■今年度の目標は…


新年度が始まって1ヶ月が過ぎましたね。
あなたの進捗具合はいかがでしょうか。1/12だけ進みました?

私は天邪鬼なので、年度始めやお正月に目標を決めるのを極力避けて、中途半端な時期に目標の見直しやら新しい目標を決めています。

ところで、「目標が決まっている」といえるのはどういう状態でしょうか。

先月部門目標設定や部下の目標面談をしていたのですが、どうにも曖昧な目標をたてる人がすくなくない。例えば…

 「今年度の目標な××の開発に目処を立てることです」
 「目標値は計画の100%実施です」

思わず「はぁ?」になってしまいます。


「メドってなに?」「100%ってどういう状態?」なのかさっぱり。

こういう人って、「目処を定義しなさい」とか言っても、たくさんの言葉はでますが、結局何が言いたいのかさっぱりわからないことをしゃべるんですよね。しかたがないので、「計画書をみせて」というと、

 市場調査3ヶ月
 課題検討3ヶ月
 機構設計3ヶ月
 作成  3ヶ月

っていうのがEXCELで矢印で引いてあるだけのシロモノを見せてくれる。

 それって何も考えてないだろ…

■目標が明確


じゃぁ、「目標が明確になっている」というのはどういう状態かというと、過去記事でも何度か触れてますが、

 「××が○○になっていて、それを□□さんが▼▼している」

と見てきたかのように言えることです。世の中の理論・理屈本を読むと、「数値にしなさい」と書かれているものが多いですが、これは

 目標に達したかどうかの評価指標

としての役割であって、目標自体ではないと考えています。

なにかの行動する目標は、

  何かをいつまでにどのような状態に変化させること

だと認識しています。その変化が正しくできたかどうかを評価する指標が「数字」なのであって、数字自体は目標ではありません。

そしてそれが明確になっている人はこの質問をすればわかります。

 その目標達成のために昨日何をしたか
 その目標達成のためにこれから何をするか
 
です。

たとえ目標とするゴールイメージがきちんと話せなくても、これが言えればおおむね大丈夫。


■仕事は評価される


ただし、仕事上の目標は、それだけでは足りません。
それは、上司から「評価してもらう」必要があるからです。

先程も書きましたが、評価をするためには、「指標」が必要です。
ただし、それが達成できたからといって、ゴールに行き着いたかは別物であることは認識しておかないといけません。

■同じテーマの記事

今日の仕事のゴール、言えますか?

ある長いプロジェクトだと、目標は上司や顧客から与えられます。しかし、仕事が遅い人というかギリギリまで放置しておく人のパターンとして、仕事が分解できないということがあるようです。与えられた仕事を今日のタスクにまで分解する分解の方法については、過去記事で書いてますので、そちらを参考にしてください。ピクニックに行くタスクの分割と自動化WBSを作るスケジューリングの7つのコツタスクの分割単位は大きくていい仕事効率を上げる基本ルールいろいろな手法があり..

習慣を改める習慣をつける

多くの仕事は考えなしに突撃すると失敗します。一方で、ある行動は習慣化して、考えずに行動することで、迅速にやれるようになります。習慣の力過去記事でも何度かふれてますが、習慣の力は自動車の運転を考えてみればわかります。教習所に通っていた頃、あるいは免許を取りたての頃は、ミラーを確認してシートベルトを締めてエンジンをかけて::(中略):後方確認をしてブレーキを緩めてアクセルをふかしながらゆっくりク..

非常識な成功法則

今週は、夏休みに読みたいビジネス書の紹介です。本日は、これは読まずにビジネス書を語るべからずとおもっている(以前紹介した)本。非常識な成功法則神田昌典ずいぶん古い本ですみません。神田昌典氏の出世作ですね。元ネタを使いまわしているようですが、結局たくさんのビジネス書を読んでも、本当に「これは、何度も読み返したい」という本は数えるほどしかありません。それは自分の課題認識によって人それぞれなのかもしれませんが、このブログでは、沢山の本を紹介することではなく、自分..

なぜなぜ分析2:原因は一直線ではない

「なぜなぜ分析」という言葉を知らない人はあまりいないのではないかと思います。では、そのやり方は?というと結構心もとない人も見えるのではないでしょうか。やっぱり、ある手法というのは、基本的なやり方があって、そのやり方をきちんとトレーニングを受けていないとうまく使えないものです。これは、なぜなぜ分析に関する本を読むだけではな足らなくて、実際に講習などで受講してみないとうまく使えるようにはなりません。もちろん、講習を受けたからといってそうなるとか限らないですが、本で詳細を..

行動科学で人生を変える

「今年は毎日をしよう」と決めたのに、なかなか続かない。多くの人がこういった悩みを抱えているのでしょう。私もその一人ですが。本日は「なかなか行動に移せない」「三日坊主で終わってしまう」といったことをやれるようにするためにどうしたら良いかという点を科学的に解説した本の紹介です。「行動科学」というそうです。本書で続けるということに対して、ABC分析がたしかに有効であることはすごく納得できます。ただ、本書を読みながら今ひとつわからなかったのが「ご褒美」という考え方でした。..

昇進試験グループディスカッション

最近、ウチの会社では中途採用や昇進試験でグループディスカッションを取り入れるようになりました。これが見ていると非常に面白い。普段ディスカッションというと、何かの議題に対して、どのような答えを出すのか、その答えに大多数が賛成してもらえるようにするにはどうすればいいのかという点にばかり注意していましたが、その人の能力を見極めるという意味で、ディスカッションの様子を観察すると、実力の差が歴然とわかります。ディスカッションの方法これが普通の会社でも一般的なのかど..