以前の記事で何度か上司への報告の仕方は、途中状態で報告して軌道修正をしながら作成したほうがいいというような記事を書きました。

 報連相のタイミング

しかし、途中経過の報告で、上司どのような指摘を受けるかが、実際上司によって違います。

上司の視点は大きく2つあります。

 ・目標(報告の全体イメージ)に合致しているか
 ・書いてほしいと思っている項目が盛り込まれているか

の2パターン。

■目標と一致しているか


こちらは、どのようなことを書くのか、その報告を上司がどう使いたいのかという目的感によって変わってきます。

つまり、「報告書の全体を見たい」という欲求になります。
だから、途中報告の場合、目次やそこに書く予定のことのタイトルリストみたいなものがあれば、「うん、方向性は会っているので、これで進めてくれ」と言われますし、違っていれば軌道修正を要求されます。

■書いてほしいと思っている項目が盛り込まれているか


一方で、「これはちゃんと書いてほしい」「ここに言及しておくべき」といった細かい内容を気にしていることがあります。

これは、報告の概要(骨組み)だけ報告しても、上司は満足しません。

 「××と○○は矛盾してないか?」
 「▲▲が書いてないけどどういうこと?」

みたいな質問になって帰ってきます。

報告する側としては、詳細な項目はいいから、こういう結論に導いていこうとすることでいいのかを確認して欲しいのに、微に入り細に入り…。


■上司のクセを見抜く


これは上司のクセがある程度影響しています。つまり、上司によって重視していることが違うのです。
重箱の隅をつつくような精度の高いモノの考え方をする人と、大雑把に方向性だけあってれば、あとは部下の好きなように、とか言う問題です。

つまり、上司がどういう性向を持っているのかによって、部下としてはそのやり方を使い分ける必要があるわけ。
もちろん、部下にも細かいところがきちっとしていることが好きな人もいますし、「要するにこういうこと」的な考え方が好きな人もいます。しかし、それは部下個人の問題で、思考の好みは上司に合わさざるを得ません。

変に我を通すと、上司との関係が悪くなります。

どんな変な考え方をする人だろうと、上司は上司。
そこに合わせないと、サラリーマンとしてはやっていけませんね。

上司の考え方のクセをよく観察すると、上司から「あいつはわかりやすい」と思ってもらえますよ。

自分の我を通すのは、自分が上司になってからにしましょう。

■同じテーマの記事

仕事の五要素と5W2H

仕事は、大抵の場合、誰かから指示されて、その結果をまた誰かに渡すことで成り立ってます。指示するときや、指示を受けた時にキーポイントになるのは、QQCDR だそうです。仕事の五要素QQCDR私は「QQCDR」という仕事の五要素というやり方を頻繁に使います。それは、Quality(クオリティ・質)Quantity(クオンティティ・量)Cost(コスト)Dea..

上司にもアポイントメントを取る

上司になにかの相談をするときには、原則上司に打ち合わせの予約を入れるようにしています。もちろん、緊急事態であったり、至急決済がっほしいなどというときには、いきなり話しかけることもありますが、上司には上司の都合や仕事のタスクがあり、表面上はいざしらず、いきなり何十分も時間を取られるのはあまり気持のいいものではないからです。単なる報告だけで、1~2分で終わるようなものなら、基本はメールで済ませます。上司から質疑や意見があ..

報連相(ホウレンソウ)は相連報(ソウレンホウ)

以前の記事    報連相のタイミング   報連相その2    で報連相(ホウレンソウ)について書きました。その後、「ちょっ..

バカな上司の下でも成長できる仕事術1

本日は、ちょっと刺激的なタイトルのビジネス書の紹介。またしても長文なので、2回に分けてご紹介します。第1回めの本日は、本書の要約と私の書評。「バカな上司」とは、たぶん自分の実力にある程度自信がある人なら、だれでも考えたことがある言葉ではないでしょうか。「親と上司は選べない」とはよく言ったもので、まったくその通りで、話していると頭痛がしてくるような上司に何度も出会いました(「頭痛がする」という表現に抑えておきます…)。サラリーマンですので、人事から、「この人の下で仕事を..

部下力のみがき方1:部下力のみがき方

結構久しぶりですが、ビジネス書をご紹介します。図書名称:上司を上手に使って仕事を効率化する『上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方』著者:新名史典いかにもサラリーマンに向けの本なので、読んだことがある方も見えるかも。私のブログでも時々引用させて頂いています。とくにポイントだと思うのは上司が仕事のボトルネックという点。仕事の効率を挙げるためには、上司をうまく巻き込んで行くことが重要。その点を「上司..

部下力のみがき方3:キーメッセージ

結構久しぶりですが、ビジネス書をご紹介します。図書名称:上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方著者:新名史典いかにもサラリーマンに向けの本なので、読んだことがある方も見えるかも。私のブログでも時々引用させて頂いています。とくにポイントだと思うのは上司が仕事のボトルネックという点。仕事の効率を挙げるためには、上司をうまく巻き込んで行くことが重要。その点を「上司を上手に使う」と著者は表現しています。..