私は小学校の頃、跳び箱が不得意でした。
まぁ、運動自体が余り得意ではなかったので、その中の一つでもあったのですが、特に跳び箱の時間はイヤでした。

跳び箱の方に走って行くと、跳び箱にぶつかりそうな恐怖(おおげさですが)で足がすくんで、手前の踏み台で立ち止まってしまいます。
高学年になってから、先生に跳び箱の飛び方というのを教えてもらいました。曰く、

 「跳び箱の天面を両手を上から下に振り下ろして、思い切りたたけ」

というものでした。

そしたら飛べるようになったんですよ。あっさり。


■問題に集中してはいけない


最近、仕事で色々な人を指導したり、一緒にプロジェクトに取り組んだりするときに、気がついたことがあります。

問題があって、その解決策をうまく見いだせずに、右往左往する人は

 問題を何とかしようとしている

という傾向があるみたいです。


つまり、あるプロジェクトを完遂するためには、○○をやる必要があった時に、それをやるためには、今ある××という問題を解決しないといけないというシチュエーションがあると、なかなかうまく解決できない人は、「××という問題」を解決しようとしちゃうんですね。

そうすると、「××という問題の解決策」にたいして、それをやることで△△という不都合が生じる。△△という不都合があっても、この解決策を実施するためには、△△という不都合に手を打っておかないといけない。そのためには▲▲をやる必要がある。みたいに、対応策がどんどん複雑化しちゃうんですね。

でも実は、そのプロジェクトを完成させるための方法は1つではない。
いろんなやり方があります。

つまり、その最初の問題を起こさないようなやり方がある場合があります。

解決するのが大変な問題に出くわしたら、その問題が起きない別の活動をすればもしかしたらそっちが楽なのかもしれません。


■跳び箱を見ると飛べない


跳び箱のこちらに見えている面に集中してしまうと、壁に見えますが、飛び越す天板を見ると単なる板にしか見えません。もともと飛び越えることを目的にしているのだから、無関係の跳び箱の側面はどうでもいいわけです。

ただ、実際に問題にぶつかると、その問題を解決することに一生懸命になって、当初の目的を忘れてしまうわけです。目的に焦点を合わせていると、そのやり方は別にいまの問題を引き起こしているやり方でなくとも可能なわけです。

perlというプログラム言語を作成したラリー・ウォールという人が、プログラミング・Perlという本の中で、すごい一言を書いてます。

 There's More Than One Way To Do It(やり方はいくらでもある)

これを読んだ時に、「これだ!」と思いましたね。
実際 perl というプログラミング言語は、同じ命令でも全然違う書き方が出来るんですね。たとえば、文字を置換するのに

   tr/x/y/
   s/x/y/

など、それこそ何通りも記述方法があります。

実際の仕事の進め方でも、前提から考えれば、やり方は無限大にあります。コスト効果を別にすれば。
少なくとも、今起きている問題は、解決する必要がないやりかたもいくらでもあるわけです。

最近起きたトラブルなどを思い出してみてください。その時には、「この方法しか」と思えるかもしれませんが、冷静になってみると、他の手段はあったのではないでしょうか。

あるプロジェクトをするときにも、目的は1つでも、「やり方はいくらでもある」わけです。
そこに意識を持っていけるかというのが、プロジェクトリーダーの力量かもしれません。

■同じテーマの記事

バッチファイル・コマンドラインでゴミ箱に送るフリーソフトGB

バッチなどのコマンドラインで、ゴミ箱経由で削除するには GB.exe というツールを使うとゴミ箱を経由した削除ができるようになりますゴミ箱の効用と問題点エクスプローラなどで、ファイルを削除するとゴミ箱にファイルが入ります。これは誤って削除してしまったときや、あとになってやっぱり必要になった、などのときに地味に便利な機能なのですが、バッチファイルなどで自動化していると、この機能が使えません。Vector や市販ソフトなどで、削除してしまったファイルを復活さ..

言葉に出して言ってレまうと、平静になれる

よく、なにかの集まりで挨拶をするときに、「ちょっと緊張しています」と言ってから話し始める人がいますよね。以前は、そういうのを聴くと、「そりゃ緊張くらいするだろ。だからってそんな意味のないことを言われても…」と思ってましたが、実はこれ、心理学的には、気持ちを落ち着かせる効果があるのだそうです。そういえば、そういう人に限って、話し始めるとジョークを飛ばしたり、脱線したりする人が多かったような…緊張しているときには緊張し..

添付ファイルのパスワードをメールに書いてはいけない

メールに添付ファイルを付けるとき、パスワードで保護してますか?まあ、送信先を間違えて、相手にそれを見られたとしても困らないようなファイルはかまいませんが、イマドキ、インサイダー情報になりそうなものや個人情報に関するデータは、何らかの保護をしているというポーズも必要みたいですね。ポーズだけ?大抵「これってポーズだけ?」と思える原因が、パスワードは別メールにてと書いておいて、自分のメールに全員返信をつかってパスワード..

考えは伝えられない

「×××を日までにお願い」とお願いしたのに、できたものは全然期待とは別物。それも当日の夜になって出してきて…なんていう経験は仕事をしていれば、当たり前のようにあります。考えていることは伝わらない以前の記事コミュニケーションよりコンバージョンで書いたように、人間が考えていることは、他の人にはテレパシーでもない限り伝わりません。仕事の結果が出るまでには以下の様な..

原因を探さない

なにかにチャレンジをすれば、その目標自体を達成できたとしても、そこにはいろいろな反省点も出てくると思います。個人的にやったことなら別なのですが、チームでチャレンジすると、問題が発生した時に、「なぜ、こういうことになったんだ?」という質問をつい、したくなります。原因を追求は難しい品質改善手法で、「なぜなぜ分析」というものがあります。これは、問題点を見つけたら「なぜそうなったか」⇒「こういう必要があったから」というのを5回繰り返して、本当の原因にさかのぼり..

影響力の武器

今日はライバルにはあまり読ませたくない本の紹介。さまざまな交渉や営業活動、あるいは対人関係において、自分の望む答えを相手に言わせることができますか?結構難しいですよね。これをやってしまう力のことを「影響力」といいます。その影響力はどうやったら生まれるんでしょうか。よく周りを見渡してみると、「この人交渉上手だな」「この人が言うとみんな従うなぁ」と思わせる人がいると思います(もちろんその人の地位もあるでしょうけど)。その人たちと、どこがどう違うと、こうことごとくうまくいか..