができる

続きを読む


いままでスティーブン・R・コヴィーの『7つの習慣』やドラッカーのいろいろな著書(主に『マネジメント』)について、「巨人たちの言葉」シリーズを書いてきましたが、今回からこれに加えて、ディール・カーネギーの『人を動かす』でも書いていきたいと思います。

今回は、『人を動かす』から「第一章:盗人にも五分の理を認める」から。
続きを読む

↑このページのトップヘ