新年会もひと通り終わりになって、夜のお誘いも多少、少なくなりました。

以前の記事に書いたように、金曜日と週末は1週間、1ヶ月、3ヶ月と言った一定のスパンの振り返りをするように週次、月次などのレビュー/プレビューをしてます。

週末は前の週を振り返り、翌週の段取りをする日ですので、1週間の効率は休日中に決まるといっても過言ではありません。
例えば、30分位上の作業はスケジュー表に記入することを、これまた以前の記事でおすすめしましたが、そのスケジュールを調整するのは、この振り返りのタイミングだけです。

■金曜日の飲み会


多くのサラリーマンは、飲み会というと水曜日と金曜日を選ぶことが多いようです。
私の会社も御多分にもれず、残業時間短縮が強く言われているので、水曜日と金曜日は定時の日です。
ただ、守らない人が多いですが…

それでも、飲み会を計画するとなると、みんなのスケジュールが入っていないこの「定時の日」を狙って飲み会の計画が入ります。

ただ、そうするとどうしても飲み会の前には退社しなくてはならなくなります。
たとえ、仕事が途中であっても。

多くの幹事さんが狙うのはやっぱり参加者が多くなる金曜日が多くなります。


■金曜日の飲み会はいかない


金曜日に飲みに行くと、翌日の出勤を着にしなくていいので、つい2次会、3次会と頑張ってしまい、終電ギリギリ。翌日は二日酔いで昼まで寝ていることになります。ひどい時は、1日中調子が出ない時も少なくありません。
たしかに、明日は休みだと思うと、気に入った同僚と時間を気にせずおもいっきり楽しみたい、ということも少なからずあります。

しかしながら、上記のように、今週のやるべきタスクをきっちり完成させて1週間を終わりたいですし、週末は、ブログの更新や週次レビューなどいろいろやりたいこともたくさんあります。

そこで、私は金曜日の飲み会は基本的に断るようにしてます。

逆に金曜日以外ならいつでもOK。
金曜日以外だと、翌日があるので、たとえハメを外してしまっても、誰かがブレーキを掛けます。
「まぁ、明日があるし…」ということで割合早めにお開きになります。

そうすると飲み過ぎることもありませんし、金曜日の夜や土日はしっかり自分の時間が確保できるということになります。

ただし、毎回断っていると「付き合いの悪いやつ」とおもわれるのもナンなので、1〜2ヶ月に1回くらいはやっぱり飲みに行きます。まぁ、付き合いを考えているわけではなく、誘惑に弱いだけかもしれませんが…。

■金曜日の午後はスケジュールを埋める


もし、飲みに行くことになっても、仕事が残っているとか、レビューが十分できないということがないように、私の金曜日のスケジュールは基本的に全部埋まってます。

ただし、会議やタスクで埋まっているわけではなく、週次レビューや翌週の計画を考える時間として埋まっているだけです。その時間帯に予定を入れられないようにしてあるわけです。

そうするとそこで新たな宿題をもらうことも、至急の仕事を言われることも少なくなります。
そのうえ、その日が飲み会であれば、午後からは土日にやるはずの週次レビューを前倒しでやってますので、土日多少お酒が残っていても、月曜日にはきっちりあるべき状態に持っていけるわけです。

もし、飲み会のスケジュールが入らず、土日に週次のタスクをやれそうなら、金曜日の午後はまるまる空き時間になります。そうしたら、長期スパンの課題をタスクに落としたり、

 時間があったら取り組みたいと思っていたタスクをやる

ことができるようになります。

原則、金曜日の飲み会を断るようになると、7割くらいはこういうことができるようになります。

長期的に見てやるべきこと、考えたいことが残っていると、普段タスクをこなしていても、ふとした時に思い出してしまって「あ〜、あれ考えておかなくちゃな〜」なんて気がそれてしまいます。

だから、自分が長期的に大事だと思っていることを考える時間を予約しておく。
ただし、他により「時間的に緊急なもの」が合った時にはその時間を使う。

というふうに用意しておくと、気になることが減っていきます。

こういった気になることを考える時間があると、意外とストレスが減りますよ。

■同じテーマの記事

ダラダラ癖から抜け出すための10の法則:自分の使った時間の記録のやりかた

過去記事でも何度か「日誌を書く」について書いてますが、これは実際いろいろな良い効果があります。ひとつは、忘れ物をしなくなること。もうひとつは、振り返り(いわゆる「レビュー」ですね)のときに、「事実」と「記憶」が結びつくこと。さらに、メモが活かせるようになること。他にもいろいろありますが、代表的な効果はこの3つです。これをさらに一歩進めると、「日」単位ではなく「時」単位の「時誌」になります。これをつけるようになると、日..

みんなとの会話に乗れない時の対処法

みんなと楽しく会話をしているときに、どうも自分だけ会話の中に入っていけないとか、滑っている、浮いていると感じたことはありませんか?私はときどきあります。なんか自分が発言すると、その発言を引いて(引き継いで)話をする人がいなくて、一瞬の間をおいたり途中で別の話題になってしまったり。なぜ会話に乗れないのかこれはいくつかの原因があるみたいです。自分の発言が場の雰囲気・状況にあっていない他人の話の意味・意図を取り違えて..

予定外の仕事を予定するツール

タスク管理をするようになると、今日やるべきタスクがこなしきれないまま1日が終わっちゃうことがあります。見積もり時間が甘すぎて作業中に時間切れになるならまだしも、着手すらできずに1日が終わったときには、なんか「サイテー」な気分になります。予定外の仕事多くの場合、そのタスクの予定必要時間はやれるはずの最小時間です。オーバーするのが普通。こっちにもいろいろ問題はあるのですが、本日のお題は予定外のタスクで消費される時間です。これがどのくらいの割合を占めているか..

手帳と日誌は連動してこそ力を発揮する

「手帳」。まあビジネスマンならたいてい持ってますね。私は持ってませんが…。何かを記録するときには、「メモ帳」を使います。たまにはスマホの録音機能やスマホのメモ帳。そして、「メモ」から・時間に関する情報を抜き出してスケジューラ・知識・思考に関する情報を抜き出してノート・関連情報や外部情報として OneNote などの情報収集アプリに移動をさせています。手帳の機能はこれらの、スケジューラ、知識、情報を全部詰め込んだものなのです..

反省するより記録しなさい

たぶん、今年の年初に立てた今年の目標で、仕事上の部門・グループの方針として立てたものが、手付かずで残っている人は少ないでしょうけど、個人で立てた目標は手付かずのままのものがあるのではないでしょうか。この差はなんだろうかというと、おそらく「強制力の差」と「チェックを入れる人の存在」だとおもいます。仕事上で立てた目標というのは、当然、上司と相談したうえで決めます。そしてその進捗管理を1週間なり1か月ごとに上司に報告しないといけません..

時間日誌の効用

「この仕事はだいたい3時間位掛かりそうだな」、「1週間お待ちいただけますか」って言った仕事ってどのくらいの精度で完成しているでしょうか?こういうのって、それに近いことをやった経験自体も必要ですが、経験を積むためには、「やった」だけではなくて「測った」「予測と実績の差の理由を考えた」という経験がないとなかなか精度が上がりません。予測精度をあげるために記録をつける予測精度が上がるとどんないいことがあるか、についてですが..