<!--
TITLE 耳で読む読書術:オーディオブックを活用する
TAG オーディオブック,散歩,読書術,読書の全技術,大人のための読書の全技術,齋藤孝
CATEGORY ハック
BKREF 読書の全技術-->
<SCRIPT charset="utf-8" type="text/javascript" src="http://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?ServiceVersion=20070822&MarketPlace=JP&ID=V20070822%2FJP%2Fshori0763-22%2F8005%2Fe5c707b6-5e00-4e94-b08c-32c76495f8d1"> </SCRIPT> <NOSCRIPT><A HREF="http://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?ServiceVersion=20070822&MarketPlace=JP&ID=V20070822%2FJP%2Fshori0763-22%2F8005%2Fe5c707b6-5e00-4e94-b08c-32c76495f8d1&Operation=NoScript">Amazon.co.jp ウィジェット</A></NOSCRIPT>今まで知らなかったのですが、「こんな方法がある」ということでご紹介。<br><br>

★P127〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

すばらしい音読の例としては、新潮社から発売されている朗読 CD がおすすめです。幸田弘子さんが朗読する樋口一葉の 『たけくらべ』 や、寺田農さんが朗読する谷崎潤一郎の 『春琴抄』 などを聞いていると、頭の中に意味がすっと入ってきます。そうした正しい読み方を学ぶことが、精読にはとても大事なことなのです。

齋藤孝(著) 『大人のための読書の全技術
――――――――――――――――――――――――――――★


なるほど!ということで早速、いくつかのオーディオブックをゲットしました。

これを携帯で聞いてます。

■散歩をしながら聞く


以前の記事に書かきましたが、私は通勤電車では主に自炊したビジネス書を タブレットPC の Nexus7 で読んでます。
当然、仕事中は仕事をしているので(当たり前か…)聞けません。

そこで、始めたのが朝の犬の散歩。
我が家には10歳になる雑種の犬(♀)がいるので、朝晩、散歩に連れて行かないといけません。当然、私も時々行くのですが、この時に聞いてみたら、意外と楽しい。

 家族(犬も含む)には感謝され、朝気持ちよくなり、健康にも良さげ、その上勉強にもなる
 おお! 一石四鳥!

これはオトク。

聞いてみると、「本を読む」という行為ではないので、普段本を読まない人でもそれほど苦にならないかも、と感じました。
価格も普通にビジネス書を買うよりも安いです。ピンきりなのですが、一冊数百円というところでしょうか。

ただし、問題は

 「ここは!」と思ったところに線を引けない

ということがあります。普段なら、付箋をはるか、自炊した本なのでマーカーを付けるのですが、さすがに音声には線が引けない。

今のところ、メモ帳を取り出して、mp3の再生時刻を記録して、あとでその部分を再生しながら文字に書き起こしてます。
我が娘(犬)が、「はやく行くよ!」と引っ張られるのが難点ですが。

何かいい方法をご存知のかた教えて下さい。


■お風呂で聞く


ビジネス書ではありませんが、小説なら無料で手に入れられるものが結構あります。

 【朗読】声を便りに、声を頼りに――。
 <新>日本名作文学朗読選
 きくドラ
 青空朗読

おもに徘徊しているのはこの辺り。

実際に購入したのは、私の趣味ですが

 <<源氏物語(瀬戸内寂聴)ASIN=B000P0I7QY)>>

が良かったです。Amazon で視聴もできますよ。

こちら【朗読】声を便りに、声を頼りに――。には、原語での源氏物語の朗読があります。

 「いづれの御時にか、女御、更衣あまた候ひ給ひける中に、いとやむごとなき際にはあらぬが、すぐれて時めき給ふありけり。〜〜」

なんて、感動しました。

で、こういった小説ものを、お風呂で聞いてます。
結構くつろいでしまいますが、ストレス解消にはいいかも。

他にも Youtube にもいっぱいありますので探してみてください。



■参考図書 『大人のための読書の全技術




人の 10 倍速く読み、100 倍深く理解する。最終目的は、「読書スピードを自在にギアチェンジしながら、要約できるレベルで理解する」ようになること。
齋藤メソッドのすべてをこの一冊に詰め込みました。社会人が読んでおくべき 50 冊の必読リスト付き。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

大人のための読書の全技術
著者 :齋藤孝

大人のための読書の全技術
検索 :最安値検索

大人のための読書の全技術
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 かっこいいグラフを作れるテンプレートChartChooser
 本とともに暮らす
 言葉を手に入れなさい
 本を書き写す
 本屋に行くなら、図書館に行った方がいい
 耳で読む読書術:オーディオブックを活用する
 音読すると理解できる
 テンプレートを使うと仕事が早くなる
 あるがまま読むと速読できる
 注釈本の使い方


●関連図書
 「何から読めばいいか」がわかる 全方位的読書案内
 読書が「知識」と「行動」に変わる本
 読む技術: 成熟した読書人を目指して
 ソーシャル時代のハイブリッド読書術
 読めば読むほど頭がよくなる読書術: 結果を出す人の“インプット”の技術
 一生イノベーションを起こしつづけるビジネスパーソンになるために20代で身につけたい読書の技法
●このテーマの関連図書


大人のための会話の全技術

大人のための書く全技術

読書の技法誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門

齋藤孝の速読塾これで頭がグングンよくなる!(ちくま文庫)

読書力(岩波新書)

読書のチカラ(だいわ文庫)



■関連する記事

15分散歩してから会社に行く

朝、出社するときにどのくらい歩きますか?私は会社の最寄り駅についたら、ちょっと大回りをして会社に行くようにしています。朝リズム運動をすると気分が乗る朝、会社に行くのに「だるいな〜」と思いながら、眠い目をこすりながら歩いて会社につくと、「さて、今日も頑張るぞ!」っていう気になりますかね?私にはちょっとムリ。過去記事でも何度も書いてますが、・朝は日の出とともに起きる・朝の出社時間競争をすると仕事の効率が良くなります。仕事のやり..

本を書き写す

本の精読にはいくつかの手段があります。以前の記事音読すると理解できるでは、本を音読してみることをお薦めしました。本日はもうひとつの精読の手段、究極の精読、筆写について、考えてみたいと思います。読書の全技術音読もそうですが、書き写すとやっばり身になリます。その結果、当時の人々はものすごスピードで知識を増やしていったのです。ですから、書き写すということは精読の最..

本屋に行くなら、図書館に行った方がいい

以前の記事でも書きましたが、私は殆どの本を図書館で借りてきて読んでます。読書術の本で、図書館を利用することを奨めている本というのはあまり出会ったことがないのですが、本書『大人のための読書の全技術』にはバッチリ書いてありました。図書館は良書と出会う絶好の場。図書館で買うべき本を見つけよう幅広くいろいろな本に接する一つの方法として、本屋に足を運ぶことの大切さについては前述..

読書の作業ステップ

何事につけ、一定のパターンで作業を進めるのが効率的な作業をするコツのひとつ。本日は私の読書の作業ステップについてご紹介します。読書の作業ステップ『ソーシャル時代のハイブリッド読書術』という本に、読書の作業ステップが書いてありました。倉下流の管理法最後に筆者の読書情報の管理を一例として紹介しておきましょう。これと同じようにする必要はありませんが、自分の管..

耳で読む読書術:オーディオブックを活用する

今まで知らなかったのですが、「こんな方法がある」ということでご紹介。すばらしい音読の例としては、新潮社から発売されている朗読 CD がおすすめです。幸田弘子さんが朗読する樋口一葉の 『たけくらべ』 や、寺田農さんが朗読する谷崎潤一郎の 『春琴抄』 などを聞いていると、頭の中に意味がすっと入ってきます。そうした正しい読み方を学ぶことが、精読にはとても大事なことな..

音読すると理解できる

朗読mp3最近、ちょっとハマっているのが朗読。これは、特定の本を声優が読み上げてくれるもので、朗読 無料などと検索すると、意外にヒットします。私のお気に入りのサイトをご紹介しておきます。朗読源氏物語(simple版)【朗読】声を便りに、声を頼りに。青空朗読きくドラさすがにビジネス書は有料しか見つかりませんが。mp3 でダウンロードできるので、それを携帯やスマホに入れて、犬と一緒に散歩しながら聞いてます。ち..

■同じテーマの記事

朝スッキリ起きられるコツ:今日やることを考える

「デキる人は朝が早い」「朝活しよう!」仕事術を調べていると、よくこういうことを目にします。本ブログの記事でも時々、どうやったら朝はやく起きることができるのかについていろいろ書いてます。すり減らない働き方2ウォーミングアップをする判断は朝にする(黄昏効果)飲み会はコミュニケーションのツールか?遠足の朝理論朝活2度寝してはいけないA4脳が成功する早寝早起きでも、やっぱり朝起きられないときもあ..