どんなジャンルでもいいのですが、だれかお気に入りの作家っていますか?

もし「いない」のであれば、ちょっと気になる作家をリストアップしてみてください。そして、AMAZONなどで、その人の作品を片っ端から読んでみてはいかがでしょうか。

このブログのような仕事術関連で言うと、私は苫米地英人、ドラッカーの著作はかなりの数、目を通しています(読んでいるとは言いがたいレベルなので…)。ジャンルなら TOC や GTD は結構…。

■全集を読みなさい


小説などだと、「○○全集」みたいなものがあります。

しかしビジネス書だとあまり見かけませんね。これはなぜなんだろうと時々不思議に思うのですが、まあ、無いものは無い。
※『ドラッカー全集』『ドラッカー名著集』というのはありますね。

しかたがないので、AMAZON などで著者名で検索しておいて、「片っ端から」式に購入したり、図書館で借りたりして読みました。

こういうやり方をしたのは、この本から。

★P27〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●全集の効用
誰のものでもいいのですが、全集を総て読み通すという経験をしたことはあるでしょうか。主観的に「気になる人」でもいいですし、たまたま家に、父親や母親が若かりしころ傾倒していた作家の全集が書棚にあったから、でもいいのですが、誰かの全集を読み通す経験はして置いたほうがいいと思います。

個人が、どこまでバリエーションのあるもの、あるいは一貫性のあるものを書くことができるのかを肌で知っておくと、その後の本の読み方や選び方が一気にレベルアップします。

問題はそれを読み通したいと思うだけの動機があるかどうかです。

先ほども強調したとおり、本を読むという行為の基本は、著者がどのように言っているかを正確に読みとるということです

それを落としてしまったら、書物について何も語る資格はありません。

もっと言えば、本を読むという行為は、書いている人の脳の中にいったん入るということににかなりません。

全集に一度ずぶずぶと入ってしまうというのは、その意味で非常に良いトレーニソグになります

相手の言っていることを正確に、その回路にしたがって読みとるという訓練を、徹底的にしたほうが断然いいのです。

自分の汲み取りたいように汲み取るというのは基礎ができてからの話です。メジャーリーグに行けるくらい野球ができる人は、自分の一番好きな打法で打てばいいでしょうが、小学校4年生が、オリジナルの・ハッティソグをしたところで、ろくなヒットが打てるはずもありません。

野球で勝っということはどういうことなのか、ということをきっちり身につけないとプロにはなれません。ましてや一流の選手にはなれない。

それと同じように、読むという行為においては、基本中の基本として、相手の回路にきっちり入るということが大前提です。

そのトレーニングとして、全集を読むというのは、かなり効率の良い方法になります。

全集が出るということはつまり、それだけの読者を集めた人だということです。かなり偏った人であったとしても、それはそれとして、強い説得力をもった人だと言っていいでしょう。

その意味では、全集は誰のものでもいいとすら言えます。誰を読むかというよりも、全集を読むということ自体の重要性を強調しておきたいと思います。

日垣隆(著) 『知的ストレッチ入門―すいすい読める書けるアイデアが出る
――――――――――――――――――――――――――――★


「なるほど!」ということで、当時ちょっと気になていた人の本を片っ端から読んでみたのが始まり。

ただし、著作の多い人だと読むのに時間がかかるので、ある時期(集中して読んでいる時期)は、これが自分の所見だったのか、その人の所見の丸写しだったのか区別がつかなくなってしまいます。


■同一著者の別の著作を読む効果


読んでみると意外と面白いことに気が付きます。

読むと言っても、その人が発行した本を時系列で読むわけではないので、記述方法が文書の体裁などが突然変わったように見えたり、書いていることが同じことの繰り返しだったり、異なることを主張していたりと、意外と面白い。

全集とは言わないまでも、同じ人の著作を読み比べてみるというのは、その人の変化や時代背景を見る意味でも非常に面白い経験です。

もし、今ちょっと興味のある作家が10年以上活動している人なら、その人の初期の作品を読んでみると、面白いですよ。



■参考図書 『知的ストレッチ入門―すいすい読める書けるアイデアが出る




この本であなたの知的生産力は100倍になる。すぐに使える21世紀版知的生産の技術。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

知的ストレッチ入門―すいすい読める書けるアイデアが出る
著者 :日垣隆

知的ストレッチ入門―すいすい読める書けるアイデアが出る
検索 :最安値検索

知的ストレッチ入門―すいすい読める書けるアイデアが出る
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 アウトプットを前提にインプットする
 飛行機はビジネスクラスを使いなさい
 本を残しておく基準を作る
 著者を絞って作品を読む
 書籍の大意がわかるようになるまでの時間
 トップに学べば社内第一人者になれる

●このテーマの関連図書


1日2400時間吉良式発想法―他人の人生を盗めばアイデアは生まれる!



■同じテーマの記事

記憶の10の基本原則

一度聞いただけなのに案外記憶に残っていることと、何度聞いても覚えられないことってあります。その違いは何でしょうか?記憶の力を高めるものマインドマップはもともと記憶の研究の中で生まれたものらしいので、記憶をするというテーマで書かれているものが結構あります。ここでご紹介しているものもそのひとつ。記憶の力を高めているのは、大きく・初頭効果、新近効果・連想・興味があること・繰り返しなのだそうです。..

わがままにスケジューリングする

もし調べられるのであれば、直近数ヶ月にした打ち合わせについてどこで打ち合わせをしたかを調べてみませんか?これが相手のオフィスや長距離の移動を伴うような場所であれば、あなたの時間効率の改善のねたになります。移動は価値を生まない製造の仕事でよく言われますが、移動することは価値を生まないです。製品を作るときに、何かを組み付けたりインストールしたりする作業は、その製品の付加価値を上げる方法のひとつなのですが、組付けをするた..

相手に自分自身を説得してもらう

割と中立に近い立場の人に、自分の意見に賛成してもらうためには何をするといいでしょうか?個人的な印象で見ると、こうした多数派工作っぽいことを失敗する人が多いです。それは、自分が賛同していほしい意見を言うから、「それ、自分で行っちゃダメだろう…」と思って生暖かく見ていたりします。人間は他人の意見で意見を変えない経験的に見ると、多くの人は他人の意見で自分の意見を変えることは多くありません。その人が論理性をとても重要視して..

締め切りはその場で決める

とあるSEと顧客の会話。SE:これで要件はお伺いできたと思います。具体的な見積を作成させていただきます。客:ありがとうございます。よろしくお願いします。SE:ありがとうございました。失礼します。::後日:SE:見積が出来ましたので、お会いしたいですが…客:ちょっと立て込んでいるので、再来週まで時間が取れません…SE:了解しました。では再来週にまたお電話します。::再来週:SE:先日の件ですが…客:あれ、も..

腰を使え

あなたの同僚で、便利屋さんっていますか?こんな人です。・「ちょっと悪いけどこれ手伝ってよ」「はい、いいよ」・「急ぎなんだけどお願いできるかな」「了解」・「ちょっと調べておいてほしんだけど」「分かりました!」・「××ってど言うことか知ってる?」「それはですることですよ」もう何でも引き受けちゃう。それも即答OK。もしあなたがこんな状態になっていたら相当危険です。自分を安売りするもちろん仕事は人間関係でまわるので、人間関係を良好に保つことは必要..

やりたくない日

朝いつものように会社に来て、パソコンを立ち上げる。ところが、メールを見るのも億劫だし、と言って溜まっているタスクに手を付ける気にもならない。かと言って締切は待ってくれないし…。何ていう日はありませんか。私はしょっちゅうです。過去記事でも紹介しましたが、どうしても何も手をつける気にならないときの対応方法というのがあります。簡単に言ってしまえば・数分で終わるようなタスクをやっていると徐々に気持ちが乗ってくるということです。だからやる気がなくてもやれるくらいに細かく..