以前の記事

 5項日誌(1)

で、「今日発見したこと」を日誌に書くということを続けている、と書きました。

始めてからかれこれ3年くらいかな。結構続いてます。

ちょっと前に読んだ本ですが、マッキンゼーのコンサルタントもやっている、と書かれていたのでちょっと共有。

■今日学んだ最も大事な三つのことはなんだろう?


マッキンゼーって、本当に三つが大好きですね。何でもかんでも三つ。

という皮肉はおいておいて、まずは以下を読んでみてください。

★P76〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●毎日ひとつチャートを作る(つねに具体的に)
 問題解決のプロセスでは、毎日何か新しいことを学ぶ。それを紙に書いておくこと。考えを進める助けになる。それを直接使うかどうかはわからないが、一度具体的な形にしておけば忘れることはない。

チャートを毎日必ずひとつ描くなんて、ちょっと強迫的に思えるかもしれない。

たしかにそうだ。しかし、事実から解決策を組み立てようとしているときには、多少強迫的になるのも悪くはない。

マッキンゼーでのありふれた一日は、九時ちょうどの短いブレーンストーミング会議から始まる。

10 時にはクライアントとのインタビュー、11時に現場視察、昼はディレクターといっしょにサンドイッチで軽くすませる。

つづけてまたもやクライアントとのインタビューがいくつか、一日のしめくくりのチーム会議、それからあわただしくウオートンに駆けつけてリクルーティング・セミナーに参加する。

こんなことをしていると、いろいろな事実が頭のなかで混じり合って、すっかりブレンドしてしまう。

インタビューのときにしっかりメモをとっても、チーム会議の議事録をもっていても、重要なポイントを見失いかねない。

これを避けるには、一日の終わりに、三十分だけ、一人座ってこう自問する。

 「今日学んだ最も大事な三つのことはなんだろう?」

それを一、二枚のチャートにまとめる。別に凝ったものでなくていい。きれいに描く必要などまったくない。

その三つの事実がチャートになじまない場合は(マツキンゼー人はなんでもチャートにしようとするのだが)、ただ箇条書きにする。

できたものを、なくならない場所にしまう。

未決箱に放り込むのはいけない。

あとで分析の段階になったとき、このチャートやメモをとりだして、その意味や、解決策のどこにどう当てはまるかなどをじっくり考える。

もちろん、このささやかなヒントにも程度というものがある。ドイツからニューヨーク支社に来ていたある EM は、出張で支社から離れて仕事をするときは、毎晩、プレゼンテーション一回分の資料をそっくり準備していたという。

これはたいていの人には薦められない。

少なくとも、自分の生活も欲しい人には。もっともこの EM は、わが家から遠く離れ、その町には知合いが一人もおらず、夜になるとすることが他に何もなかった。
にある提案を試してみればよかったのだが……。

イーサン・M. ラジエル(著) 『マッキンゼー式 世界最強の仕事術
――――――――――――――――――――――――――――★


簡単に要約すれば、

 一日の終りに、今日学んだと思うことを三つあげる
 その三つを図解する

ということですが、さすがにこれは平凡なサラリーマンレベルでは難しいです。

私もやってみましたが、一週間で投げ出しました

絶対続かない。そこまで深く考えてないから…。

あ、私がそうだったということであって、あなたがそうだと言っているわけではありません。
三つノートに書くだけでなく、本書の EM のように、毎晩プレゼンテーション資料を作れる方は是非やってください。ソッチのほうが記憶にちゃんと残りそうですし、効果も高そうな気がしますので。


■単語だけなら


ただ、これ自体は効果がありそうですし、私のバイブル『仕事は楽しいかね?』でも「毎日違う自分を発見しなさい」と書かれているので、もっと簡単に負荷なく(多少はありますが)やれる方法として編み出したのが、1行だけ、単語だけのルール

ようは、「今日、いままで知らなかったことを知ったこと」について、「その単語だけでもいいので日誌に書いておく」。

文章になっているならよりベター。でも、単語だけで OK ならハードルは随分下がります。

たとえばある日の日誌。

 ■発見したこと
  ・衍字
  ・GTDのレビューはその場でやる
  ・××さんは○○が趣味

こんなレベルです。
※ちなみに、最初の「衍字」って読めました?
※「えんじ」と読むそうで、「脱字」の反対です。余計な文字がはいっていること。
※たとえば、

※  わたしはを月に連れてって

※は「わたし」のあとの「は」が余計ですよね。




■参考図書 『マッキンゼー式 世界最強の仕事術





立ち読みできます立ち読み可
本書は、2つの貴重な意味を持っている。ひとつは、これまで謎に包まれていた世界的なコンサルティング会社マッキンゼーの仕事や組織、経営について、その一端を明らかにしていること。つまり、マッキンゼーそのものがテーマになった本である点だ。もうひとつは、彼らがビジネス経営問題をどのように解決するかを書いていること。つまり、世界中から集められた、きわめて優秀な「仕事師」たちの思考やテクニックを教えてくれている点だ。著者はマッキンゼーで3年間働いた元社員。そこでの経験と、同社を退職した人々へのインタビューから本書を書き起こしている。

本書の主要部分は、ビジネスの問題をどう考え、解決に向けてどんな方法をとり、そして解決策をどう売り込むかという、実際に彼らがコンサルティングを進める手順に沿って展開されている。いわゆる「マッキンゼー式」の真髄は、その最初の段階の「事実に基づき」「厳密に構造化され」「仮説主導である」という3つの柱で示されている。なかでも、問題を構造的に把握して3つの項目に集約させるテクニックや、まず仮説を立て、証明や反証を重ねながら正答に導くプロセスは、ビジネス思考の究極のモデルになるものだろう。

一方で、チームの編成、リサーチ、ブレーンストーミングの各方法や、「売り込みをしないで売り込む方法」など、すぐに応用できる実践的なテクニックも数多く紹介されている。多忙を極めるCEOに30秒でプレゼンする「エレベーター・テスト」や、毎日1つチャートを作るといったユニークなトレーニングもある。また、彼らのストレス対処法やキャリアアップの方法などもスケッチされていて、彼らの「生身」の側面をうかがい知ることができよう。

マッキンゼーの人々の仕事に対する思考やテクニックが、見事に描き出された1冊である。一読すれば、ビジネスにおける強靭な精神と、すぐれた知性の源泉に触れた気になるはずだ。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

マッキンゼー式 世界最強の仕事術
著者 :イーサン・M. ラジエル
楽天では見つかりませんでした
マッキンゼー式 世界最強の仕事術
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 いつ終わるのかを言う
 矛盾す複数の問題を一気に解決する「インクルージョン思考」
 嫌なことは、「もし気分がよかったら」で切り替える
 通勤どこでも仕事術:毎日5分だけ勉強確保できる確実な方法
 引用付き貼り付けをAutoHotKeyで実装する
 「組織は戦略に従う」が「技術は戦略をくつがえす」
 マッキンゼー式世界最強の仕事術:ブレーンストーミングで最大の効果を引き出すテクニック
 今日学んだことを3つ上げなさい
 情報が聞きたければ話してはいけない
 少しだけの成功を積み重ねる

●このテーマの関連図書


マッキンゼー式世界最強の問題解決テクニック

マッキンゼー流図解の技術

マッキンゼー流入社1年目問題解決の教科書

マッキンゼー流入社1年目ロジカルシンキングの教科書

ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル(Bestsolution)

マッキンゼー流プレゼンテーションの技術





■参考図書 『仕事は楽しいかね?





立ち読みできます立ち読み可

Unlimitedゼロ円Unlimited無料
出張の帰りに、大雪のため一昼夜空港のロビーに足止めされた「私」。そこで出会った話し好きの老人。その含蓄ある言葉に「私」はしだいに仕事観を揺さぶられていく。
本書は、将来への希望もなく日々仕事に追われる主人公が、老人のアドバイスに自己変革のアイデアを見いだしていく物語である。それは、唐突に繰り出される老人の言葉とそれを問いただす「私」の会話で展開していく。
老人は「目標を立てるな」「遊び感覚でいろいろやって、成り行きを見守る」「明日は今日と違う自分になる」などのアドバイスをおくり、「私」はビジネスマンとして大きな自己変革を遂げていく。

連作として
 仕事は楽しいかね? 2
 仕事は楽しいかね?《最終講義》
 仕事にちょっとつまずいたあなたへ―上司や部下がマヌケに見えたときに頼るメール
がある。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

仕事は楽しいかね?
著者 :デイル・ドーテン
楽天では見つかりませんでした
仕事は楽しいかね?
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 今日学んだことを3つ上げなさい
 「外ヅラ」をよくする
 いつも片付いているようにする
 神様フェイント
 問題は外にある
 準備8割
 7つの仕事力_前編
 事実と真実
 人生に変化を起こす方法
 「意思」は信用しない

●このテーマの関連図書


仕事は楽しいかね?2

仕事は楽しいかね?《最終講義》

チーズはどこへ消えた?

自分の小さな「箱」から脱出する方法

まんがで変わる仕事は楽しいかね?

ずっとやりたかったことを、やりなさい。



■関連する記事

反省するより記録しなさい

たぶん、今年の年初に立てた今年の目標で、仕事上の部門・グループの方針として立てたものが、手付かずで残っている人は少ないでしょうけど、個人で立てた目標は手付かずのままのものがあるのではないでしょうか。この差はなんだろうかというと、おそらく「強制力の差」と「チェックを入れる人の存在」だとおもいます。仕事上で立てた目標というのは、当然、上司と相談したうえで決めます。そしてその進捗管理を1週間なり1か月ごとに上司に報告しないといけません..

嫌なことは、「もし気分がよかったら」で切り替える

ストレスに対処する方法として「ポジティブシンキング」が挙げられますが、考え方というのは、そうそう簡単には変わりません。別のアプローチで受ける印象を変える方法を紹介します。思考を変えずに状態を変えるそこで一つの方法として「もし、自分がもっと心地よい状態にあったとしたら、どう感じるだろうか」と考えてみます。ポジティブ・シンキングをするのではなく、「過去に自分が心地よい状態であ..

メモを復習する

せっかくメモを取ったのに、そのメモを「書いただけ」にしておいてはもったいない。書いたものは見直さないと頭には入りません。いわゆる出したり入れたりすることで、脳内に記憶として定着します。記憶として定着したものだけが、必要なときに取り出せる状態になります。メモは書き写し、書き写したノートを復習する別記事で書きましたが、毎日就業前の30分は振り返りの時間にしています。私は「毎日、日次レビューをする」ことをルールにしてます..

マッキンゼー式世界最強の仕事術:ブレーンストーミングで最大の効果を引き出すテクニック

「ブレーンストーミング」という方法は過去記事でも何度か紹介していますし、知らないビジネスパーソンのほうが少ないんじゃないかとおもいますが、以前セミナーで一緒に聴講していた人の言葉がちょっと印象的でした。「ブレーンストーミングの正しいやり方に驚きました」たしかに、ブレーンストーミングって、「みんなが集まってアイディアを出し合う会」で、「人の意見を否定しない」くらいしか認識がない場合が少なくないのかもしれません。ブレ..

要約は自分で作らないとハズレをつかむ

過去記事でもときどき、ビジネス書の要約を書き出したりしていますが、そういうのを書こうとしてネットでついでにいろいろ調べていると、他の人が書いた同じ本の要約に行き当たることがあります。これが、ポイントとしているところがぜんぜん違うんですよ。まあ、自分がちゃんと本を読めていないのだけかもしれませんが、「え〜。そういう本だったんだ」なんて発見があったりします。要約とは抽出である本書の著者は、代議士の秘書として、情報を要約..

Google式!究極のスピード仕事術「SPLINT」のキーポイント

Googleの仕事術といえば、「20%ルール」など有名なものが多数あります。私の知っている中で一部紹介しますと、・20%ルール・メールはモバイルで送る・会議の前にチャットする・カフェスペースを歩き回る・「引きこもり」をするなどなど。Google の仕事のルール上記に書いたもの、単語だけではわからないと思いますので、ちょっと説明を追加。・20%ルール本来の仕事とは別に仕事時間の20%をなにかおもしろいもの..

■同じテーマの記事

いつ終わるのかを言う

依頼した作業の期限が近づいてきたので進捗状況を聞いたときに「いまやってます」「これからやります」みたいに返事をされる時があります。……やってなかったんだね……まあ、やってなかったものは仕方がないとして、この返事はすごく不満。終りがあるものタスクだけでなく、仕事と言うもの全てには「終わり」があります。打ち合わせなどでも、××をやるということだけを決める場合はほとんど例外で、××をまでにやるというのが基本ですよね。「の件って今どうなってる..