なにか新しいことを勉強しようと始めたようとしたとき、どうしますか?

 まず講習会などに行って教えてもらう
 関連する本を一生懸命読む

過去の経験で、これでうまく行ったことはあまりありません
うまく言ったのは、

 みんなに教える

ということ。

かつて会社でCMMIの導入を私用とした時に、自分から提案して、自分がメンバーにレクチャーをしながら導入を進めてきました。勉強のために、メンバーにはCMMIの講習(一人10万円もかかった…)を受けさせたりしたのですが、自分は受けずにメンバーや関係者にCMMI教育をしました。

■勉強で最も役に立つ方法


勉強といえば、「先生から何かを教えてもらう」という形を連想しますよね。
もちろん、学生であればその形が正しいです。

先生から概要を教えてもらい、わからなかったことを質問して、あとで理解度テストを受ける。

これが学生の勉強の形です。

しかし、社会人になってからは「逆」だというのが私の認識。

つまり、何かを勉強したいと思ったら、

 まず生徒を集める
 その生徒にその何かを教える

というやり方が正解。

人に教えようと思うと、必死になって調べますし、生徒から自分になかった視点の質問を受けたりします。そうすると「次回の宿題にします」と言って、またそれについて自分の言葉で説明できるように調べます。

そうすることで

 ・その分野の第1人者という認識を持ってもらえる
 ・積極的に理解しようとするので、身につく

ができるようになります。
さらに、上記の私のように実際にそれをやってみて、そこから「うまくいこと」「うまくいかないこと」に気が付き、「うまくいかないこと」に対しては自分の頭で対応策を考える、というステップを踏みますので、経験値として蓄積がされていきます。


■説明するのは理解が前提


ある物事を誰かに説明しようとすると、すごく大変です。

 1.調べて情報を集める
 2.それを要約する
 3.理解する
 4.自分の言葉に置き換える
 5.相手が理解しやすい説明の仕方をする

というステップが必要です。
こうして初めて、自分の身になるのですね。自分の身になったものは自由に使えるようになります。

本を大量に読んだりしている時でも、読んだだけでは、1~3の間の作業をしているにすぎないので、すぐに忘れてしまいます。試しに1年前に読んだ本を引っ張りだして、その目次を見ながら(本文は見ずに)要約文を書いてみてください。きっとできません。

自分の体に染み付いたことなら、本を見なくとも1時間位なら講義ができます。

そこまでできて始めて、あなたの身になったということです。

■まず人に教えよう


なにかのテーマについて、誰かに教えてください。

自分の知っていることを誰かに教えるというのは、相手の知識を向上させてあげるというのが目的ではなく、自分の知っていることを体系化して自分の中で咀嚼するという作業なのです。

おそらく、会社では来年度の計画を立てている最中だと思います。
来年度、自分たちのよく知らない分野・やり方にチャレンジするという方針を提案し、「自分が先生になってみんなに教えます」と手を上げてください。
その分野の第1人者になれて、自分の能力も劇的に向上できるチャンスですよ。

■同じテーマの記事

業務改革の教科書2

あなたがもし、何かのプロジェクトのリーダーをやっていたり、組織を率いる管理職なのであれば、この本は絶対に読んでおいて欲しい本です。私は、この本の目次をマインドマップに書き出して、時々見返しています。管理職やリーダーに要求されることは、すごく簡単に言ってしまえば、組織力を使って会社に直接貢献できる成果を出すことです。そして、組織を改革して、常に効率を改善し続けることです。本書は、社内の結構大きな業務改革をするときに、必要なことが過不足なくリストアップされていますので..

成長するためにいちばん重要なたった一つの方法

仕事をして成長する、ようするに、より仕事ができるようになるためのいちばん大事なことをあげるとしたら、私は振り返りをすることだと思っています。何を学び、どのように変わるか結局、成長というのは、特定の出来事から、どのようなことを学び取り、それを今後にどのように活かすかではないかと思います。どれほど優秀であっても、仕事がうまくできようとも、永久に同じことを繰り返すだけだったら、やがてそれは普通のことになってしまい、い..

プロフェッショナルの情報術

本日は久しぶりにビジネス書の紹介です。プロフェッショナルの情報術なぜ、ネットだけではダメなのか?筆者は「テレビ番組リサーチャー」という職業。私はこんな仕事がある事自体を知らなかったのですが、確かにクイズ番組にしろ、ドキュメンタリーにしろ、そのテーマをどうやって見つけ、どうやってストーリとして成立させるかについて、専門の職業があっても不思議ではないくらい、多くの事実を集めていることは確か。本書にあるように、クイズ番組では、ある問題について、様々な言い回しで..

やることリストとやらないことリスト

いろいろな作業を経て完成する仕事(GTDではプロジェクトと読んでますね)があった時に、よく「作りなさい」問われるのが、計画化と「やることリスト」です。これはベースになっているのは、「やることリスト」であって、それを時系列に並べたものが計画です。みなさんはやるべき作業をどのようにまとめていますか?上司の指示、クライアントとの打ち合わせでできた宿題、自分自身で..

セルフイメージを高める本当の方法

私も含め、どうもストイックな人が多いような気がします。これじゃあダメだもっと頑張らないともちろん、自分の課題を発見し解決していくことは良いことだと思います。ただ、それはマイナスをゼロにする方法でしかありません。ダメなところを改善してもプラスにはならないんです。一方で、良いところをより活用しようとしたり、より伸ばそうとするとプラスがさらに大きなプラスになります。アファメーション「アファメーション」という言葉の発祥..

面倒くさくする

月曜日の記事で、悪い習慣をやらないようにするための目標の建て方についてご紹介しました。ただ、それは心理的な影響だけなので、行動としてそれをしなくする方法をひとつご紹介します。どうすれば悪い習慣をしなくなるのかというと面倒くさくすることで、ほとんどやらなくなります。ちょっとした事で悪い習慣に近い行動をしたときに、それ自体は必要なことでも、次のワンアクションで悪い習慣の行動をとってしまいます。たとえば、Webで知らない単語を探そ..