会社でいろんな人のメモの取り方を見ていると、7割近くがA4のノート(事務用品として常にストックが有る)に取る人、2割が小さなメモ帳(大きめな付箋も含む)に取る人、残りがその他の方法でやっている人という感じでしょうか。あなたの周囲はどうでしょう?

■メリットとデメリット


ノートにメモ取る人のメリットは、書く面積が広いことでしょう。
私も以前はノート派だったのですが、書く面積が広いと、大きな文字で書きなぐったり、2つの発言などの相関を線でつないだりして図解できることと、全部つながっているので、メモが亡くならないことでしょうか。

逆にデメリットは、かさばって「いつでもどこでも」というわけには行かないことですね。
もう一つのデメリットが、時系列でないと読めないことです。
つまり、ページ順が固定されてしまっているので、複数のページにわかれたメモをまとめてみることはできません。

逆にメモ帳のメリットは、小さいのでどこにでも持ち歩ける。必要なときにすぐ取り出せるというところでしょう。
私の場合、メモ帳が簡単にちぎれるようになっているので、1枚1枚がばらばらになる代わりに、複数のメモをつなげて見ることができます。


■ノートのメモの最大の弱点


ノートにメモをとる場合の最大の弱点は、ここにあります。

つまり、ひとつの話題が、時系列的に連続していない場合、これをカタマリとしてみることができないんです。
この対策として、ある本には

 メモをとるときは、後で追記できるように空白を多くいれること

というコツが書いてありました。しかし、この後どのくらいその話がされるのかわからないのに、適切に空白をあけることなんてできません。
余裕が有るようにと考えれば、1件一葉(ページ)で書けば、あっという間にノートなんてなくなってしまいます。

一時間程度の会議であっても、問題は同じです。話題があっちに行ったりこっちに行ったりすれば、整理してメモをとるなんて言うのは無理です。

ですので、過去の記事でも何度か触れていますが、

 メモは整理してとろうとしてはいけない

という結論に達しています。

時系列に流れていく時間を追いかけるためには、その流れのままメモをとるのが大切なのです。
逆に思考を整理するためには、時系列を無視して、「情報を収集する」という作業が必要なので、分散した情報を一箇所にまとめることができるノートのほうが便利なわけです。

毎日ひとつのプロジェクトがちょっとずつ進んでいくことなんてありえません。
いろんなプロジェクトが大きく進展したり、トラブって逆戻りしたりしながら日々仕事をしているのに、プロジェクトの経緯をリアルタイムにまとめることなんて不可能です。何かを考えるにしても、思考はあちこちに飛びます。それを順序が操作できないノートにまとめようとすること自体が無謀だと考えています。

■メモ帳をデジタル化する


デジタル化するときも全く同じ。

情報を捉える作業をするときには、「素早く」「簡単に」「あるがまま」捉えられるツールがいいです。

 メモ帳アプリも使う

でご紹介したスマホのツールなどを使って、殴り書きでどんどん記録できるようにしましょう。A6のリングノートも相変わらず愛用してます。

ポイントは、

 ・1件一葉で書いて、かき捨てても惜しくない程度のコストであること
 ・即座に書き始められること
 ・書く作業にストレスがないこと

です。そういう意味で、スマホやタブレットの手書きメモ帳アプリはやたら便利なわけですね。

■ノートをデジタル化する


情報を整理するときには、これらを机(PCのデスクトップでも)に広げつつ、ノート(電子情報なら、EvernoteやOneNote)に関連情報とセットにしながらまとめましょう。

ここで、デジタル(電子情報)のノートのメリットは、大きさに物理的な制約がないことです。
つまり、書くことがあるだけ無限大に1ページを広げられます。物理的なノートならそうは行きません。MAXでもA3がいいとこでしょう。

ノートのポイントは

 ・1つの見開きで多くの情報が載せられること
 ・相関関係や依存関係が表現できること(図解)
 ・多数の色を使って、豊かな表現ができること
 ・繰り返し追加削除がし易いこと

です。

実際以前ご紹介したように、Evernote や OneNote、MaindMap などのツールが、最近の私の主な記録媒体になってます。
もちろん、手書きも使っています。やっぱり、絵を書くのは紙とペンが一番直感的なので。

ただ、最終的にはそれをスキャンして、OneNote に貼り付けて、その後の追記などはそこにやるようになったので、最近は紙のノートの消費量がすごく少なくなりました。1ヶ月に10ページも使いません。以前は1~2ヶ月でノート(80枚)をを使いきっていたので、激減といっていいかと。

■同じテーマの記事

移動時間の計画

会議が連続してある。13:00~14:00会議第4会議室14:00~15:00××会議本社会議室2こんな予定が書かれたスケジュール帳に心当たりがありませんか?第4会議室から本社会議室2までは歩いて5分。その上、会議は5分くらいオーバーした。しかしながら、会議も重要なので、ちゃんと結論を出して、関係者の宿題を明確化する必要があるけど、××会議は重役との打合せで遅れていくわけにも行かない。等となると、目も当てられません。13..

行動しながら記録する

日誌、書いてますか?私の場合、全然書かない日が続いたり、きちっと記録がとれている日が続いたりと結構波があります。この中でとくに調子よく、詳細な記録がとれている時期を考えてみるとひとつの特性がありました。それがこのコツ。やっている時に記録する「は?それだけ?」と思われるかもしれませんが、意外とこれが大きいのですよ。「思い出す」コストと「記録する」コスト以前の記事でも何度かふれてますが、人間の記憶は1時間も経てば曖昧になります。私のような、記憶力がないこ..

時間を測定する

過去記事でも紹介してますが、ドラッカーや様々な時間術の紹介でかならず必須と言われるのが、自分の時間の使い方を記録することです。ところが、これをやってみると、つけ忘れたり、適当に記入したりして、本当に精度は上がりません。昨日、レポートを書くのに、何時間かかったかなんて正確に覚えてはいませんし、見積もりに合わせたいという意志も働くので、多すぎるか少なくすぎるかのどちらかです。割り込みがはいって一時中断しようものなら、もはや記録した時..

文章のコツ2:接続詞の7つのパターン1

どうも日本語というのは、母国語で話し慣れているので、あまり意識しなくてもそれなりの文章が話せたり、書けたりします。ところがちゃんと勉強してみると、以外に知らないことが少なくありません。ちょっとだけわかりやすい文章を書くためのコツのひとつ、「接続詞」について考えてみたいと思います。当然ながら、文章というのは複数の文で成り立っており、少し細かく見ると、文と文がつながって出来上がっています。そこで文と文とをつなぐもの、それが「接続詞」です。この接続詞を正しく使えると、論理的..

システム手帳は使わない

あなたはシステム手帳をお持ちでしょうか?システム手帳って、あのリフィルで、ちょっと革のカバーが付いてて、スケジュールやらメモやらが書けるアレです。活用してますか?私は使ってません。以前の記事で書いたように普通のキャンパスノートを加工して使ってます。さすがに他の会社の人との打ち合わせの時には、普段使ってないちょっと見た目のいいノートを持っていきますが、実はこの加工したマイノートのほうが使いやすかったりします。システム手帳は使ってはいけないシステム手帳のメリ..

やる気が湧いてくるかも「一流たちの金言」

普通のサラリーマンではなし得ないようなことをした人が一流になります。もちろん、会社が二流でも、世界的に認められた一流はいます。一流になれないのは会社のせいではなくて、自分のせいです。一流と言われる人たちは、当然ながら行動においても実績においても他の人より抜きん出ていなければいけません。全員が同じことができたら、その人は一流とは呼ばれないわけで、あくまでも相対的なものです。絶対的な評価基準はありません。どこに差があるか..