過去記事でも、「年上の部下」「年下の上司」について色々書きましたが、ちょっとおもしろい考え方が『課長のルール』という本に書いてありましたので共有。

■できる上司は部下を信頼しない


「年上の部下」というのは、上司本人から見ても扱いにくいものではあります。

だからといって、それがマネジメントできなければ、上司としての評価が落ちてしまいますので、なんとかしないといけないです。

とくに昔のように年功序列がはっきりしていれば、そういうシチュエーションも少ないでしょうけど、最近は年下であろうが評価が高ければ、昇進させるので、逆転現象があっさり起きます。

そのシチュエーションで、年上の部下の扱いに失敗すれば、昇進もそこでストップ。

そこで心構えとして、部下にどういう態度で臨むかが重要になってくるわけです。

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●年上の部下への対処法
課長にとって、年上の部下は「心理的抵抗」のある存在であり、実際に[抵抗勢力」であったりもします。

しかし、そんな局面を包み込んで、あなたが、彼(年上の部下)の存在意義を認め、「自らの存在価値」を意識してもらうことが重要なのです。

中には、ひねくれた心の部下もいるかも知れませんが、それは得てして嫉妬や焦りあるいは「自分は一生このポジションかもしれない」という恐怖や不安の表れですから、とらわれることなく淡々と課長としての職務を全うすればいいのです。

ただ折に触れそんな年上の部下の長けている部分をリスペクト(ほめる、ねぎらう、受け入れる、)することも忘れないでください。

部下に遠慮をすることはありませんが(まして抵抗には毅然とした態度をとってしかるべきですが)、人生の先輩であるという礼儀は重んじたほうが部下の忠誠や信頼を起したり、周囲の尊敬や好感を集める等、あなたにとってもメリットが大きくなるものです。

ただし日ころから問題傾向(反逆や聞き流し等)が見られる場合は指揮、命令等を慎重に進める配慮も必要です。

直属の係長がいるようなケースではベテランとして割り振った業務や役割分担が、往々にして課長の仕事のイ二シアティプを握るようなものになってしまうケースもあります。

そんな場合はくれぐれも年上部下に業務を任せっきりにしないほうがいいでしよう。

もしこの年上部下が急に「抵抗勢力化」を強めるようなことがあると、日頃から任せっきりにしていた場合、気勢をそがれあわてふためくことになってしまうからです。

よく「できる上司は部下に期待はしても信頼をしない」という心得を説く方がいます。

基本的に私はこの言葉に賛同できませんが、こと年上の問題部下に限り、この心得を頭の片隅に残しておいたほうがいいかもしれません。

吉江勝(著) 『課長のルール
―――――――――――――――――――――★


本書では、「部下に期待する」が「部下は信頼しない」ということが紹介されています。

本書の通り、おすすめできる方針ではありませんが、必要なときはあります。

「信頼しない」とはどういうことかというと、私なりに考えるに、「目標を確認すること」と「きちんと報告を求めること」だと考えています。

「こうしたい」と言った時に、部下から「わかりました」と言われて終わりではなく、「どうわかったのか」を聞くことです。そして、時々「どうなった?」と報告を求めることです。

どうしても年上の部下だと、相手の方が経験値はあるので、つい「任せた」と言ってしまいたくなります。「あまり関わりたくない」という意識が働くんですね。
年上の人に対して「指導する」というのは子供時代から余り経験していないので、心理的な壁ができてしまうんですね。それを乗り越えないと、上司として業務を取りまとめられません。

だから、「いま、どんな状況ですか?」(ちゃんと丁寧語でね)と聞くようにするわけです。

たぶん、年下の部下より聞く回数や時間を多めに取る、くらいがバランスがよくなるというのが経験則。





■参考図書 『課長のルール





立ち読みできます立ち読み可
課長になる、または課長になったあなたはそんな不安でいっぱいかもしれません。

しかし!

課長という仕事は大変なことだけではありません。本書では上司・部下との付き合い方はもちろんこれからますます重要となるコンプライアンス問題、クレームや社内トラブルまでこれからの課長に求められる心得や対処法が満載です!

これまでに3回の課長経験を持つ著者のとびきり使えるエッセンスであなたも課長職をイキイキと楽しくこなしてください!





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

課長のルール
著者 :吉江勝

課長のルール
検索 :最安値検索

課長のルール
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 会社で生きることを決めた君へ_4
 勝手に進むようにするとマネジメントはうまくいく
 部下からの不平不満は上司の勲章
 プライミング効果
 フォルダの同期・バックアップ方法4:FireFileCopyを使って履歴バックアップする
 通勤どこでも仕事術:本は電車にのる前に出しておく
 フォルダの同期・バックアップ方法1:xcopyを使う
 ディスプレイフィルタ
 エッセンスを抜き出す
 AutoHotKeyでアウトルックの操作を簡単にする

●このテーマの関連図書


新版はじめての課長の教科書

結果が出ない課長のやるべき4つの仕事

あたりまえだけどなかなかできない係長・主任のルール(アスカビジネス)

管理職の心得―リーダーシップを立体的に鍛える

1冊ですべてわかる課長のキホン

リーダーにとって大切なことは、すべて課長時代に学べるはじめて部下を持…



■同じテーマの記事

会社で生きることを決めた君へ_4

久しぶりにビジネス書のご紹介。『会社で生きることを決めた君へ』結構有名になった本なのでご存じの方も多いかと。相変わらず長文のコメントなので、また複数回に分けてご紹介します。本日は、要約(というには長文ですが)をお送りします。::と書いてみましたが、長すぎるので、要約を3回にわたって分割してお送りします。本日はその第3回目。要約の最後の部分をお送りします。言葉を磨く私たちは言葉を用いて、日々思考している。コミュ..

面接練習をする

私が上司として部下を昇進・昇格面接に推薦した時には、「面接練習」なるものをやるようになりました。大体の中途面接の場合、親切な人財紹介会社なら、一度は面接の模擬練習をしてくれるそうです(伝聞なので確かではないです)。ただし、人材紹介会社も相応に忙しいので、十分なフォローをしてくれるわけでもない。ただ、少なくとも私の場合は、推薦した以上は、合格して欲しいですし、あまり不合格が続くと、私の推薦能力にも「?」がついちゃうので、結構徹底的に練習をしてもらってます。..

上司にお願いする作業は分解してから渡す

他の部門で、あまり自分の顔が売れてない(認知度が低い)時、何かをお願いしようとすれば、上司の名前を利用することになります。ようは上司に、名前と人脈を貸してください、とお願いする形になります。「××の案内のメールを発信してください」「関係者にトリガになる連絡を出してください」など。こういうときに、文面や宛先などを上司に考えてもらうのは、部下としてはちょっと気が利かないと言われてしまうかも。下書きを作る他人の名前で..

ベテランに気を配る

まあ若い人から見ると、会社に役職があるわけでもなく20年も30年もいる人は、いろいろ煙たいですよね。出世できたわけでもないのに妙に偉そう鬱陶しく色々指図してくるいちいち「教えてやる」目線その割に、「あんたはナンボのもんなのよ」と言いたくなることも少なからず…私は勝手に(こっそりですが)、こういう勤続年数は長くても一般社員のままな人を「ベテラン」と呼んでます。ベテランは知っている昔はほとんどのことを経験によって学んだので、年上ほど知識が豊富ということ..

課長・部長になりたかったら建設業か情報産業にいく?

ちょっとおもしろい統計を見つけたのでシェアします。職階関連指標(PDF:1MB)課長や部長職と一般職の比率の統計です。海運業は課長になれない?ここで面白いのが、図19-2。 産業全体で言うと、課長・部長と一般職の比率は約4%弱。つまり、100人のうち、課長・部長に昇進できるのは4人だけです。自分の所属し..

チャレンジ精神を大切にしない

結構多くの会社で、「我社はチャレンジ精神を大切にします」とか「チャレンジしよう!」というお題目が出されます。前述した目標設定の原理原則でも、「少しだけ背伸びをした目標を立てることで成長する」という事が出てきます。もちろん、本書でもそれを否定する気はありません。言っていることは正しいと思います。チャレンジ精神を大切にすると一方で、サラリーマンはMBO(目標管理制度)によって評価されるため、目標を達成できたかどうかが重要です。もちろん、目標の設定時には、その..