<!--
TITLE 習慣の力を活用する
TAG ドラッカー,成果を上げる能力,習慣,経営者の条件,経営者の条件,経営者の条件,ピーター・ファーディナンド・ドラッカー
CATEGORY 演習―あなたの思考力・実現力に挑戦!
BKREF 経営者の条件-->
<SCRIPT charset="utf-8" type="text/javascript" src="http://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?ServiceVersion=20070822&MarketPlace=JP&ID=V20070822%2FJP%2Fshori0763-22%2F8005%2Fe5c707b6-5e00-4e94-b08c-32c76495f8d1"> </SCRIPT> <NOSCRIPT><A HREF="http://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?ServiceVersion=20070822&MarketPlace=JP&ID=V20070822%2FJP%2Fshori0763-22%2F8005%2Fe5c707b6-5e00-4e94-b08c-32c76495f8d1&Operation=NoScript">Amazon.co.jp ウィジェット</A></NOSCRIPT><br>考える力は、他人が出した結論を見るだけでは絶対に付きません。<br>自分の頭で考え、それを整理し、行動してそれをさらに最初の考えにフィードバックするというループによってのみ強化されます。<br><br>本カテゴリでは、さまざまなテーマを設問としてご紹介していきます。<br>

そのテーマについて、ノートに自分の考えを書き出して、それから導き出される結論に基づくアクションを決定して行動してみてください。その結果自分の考えがどのように変わったのか、一度このノートをを見なおしてください。

 Practice Makes Pefect!!



■本日のテーマ「成果を上げる能力を活用する」



★――――――――――――――――――――――――――

成果をあげる人に共通するものは、つまるところ成果をあげる能力だけである。
 :
 :
成果をあげることは一つの習慣である。実践的な能力の集積である。実践的な能力は修得することができる。

ピーター・ファーディナンド・ドラッカー(著) 『経営者の条件
――――――――――――――――――――――――――★



■成果を上げる能力は習得可能である


ドラッカーはここで、成果を上げる能力とは、実践的な能力であり、これは習得可能だ、と述べています。

つまり、特別な才能がある人だけが一流の成果を上げることが出来るわけではなく、だれにでも習得可能だということです。
※時間についてはかなりしつこく書かれてはいますが、GTDほど詳しくはない。

これはこれで希望の持てる話ですね。

しかし、この「実践的な能力」とは何で、どのくらい「集積」すればいいのかについては、私の知る限り、述べてはいません。

勝手な解釈ですが、これが

 サラヒン〜サラリーマン仕事のヒント
 http://sarahin.seesaa.net/

で紹介しているような具体的なノウハウであり、本記事で紹介しているような取り組み方、考え方ではないかと思っています。

一方で、私がドラッカーの逍遥するような「マネージャ」や「経営者」かというとそんなことはないので、結構間違っているのかも知れませんが。

■習慣化する


いずれにしても、どのように能力をつけたとしても、行動しないと結果は出ません。
さらに、行動しても、行動し続けないと結果は出ません。

ここが凡人には難しいところですね。

つまり、どの様なノウハウやテクニック、コツを手に入れたとしても、それを習慣にしなければ成果は挙げることができない、ということは、能力を手に入れるよりも難しいですね。

続けることは、能力の修得以上に気合が必要ですので。

■集積する


こういった能力は一つ一つはとても小さなものです。

それを集積しないと全体の能力としては働きません。
あたかも砂粒を積み上げて山を作るかのようなものです。

 サラヒン〜サラリーマン仕事のヒント
 http://sarahin.seesaa.net/

で紹介している仕事のノウハウも800件近くになりましたが、山ができるには程遠いということですかね。

■本日のお題


・あなたは、どんな能力を手に入れているでしょうか?
 あなたの普段の行動で繰り返しやれたらいいものをリストアップしてみてください。

・それを繰り返し活用するにはどうすればいいでしょうか?
 同じような場面で、その力を発揮するにはどのようにするといいでしょうか?
 毎日・同じ時間にそのトレーニングやリフレッシュをするにはどの時間が適切でしょうか?

・毎日やると決めたものを1ヶ月続けてください。
 あなたにどんな変化が起きるでしょうか?



■参考図書 『経営者の条件





立ち読みできます立ち読み可
ドラッカー・エターナル・コレクション第一弾。
絶大な人気を誇る不朽の名著。成果をあげるためにいかなる行動をとるべきか。己の強みを知り、時間を知り、なすべきこととなさざるべきことを知る。すべての知識労働者に必須の書。






◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

経営者の条件
著者 :ピーター・ファーディナンド・ドラッカー

経営者の条件
検索 :最安値検索

経営者の条件
検索 :商品検索する



●関連 Web
 ビジネスリーダー講座-日経ビジネス
 3分間ドラッカー―ダイヤモンド・オンライン
 経営者のバイブル ドラッカーを学べ―WizBiz
 ピーター・ドラッカー - Wikipedia
 3分間でわかるドラッカー−「経営学の巨人」の名言・至言

●本書を引用した記事
 マイナス言葉を言い換える
 ドラッカー:リーダーシップ力診断
 目的に立ち返る
 常駐タスクをチェックする
 確証のワナ
 段取りがよくなる段取りシート
 メールはプルシステム3
 ManicTime
 欲しいものを考える
 コーチングの罠

●このテーマの関連図書


ドラッカー名著集2現代の経営[上]

ドラッカー名著集3現代の経営[下]

小説でわかる名著『
経営者の条件』人生を変えるドラッカー―――自分をマ…

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか(はじめて読むド…

創造する経営者(ドラッカー名著集6)

イノベーションと企業家精神(ドラッカー名著集)



■同じテーマの記事

人との調整の時間を確保する

スケジュールを作るときに、つい忘れてしまうことがあります。「調整の時間」です。仕事は、作業と打ち合わせと調整私の会社の場合、アウトルックでスケジュールを管理しています。大体1週間のうち、定例の会議が1割位。これはこの先もずっと抑えられているスケジュールなので、あまり考えることもなく決まってしまいます。そのスキマにはいるのが、色々なイベントの打ち合わせ。「×××についてちょっと打ち合わせさせてください」とかいうのが、前の週から徐々に入ってきて、月曜日には..

時間の浪費を見つける方法

どう頑張っても1日は24時間しかありません。生産性という意味で時間あたりの生産性を変えることはできますが、物理的な時間を伸ばすことはできません。時間あたりの生産性を改善するために、過去記事でもいろいろなハックをご紹介しましたが、トータルでみると、生産性改善よりもムダに捨てている時間を有効な時間に使うほうが効果があります。単純に言えば、睡眠の時間を削って仕事ややりたいことに当てれば、1日の生産量は向上します。ただし、長続きしないで..

難しい文章を書くときにはノートに書く

普段、文章を書く時にどうやって書いてますか?・いきなりパソコンに向かって打ち込み始める・マインドマップなどの思考ツールに書くことを整理する・書くべきことやテーマをノートに書き出すいろいろなやり方があると思います。これは、その人の文章力や、書くことに対する知識の深さなどいろいろ条件があります。臨機応変結論から言ってしまうと、状況により臨機応変、というのがよいようです。比較的簡単な文章たとえば、メールの返信など、書くテーマひとつで単純明快、言い回しに..

「PCが遅い」にはタスクマネージャーが効く

「PCがなんだか遅いなあ」と感じたときがありませんか?そんなときには、とりあえず、CTRL+SHIFT+ESC キーをパッと押してみると原因にたどり着けることが多いです。タスクマネージャーWindows で CTRL+SHIFT+ESC (CTRLキーとSHIFTキーを押しながら ESC キーを押す)と立ち上がるのはタスクマネージャー。ただし、PC がもっさりしているときには、すぐにはウインドウが表示されないかもしれません。そんなときには別の手段CTR..

会議におけるファシリテーターの役割とは

会議において議長となるひと(会議を主導する人)は当然必須なのですが、ここ10年くらい重要視されるようになったのが、「ファシリテーター」という立場の人。この人がいるといないのとでは、会議の進み具合がかなり違うということで、どこの会社も「ファシリテーション」などという教育プロセスを持つようになったみたいです。ファシリテーターがファシリテーションするのに必要な3つの視点をご紹介します。ファシリテーターの3つの視点本書『レ..

期末面談の自己申告を請求書にしてみる

毎年、1年間の業務成果を上司に報告して、上司から業務評価をもらいますよね。いわゆる期末面談。私としてはサラリーマンの最大のイベントだと思っているのですが、どうもぞんざいに扱う人が多いような印象を持ってます。「今やっている仕事が忙しいから」と、当日になって、「エイッ」って書き込んで、誤字脱字のまま提出してくる人もいたりする…。今やっているプロジェクトや仕事は当然大切なのですが、その結果自身で給料が決まっているわけではなく、期末面談で書かれた上司の評価で給料が決まっている..