★――――――――――――――――――――――――――
基準は高く設定する必要がある。
 :中略
基準を低くスタートすれば、やがて高くなるということは決してない。
「ゆっくり」と「低い」は意味が違う。
 :中略
その基準は高く、目標は野心的でなければならない。しかし達成可能でなければならない。少なくとも相応の能力のある者には達成できるものでなければならない。

P.F.ドラッガー著    『非営利組織の経営
――――――――――――――――――――――――――★


ハイキングに行って、気がついたらエベレストに登頂していたなどということはありえません。
到達できる高さは最初の設定によって決まります。

1メートルの川を飛び越えようとするなら、2メートルの川があったらお手上げです。

オリンピックで金メダルを取る、甲子園で優勝する、ワールドカップで優勝する。
その目標があったからこそ、実現できたわけです。ただし、必ず実現できるとは限らないのが現実が厳しい点ですが、少なくとも目標として立てていない人はそれを達成できることはないでしょう。

チャレンジャブルな目標は自己成長を促します。

生産性を「10%上げる」という目標を設定するのと、「3倍にする」という目標を立てるのでは取り組み方も発想も変わってきます。既存の延長線ではなく革新を目指せば到達点はたとえ3倍にならなくとも、10%どころではすまないでしょう。

チャレンジャブルな目標の究極は、「完璧」でしょう。生涯手に入らないのは確実ですが、それを理解してなお「完璧を求める」人がいます。

本書の著者P.F.ドラッガーもその一人だったと言われています。

「完璧」という基準の前には、満足は起きません。常に反省と改善の繰り返しが生まれます。
ドラッガーは「知的傲慢」を知らないことで色々な語録を残しています。

「人生最高の著作は?」と聞かれて、

 「次の著作だよ」

と。

目標とビジョンを追求する姿勢は、「老い」ではなく「成熟」を成し遂げるコツかもしれません。






■参考図書 『非営利組織の経営





立ち読みできます立ち読み可
非営利組織にこそ、ミッション・リーダーシップ・マネジメント
の本質がある。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

非営利組織の経営
著者 :P.F.ドラッカー

非営利組織の経営
検索 :最安値検索

非営利組織の経営
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 明日を支配するもの:資産の保全こそマネジメントの責務である
 明日を支配するもの:知識労働者には自律性と責任がともなう
 ドラッカー:人は、自らがもつものでしか仕事はできない
 自分を律すること
 働く動機を満たす行動をする
 到達点は目標で決まる
 ドラッカー名著集4 非営利織の経営

●このテーマの関連図書


非営利組織の成果重視マネジメント―NPO・行政・公益法人のための「自己評…

ドラッカー名著集8ポスト資本主義社会

ドラッカー名著集7断絶の時代

ドラッカー名著集11企業とは何か

ドラッカー名著集10産業人の未来(ドラッカー名著集―ドラッカー・エター…

ドラッカー名著集12傍観者の時代(ドラッカー名著集12)



■同じテーマの記事

全体最適トラップを避ける方法

「全体最適」かっこいい言葉ですよね。かつてはこんな言葉なかったのですが、これが使われ始めたのはどの辺だったのでしょうか。「全体最適」は攻撃の言葉この言葉は何かの交渉をして相手から譲歩を引き出そうとするときに使う言葉です。実は多くの人が内心はわかってます。ただし、それを公に言うと「あいつは…」とか言われてしまうので言わないだけです。たとえば上司から「課長、来月1か月間だけでいいからさ、おたくの営業第1課から、営業第2課の方に、業務応援として人を3人出..

手帳と日誌は連動してこそ力を発揮する

「手帳」。まあビジネスマンならたいてい持ってますね。私は持ってませんが…。何かを記録するときには、「メモ帳」を使います。たまにはスマホの録音機能やスマホのメモ帳。そして、「メモ」から・時間に関する情報を抜き出してスケジューラ・知識・思考に関する情報を抜き出してノート・関連情報や外部情報として OneNote などの情報収集アプリに移動をさせています。手帳の機能はこれらの、スケジューラ、知識、情報を全部詰め込んだものなのです..

仕事で使える心理学3:ポイント抜粋―リーダーにとって必要なこと

仕事や日常生活において、だれでも自分は合理的にものごとを判断していると信じています。でも、じつは私たちはそれほど理にかなった生き物ではないようです。たとえば天気の良い日と悪い日でものごとの判断結果が違う。涼しく快適な環境と暑苦しい不快な環境では相手の印象が違う。このように無意識のうちに偶然の要因やまったく関係のない環境要因に影響を受けて判断していることがあるのです。そのことを自覚していないと、思わぬ落とし穴にはまって..

仕事で使える心理学1:詳細目次

仕事や日常生活において、だれでも自分は合理的にものごとを判断していると信じています。でも、じつは私たちはそれほど理にかなった生き物ではないようです。たとえば天気の良い日と悪い日でものごとの判断結果が違う。涼しく快適な環境と暑苦しい不快な環境では相手の印象が違う。このように無意識のうちに偶然の要因やまったく関係のない環境要因に影響を受けて判断していることがあるのです。そのことを自覚していないと、思わぬ落とし穴にはまって..

反省するより記録しなさい

たぶん、今年の年初に立てた今年の目標で、仕事上の部門・グループの方針として立てたものが、手付かずで残っている人は少ないでしょうけど、個人で立てた目標は手付かずのままのものがあるのではないでしょうか。この差はなんだろうかというと、おそらく「強制力の差」と「チェックを入れる人の存在」だとおもいます。仕事上で立てた目標というのは、当然、上司と相談したうえで決めます。そしてその進捗管理を1週間なり1か月ごとに上司に報告しないといけません..

時間日誌の効用

「この仕事はだいたい3時間位掛かりそうだな」、「1週間お待ちいただけますか」って言った仕事ってどのくらいの精度で完成しているでしょうか?こういうのって、それに近いことをやった経験自体も必要ですが、経験を積むためには、「やった」だけではなくて「測った」「予測と実績の差の理由を考えた」という経験がないとなかなか精度が上がりません。予測精度をあげるために記録をつける予測精度が上がるとどんないいことがあるか、についてですが..