ある程度の職位になって、企業活動や部門全体が見えてくると、仕事に意欲が湧いてきます。

それまでは、自分の技術をつけることだけに専念していたものが、会社や部門・グループの成果の大きさに興味が湧いてきます。


特に仕事が出来る人(あるいはそれまで成果が人より高かった人)が昇進などすると、「自分は人より出来る」という意識があるので、より大きな成果が出せるはずだと思ってます。

■上司が無能だと思う


上司が「モゴモゴ」言ったり、他の部門の人から攻撃を受けてタジタジになったりしているところを見ると、「自分ならもっとうまく反撃できる」と思うようになります。

 この自信が落とし穴になります

思うだけなら何も悪いことはないのですが、自分に自信のある人は行動に表してしまいます。

 ・「部長! そこはそうではなくて、○○なので、ウチの部門での問題ではありません」
 ・「そんな言い方では部下はついてきませんよ。ここは○○にしないと」
 ・「ちょっと課長に変わってご説明させていただきます。」

どうしてもでしゃばった行動をします。
さらに、もしその発言をして、上司の上司あたりから、「お、○○君鋭いねぇ」等と言われようものなら、もう自分が上司に取って代わったような気になってしまいます。

私も、ちょっとおだてられると簡単に木に登るタチなので、これで何度も失敗をしました。

ところが、上司の上司は、特定の仕事についてはあなたのことは認めていますが、課や部を率いていくことについては、やっぱり、あなたの上司を信頼しています。

で、ないがしろにされた上司はどうなるかというと、そのままの地位に残りって、あなたを評価することになります。

あなたにつく評価は

 ・仕事はそこそこできるが、協調性がない

というC評価です。

あなたのキャリアは「チーン」です。


■同僚が無能だと思う


昇進していくと、同僚や近くの部門の人と打ち合わせをして、活動方針を決めるなどの仕事が増えることによって、正解のない決断をする必要が出てきます。

たとえば、

 ・営業利益を増やすために、どんなコスト削減が出来るだろうか。
 ・残業時間や出張をもっと減らすことはできないか

みたいな課題。いままでは、その決定をやる側だったものが、決定をする側になるわけです。

この時に、仕事ができるあなたは、つい他の人のやり方や考え方の間違いや迂遠さにきがつきます。

 「だめだめ。そこは○○が課題なんだから、その考え方では効果が出せないよ」
 「自分たちのチームはこうやっている。だから効果が出てるんだよ」

教え諭してやろうとします(そう思うかどうかは別にして、そういう行動をとるということです)。

相手はそれが正論に近ければ、あるいはその場の空気があなた側に流れているようであれば反論はしません。唯々諾々と承認します。

 「やっぱりオレが指導してやらないと」

とあなたは思い始めます。

ところが、相手から見ると「偉そうに…」としか映ってないので、面従腹背。結果が出ないならまだしも、結果が良くなったりしてますます反感を募らせて、いざ自分がなにか助けてほしいというときに、

 「いや、自分たちも仕事を抱えてるから…」

と断られて、あなたの成果は「チーン」。

■爪を隠せ


簡単に人に爪を見せてはいけません。
ほんとうに必要なときにだけ爪は見せるべきです。

普段は、空気に迎合していればいいです。強い主張は反発を生みます。

 自分の成果や将来にとってのキーポイントだ

と思えることについてだけ、発言しましょう。
余計なことを言えば、余計な結果になるだけです。

■同じテーマの記事

セルフイメージを高める本当の方法

私も含め、どうもストイックな人が多いような気がします。これじゃあダメだもっと頑張らないともちろん、自分の課題を発見し解決していくことは良いことだと思います。ただ、それはマイナスをゼロにする方法でしかありません。ダメなところを改善してもプラスにはならないんです。一方で、良いところをより活用しようとしたり、より伸ばそうとするとプラスがさらに大きなプラスになります。アファメーション「アファメーション」という言葉の発祥..

記憶の10の基本原則

一度聞いただけなのに案外記憶に残っていることと、何度聞いても覚えられないことってあります。その違いは何でしょうか?記憶の力を高めるものマインドマップはもともと記憶の研究の中で生まれたものらしいので、記憶をするというテーマで書かれているものが結構あります。ここでご紹介しているものもそのひとつ。記憶の力を高めているのは、大きく・初頭効果、新近効果・連想・興味があること・繰り返しなのだそうです。..

OUTLOOKでメール・タスク・カレンダを簡単に移動する方法

アウトルックには御存知の通り、メール・タスク・カレンダ・メモ帳・連絡先と大きく5つの機能があります。それぞれの機能の表示はCTRL+数字で切り替えることができます。これをもう少し簡単にやる方法をご紹介します。AutoHotKeyといっても、アウトルックをカスタマイズするのはちょっと面倒なので、AutoHotKey にやってもらいます。アウトルックで、T/Y/U/I/O のキーにそれぞれの機能を割り当ててしまえばいいです。こうしておくと、..

スタートメニューによく使うファイルをピン留めする(Windows10)

Windows7までは、よく使うファイルをスタートメニューに入れることができました。ところが Windows10 になってから、スタートメニューの構造が変更されてしまって、スタートメニューにファイルを入れることができなくなってしまいました。Windows7 同様、ジャンプリストにはピン留めできるのですが…レジストリでショートカットのピン留めを設定するいろいろ調べてみたら、ファイル自身はスタートメニューに入れられませんが、ショートカットならピン留めできるこ..

電子書籍リーダーGooglePhoto

スマホやタブレットで読む自炊本リーダーとしていろんなアプリが公開されてます。私はビジネス書の場合には、主に Acrobat Reader(Android) と SideBooks(iphone)、Kindle、マンガや小説なら、PerfectViewr(androiod)だったのですが、最近はスマホに入っているだけで、めったに使わなくなりました。GooglePhoto を使うようになったためです。GooglePhotoのメリット自炊本(電子書籍)リーダー..

時間の浪費を見つける方法

どう頑張っても1日は24時間しかありません。生産性という意味で時間あたりの生産性を変えることはできますが、物理的な時間を伸ばすことはできません。時間あたりの生産性を改善するために、過去記事でもいろいろなハックをご紹介しましたが、トータルでみると、生産性改善よりもムダに捨てている時間を有効な時間に使うほうが効果があります。単純に言えば、睡眠の時間を削って仕事ややりたいことに当てれば、1日の生産量は向上します。ただし、長続きしないで..