どうも日本語というのは、母国語で話し慣れているので、あまり意識しなくてもそれなりの文章が話せたり、書けたりします。

ところがちゃんと勉強してみると、以外に知らないことが少なくありません。

前回の「文体を揃える」という記事でちょっとだけご紹介しましたが、普段はあまり意識していない、「大和ことば(和語)」と「漢語」について。

■大和ことば(和語)と漢語を使い分ける


異なる単語で、ほぼ同じ意味を持っている単語があります。

これを大括りにすると和語/漢語に分けられます。

これを使い分けると、文章が柔らかくなったり、硬くなったりします。

たとえば、大和ことばで「考える」というのは「思考する」などの漢語に置き換えられます。
※最近では、カタカナ英語、和製英語なども…

大和ことばをつかうと、やわらかい印象を受けますが、漢語を使うとカチッとした印象を受けるので、レポートなどの論文や論理的文章を書くときには、漢語を使うように意識しています。

★――――――――――――――――――――――――――
 漢字を少なくするとやさしい文章になります
 漢字の削減によって平易な文章になる
――――――――――――――――――――――――――★


うける印象が違いますよね。

NHKで、「読み書きのツボ」という小学生向けの番組なのですが

 言い換えゲーム3〜和語と漢語〜
 http://www.nhk.or.jp/kokugo/tsubo/?das_id=D0005150038_00000

でうまく説明がされているので、ちょっと参考になります。

※…って、こんなことが仕事のヒントというのはレベル低すぎ?


■一つの文章で使い分けない


時々やる失敗は、これを一つの文章のなかで同時に使ってしまうことです。

 ・メンテナンスピンの折損により故障停止が発生した

と書いておきながら、別のところで

 ・メンテナンスピンが折れてしまったことにより、メンテナンスカバーが閉じられなくなり、異常検知システムが働いた

と書くと、ちゃんと読めば意味は通じますが、「ん?」と一瞬考えてしまいます。

もうひとつは、別々の言葉で、和語と漢語を混用するような場合。

 ・メンテナンスピンが折れてしまったため、メンテナンスカバーの開閉支障をきたし、安全保護機能が作用して

意識して読むと、ちょっと違和感がありますよね。

それぞれの場面や文章で適切な言葉を選ぶことも必要ですが、勢いで混用しないように注意すると読みやすい文章になります。

■関連する記事

多面的交渉術をトレーニングする「ピラミッド交渉力」

おそらく、交渉事が得意という人は少数派なのではないか、という気がしていますが、皆さんどうなのでしょうね?私はと言うと、交渉事は超ニガテです。一方で、過去記事でも何度か交渉モノの記事を「えらそうに」書いていますし、それなりに使えていると自分的には思っている部分もあります。いつまでたっても「得意だ」とは思えないところが救えないですが。本日は、交渉という人間関係のもっとも煩雑な部分にスポットをを当てた本をご紹介。紹介交渉..

多面的交渉術をトレーニングする「ピラミッド交渉力」

おそらく、交渉事が得意という人は少数派なのではないか、という気がしていますが、皆さんどうなのでしょうね?私はと言うと、交渉事は超ニガテです。一方で、過去記事でも何度か交渉モノの記事を「えらそうに」書いていますし、それなりに使えていると自分的には思っている部分もあります。いつまでたっても「得意だ」とは思えないところが救えないですが。本日は、交渉という人間関係のもっとも煩雑な部分にスポットをを当てた本をご紹介。紹介交渉ごと..

仕事で使える心理学4:ポイント抜粋―ストレスに対応する

仕事や日常生活において、だれでも自分は合理的にものごとを判断していると信じています。でも、じつは私たちはそれほど理にかなった生き物ではないようです。たとえば天気の良い日と悪い日でものごとの判断結果が違う。涼しく快適な環境と暑苦しい不快な環境では相手の印象が違う。このように無意識のうちに偶然の要因やまったく関係のない環境要因に影響を受けて判断していることがあるのです。そのことを自覚していないと、思わぬ落とし穴にはまって..

仕事で使える心理学3:ポイント抜粋―リーダーにとって必要なこと

仕事や日常生活において、だれでも自分は合理的にものごとを判断していると信じています。でも、じつは私たちはそれほど理にかなった生き物ではないようです。たとえば天気の良い日と悪い日でものごとの判断結果が違う。涼しく快適な環境と暑苦しい不快な環境では相手の印象が違う。このように無意識のうちに偶然の要因やまったく関係のない環境要因に影響を受けて判断していることがあるのです。そのことを自覚していないと、思わぬ落とし穴にはまって..

仕事で使える心理学2:ポイント抜粋―判断に影響する心理

仕事や日常生活において、だれでも自分は合理的にものごとを判断していると信じています。でも、じつは私たちはそれほど理にかなった生き物ではないようです。たとえば天気の良い日と悪い日でものごとの判断結果が違う。涼しく快適な環境と暑苦しい不快な環境では相手の印象が違う。このように無意識のうちに偶然の要因やまったく関係のない環境要因に影響を受けて判断していることがあるのです。そのことを自覚していないと、思わぬ落とし穴にはまって..

仕事で使える心理学1:詳細目次

仕事や日常生活において、だれでも自分は合理的にものごとを判断していると信じています。でも、じつは私たちはそれほど理にかなった生き物ではないようです。たとえば天気の良い日と悪い日でものごとの判断結果が違う。涼しく快適な環境と暑苦しい不快な環境では相手の印象が違う。このように無意識のうちに偶然の要因やまったく関係のない環境要因に影響を受けて判断していることがあるのです。そのことを自覚していないと、思わぬ落とし穴にはまって..

■同じテーマの記事

後出しの法則で信頼度を挙げる

自分の主張を強化する方法あることを主張しようとして、同じ意見を述べている著名人の発言を引用することがありますね。たとえば、仕事は、だれかの成果に寄与することが重要です。と述べた時に、かのドラッカーも「仕事は貢献に焦点を合わせるべきである」と述べています。というように。何しろ、凡人が言うよりも、やっぱり著名人や一流と認められる人の意見というのは影響力がありますから。凡人がいくら、「悟りとはこういうものです」といったところで、..