このブログのような仕事術関連の記事や書籍を読む方が興味が有るのは

 ・仕事の進め方の効率化
 ・生産性の向上

みたいなキーワードでしょうか?

■立ち止まって考える


まあ、しょっちゅう考えてると、動けなくなっちゃいますので、たまにはにしておいて欲しいですが、「効率化は本当に必要だろうか?」ということも立ち止まって考えてみることも必要です。

現実問題、ドラッカーの言う「知識労働者」の生産性はピンからキリまで見ると10倍ではきかないくらい違います。だから、ピンを目指して効率化をしようとするのでしょうけど、その結果、上司からさらに仕事を詰められたりしてはたまりません。もちろん、それで給料を増やしてくれるならまだしも、給料そのまま仕事は2倍とかいわれても、ちょっとですよね。

もちろん、実力が伴わないうちは、しゃかりきになって効率化したり、生産性を上げたりしないといけないですが、10~20年選手にもなって、効率化がその人の主要なテーマというのは、ちょっと残念かも。


■効率化は手段のひとつ


効率化というのは、今ある仕事があって、以前にも同様な仕事をやった経験があるときに、以前よりも短い時間でやれるようになったり、投入するエネルギーが少なくて済むようにすることです。

つまり、

 効率=成果÷投下エネルギー

で成果を一定とした時に、効率を高くするためには、エネルギーを小さくするしかありません。

こんな単純なことをやっているだけです。

なぜこんなことをするのかというと、より大きな仕事に取り組むためです。

その大きな仕事がないのに、一生懸命効率化しても、人間個人の持っているエネルギー量は一定値はあるので、行き場のないエネルギーが残るだけです。

イメージで言うと、木の箱(これがあなたの持つ全エネルギー)に服が入っていて、それがいっぱいになっている。この服を圧縮袋にいれて圧縮すれば、新しい服を買っても入れるスペースができるわけです。新しい服を買わないのなら頑張って圧縮しても隙間が出来るだけですね。

■仕事がないときにはのんびりやる


もし、1日、1週間でやる仕事が対してない時には、のんびりやる、つまり、普段1時間でできることを4時間かけてやってみると、新しい発見があります。

もし、1時間で済ませてしまって、定時前に帰ってしまってもだれも評価はしてくれませんし、行くところもないので、パチンコでもして時間とお金を浪費するだけの事になってしまいます。

たまには立ち止まって考えてみると、ちょっとあしたからのモチベーションになるかも、です。

■余談


全くの余談ですが、「効率化」という言葉はいつも違和感を感じたりします。

「○○化」というのは、「○○に変化させる」という意味だと思うのですが、「効率」という言葉は、上で書いたように、それ自体は単なる比率です。つまり、「効率化」をそのままの意味で捉えようとすると、「効率に変化させる」……。とっても変。

これが「有効」なら「有効化」というのは意味がありそうですが、「効率に変化する」ってどういう意味よ? ……と。
だったら、たとえば「生産性化」みたいなのもアリかというと、そんな言葉は使われてるのを見たことがない。

「効率改善」とかならわかるのですがね。でも、まあ、一般に「効率化」という言葉が、「効率を良くする」という意味に使われているみたいなので、しょーもないことに突っ込むのはやめてますが。

余談でした。

■同じテーマの記事

成果が倍になるコマ割り時間術

スケジュールを考えるときに1時間単位とかで考えてません?もしそうなら、これを30分単位にするだけであなたの能率や成果は倍にできますよ。打ち合わせ時間打ち合わせって、基本的な流れはこんなふうです。・前回までの宿題の確認・今回の打ち合わせ内容の確認・本題・まとめ、ラップアップようは、多くの人はこの打ち合わせのテーマに関わることばかりをやっているわけではないので、アタマをこのテーマに切り替える時間が必要なんですよ..

マルチモニタを複数のPCで共有するマルチシステム

モニタは正面にあったほうが使いやすいですね。肩がこらないし。ただ、複数台のPCを使っているとどうしてもモニタを見るのに斜め横を見ないとできません。これを改善するには、1台のモニタですべてのPCをサポートすればいいです。すぐに考えつくのは、モニタ切替器。まあ、まっとうな方法です。ただ、切替器にはお金がいりますし、結構高い。そのうえ、ケーブルと分配器が必要なので、机の上がごちゃごちゃします。次の方法は、モニタの入力を分けること。たとえば、アナログRGB入力とH..

あなたの前提が違っている

私は、この記事で私の知っている範囲ではというフレーズを時々使います。割と意識して。その前提が間違ってますiPhone6 が発売された時に U2 というロックバンドが無料でバンドルされていたそうですね。iPhone6 には興味がなかったので知らなかったのですが、"iPhone6 U2"で Google に入力してみると、次に出てくる予測単語はなんと "削除"。あらまぁ、みんないらなかったのね。おそらく、iPhone6 のマーケティング担当者からすれば..

キーボードでマウスを移動させる(AutoHotKey)

以前にも何度かこのブログで触れてますが、キーボードで操作しているときに、マウスに持ち替えると効率が下がります。ひとつには、手の移動、もうひとつは手をキーボードに戻すときにホームポジションをもう一度探さないといけないこと。さらに、マウスは PC を操作するのは一瞬(機能しているのはクリックしたときだけであとは単なる無意味な移動)ですね。移動のムダよく、トヨタ式ムダ取りで、「移動のムダ」というのが言われます。モノを作るのにおいて、移動させているというのは、な..

通勤どこでも仕事術:平積みにしておくと読書モチベーションが復活する

ちょっとした読書量を増やすためのハックをご紹介します。読書通勤を習慣化する仕組みづくり毎日一冊は本を読んでいますが、実は通勤中に本を読むことをしなかった時期は、ほとんど本を読むこともありませんでした。月一冊も読めば良いほうだったと思います。そう考えると、ほとんどの本を通勤中に読んでいるわけです。私の読書の習慣が続いている秘訣をここでご紹介します。まず、複数..

努力と成果は比例しない。その2

昨日は、パレートの法則というのをご紹介しました。一言でいえば成果の8割は、あなたの努力の2割から生み出されているというものでした。じゃぁ、今までの2割しか仕事をしなくていいかというと、そういう問題でもないのが難しいところ。今の成果は確かに、2割分の仕事の結果で生み出されているけど、将来の成果は残りの8割の中にあるかもしれない。だから、残り8割もやめるわけにも行かない。となってしまいます。成果に焦点を当てるただ、よくよく考えて見れば、大した成果もでそう..