私は基本怠け者です。
何をするにしても、楽にできる事のほうが好きです。

どこの誰だったか忘れちゃいましたが、こんな事(記憶なので、間違いが多いかも)が書いてあるページを見た記憶があります。

★――――――――――――――――――――――――――
私は近道が大好きだ。
何ごとも簡単にできるに越したことはない。

私も怠け者は好きではない。
努力は尊いものだということも理解している。

だが、すぐそばにロープウェイがあるのにわざわざ自分の足で山に登っても特別な勲章には値しない。
――――――――――――――――――――――――――★


これは読んだ時に「まったくその通り」と思ってしまいました。

「山に歩いて登る」という行為自体に価値を見出しているのであれば別ですが、山の頂上に行くことが目的なのであれば、ロープウェイを使おうが、ヘリコプターを使おうが、簡単にできるに越したことはないわけですね。

仕事は、「結果を出す」ことが目的なのであって、「努力することが目的ではない」ので、どんなに一生懸命やった結果が良くても、指先一本で同じ結果がさせるのであれば、後者のほうが断然いいわけです。


■楽をするために苦労する


私の尊敬するかつての上司に、まだ新人だった頃に言われたことがあります。

★――――――――――――――――――――――――――
未来に楽をするために、今を苦労しろ。
――――――――――――――――――――――――――★


それから、いろいろな仕事術や基礎勉強を一生懸命やるようになりました。

ちょっとばかり計算外だったのは、仕事が出来るようになると、それだけ責任の重い仕事が振られるようになって、仕事自体は楽にはならなかった(まだ過去形ではなく、現在進行形ですが)ことですかね。

ただ結果として、定年後にお金の心配をする必要はない程度にはなったので、未来は多少は楽になるかもしれない(まだ、確定したわけではありませんが)と思えたりしてます。

今日は仕事のヒントになってなくてすみません。
ふと、心構え的なことも気になったもので…


■同じテーマの記事

転職面接の第1印象

最近、転職面接を多くするようになりました。私は人事担当者ではないので、書類審査とかはしないのですが、2次面接か3次面接の時に面接官のひとりとして参加しています。この数年ほど、被面接者(応募してきた人)の受け答えがすごくうまくなったということを実感として感じます。面接のテクニックなどをまとめた本やそういったことをセミナーでやっているからでしょうか。まあ、私にとっては、能力が高くて人間的にも優れた方が仲間になってくれるのであればそれに越したことはありませんので、張り切って..

タスクの完了数

やるべきことはタスクリストに書き出して、それをいつもメンテナンスしていると、「さて、次は何をしようか」と考える時間がなくなり、やるべきことを忘れることもなくなり、仕事をする上でストレスがなくなります。「ストレスフリーの仕事術より」-昔の仕事はシンプルだった。その仕事が終わっているのか、終わっていないならどれぐらい片利いたのか、だれが見てもすぐにわかった。そこに 100 本のネジが積まれていれば仕事は終わっているし、99本だったら終わっ..

厳しい交渉ごとは役員応接室でやりなさい

あなたの会社には役員専用の応接室がありますか?ウチの会社にはあります。基本的には、一般社員は使えないのですが、どうしても他の会議室などが使えない時に、ここが空いていれば使わせてもらえます。厳しい交渉には役員応接室を使う私はときどきここを使わせてもらってます。上司の役員にお願いして「この時間しかないので使わせてもらっていいですか?」と聞けば、「空いていればいいよ」とたいていは言ってもらえます。聞かれた役員にしても、た..

~だったのに、~すべきだった、~すればよかった

ある程度の年齢になると後輩や部下ができます。そうした人たちを指導するのに使ってはいけない言葉があります。言葉というか「時制」つまり時間軸ですね。~だったのに、~すべきだった、~すればよかったこれらの言葉はすべて過去を指しています。過去に起きたことは、どう感じるかは別にして変えられません。それを非難しても相手は「済んじゃったことを今更どうしろって…」と受け取ります。実際にそういう言葉になるかどうかは別にして、そう感じ..

近道をする-その2

以前の記事で以下のことを書きました。どこの誰だったか忘れちゃいましたが、こんな事(記憶なので、間違いが多いかも)が書いてあるページを見た記憶があります。私は近道が大好きだ。何ごとも簡単にできるに越したことはない。私も怠け者は好きではない。努力は尊いものだということも理解している。だが、すぐそばにロープウェイがあるのにわざわざ自分の足で山に登って..

上達のコツは続けること、続けるコツは続けること

このサラヒン~サラリーマンの仕事のヒントを始めてからなんと5年が過ぎました。その間、シゴトコンパス~サラリーマンの仕事の羅針盤を始めたり、メルマガを始めたりと、我ながらよく続いたなぁ、と思ってしまいます。以前は自己評価では「3日坊主」だと思っていたのですが、驚いたことに、ほぼ毎日記事を書くことができています。※公開作業は平日にはやれないので、土日にまとめて5記事をアップする方法を取ってますが。案外、やってみればできるのかも、ですね。続けるコツもちろん、10年..