同じ話をしても、相手が受け入れてくれる場合と、そうでない場合があります。

これには、

 ・話をした時の(相手や環境)の状況・雰囲気
 ・話をした人の影響力
 ・話をした人の話し方

の三つの要素があって、話の内容が同じであっても、これらが違えば結果は変わってきます。

本日は、交渉、説得で考慮すべき、話し方の要素について、本『話し方のルール』からご紹介。


■話し方の要素


★P18〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●好印象な話し方とはどんな話し方?

二つの要素から説明します

1.心の要素
 相手に対して好意的な感情を持っているか。
 つまり、思いやって話をしているかということです。

 考えが先走っていないか、ついて来てもらっているか、疑問は持っていないだろうか、自分の行為は一方的ではないだろうか、しっかり理解をしてもらっているだろうか、など心のなかで自問自答しながら会話を進めていくこと。

2.声を中心とする「物理的要素」
 声の大きさ、話す速さ、声の質、もう少し広げると、声に対する感情移入、抑揚、好感を呼ぶ表情。
 もっと広げると、自然な身振り・手振り、正しい姿勢、清潔で受け入れられる身だしなみと服装などがあります。

高津和彦(著) 『話し方のルール
―――――――――――――――――――――★


相手を説得する話し方というのは、簡単に言ってしまえば、

 相手に対する思いやり
 バーバル、ノンバーバルの使い方

で決まってくるということです。
※当然、話す内容やストーリー構成は別の話で。

過去のサラヒン~サラリーマンの仕事のヒントの記事でも、「物理的要素」については

 ・小さな声で言う
 ・抑揚をつける
 ・低い声で話す

などのいろいろなテクニックをご紹介しましたので、そちらを読んでください。



■「心の要素」とは


「思いやり」などというと、抽象的すぎてさっぱりわからないですが、単純に行ってしまえば、相手に聞く準備ができているか、乗ってきているか、理解できているかをさり気なく確認しながら、進めるということです。

実は殆どの人にはこの能力は生まれながらに備わっていて、それを子供の頃から磨いてます。
ただ違いは、それを大事な場面で、自分の話したいことによりも優先的に使えるかどうか、の違いに過ぎません。

殆どの人は、事前に準備したカンペやそのとき「自分が話したいこと」を優先してしまいます。
なにか話そうと思ったら、相手に聞く準備ができているかどうかを、相手の様子をよく観察してから、話を始めましょう。



■参考図書 『話し方のルール





立ち読みできます立ち読み可
人前で話すと緊張し、声が震えてしまう・・・。
恥ずかしくて人の顔を見て話せない・・・。
異性に話しかけても、会話が広がらない・・・。

話し下手だなぁと自認している人は、話すことに関しての恐怖感を抱いている。その恐怖感を取り除くには、「話し上手になるための考え方」を学ぶことをお勧めする。この考え方を軸に、コミュニケーションのとり方やトレーニング方法を解説する。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

話し方のルール
著者 :高津和彦

話し方のルール
検索 :最安値検索

話し方のルール
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 会話のトレーニングをする
 人を動かす:相手の話を聞くときには手を止めなさい
 会話の技術:話が盛り下がっても頓着しない
 話し上手より聞き上手
 人を動かす:人を説得する原則6:しゃべらせる
 命をかけるに値するかを考えて議論に持ち込む
 人を動かす:人を説得する原則3:自分の誤りをただちにこころよく認める
 人を動かす:「イエス」と答えられる問題を選ぶ
 人を動かす:1ガロンの苦汁よりも1滴のはちみつのほうが多くの蝿が取れる
 人を動かす:人を説得する原則2:相手の意見に敬意を払い、誤りを指摘しない

●このテーマの関連図書


あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール(アスカビジネス)

あたりまえだけどなかなかできない雑談のルール(アスカビジネス)

あたりまえだけどなかなかできない教え方のルール(アスカビジネス)

あたりまえだけどなかなかできない仕事のルール(アスカビジネス)

あたりまえだけどなかなかできないほめ方のルール(アスカビジネス)

あたりまえだけどなかなかできない敬語のルール(アスカビジネス)



■同じテーマの記事

ゼロ秒思考3

#今週は、『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング』という本をご紹介しています。ゼロ秒思考とは、あるテーマについて、即座に必要なことを考えることが出来るような事ができるようなトレーニングを「メモ書き」でしよう、という本。マッキンゼーで長期間活躍した筆者が、「誰でも、確実に頭が良くなる方法がある」として開発し、広めているやり方。場所も、時間も取らない。わずか1分のメモ書きを繰り返して、・考えていることを明確にするこ..

中途面接の印象を良くするコツ:動くな!

以下の本『転職面接必勝法』で、「おお、なるほど!」という部分がありましたので、ご紹介します。動くな!面接官が話している時は、最初から最後まで、一字一句もらさず記憶するくらい、集中して聞いてください。一生懸命聞いて、理解しようとする姿勢を見せるだけで、面接官の心証はずいぶん良くなるはずです。面接ではとかく自分のことを話す機会が多いので、意識が薄れがちですが、対話の..

論理が飛躍すると理解不能になる

ときどき話していて、「どうしてそういう結論になるのか」理由がよくわからない発言をする人がいます。まあいつもではないにしろ、「何がどうしてそういう話になるんだ?」と感じてしまうと、その後の話もさっぱり見えなくなります。論理の飛躍に注意「論理」というのは難しい話ではなく、A は B である。B と C は同じものであるしたがって A は C と同じであるみたいなやつ。で、それが連なると、風が吹けば桶屋が儲かる..

わかりやすく書くコツ

「サルでもわかる~~」っていうタイトルの本を見かける時があります。「いや、いくらなんでもサルは本が読めないだろ」とは思うのですが、まあ、こういうのって特定のジャンルについて調べようと思うときに「入門書としてはアリかも」という気がして、つい手に取ってしまいます。サルでもわかる福沢諭吉ということで、どうすればわかりやすくなるのかについて完結にまとめられていた本からのご紹介。で..

意思がうまく伝わらない人に足らないもの

よく「話題をひとつに絞る」と良い結果が得られると言われます。話したいことがいくつもあって、それを全部話そうとするとひとつも伝わらない、みたいな。これは経験的にも実感があります。意図を伝えられない普段の会議なんかでも、よく喋ってるけど、言語明瞭意味不明なひとがいます。しばらく聞いていないと、何について話をしているのかがさっぱり見えない。ひどい場合には最後まで何がいいたいのかわからないときも…こういう人は、技術スキルは..

評価されるコツ

どんな職場にも、周囲から絶対的な信頼を集める「エース」的な人がいる半面、誰からも期待されず、お荷物のように扱われてしまう人もいます。入社当初から、「エース」だったわけでも「お荷物」だったわけでもありません。長い時間をかけて、ゆっくりと「エース」や「お荷物」になってしまったのです。これは一体なぜなのか?本日ご紹介する『「辞められると困る! 」と言われる社員がやっている 評価されるコツ』からその原因を一部紹介します。..