昨日の記事で問題が発生してから解決するまで、大きく7つのステップがあり、大きく

 ◆問題認識ステージ
 ◆課題対策ステージ

に分けられると説明しました。

本日はこの第2のステージ課題対策ステージについて説明します。
ただ、ちょっと長文になってしまったので、このステージも2回に分けてお送りします。

■課題対策ステージ


課題対策ステージは以下の5つにわかれました。

 ◇課題設定ステップ
 ◇課題解決ステップ
 ◇総合評価ステップ
 ◇解決実行ステップ
 ◇結果評価ステップ

本日はこの内最初の2つについてお送りします。

■課題設定ステップ


問題を正確に把握し、根本原因を特定したら、いよいよ対策です。

まず最初にやるのは、解決に役立ちそうなアイディアを出すこと。
実際に解決するつもりで考えるのではなく、「役立つかもしれない」アイディアを出すことです。

ここでもブレーンストーミングが役に立ちます。

ただ、議論の発散を防ぐために、

 「○○に対して△△をやったらどんなことが起きるだろう?」

という質問を投げかけます。
もしあなたが、「問題の根本原因」まで行きついていれば、ある対策をしただけでは、いくつかの問題は解決するものの、他にも解決しない問題が多く残されるはずです。

また、今までそのやり方でうまくいっていたところも、対策を入れることでうまく行かなくなる場合も出てくるはずです。

これらをすべて出しきっていきます。

そうすると、

 「まず最初に◎◎をやる」
 「次に○○の副作用が出るので、▲▲をやる」
 「さらに別の問題を防ぐために□□をやる」

のように複数の対策案が、ストーリにそって出てきます。

私の経験ですが、ある問題に対して一つしか手を打たないような場合に、よく失敗をしてました。別の問題が出たり、直ぐに効果がなかったりして、「ダメだわこれ」とおもって捨ててしまい、結局問題が残ったままになるという事がありました。

つまりは、対策をとった後の状態や、対策の効果がある範囲をちゃんと想定せずに対策をして、効果がないところを評価したり、副作用を評価して、その対策がダメだと判断してしまうという無駄なことを繰り返す結果になったんですね。

ですので、最近はまず複数の対策を立て、実際にそれをやった時にどのようなことが起きるのかをちゃんと想定して、それを記録に残すようになりました。

こうしておくと、次に起こるほとんどの事象は、想定内の問題で、今やっている対策の評価は変わらない、自信を持って継続することができるようになります。



■課題解決ステップ


やるべき課題が決まったら、つぎは行動を決めます。
これが、課題解決ステップ

課題設定ステップで出した、やるべき事を具体的な行動計画にします。

 「まず最初に◎◎をやる」
 「次に○○の副作用が出るので、▲▲をやる」
 「さらに別の問題を防ぐために□□をやる」

の例でも書きましたが、◎◎とは、

 いつ、誰が、誰(何)に対して、どのようなことを

するべきかをひとつづつ決めていきます(いわゆる5W2Hを決めるというやつですな)。

これをすべての課題に対して実施していきます。

ただし、まだやっちゃあ(実行しては)ダメです。

続きはまた明日。

■関連する記事

リンクリストを活用する

私は「リスト」をいろいろ作ります。リストのいいところは、なんでもかんでも一覧で見えてしまうこと。たとえば、何か買い物に行くのであれば、メモ帳に「買うものリスト」を作ってますし、OneDriveには「ほしいものリスト」、Outlookには、「タスクリスト」や「ToDoリスト」「やらないことリスト」などなど。本日はこのリストの中でちょっと変わり種。リンクリストのご紹介リンクリストリンクリストは、単体でリストとして存在し..

タスクの多重管理

仕事は多次元あなたは仕事の管理をどうやってやっているでしょうか?GTD(Getting Things Done)などの「仕事」や「やるべきこと」の管理ルールはあるものの、実際にタスクを作ってみると「管理するのはは難しい」と感じてました。ちょっと用語が難しいので、以下、GTDの規則に従って複数の活動をまとめたもの=プロジェクト1回の作業で終わるもの=タスクと呼ぶことにします。例えば、新規事業を起こすというプロジェクトがあったとします。こ..

良かったことほど分析する

個人であれ、組織であれ、重要なことはおきたことから教訓を得て教訓から次の行動を帰ることです。それをしなかったら、おそらく成功はしないでしょうし、成長もしないでしょう。そういう意味で、振り返りはとても大切だと思っているのですが、どうも「振り返り会」をすると、ほぼ「反省会」になっちゃう。失敗したこと、うまく行かなかったことはもちろん、同じ失敗を繰り返さないように工夫しないといけないのは確かですが、反省ばかりしていると、そのうち..

問題認識の手法5―問題を発見する

もう金曜日ですね。ようやく今週の本題にたどり着きました。問題発見の問題以前の記事問題解決のための7ステップでも書きましたように、問題を正確に捉え、その根本原因にたどり着ければ後は技術的問題も多いのですが、多くの場合、この問題認識で失敗します。その理由として考えられるのが、・あるべき姿が的確に描けない。・現状の認識力と分析力が低く、正確に把握できていない。・ギャップの構造を解明することができないため、問題の本質に迫れない。・実行可能な解決策..

少しだけの成功を積み重ねる

野球でいえばサヨナラ満塁ホームランなんて打てたらかっこいいですよね。シングルヒットを打つ(期待に応える)すべてができるわけではないのだから、しようとしないこと。すべきことだけを、きちんとする。ホームランを狙って、十打席のうち九打席で三振に終わるより、コンスタントに一塁に出るほうがずっといい。私がマッキンゼーに入ってまもなく、ニューヨーク支社で州北部のリゾ..

仕事にも趣味にも効く「ハイスピードツィート」のテクニックで知識と頭の反応速度を鍛える

速読のセミナーなどに行くと、その場はできるような気がしてきますが(有料なのですから、そんな気がしないと「お金返して」って言いたくなっちゃいます)、家に帰った頃にはもう効力切れ…。でも本来は速読の練習というのは、毎日毎日繰り返してやっと身につくものです。速読のが目指すものもともとなんで速読なんて勉強しようと思ったのか、というところに立ち返ると、直接的には「沢山の本が読みたい」でしょう。それ以外の目的で速読を学ぶことは..

■同じテーマの記事

セミナーに行ってはいけない

世の中にはいろんなセミナーが開催されています。内容的にも、お値段もピンキリみたいですが。管理人の私も1年に1~2回セミナーに行くことがありますが(自腹や会社費用)、行って効果があるのは、あまりセミナーの講師や内容には関係ないみたいです(講師の方に失礼かもしれませんが)。以前に、過去の日誌をぼんやり読み返していて、セミナーで「いい話が聞けた」「いいことを思いついた」などと好印象を持った時と、「しょうもなかった」「時間の無駄だった」などとがっかりしたものを比較してみたとこ..