仕事にはミスや失敗がつきものです。

「ミスも失敗もしたことがない」という人がもしいるならば、きっと超人なのでしょう。
こんな記事を読む必要はありません。


■ミスは当然


ミスや失敗はあって当たり前です。

大切なことは、ミスや失敗をしたあとの行動なのです。まわりがミスや失敗に気づかないうちにさっさとリカバーしてしまえば、ミスも失敗も「なかった」ことと同じです。

それなのに、たいていは、ミスや失敗をすると、とことん落ち込んでしまったり、中にはそのミスや失敗を隠蔽したり、パニックになったりして「二次災害」を引き起こしてしまうケースも少なくありません。

ミスや失敗をすれば、「しまった!!」と思うし、それによって緊張します。

 なんとかしなくちゃ

これはミスや失敗が人間にとって命取りだった頃の名残だそうです。

しかし、その人の真価は、「ミスや失敗のあと」にどういう行動をするかでわかります。


■ミスのあとの行動


では、仕事ができる人はミスや失敗をしたときに、どう対処しているのでしょうか。

 「大火事にならないよう小火(ボヤ)のうちに消せ

これに尽きます。

小さなミスや失敗をきっかけにして大きなミスや失敗へと傷口が深くならないように、傷口が浅いうちにきっちり止血することが大切なのです。

そのために大切なことは「隠蔽しない」「反省しすぎない」ということです。

◆隠蔽してはいけない


「隠蔽」するのは言語道断ですですね。

隠ぺいするためには何らかの嘘をつかないといけなくなります。嘘をつくと、事実との辻褄が合わなくなります。つじつまを合わせるためにさらに嘘をつく必要が出てきます。

結果、隠蔽し通せるなら努力のかいはありますが、バレた時には、あなたは「嘘つき」になれます。

第一、隠蔽しようとする努力は、あなたの成長にとって何も効果がありません。
つまり、

 無駄な努力

でしかありません。

しかし、だからと言って、「ふれて回れ」という訳ではありません。隠すための努力をしないということです。

◆反省しすぎてはいけない


他の記事で、日誌などをおすすめしてます。

ここには、自分の失敗や課題を書くことが重要とも書いてます。

しかし、「反省」という項目はありません。

無論、「反省」するのは大事ですが、いまは反省している場合ではありません。

 リカバーに全力を尽くす

これがもっとも優先してやるべきことです。

自分一人では対処できそうもなければ、上司や先輩、同僚に事情を話してチームで対処して解決する。

反省はあとでいくらでもすればいいのです。

ミスや失敗は最初に解決しなければならないトラブルです。優先順位の筆頭は、このトラブルをリカバーすることです。

こんな当たり前のことをわざわざ指摘しなければならないのは、ミスや失敗をすると反省して、落ち込んでしまい、当事者にもかかわらず、リカバーのための「戦力」にならなくなってしまうことが少なくないからです。

当事者としてミスや失敗をリカバーするために最も働かなければならないのに、使い物にならないようでは話になりません。

■心のスイッチ


仕事ができる人は「心のスイッチ」を切り替える達人です。
ミスや失敗でめげるのは「一瞬」です。少なくとも表面上は。

そして、これからの仕事で必ず取り返してやると「覚悟」を決めることです。
こぼしてしまった牛乳はコップには戻りません。過去は過去。それ以上でもそれ以下でもありません。
もう戻らないことにクヨクヨしたって何も生まれません。

スイッチを未来に向けて切り替えましょう。

しかし、そうはいえ、やっぱり大失敗をした瞬間などは、心に残ります。
夜、寝ようとしてフラッシュバックすることも少なくありません。

でも、表面上は、未来に向けて、「どうするのか」を考えましょう。
自分を責めても、何も変わらないのだらか。

■言ってはいけないセリフ


あなたがもし、誰かを指導・教育する担当だったり、管理職だったりしたら、こんなセリフを言ってはいけません。

 「こんなくだらないミスをどうして起こしたのか?」
 「こんなこともできないなんて」

これは、結果を責めるばかりで、この失敗をどうリカバーするか、次にどう活かすかの視点がありません。
単に、失敗したことに対する傷口に塩を塗ってるだけですね。

■同じテーマの記事

タスクの多重管理

仕事は多次元あなたは仕事の管理をどうやってやっているでしょうか?GTD(Getting Things Done)などの「仕事」や「やるべきこと」の管理ルールはあるものの、実際にタスクを作ってみると「管理するのはは難しい」と感じてました。ちょっと用語が難しいので、以下、GTDの規則に従って複数の活動をまとめたもの=プロジェクト1回の作業で終わるもの=タスクと呼ぶことにします。例えば、新規事業を起こすというプロジェクトがあったとします。こ..

どう思われたいか

あなたは人からどのような評価を受けたいでしょうか?仕事が速い人仕事が正確な人明るくて一緒にいて楽しい人こんな感じでしょうか?期待に答える多くの商品は、「何を開発するか」ではなく「なんだったら売れるか」で開発されます。ちょっと古いですが、大ヒットした任天堂のファミコンは、技術者からみれば、ちゃちなものの塊です。でもその当時群雄割拠状態だった家庭用ゲーム機市場を完全に制覇してしまいました。大切だったのは、「どんなすごい技術が使われているか」ではなく、「..

時間を買う

特急券・座席指定券大阪から東京まで移動することがあったとして、あなたはどんな手段を使うでしょうか?新幹線(のぞみ指定席)\14,050新幹線(ひかり指定席)\13,220新幹線(こだま指定席)\13,220新幹線(自由席)\12,710夜行バス\ 9,800~\ 5,000格安航空券\ 9,880~\10,800青春18きっぷ\ 4,260ちょっと調べてみたところ、こんな感じ。それなら安いほうが..

討論・議論・対話

打ち合わせの種類よく打ち合わせをしていて、白熱してしまって、もともとどういう結論を出したかったのか忘れちゃうという失敗をして、日誌に「あ~。今日やってしまった。議論を効果的に進められなかった」などと反省を書くのですが、またすぐ忘れて、論点の枝葉のところで白熱してしまう。ということで、今日はなるべく意識している打ち合わせの3種類について整理してみたいと思います。ただし、国語辞典などで引くと、これらには余り意味の差はないようです。つまり、以下は私が勝手に決めている定義な..

スケジュールを見なおしてはいけない

電車の中で、ビジネスマンが手帖を開いてスケジュールをチェックしているのを見かける時があります。そういう姿を見るとつい、「残念~」と思ってしまいます。もちろん、何も言いませんが (^^;。メールを2度処理してはいけない以前メールの処理・実行について、下のような記事を書きました。メールを2度処理してはいけない簡単に要約すると、メールには・情報を伝達する・アクションを起こさせるという2つの目的・機能があります。メールを見たとに、この「次の..

確証のワナ

「確証のワナ」というのは、以下の本に紹介されている言い回しです。わたしたちはみんな、世の中の流れや自分の将来、今後の経済の状況、投資先の発展、仕事の成功など、あらゆることを推測しなければならない環境に置かれている。予想せずに生活することはできない。だが、その予想があいまいであればあるほど、「確証のワナ」の影響を強く受ける。「人間はもっとも優れた生物だ」と考えて..