■結果が全てじゃない


よくスポーツなどでこういったことが言われますね。
会社でもそれを聞く時がありますが。

先日部下と飲み屋で話しをしている時に、ちょっととなりから聞こえてきた言葉がこれでした。
どうも営業をやって見える方のようで、上司が営業成績だけで部下を評価していることが不満だったようです。

 「結果しか判断材料にしないんだよな〜」
 「ちゃんとプロセスも見ろよな〜」

なんてことを(正確には覚えてません)言っていたように記憶してます。
もちろん、聞こえないふりをしてましたが。

■結果で評価する


少なくとも私は、

 結果が出せない人は評価しません

なぜなら、結果が出せないプロセスは正当なプロセスではないから。
結果をみれば、プロセスがわかるからです。

毎日、朝早くから夜遅くまで頑張って仕事をしていた人、でも、目標が達成できなければ、

 残念だったね

で終わり。評価点はBランク(不可)を付けます。

定時で帰っていた人、でもちゃんと今期の目標は達成した。

 はい、Aランク(優)

というわけです。

頑張ったかどうかは関係ありません。

同等の成果を出した人のなかで、比較するのであれば、頑張った人をより評価します。
もちろん、その人の基礎能力から見て、頑張ったかどうかで、残業時間ではありませんが。


■結果が出ないのはプロセスが悪いから


結果が出せるようなプロセスを踏んでいれば、絶対に結果は出ます。
もちろん環境に影響されることはあるでしょう。

でも、株式のディーラーやブローカなどのような特殊な場合を除き、通常の会社員で、自分でリスクを考慮して、リスクヘッジをしていれば、結果が伴わないということは多くの場合ありません。

つまり、外部要因出会っても、その人の責任だと思ってます。
もちろん、自分も外部要因で結果が出なかったからといって、上司に言い訳したことはありません。
  できなかったのは自分が悪い
と報告します。

■世界に一つだけの花


以前にこの歌、流行りましたね。
でも、あれは、SMAPというトッププレイヤーが歌ったから意味があるわけです。

あれを、私が吠えたからといって、だれも耳をかさないでしょう。

会社への貢献度という同じ指標で評価されている会社員にとって、「個性で評価してください」なんて言われても、「は?」です。

■評価される指標で勝負する


自分がどの様な指標で評価されているかを考えて、ノートに書き出してみてください。
そして、それを毎日見返してください。

それ以外の軸ではあなたは評価されません。評価されなければ、サラリーマンとしては成功できません。

■同じテーマの記事

無理矢理にでも休みなさい

会社によって、数は違うかもしれませんが、サラリーマンには「年次休暇」「有給休暇」という制度があります(以下、呼び方として「有給」と省略します)。制度上は確かにあるのですが、会社や部署によって、取りにくいところと取りやすいところがあります。もちろん年中無休の職場などだと、全員が一斉に休まれてはこまるので調整しているところもあるでしょうけど、調整をしてもらえるならいいほうで、「有給を取らせてください」などと言いにくい(直接的に拒否は..

やってはいけない睡眠学習

随分昔ですが、「睡眠学習」というのが流行りました。寝ている間に英語のテープなどをかけっぱなしにしておくと、自然に英語が身につく、というようなやつ。いまだに学会では睡眠学習に関する報告がなされているみたいですね。Wikipediaによると1924年のJenkinsとDallenbachによる、記憶は覚醒中よりも睡眠中のほうが保持率が高いという実験結果[:en]が曲解されたという..

容量無制限で自炊本をクラウドに置く方法:自炊にはJPEG画像が最強なのかも

自炊した書籍を PDF にしてタブレットで読書、というのが自炊読書の定番のようなのですが、実はちょっと問題があったりします。大量の本を持ったときに、保存しておくところがない…と。もちろんハードディスクも大した値段ではなく、3TB で1万円ほどなので買えばいいだけなのですが、ローカルにあると「読みたい」と思ったときには自宅で準備しないと読めません。出先で「あ、あの本撮ったよな…」と思い出しても自宅に帰るわけにも行かず、「帰ってから読もう」になって、帰った頃にはもうすでに..

複数の仕事を並行して進めるための必須作業

多くのビジネスパーソンはたいてい複数の仕事を持っています。定常業務にしろプロジェクト業務にしろ、1日に一つの仕事だけをしていたなんて言うことは、新人として配属された直後くらいしかないのではないでしょうか。そんなときに、似たようなタスクがあると、「あれ?済んでたっけ?」とふと頭をよぎることがあります。たとえば、・プロジェクトの今週の週次進捗レポートを作る・××プロジェクトの今月の計画表を作るプロジェクトの進捗レポートを書いているときに、「これってこの..

相手に気持ちよく喋らせる減衰曲線

コンサルタントなどが相手にうまくしゃべらせるためのコツがあるそうです。幾つか調べただけのものも含めてご紹介します。相手にしゃべらせる方法というのは、大きく3つあって、・しゃべりやすいという印象を持たせる・自分ばっかりがしゃべっているという印象を持たせない・ウソ(誤解)や間違いに引っ張られないなのだそうです。しゃべりやすいという印象を持たせるようは、「自分が話している内容が自分にとって不利益になるようなことにな..

マインドマップソフトでループ図を作成する方法

システム思考のツールとしてループ図という図解方法があります。「ループ図」とは、ある原因となる事象があって、それが別の事象に影響を及ぼし、それが巡り巡ってもとの事象の原因になるようにな現象を説明したものです。たとえば、お金に困る→ギャンブルに手を出す→儲からない↑↓++みたいな…。ループ図を書くツール考える上で図にして考えるというのは、すごく効果があります。ただ、これをノートに書くと、一度..