私は、「考える」という作業をするときには、ノートを広げて3色ボールペンで何かを書きつけることが多いです。もちろん、手が止まっていることはよくありますが、ボールペンを離すのは、考えることをやめた時。

■天井に相談してました


特許の出願件数が社内でトップを取ったことがあって、その表彰のときに、「君は特許を考えるときはどんなことをしているね?」と聞かれたことがあります。

そのときには、

 「天井と相談してます」

と答えた記憶があります。

その頃は、ひとりで何か考えるときは、体は全く使ってなかったように思います。

プログラムを作るときなんかも、しばらくじ〜っと考えていて、頭のなかにアルゴリズムが出来上がると、一気にプログラムをコーディングする、というような作業のやり方でした。

特許や(わりと簡単な)プログラムというのはこういうやり方のほうが効率がいいかもしれません。考えることの外部との関係が結構少ないですので、一つのことだけに集中していればいいですから。


■頭のなかでは処理できない


しかし、考えるべきことや、そのテーマに対していろいろな要因が多くなってくると、頭のなかでは処理しきれなくなります。

人間の頭で同時に考えられる事柄というのは、ワーキングメモリというものに制限を受けていて、これは最大でも7つくらいまでなんだそうな。
私の場合は3つくらいかな?

それ以上になったら、一旦ワーキングメモリから別の保管場所に移して、一旦退避しておいた別の事柄を取り出して…とやらないと、考えられないそうです。

ようは、ちょっと複雑なことになるとその時点で、脳内では処理しきれないんですよ。
ぐるぐるいろんなことがまわることになる。

かから、一旦紙に書きつけてみるのが、ベストな方法だと気が付きました。

■考えるときに腕組みをしない


そこから意識するようになったのは、

 「考えるときに腕組みをしない」

という考え方。私の場合は、

 「ノートに書きながら考える」

というのと同義です。
もちろん、PC のほうが楽という人もいるでしょうけど、とにかく、具体的に何らかのものにアウトプットしながら考えるといいみたいです。

ちなみに私は考えるステップには大きく3つあって、

 ・要素を出す
 ・その要素の関係や目標への影響度を出す
 ・最善の方法を出す

ごとに使うツールが変わります。「要素を出す」ときにはマインドマップを使いますし、要素の関係や影響度を考えるときには、ノートに要素を書き出しながら図解してみたり、線で結んでみたりしています。

■ノートは考えるためのツール


過去記事でも何度か書いてますが、ノートは記録するためのツールではありません。

もちろん、その要素もありますが、主な要素は考えるためのツールです。
考えたプロセスが残るという意味で、記録するためのツールとも言えますが、議事録を書いたり、行動記録をつけたりするのには向いてません。検索性があまりに悪いですから。

記録と取るのであれば、過去記事でも紹介しているテキストファイルにする方法や、OneNote / Evernote のようなデジタルツールのほうがはるかに優れてます。

逆に、思考をするツールとしてはノートのほうがはるかに優れます。
それがなぜなのかはちゃんと理解できていませんが、おそらく自由度にあるのではないかと思ってます。

ノートには絵を書いたり線を書いたり、文字を書いたりと何をしても自由です。
それが子供の頃から訓練されているので、非常に楽にできるんですね。

一方で PC アプリなどのようなものは、その習熟に時間がかかったり、自由度が低かったりするので、自由になんでもやれる環境というのは作れないんじゃないかと。

何か考えようとしたら、ペンを持ってノートを広げて、頭に浮かぶ者をイメージだろうが単語だろうが書き付けていくと、思考が思い通りに広がったり、集約したりできるようになります。

■同じテーマの記事

OneNoteで特定のページにジャンプする方法

日誌や Web で調べたことなどを Microsoft OneNote にいつも保存しています。最初は Evernote でやっていたのですが、会社で使うのは Microsoft Office なので、やっぱりマイクロソフトの製品のほうが相性が良いのと、Evernote は無償版だといろいろ制限ができちゃったので、全面的に OneNote になりました。ただ、OneNote ではページはそれぞれ独立で、入り口ページとかが作れません。作れないのであれば、それができるよう..

発言は文章で書いてからそれを読み上げるように

1年に一度くらい、スマホを録音モードにしたまま過ごしてみると、けっこういろいろな発見があります。私の一番の発見は「文章になってなくて、何を言っているのか分からない」ってこと…あとで聞き直してみると、よくこれで仕事が進んでるな、と感心します。意味不明な発言の理由私は、池上彰氏の解説が非常にわかりやすいと思ってます。時々ふと横目で見る TV 番組などもそうですが、著作もシロートが読んで、「そういうことか」みたいな気付..

デスクトップにファイルを保存しない

ファイルを作りかけているときに次の会議の時間になっちゃった、とそんなときに「名前をつけて保存」ってやるとデスクトップかドキュメントフォルダが最初に開いてきます。「ええい!いちいち別フォルダを開いてられるか!」ってそのままデスクトップに保存しちゃったりしません?以前はよくやってました。そのおかげで、デスクトップにはいろんなプロジェクトのファイルがごちゃごちゃにおかれて、せっかくの壁紙もアイコンだらけで見られないくらい。それが大事な時間を奪うことになるんですよね〜。..

ロバート・フェルドマンのビジネスマンに読んでほしい本2

著名エコノミストのロバート・フェルドマン氏が薦める本のご紹介。簡単にフェルドマン氏について。アメリカ合衆国テネシー州オーク・リッジ出身。東欧ユダヤ系。1970年にAFSの交換留学生として初来日。愛知県名古屋市の南山高等学校にて学ぶ。イェール大学(経済学・日本研究学士)を経て、マサチューセッツ工科大学において経済学博士を取得。野村総合研究所、日本銀行で研究業務、その後国際通貨基..

ロバート・フェルドマンのビジネスマンに読んでほしい本1

著名エコノミストのロバート・フェルドマン氏が薦める本のご紹介。簡単にフェルドマン氏について。アメリカ合衆国テネシー州オーク・リッジ出身。東欧ユダヤ系。1970年にAFSの交換留学生として初来日。愛知県名古屋市の南山高等学校にて学ぶ。イェール大学(経済学・日本研究学士)を経て、マサチューセッツ工科大学において経済学博士を取得。野村総合研究所、日本銀行で研究業務、その後国際通貨基..

わかりやすく書くコツ

「サルでもわかる〜〜」っていうタイトルの本を見かける時があります。「いや、いくらなんでもサルは本が読めないだろ」とは思うのですが、まあ、こういうのって特定のジャンルについて調べようと思うときに「入門書としてはアリかも」という気がして、つい手に取ってしまいます。サルでもわかる福沢諭吉ということで、どうすればわかりやすくなるのかについて完結にまとめられていた本からのご紹介。で..