PCにメモ(忘備録)をとる人が多くなったように思います。
もちろん、だれかと立ち話をしている時や、飲み会、通勤途中などでは難しいのですが、オフィス仕事が多い人なら、大抵はPCに触れているので、メモ帳にメモをして、それをPCのリマインダやスケジューラに書き写すより、いきなりPCに書き始めたほうが早いというのはたしか。

PCでメモをとる上で、重要なのは、1〜2キーでメモが取れる体制、すなわち後は必要なテキストを入力できる状態になることです。

以下、私の普段のPC上でのメモのとり方のご紹介。


■何かのタスク


以前ご紹介しましたが、スケジュールやタスクの場合は、アウトルックで管理してます。
アウトルックはショートカットキーで新規タスクやスケジューラが立ち上がります。

詳しくはアウトルックのショートカット―Microsoftを見ていただいたほうが正確ですが、

 新しいタスク: CTRL+SHIFT+K
 新しい予定 : CTRL+SHIFT+A
 会議案内  : CTRL+SHIFT+Q
 新しいメール: CTRL+SHIFT+M
 メモ    : CTRL+SHIFT+N

ただし、アウトルックが現在のアクティブアプリでないと使えません。
このため、私はタスクバーにアウトルックを固定して2番めにおいてます。つまり、WIN+2で常にアウトルックがアクティブ化できるようにしてます。
たとえば、新しい予定を登録するときには

 WIN+2
 CTRL+SHIFT+A

の2アクション。


■PC付箋アプリをつかう


アウトルックでメモ帳もどきもありますが、実際ほとんど役に立ったことがありません。
なんでかというと、メモを書いても、アウトルックでメモの一覧を見に行かない限りどんなメモがあったかわからないからです。
これでは、GTDのINBOXのような役にはたちません。

行為時に便利なのが常駐の付箋アプリ。

私は、以前ご紹介しました AtrTipsに同梱されている PcFusen を使ってます。

まあ、どれを使っても似たようなものですので、ご自分のつごうのいいもので。

これならワンキー(設定次第)でいきなり入力できるモードになります。

■OneNote/Evernote


こちらは、あまりオススメではありません。
何しろ多機能な代わりに重い。立ち上げるだけで10秒以上かかります。

そんなことしてたら、「さっさとメモする」というスピード感がなくなってしまいます。

もちろん、身構えて事前に立ち上げておく、という方法がないわけではありませんが、こちらはノートとしての効果(思考を整理すること)は絶大ですが、メモ(思考を記録する)には向かないと思ってます。いちいちマウスに持ち替えて記入位置を設定して…では迂遠すぎ

■テキストエディタ


主に使っているのはこちらの方法。

テキストエディタは文字入力に特化したツールなので、動作が非常に軽いです。ただし、文字修飾などは一切出来ません(できるものもありますが)。

ただし、テキストエディタは、最初に対象ファイルを指定しないといけないので、いきなり入力できるわけではありません。そこで、メモするときには、

 バッチファイルで対象ファイルを固定して起動してしまう

というやり方をしてます。

具体的に言うと、以下の様なバッチファイル

★――――――――――――――――――――――――――
start c:\memo\memo.txt
――――――――――――――――――――――――――★


を作っておいて、これをデスクトップに memo.bat という名前で保存します。
その後、このバッチのプロパティで、ショートカットキーとして CTRL+ALT+R(別になんでもいいですが) を設定しておけば、CTRL+ALT+R を押せばあらゆる場面で、MEMO.txt の編集状態で立ち上がります。

通常のエディタは最後の編集位置を覚えているので、あとはそこから入力すればOK。

テキストの書き方のコツは、先頭の見出し文字を決めておくことです。
たとえば、私の場合

 ■  大項目
 ◆  中項目
 ●  小項目

のようにしてます。

さらに行末記号も決めておきます。

 ●  決定事項
 ★  宿題事項

たとえば、こんな感じ
★――――――――――――――――――――――――――

■×××プロジェクトミーティング


◆×××の生産日程変更について


 生産スケジュールが×月×日から×月○日に変更された
 課題の抽出が必要●
 今週中に部門スケジュールを出すこと(今週中)
――――――――――――――――――――――――――★


こんな感じです。
行末に●記号があるのは決定事項。★があるのが宿題です。

さらに、これらは日誌やタスクリストに書き写すときにカットアンドペーストしますので、処理したものから消えていきます。

■同じテーマの記事

ダラダラ癖から抜け出すための10の法則:自分の使った時間の記録のやりかた

過去記事でも何度か「日誌を書く」について書いてますが、これは実際いろいろな良い効果があります。ひとつは、忘れ物をしなくなること。もうひとつは、振り返り(いわゆる「レビュー」ですね)のときに、「事実」と「記憶」が結びつくこと。さらに、メモが活かせるようになること。他にもいろいろありますが、代表的な効果はこの3つです。これをさらに一歩進めると、「日」単位ではなく「時」単位の「時誌」になります。これをつけるようになると、日..

上司にお願いする作業は分解してから渡す

他の部門で、あまり自分の顔が売れてない(認知度が低い)時、何かをお願いしようとすれば、上司の名前を利用することになります。ようは上司に、名前と人脈を貸してください、とお願いする形になります。「××の案内のメールを発信してください」「関係者にトリガになる連絡を出してください」など。こういうときに、文面や宛先などを上司に考えてもらうのは、部下としてはちょっと気が利かないと言われてしまうかも。下書きを作る他人の名前で..

プレゼン資料でオリジナルのオートシェイプを使う

パワーポイントで図・絵を書く時、使えるオートシェイプの種類は四角・三角・丸(楕円)・吹き出し・矢印・星くらいしかありません。もちろん、これらを組み合わせることによっていろいろな図形を作ることは可能なのですが、ちょっと特殊な図形を書くときに知っておくといい方法があります。それが頂点の編集。基本図形は変形できる基本図形(四角、三角)のオートシェイプを選択すると、大きくしたり回転させたりできるようなハンドルが現れます。..

インターネット履歴を定期的にクリアする

インターネットの閲覧履歴は使っていれば結構な量たまってます。まあ、実害があるわけではないので、放置している事が多いのですが、古い PC をバックグランド処理ように運用していると、どうも気になります。以前の記事で紹介した Glary Utilities で時々消してはいるのですが、どうも 100% クリアはしてくれないようなので、「インターネット オプション」から履歴の削除を自動的に実行できるような UWSC ツールを作ってみました。インターネット履歴を自..

すべては掃除から始まる

私は以前はホコリとともに暮らしているような生活をしていました。とにかく掃除なんて面倒くさいことをしたくない。「ホコリごときで死んだりしないよ」。それが製造系の会社に入ると一変しました。とにかく 5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)を徹底的にやらされるわけです。まあ会社の中でも開発部門だったので、今思うとそれほど厳しくはなかったのですが、当時は「掃除、掃除ってうるさいなあ」と。まあ、「これも給料のうち」なので渋々したがってましたが。その後、なんやかんやあって、..

PDFから画像を「抽出」する

過去記事で、自炊した本を PDF にしてタブレットで読書していると書いてますが、最近は画像ファイルのままクラウドにおいて、そこで読書するようになりました。画像ファイルの便利なところは、・端末に全部ダウンロードしなくても必要なページだけ閲覧できる・保存が無制限に無料でできる(Google Photoなど一部のサービス)ところでしょうか。過去は PDF が扱いやすかったので、多くの自炊本は PDF にしてましたが、もうほとんど PDF は使わないので、順次 PDF を..