また今年も昇進・昇格の試験の季節になりました。
しっかり人事部から面接の案内をもらってます(面接官として)。

自分の部下にも昇進候補がいて推薦しているのですが、ちゃんと受かってくれるだろうか…。

■コンピテンシー面接


以前の記事にコンピテンシーの意味は書きましたので、ここでは省略しますが、コンピテンシーを重視する面接において、一番困るのが以下のセリフ

 「一生懸命がんばりました

いや、だれもあなたが「頑張って手抜きをした」なんて思っていないから…。

どうしても説明が「マインド」に偏ってしまう人がいるんですね。
特に「アツイ」人。多分、自分の後輩や部下にもそう接しているんだろうね。

 ・ここは踏ん張りどきだ!! 頑張ればきっとうまくいく!
 ・いまは大変だけど、それを乗り越えてこそ成長があるんだ
 ・前向きな気持がなければ、やるべきことは成就しないんだぞ!!

などなど。

確かに私もそういうセリフを聞いたことが少なからずありますが…。最近は少なくなったような気も。

通常の面接で求められるのは、頑張ったかどうかではなく、

 ・何を問題ととして捉えて
 ・どのように分析して原因とみなし
 ・どのようにしてその対策を立案して
 ・どのような行動をとった結果
 ・どういうふうになったか

という論理的な流れです。別に頑張ったかどうかは興味がありません。


■一生懸命


ちょっとうんちく話ですが、「一生懸命」という単語はもともと「一所懸命」という言葉からきているそうです。
自分の領地に命をかけるから一所懸命。それが訛って「一生懸命」。

確かに一生に命をかけてもたいしてメリットは無さそうですもんね。
「一生懸垂」ならもしかしてムキムキになれるかも。

――閑話休題

■「頑張りました」は言ってはいけない


社内のメンバーの面接の場合は、基本的に「合格させてやりたい」と思って面接官は面接に臨むので、どのような事柄について、どのように頑張ったのかはアピールしてほしいと思ってます。
しかし、「一生懸命頑張りました」と言われてしまうと、「あぁ、

  努力と根性と偶然

で今があるのね」と思ってしまいます。
まず不合格です。
「原因分析すらできてないのね……」「ましてや創意工夫はしなかったのね」です。

もし、本当に努力・根性・偶然で成果が得られたとしても、それをあとで振り返って、あとづけていいから

 ・ターニングポイントとなった出来事
 ・その出来事が起きた理由

を考えて(ひねり出して)ください。そして、その理由が発生したのは、「自分のこういう行動だった」と無理矢理にでも紐付けてください。それを滔々と説明すれば合格出来ます(面接官は、その原因が正しく問題を捉えていたのか、その行動が問題に対して効果があったのかを判断出来るだけの情報を持っていません。つまり、嘘や誇大広告があっても検証のしようがない、ということ)。

もし理由付けが論理的に弱いなと思ったら、上申書(昇級・昇格するときに自分の実績を書くレポート)はさらっと書いておいて、言葉で説明してください。人間は


 「〜〜〜〜なので××××です」

といわれると、簡単に納得してしまうみたいです。これを文章で読むと関連性をちゃんと把握しますが、言葉だと案外ごまかされちゃいます。

例として心理学的な実験として、コピー機に並んでいる人に割り込ませてもらう時に

 1.だまって割り込みをする
 2.「すみません、先にコピーを取らせてください」
 3.「すみません、コピーとを取らないといけないので先にコピーを取らせてください」

と言ってみると、3.が圧倒的に割り込みを許して貰える確率が高くなるそうです。
文章で読んで見ると、「理由になってないじゃん」と気がつくのですが、言葉で言われると、文章の構文「×××(理由)なので、○○しました」という文章は、「ちゃんと理由がある」程度にしか理解しませんので、大丈夫です。ごまかせます。

ポイントは、「ばれるかも…」と思いながら言わないこと。「そんなの当然でしょ」という態度で堂々と(意味の通じない)理由を述べることです。

 な〜に。度胸だよ、度胸。

■同じテーマの記事

昇進申告書はアウトラインが重要

そろそろ今年度の昇進・昇格の季節ですね。ウチの会社では、6月に昇進・昇格対象者が決まり、6月中に昇進申告書と推薦書を人事に提出して、7月から8月にかけて面接試験、9月末に結果発表と進みます。私の部下にも対象者がいるので(いない年があるほうが珍しいですが)、昇進申告書の添削に結構気を使ったりしてます。5段階レポート作成術何かレポートを作ったり、プレゼン資料を作ったり、はたまた昇進申告書を作ったりするときに、意識している作り方があります。・テーマを決める..

年下の上司には最敬礼で接する

まあ、年上の部下の使い方もひとつの難しいテーマですが、ここでは年下の上司のへの接し方に絞って、私なりの対応方法についてご紹介します。実際、子供の頃は年上の人には無条件に敬意を持って接するようにしつけられることが多いです。たとえば、学校などでは、上級生というだけで、下級生に対しては多少ぞんざいな言葉遣いをしても許されました。その逆はたいていは「おまえ生意気」などときつく咎められます。そういう雰囲気で育ちながら、会社に入..

上司の嗜好に合わせる

あなたの上司からくるメールはどんな体裁でしょうか?・いきなり「××をやっておいて」とキーワードだけ書く・「いつもご苦労様」から入って、背景とやって欲しいこと、欲しい成果などをきちんと説明する・無言で別のメールを引用して転送する・ダラダラと何が言いたいのかよくわからない長文など、いろいろなタイプが有ります。もし、すぐにわからないようなら、過去の1年間のメールで、上司が出したメールをもう一度見なおしてみてください。一気に複数のメールをみて、そのメールの構成を確認す..

面接は「エライ人」で決まる

先日、ある面接者と雑談をしていた時、ふとその人の勘違いに気がついたので、ちょっとネタにしてみます。勘違い面接の合否はどのように決まっているかご存じですか?実際ルール的には会社によって差があるのですが、最低点が合格条件をクリアしている平均点が合格条件をクリアしている突出したスキルが認められるの3パターンでしょうか。ただ、評価点が決まるのは、評価の打合せ(面接の直後に面接官だけで行う評価点すり合わせ)で最初に発言した人の意見最も職位が高い人の意見で..

自分ならこうする

本題は、部長としての自分と次のステップへの言行録作りである。仕事をしていて他の部長の発言や行動が気になったら、自分ならこうするということを書き記す。経営者に対しても同様であり、特に自分と違った観点からの発言は残しておきたい。本や雑誌で気になった言葉や考え方を記録する。私の場合は宣伝コピーももちろん含む。川崎和則(著) 『部長のルール』..

スマホ読書:ページめくりは右手・左手両対応にする

Android スマホで自炊したりネットで拾ってきた書類を読むのに、私は Perfect Viewer と ComittoNいうソフトを使っています。この2つが気に入っている機能のひとつにタップしたときの動作が決められることがあります。他の画像閲覧ソフトにも、設定が変えられるものが多いですが、左右のどちらをタップしても次のページへ進むという設定ができるのは、私が試した中ではこれだけでした。右手で持つか左手で持つかスマホやタブレットを持つときに、どちら..