人が成長するのに必要な最も大切なのは、経験です。

どんなに本を読んでも、どんなに講習会に出たとしても、成長できるわけではなく、やっぱり経験しないと成長しません。

しかし、じゃぁ経験年数の長い人が優秀かというと、そういうわけでもありません。
何が違うかというと、

 振り返り学習をしたか

にあるようです。

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

さて、会議がある程度進んできたら、適度に振り返ることも大切です。「今までの件について、森田さんはどう思いますか?」「このように決まったんですが、川崎くんの今の気持ちを教えてもらえる?」といろいろな人に振ってみるのです。そして、会議の最後には、「感・学・気」の三文字で、何を「」じたか、何を「」んだか、何に「」づいたかを振り返ることが大切です。

嶋津良智(著) 『あたりまえだけどなかなかできない上司のルール
――――――――――――――――――――――――――――★


さすがはコンサルタント業をするだけのことはある。
わかりやすい標語ですね。

 「感・学・気」

はとても気に入りました。


■日誌のAAR


以前の記事、5項日誌でも触れましたが、私は日誌にイベント毎に振り返りをいれてます。

ただ、単純に「振り返り」といっても、何かネタが簡単に出るわけではありません。

最近、会社では、プロジェクトの途中途中で、「振り返り」をして、役員に報告することが義務化されて、関係者を集めて、「何かない?」とやるのですが、これといったものが出てきません。

上記5項日誌にも書いた AAR という手法です。

AAR (After Action Review) とは
★――――――――――――――――――――――――――
これは1970年代半ばに米国陸軍で導入された手法で、元は戦闘シミュレーションから教訓を得るために取り入れられたものです。そして湾岸戦争やハイチ介入で本格的に実践活用されるようになりました。

AARでは、戦闘シミュレーションが終わった後に、参加した関係者が集まって、常に次の四つの質問を軸に議論が展開されます。

1.我々がやろうとしたのは何か?
2.実際には何が起きたのか?
3.なぜそうなったのか?
4.次回我々がやろうとするのは何か?

ポイントは、この目的は「学びと改善」であり、任務に成功したか失敗したかは問わないし、あくまでも訓練であって評価ではない、というという点です。

組織が学びを蓄積しパフォーマンス向上を図る手段であり、採点の道具ではない、という点が重要です。

AAR(After Action Review)―IT media Alternative
――――――――――――――――――――――――――★


実際やってみると、予想と結果、差の原因、次への課題、という4つがセットになっていて、とても優れた方法ですが、それでも出ない時に、この「感・学・気」を試してます。

最近は、これをカスタマイズして、以下の様な項目を書き出すようにしてます。

・予  何をしようとしたのか
・行  実際に何をしたのか
・結  その結果はどうだったのか
・差  「予」と「行」の差はなぜ発生したのか
・学  そこから何が言えるのか(何を学んだか)、何を感じたか、何に気がついたか
・改  次から何を、どうしようと考えるか

※「よこうけっさがっかい」と読みます。

このコツは、予と行の差のあるものを探すこと。
同じものだと、次が続きません。

また、「感」(何を感じたか)というのは、「難しいなぁ」とか「思い通りに行かないもんだ」など、ほとんどつぶやきレベルにしかならないので、外しました。

こんな方法で振り返りをしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

 成行(なりゆき)メモ
 5項日誌(2)
 5項日誌(1)

もご参考にどうぞ。



■参考図書 『あたりまえだけどなかなかできない上司のルール





立ち読みできます立ち読み可
日常業務をこなす中で、人材に教育を施している時間もお金もない。そんな企業にとってもっとも重要なのは、上司がオンジョブトレーニングを施していくこと。それが最も効果的で効率的な人材育成です。
著者の嶋津氏は「優秀な部下を育てられる上司」を育成する方法を体系立ててまとめた「上司学プログラム」があり、それが効果を上げている。
本書は、このプログラムの中から、明日からでもすぐに使えるノウハウだけをまとめた。
新米上司や部下との関係で悩んでいる上司、今以上に組織・会社の結束力を強め業績を上げたい上司の皆様にとって日々の行動指針となり手離せない1冊になる事でしょう。






◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

あたりまえだけどなかなかできない上司のルール
著者 :嶋津良智
楽天では見つかりませんでした
あたりまえだけどなかなかできない上司のルール
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 仕事の五要素と5W2H
 振り返りのコツは「予行結差学改」
 わかってから報告しても手遅れ
 催促されない
 必ず人がモチベートされるされる方法
 あたりまえだけどなかなかできない上司のルール

●このテーマの関連図書


だから、部下がついてこない!

プレイングマネジャー入門〜時間がない中で「自分の結果」と「部下の結…

あたりまえだけどなかなかできない教え方のルール(アスカビジネス)

目標を「達成する人」と「達成しない人」の習慣(アスカビジネス)

怒らない技術(フォレスト2545新書)

怒らない技術2(フォレスト2545新書)



■同じテーマの記事

メモを復習する

せっかくメモを取ったのに、そのメモを「書いただけ」にしておいてはもったいない。書いたものは見直さないと頭には入りません。いわゆる出したり入れたりすることで、脳内に記憶として定着します。記憶として定着したものだけが、必要なときに取り出せる状態になります。メモは書き写し、書き写したノートを復習する別記事で書きましたが、毎日就業前の30分は振り返りの時間にしています。私は「毎日、日次レビューをする」ことをルールにしてます..

PC画面の色温度を自動調整する「f.lux」

仕事の種類にもよりけりですが、1日中PCを観ていると結構目が疲れます。このため、私は目薬が欠かせないのですが、やっぱり、定期的に休憩するのが良いみたいですね。1時間に1回くらいは休憩して遠いところを見ると良いそうなので、気分転換がてらちょっと外に行って深呼吸するとかタバコを吸う(こっちが本命)とかしたほうが良いかも。PCモニタの色温度「色温度」っていう単語自体があまりPCや画像処理に縁のない人からすると、意味不明語なのかもしれませんが、まあ、PCの明るさを表..

深呼吸をしてストレスを解消する

ストレスを解消する方法として、お手軽にできる方法として「深呼吸する」という方法があります。ちょっときついな、と思ったら深呼吸をする、ちょっとしたことですが普段からのメンタルケアにはいいかもしれません。呼吸が浅くなってきたら深呼吸をする人に限らないですが、緊張状態になると呼吸が浅くなります。これは動物として必要なことなのですが、呼吸が浅い状態が続くと酸素が十分に回らずに余計に緊張状態が続きます。気分を入れ替えるために、い..

記憶術:同じような問題を繰り返し考える

囲碁や将棋は1局でだいたい 200 手を相互に打ちます。プロ棋士は、これをほぼ全部記憶しているそうです。ある局面を見せられると、その前後に打った手を再現することなど簡単なのだそうな。ところが、ど素人が打った棋譜は全く覚えられないらしいです。ここに記憶術のヒントがあります。パターンを見極めて覚える記憶術プロ棋士は、ある局面を見たときに、次にどのようなパターンが考えられるかを膨大に覚えています。そのパターンがわかっていれば..

日記を書く理由、日誌を書いたほうがいい理由

私はほぼ毎日、日誌をつけてます。日記ではなく日誌。ここには結構こだわりがあったりします。辞書で調べてみると、「日記」の項には「毎日の出来事や感想などを書いた記録。日誌。と書かれていて、日誌と日記はほぼ同じようなものみたいなのですが、たとえば、「航海日誌」は「航海日記」とはいいませんよね。違いは、事実を書くか、感想(印象)を書くかの違いではないかと考えてます。確かに、私は日誌に「あのヤロー、気に入らね〜」みたいに感想(?)を書くことも少なくありませんが、基..

電車に乗ったら奥に行く

電車に乗った時にどこに行きますか?私の感覚だと、出入り口で立ち止まる人が多いですね。電車は奥のほうが空いている逆に言うと、電車の奥のほうというのは、みんな行きたがらないんです。相対的には空いてます。通勤中に本を読んだり、何かしようと思うならぎゅうぎゅう詰めのところより、人と人の間が少しでも空いている方が楽です。当たり前ですが。おそらく多くの人は、電車が目的の駅に停まったらすぐ降りられるように出入り口に立ち止まるのでしょうけど、出入り口近くにいても、改札まで無人状態で..