音楽と仕事の日々

Youtubeのお気に入りの音楽と仕事のヒント

Category: ヒント



私は基本怠け者です。
何をするにしても、楽にできる事のほうが好きです。

どこの誰だったか忘れちゃいましたが、こんな事(記憶なので、間違いが多いかも)が書いてあるページを見た記憶があります。

続きを読む



自己啓発書や仕事術などのビジネス書を読んでいて、

 「あ、これいいなぁ、やってみよう」

と思い立っても、大体1週間もすれば忘れてません?

私の場合

 読書で教訓チェックリスト

のように、毎週チェックリストでチェックしているのですが、それでも普段はそんなことすっかり忘れていることが多いです。

そこで、こんなツールを使って忘れないようにしてます。

続きを読む



世の中にはいろんなセミナーが開催されています。
内容的にも、お値段もピンキリみたいですが。

管理人の私も1年に1~2回セミナーに行くことがありますが(自腹や会社費用)、行って効果があるのは、あまりセミナーの講師や内容には関係ないみたいです(講師の方に失礼かもしれませんが)。

以前に、過去の日誌をぼんやり読み返していて、セミナーで「いい話が聞けた」「いいことを思いついた」などと好印象を持った時と、「しょうもなかった」「時間の無駄だった」などとがっかりしたものを比較してみたところ、ある共通点に気が付きました。

今日は、セミナーを有効活用するヒントをシェアしたいと思います。
続きを読む


以前、英語文化圏の人とコミュニケーションするようになって、結構困るのが

 語順が違う

というところ。

続きを読む



プレゼンでパワーポイントを使って作る際のちょっとしたコツをご紹介します。
ただし、これは私が勝手に決めているルールなので、一般にこの書き方が本当に妥当なのかどうかは知りません(無責任ですみませんが…)。
もし、「これは間違っている」という情報をお持ちの方、ご指摘くだされば嬉しいです。

プレゼンで図を書く際にいくつかコツがあるのですが、本日はそのうちのひとつ、四角の使い分けについて。

続きを読む


私は自他共に認める(?)怠け者です。
ただし、常に成果は出してます。でないと、今の地位はなかったでしょうから。

続きを読む



本日は問題解決の手法の第2回をお送りします。

続きを読む


■ピンチの時には周囲が見えない


忙しかったり、強いストレスがかかっているときは、周囲が見えなくなります。

これは当たり前で、人間(というか動物すべて)は見の危険が迫っている時には、危険なものを非常に注意深く見ようとします。その結果そこに集中しすぎてしまって、横から飛び出してくる別の危険に配慮ができない状態になるわけです。

自分のことを振り返っても、会社をしばらくおやすみする前半年~1年くらいの間は、本当に周囲の状況が見えてませんでした。
そのため、対応が後手に回って、さらに自分の首を絞める状況を産んでました。
続きを読む



「きみならどうしたいと思う?」
「きみは、次にどうする?」

最近良く聞くようになったセリフですね。

管理職になったり、管理職直前の人に対して、人事教育の一環として

 ◆コーチング研修◆

をする会社が増えましたし、ビジネス書などにもよく出てきます。

でも、これを無条件に使おうとする上司がいたり、そういった説明をするコーチングの講師がいたりすると、ちょっとむっとします。数年前ですが、講師に噛み付いたことがありました。

 「自律的に考えて、こちらの思ったことができる部下なら、自分の経験で言えば『このようにしたいんですがいいですか?』と言ってくるでしょう。それを言わずに、『これが難しい』、『これができない』と行ってきている部下に『きみならどうする?』で期待する答えが返って来たことがありませんが、なぜそれができると言えるのでしょうか?」
続きを読む



時々色々な質問箱を見ていると、「仕事が覚えられない」という相談があるのを見かけます。

その人に当てはまるかどうかわからないのですが、自分がいろんな人から仕事のやり方を教えられたり、反対に仕事を教えてきたりした経験から、ちょっとだけヒントを。

続きを読む

↑このページのトップヘ