最近の Windows ではあまりなくなりましたが、以前の Windows では、突然ファイルが破損して、何日もかけて作ってきたファイルが一瞬にしてパア、なんてことがよくありました。また、Windows のせいだけではなく、誤操作や誤判断でファイルを消してしまう、なんてことも時々あります。

 人間だからミスはするさ…、フッ………

などと言ってみても、内心は呆然。

という時のために、バックアップを作るようにしてます。

ただ、手動でバックアップをすると、手間でもあるし、つい忘れてしまうので、タスクスケジューラに登録して、勝手にバックアップがされるように設定しておくのがよいかと。


このシリーズでは、バックアップの方法に特化して、いくつかのツールとその使い方をご紹介します。

本日は、その第1回 xcopy を使う方法。

■xcopy


xcopyコマンドは、ファイルやフォルダをツリー状態のままコピーするコマンドで、すべての Windows に標準で装備されています。

このコマンドとWindows OSのタスク・スケジュール機能を組み合わせることにより、簡単なファイルのバックアップ・システムにすることができます。
例えば、以下のようなバッチ・ファイルを作成しておいて、1日に何回か動作するようにしておけばよいだろう。


★――――――――――――――――――――――――――
if not exist z:\. net use z: \\server\usrbackup

set logfile=c:\log\copyall.log
echo %DATE% %TIME% >> %logfile%
xcopy c:\usr z:\usr\ /D /S /E /H /C /Y /R >> %logfile%
――――――――――――――――――――――――――★


最初に、コピー先のドライブを z: ドライブにマップします。
べつに、マップしなくても直接 UNC で指定しても問題ありませんが、複数のフォルダをコピーさせる場合はこの方が便利です。

コピー元(c:\usr)の内容を、すべて \\server\usrbackup というフォルダにコピーさせています。

さらにxcopyコマンドの実行結果をc:\log\copyall.logというファイルに実行時刻とともに記録していますが、これは、後でいつ実行したかが分かるようにするためで、必要なければ省いてしまっても問題ありません。

xcopyにはさまざまなオプションがあるが、ここでは「/D /S /E /H /C /Y /R」を指定している。
 ・/D   新しいファイルだけをコピーする
 ・/S /E (空のものも含めて)サブフォルダもコピーする
 ・/H   隠しファイルもコピーする
 ・/C   エラーを無視してコピーする
 ・/Y   無条件上書きコピーする
 ・/R   読み取り専用ファイルもコピーする

というオプションです。
※xcopyのオプションの詳細については、Webで検索すると出てきます
※私は、マイクロソフトの技術サイト
※  https://technet.microsoft.com/
※を愛用しています。xcopy については以下に書いてあります。
※  https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc771254(v=ws.10).aspx

■コピーしたくないファイル(除外ファイル)を指定する


ところで、こういうバッチファイルで実行していると、(上記の例で言えば、usr の下にある)コピーしたくないファイルが出てきます。
たとえば、テンポラリで作成ている巨大な bmp ファイルとか、MS-Office が作成している中間ファイル($で始まるファイル)など。

こういうのは邪魔だし、あとで参照することもありえないので除外するようにしています。
xcopy では、コピーの対象から除外するファイルの一覧リストを作ることができますので、これを利用します。

★――――――――――――――――――――――――――
if not exist z:\. net use z: \\server\usrbackup

set logfile=c:\log\copyall.log
echo %DATE% %TIME% >> %logfile%
xcopy c:\usr z:\usr\ /EXCLUDE:C:\BAT\xcopy-excludelist.txt /D /S /E /H /C /Y /R >> %logfile%
――――――――――――――――――――――――――★


この "/EXCLUDE:C:\BAT\xcopy-excludelist.txt" というのが除外ファイル。

除外の対称となるのは、拡張しだけを指定したり、ファイル名に含まれる一部の文字を指定することができます。
このファイルは、テキストエディタなどで編集します。
こんなファイル

★C:\BAT\xcopy-excludelist.txt――――――――――――――――――――――――――
$~
.tmp
outlook.pst
.bmp
@work
――――――――――――――――――――――――――★


こちらも詳細はマイクロソフトのサイトで御覧ください。

■ネットワーク上のファイルのバックアップ


私は仕事上、海外にあるサーバのデータをよくアクセスします。

これは社内LANに接続された環境と比べると非常に遅いです(当たり前ですが)。
ですので、こういったファイルは一旦社内のサーバに移動してきて、それを参照するようにすると便利です。

ただ、海外(特にインターネット環境の不安定な国)とやりとりしていると、途中で接続が切れてしまう場合があります。
これを自動的に復旧措置してくれるオプションが xcopy にはあります。

 /z 再起動可能モードで、ネットワークを介してコピー

というオプションです。

これを使うと、一時的にネットワークが不通になっても、復旧後続きから実行してくれるので、ネットワークの不安定な環境でもバックアップを気にせずに取ることができるようになります。

無線LANを使っている時も、構内を移動していると切れる時があるので、そういう意味で、常に /z オプションを付けて xcopy を使ってます。

■ファイルは削除しない


ここでご紹介した xcopy によるファイルのバックアップは、同名ファイルだと上書きされてしまいますが、オリジナルのフォルダでファイルを削除してしまってもバックアップフォルダにはファイルが残り続けます。

このおかげで、間違って削除してしまっても、バックアップにはからなず最新ファイルが残っているので、安心して削除ができます。
私はオリジナル(普段仕事で使う)フォルダのファイルは、もうアクセスしなくなったらどんどん削除してしまいます。

もし、「やっぱり必要」になったら、バックアップを探しに行けば残ってますので。
普段使うフォルダは、なるべくファイルを少なくしておけば、探すのに手間取りませんので、作業効率が上がりますよ。

■関連する記事

ClipBor

ご存知とは思いますが、世の中にはクリップボード拡張ツールなるものがあります。通常のWindowsのクリップボードは直前にコピーした情報しか保持できず、その前にコピーしたものはなくなってしまいます。私が、よくやる失敗がCTRL+Vを押してペーストしようとした時に、間違えて隣のCTRL+Cを押しちゃうこと。せっかくクリップボードに入れたのに、上書きしちゃう。そうすると、もう一度元のアプリに戻して、コピーのし直しです。このようなクリップボードの動きを拡張して、過去にコピーし..

enthumble再び

以前の記事でenthumbleというソフトを紹介しました。このソフトは、常駐して「無変換」キーとアルファベットキーを同時に押すことで、別のキーにすり替えてくれるソフトです。素の状態では、カーソルキーしか定義されていないのですが、定義ファイルで好き勝手にキーの変更ができます。これの改定をしましたので、ちょっと紹介します。Appキーキーボードを見るとわかるのですが、右クリックメニュー(コンテキストメニュー)を出す「カタカナ/ひらがな」キーの横にあるキーです。..

タスクの分割と自動化

やるべきことはタスクリストに書き出して、それをいつもメンテナンスしていると、「さて、次は何をしようか」と考える時間がなくなり、やるべきことを忘れることもなくなり、仕事をする上でストレスがなくなります。昔の仕事はシンプルだった。その仕事が終わっているのか、終わっていないならどれぐらい片利いたのか、だれが見てもすぐにわかった。そこに 100 本のネジが積まれていれば仕事は終わって..

フォルダの同期・バックアップ方法3:zcopyを使う

最近の Windows ではあまりなくなりましたが、以前の Windows では、突然ファイルが破損して、何日もかけて作ってきたファイルが一瞬にしてパア、なんてことがよくありました。また、Windows のせいだけではなく、誤操作や誤判断でファイルを消してしまう、なんてことも時々あります。人間だからミスはするさ…、フッ………などと言ってみても、内心は呆然。という時のために、バックアップを作るようにしてます。ただ、手動でバックアップをすると、手間でもあるし、つい忘れて..

行頭記号を一気に挿入する

メールに引用記号を付けながら、返信することがありますよね。たとえば、あれこれこれそれそれあれみたいな文章を引用すると、> あれこれ> これそれ> それあれってやるやつです。これって普段どうやって挿入してますか?まあ、1行や2行なら、引用元からコピペして、あとで、 ">" を手で追加しても、まあ大したことはありませんが、20行もやると嫌になります。プログラムを書いているときにも、複数行をまとめてコメントアウトしたり。エディタならたいて..

整理をしない整理の方法

仕事の効率化の基本は整理・整頓です。私は基本的にこれができていない人で仕事が出来るという人を見たことがありません。逆に言うと、整理・整頓ができてない人に対して仕事が出来る奴とは認めないというだけなのかもしれませんが。整理整頓には努力がいる何もせずにいつも片付いている人というのは、仕事自体がない場合にしか起きません。仕事なので、常時何かしらの情報(物理的なもの、電子的なものを含め)が入ってきて、それを別の形にして別の人にアウトプットします。こうして..

■同じテーマの記事

かな漢字変換のモードを間違えなくする方法

私のキー入力速度はだいたい1秒あたり4~5キー。ちょっと考えながらだと秒間 3キーくらいに落ちますが。で、よく失敗するのが日本語入力の入力モードを勘違いしてキー入力を始てしまうことです。たとえば、英語のメールを書くときに、メールの編集画面を開いてHello! ***って打つと、なんと日本語入力モード(ローマ字)になっていてへっぉ!って表示されちゃいます。まあ、焦らずに CTRL+O って押せばいいだけのことなのですが、間にリターンキーを押しちゃったり..