「スマート」っていう言葉は日本語では2通りの意味がありますね。

 ・洗練されている
 ・スラリとして格好がいい

そこで、ちょっと人をけむにまくようなキャッチコピー。

 スマートにスマートな仕事をしよう!

■スマート仕事をする


こちらは、「スラリと格好いい」ほうのスマート。
つまり、余分なものがない仕事の仕方をしようというもの。

意識の問題なのですが、

 ・この作業は、いまのタスクの結果(目的)にどの程度の効果があるか

を作業に掛かる前に30秒だけ考えることにしてます。

たとえば、上司から「今月の品質情報をレポートして」と言われたら、時系列でまとめるのか不良分類でまとめるのか、あるいは、自社にあった返品をまとめるのか、ネットでの評判をまとめるのかなどいろいろな選択肢があります。「あとで文句を言われるくらいなら」とあらゆる情報をまとめようとすれば、すごく工数がかかります。

その時に、「何に使いますか?」「○○を××の軸で整理すればいいですか?」などとちょっと聞きさえすれば、仕事は簡単になります。
また、EXCELでグラフがあればいいのか、PowerPointで説明情報がほしいのかなども聞き出せるでしょう。

つまり、必要最小限の仕事だけをする、と。
どうすれば必要最小限になるのかについては、過去記事でも何度かふれてますので、ご参照ください。


■スマート仕事をする


こちらは、「楽をして、最短距離で仕事を進める」という仕事のプロセスのお話。つまり洗練されている仕事の進め方。

こちらも過去記事で書きましたが、私は基本「ものぐさ」なのでなるべく仕事をせずに済む方法をまず考えます。
方針は、苦労して楽をする(過去記事「怠け者http://sarahin.seesaa.net/article/278237202.html」)

たとえばPCで「情報を集める」という作業は、基本は手作業でやりません。「ひとつづつフォルダを探して…」みたいなことをせずに、ある特定のキーワードを含むファイルを関係しそうなフォルダを巡回してくれるような簡単なツールを作ります。
ツールをイチから作ると結構大変なのですが、ネットで落ちているツールを探してきて、それを自分用に自動化します。自動化には uwsc などのツールが便利。
こうして過去に作ったツールを再利用しながら、放置しておけば必要な情報が集まるようなツールを作るようにしてます。

やるべき仕事が作業の集合なら(そういう仕事は殆どありませんが)、過去に似たような仕事をした時の成果物一覧とその時に注意したことを記録してますので、それを今回用にカスタマイズして、作業を開始します。カスタマイズした資料はまた次の作業の時の資料になってくれます。

どうやって過去の情報を残しているかについても過去記事がありますので、ご参照ください。

 5項日誌(1)
 活動ノート
 タスクには結果を書く
………他にも多数

だいたい仕事は過去にやった仕事をちょっと形やネタを変えてやることが多いので、こうしておくと同じような仕事が来るたびにどんどん仕事が楽になっていきます。問題は、どこが過去のやった仕事と同じで、どこが今回独特のものなのかを分解して見分けることです。

■キャッチコピーは仕事のガイダンス


余談ですが、キャッチコピーを作っておくと、意外とそのキャッチコピーに反することをしようとした時などに思い出します。
これは、広告などで、いいキャッチコピーは購買時に影響を与える宣伝効果があるのと同じですね。

仕事の仕方を一言でちょっとおもしろく言い表す言葉があれば、キャッチコピーにしてみると、意外と自分のポリシーに成長してくれますよ。

ちなみに私は

 「大は小を兼ねる」
 「苦労して楽をする」
 「スマートにスマートな仕事をしよう!」

などいろいろ場面に応じてキャッチコピーがあったりします。

過去記事のタイトルになっているものも多いので、記事一覧を見てみてくださいな。

■同じテーマの記事

整理をしない整理の方法

仕事の効率化の基本は整理・整頓です。私は基本的にこれができていない人で仕事が出来るという人を見たことがありません。逆に言うと、整理・整頓ができてない人に対して仕事が出来る奴とは認めないというだけなのかもしれませんが。整理整頓には努力がいる何もせずにいつも片付いている人というのは、仕事自体がない場合にしか起きません。仕事なので、常時何かしらの情報(物理的なもの、電子的なものを含め)が入ってきて、それを別の形にして別の人にアウトプットします。こうして..

3つの習慣part2

今日は、3つの習慣の後半。前半の要約以前の記事で、知識→教養→見識(統合)という知性の進化の過程を書きました。じゃぁどうしたらそれができるようになるのかというと、私は以下のことをず~っとやってます。1.考える思考力2.まとめる要約力3.書き出す整理力これだけ。本日は、最後の「書き出す」ということと、それを習慣化するためのコツをご紹介します。書き出す最後にやらないといけないのが、この「書く」という作業。どんなに頭のなかで整理で..

マニュアルを熟読する

携帯電話やパソコン、ビデオレコーダ、テレビをお持ちですよね?そのマニュアル(取扱説明書)って、読んだことありますか?最近は、ビデオレコーダやパソコンでも非常に多機能で、非常に多くのことが単体でもできるし、他の機器を繋ぐと、さらに高度なことができるようになってます。でも、テレビなんて、単に電源を入れてチャンネルを選ぶだけ、なんていう状態になってませんか。パソコンにも、その機種固有のあるいはOSでいろんな便利な機能が最初から搭載されています。これを使うと、意外と効果のある..

スケジューラ日誌

以前の記事で何度か日誌のススメをしてきましたが、今日はその日誌をどこにおいておくかの方法について紹介します。日誌はスケジューラに書く日誌を書く場合、私はテキストエディタを使って書きます。今日あった出来事、会議の議事録、ちょっと感じたこと…etcところがこういった物は、日付・時間と結びついていることが多くて、去年の今頃やったんだけどなぁ…といって、過去のテキストファイルを探しまわることが少なからずありました。やった日付というのは正確には記憶になくても、お..

図解とは位置・配置に情報を盛り込むこと

よく「図解」という言葉が使われますが、どうもこの意味を誤解していて、きれいなピクトグラムや挿絵を使って、ひと目で意図がわかるようなものを想像される方が多いようなのですが、こういう定義を「図解」に与えてしまうと、私のようなイメージ貧困なボンクラにはハードルが非常に高くなってしまいます。過去記事でも、「文字とマル、線と矢印だけで十分図解だ」などと書いてましたが、実際、絵を描くことと図解そのものには乖離があります。図解と..

手書きメモの効用

毎日、1ページはノートに何かを書くことにしています。ノートであって、メモではありません。わたしの知る範囲だと(物理的な)ノートにメモを書いている人が多いですが、私の場合ノートとメモは別物です。ノートはあるテーマに沿って、それについて考えたこと、思いつくことなどを書き出し、いわゆる「ゲシュタルト」を作る作業スペースです。メモは、覚えておきたいこと、大事なことを記憶しておくためのスペースです。これらは全く別物。物理的にも..