■面接の質問


過去に色々な中途採用面接や、昇進・昇格面接をしてきました。また逆にそうなるまでには、何回も自分が面接を受ける側になってきたわけです。
その中で、「これはナイス!」と思った質問があります。

 ・最近のニュースで気にしていることってありますか?
 ・休みの日はどのように過ごしていますか?
 ・仕事上の悩みを解決するのにどんなことをしてますか?
 ・人間関係で苦しかったことはありますか?
 ・お酒はお好きですか?
 ・最近読んだ本で印象に残っているものはありますか?
 ・仕事上で失敗をしたことがありますか?
 ・人を動かすあなたなりのコツを教え下さい

 ・外国の人と一緒に仕事をしたことがありますか?
 ・長期休暇がとれたとしたら何をしますか?
 ・あなたがもし面接官だとして、あなたは合格ですか?
 ・当社が新しい事業に挑戦するとしたらどんな事業がいいと思いますか?

どれも、結構深い意味で相手の能力をはかる質問なのですが、全部解説していると、長くなっちゃうので、一つだけ。

■「仕事上で失敗をしたことがありますか?」


これは失敗自体はどんなことでも構いません。
3つのことを聞いています。

 ・どのようにリカバリしたか
 ・どのような学習をしたか
 ・その学習をその後にどう活かしたか


■失敗のリカバリ


失敗ですので、どうにかしてその失敗をプロジェクトや仕事の結果に影響がないようにしないといけません。
もちろん、失敗はしないに越したことはありませんが、仕事をしていて「失敗したことはありません」などと答えようものなら、「チャレンジしたことがありません」と言っているのと同じです。

世の中の本には「失敗というものは存在しない」という本もありますが、それはある流れの中において、「○○○ということをやれば、それは試行錯誤の一部」とかいう単なる「象徴的な言葉」に過ぎず、この質問ではそういうことを聞いているわけではないので、そんな言い方はまずいわけです。

で、実際に失敗をした時に、まず最初にやらなければならないのは、それがプロジェクトや仕事の結果に影響しないようにする「行動」。

これを述べるときには、
 ・関係者にどのように連絡をして
 ・関係者にどのような協力を仰いで
 ・どのように元の形に戻したのか
を述べると好印象です。

「一人で頑張って徹夜しました」みたいに、個人でなにもかもクローズしたかのように回答すると、あまり好印象はありません。仕事というのは、一人でやっているものではないからです。どれだけ関係者を巻き込んだ活動ができるかが、その人の仕事をする力をはかることができます。特に、自分が原因の問題の時に、関係者が積極的に協力してくれる人は、どんな仕事を任せても、どのようなシチュエーションになっても、チームとしていい結果を出せる可能性が高いです。

■失敗から学ぶ


事実として、失敗をしたのですから当然再発防止が必要です。
それは、失敗からどのようなことがわかり、自分の教訓として、どのようなことを頭に刻み込んでいるかを確認します。

しかしながら、ここで安易に答えを出す人が少なくありません。

例えば、「資料を持っていくのを忘れて出張に出てしまった」というような場合にあなたならどうするでしょうか?

 ◆チェックリストを作る◆

みたいな答えなら、入社2年未満の人なら、まぁ合格。
それ以上なら不合格です。その程度は当たり前ですから。

なぜ資料を忘れたのかを深堀りせずに、忘れた事自体にフォーカスしているからです。

ひとつの解答例としてですが、

★――――――――――――――――――――――――――
 本来の仕事をする上で必要なのは、事前の頭のなかのシミュレーション。つまり、そういった事前のストーリーづくりをしていない、あるいは曖昧なので、必要な物がでてこない。たとえば、

  未来予測ノート
  http://sarahin.seesaa.net/article/244433324.html

 で紹介したように、予め議事録を用意したり、そこでどのようなものを使ってどのような話をするのかをちゃんと考えていれば、その場で必要な物を忘れることがありません。
 その「事前シミュレーションが不足していた」ので、忘れ物に気が付かなかったというのがひとつの気付きというか課題としてあげられるわけです。

 ですので、以後は、ノートに議事の予定を書き出して、その横に『必要なもの』の欄を作って書きだすようにして、離席前にいちどそれを眺めて流れを確認するようにしました。
――――――――――――――――――――――――――★


というのが、学びとそのアクションです。

例えば「忘れた原因」が、「別のことに気を取られていた」とすれば、そういった別のことを気にしながら、出張準備をしないためには、どのようにすればいいかを考えて、対策を打つことです。

■二度と失敗しない


そして、最後に一番大事なのが、失敗をした反省を「その後の行動にどう活かしているか」です。

反省ならサルでもできます
二度と起きないように考えたのなら、二度と起きなかったという結果が必要です。

さらに、その反省をより活かして、その後似たような問題を発生させていないというところまでのべられたら、ほぼベスト。

たとえば、上記の「出張時に資料を忘れた」問題であれば、

★――――――――――――――――――――――――――
 議事録が事前に作れるようになったので、自分が主催する打合せ時間がスムーズになり、半分程度に短縮されました
――――――――――――――――――――――――――★


くらいまで言えれば素晴らしいでしょうね。

さらに、課長・係長クラスになろうとするレベルの人なら、「部門やチームに浸透させた」という部下や関係者への影響力に言及すれば、まず合格できます。

■その他の質問


その他の質問も基本的な考え方は同じです。

 それについて何を学んだか
 それをその後の行動にどう活かしているか

が説明できればいいセンに行きます。満点は人(面接官)それぞれかもしれませんが。

こちらもまたそのうち、書くかもしれません。

■余談:サルでも反省する


これは猿回しの曲芸師である村崎太郎氏と、そのサルである次郎君の持ち芸の中に「反省のポーズ」があり、それが流行語となったのに起因しています(たぶん20年位前…)

次郎君の反省のポーズを Youtube で見つけたのでご紹介しておきます。
 https://www.youtube.com/watch?v=fq3viKA7Cuo

■関連する記事

面接練習をする

私が上司として部下を昇進・昇格面接に推薦した時には、「面接練習」なるものをやるようになりました。大体の中途面接の場合、親切な人財紹介会社なら、一度は面接の模擬練習をしてくれるそうです(伝聞なので確かではないです)。ただし、人材紹介会社も相応に忙しいので、十分なフォローをしてくれるわけでもない。ただ、少なくとも私の場合は、推薦した以上は、合格して欲しいですし、あまり不合格が続くと、私の推薦能力にも「?」がついちゃうので、結構徹底的に練習をしてもらってます。..

中途面接の印象を良くするコツ:動くな!

以下の本『転職面接必勝法』で、「おお、なるほど!」という部分がありましたので、ご紹介します。動くな!面接官が話している時は、最初から最後まで、一字一句もらさず記憶するくらい、集中して聞いてください。一生懸命聞いて、理解しようとする姿勢を見せるだけで、面接官の心証はずいぶん良くなるはずです。面接ではとかく自分のことを話す機会が多いので、意識が薄れがちですが、対話の..

自分ならこうする

本題は、部長としての自分と次のステップへの言行録作りである。仕事をしていて他の部長の発言や行動が気になったら、自分ならこうするということを書き記す。経営者に対しても同様であり、特に自分と違った観点からの発言は残しておきたい。本や雑誌で気になった言葉や考え方を記録する。私の場合は宣伝コピーももちろん含む。川崎和則(著) 『部長のルール』..

Google式!究極のスピード仕事術「SPLINT」のキーポイント

Googleの仕事術といえば、「20%ルール」など有名なものが多数あります。私の知っている中で一部紹介しますと、・20%ルール・メールはモバイルで送る・会議の前にチャットする・カフェスペースを歩き回る・「引きこもり」をするなどなど。Google の仕事のルール上記に書いたもの、単語だけではわからないと思いますので、ちょっと説明を追加。・20%ルール本来の仕事とは別に仕事時間の20%をなにかおもしろいもの..

成長を加速する報告書の技術

まだ駆け出しの頃、上司によく「出来事をぼんやり見るな!」と怒られました。自分としてはぼんやり見ているつもりはなかったので、ちょっと「ムッ」としたりしたのですが、今思うと汗顔の至りですね。せっかく学習の機会があるのに、その機会を「ぼんやり」見過ごしている事が多いんですよ。意外と。多分ですが、同じ年月生きてきたにもかかわらず、成長速度やその達成度が異なるのは、この「ぼんやり度」が違うからなような気がします。観察するに..

転職面接の質問にはこう答える!のヒント集

書類審査は通るけど、面接審査で落とされる、という話はチマタには多いようですし、ウチの会社も合格率はあまり高くないように思います。自分の実力がない?見当違いの会社を受けている?相手がイジワルな面接官だった?どれも少しずつ当てはまるかもしれません。しかし、筆者のこれまでの経験をべースだと、面接で失敗する理由は面接のポイント(面接官の意図)がわかっていないために、面接官の質問に対して「期待ハズレの答えと反応」をしているのだそうです。..

■同じテーマの記事

サインに気をつける(話半分、観察半分)

こちらの意見を言ったり、何かの提案をしている時は、どうしても話すことに集中してしまいがちです。一生懸命説明することは、ある意味重要なのですが、もともと誰かに何かを話すというのは、その内容を相手に納得してもらったり、何かの行動を促すための「コミュニケーション」であったはずが、うまく話すために、話が一方的だったり、相手の存在が希薄になってしまうのは本末転倒ですね。話半分、観察半分わたしも後で反省することが多いですが、な..