<!--
TITLE 席次を記録する
TAG 議事録,記憶,記録
CATEGORY ハック
BKREF -->
<br>私は何かの会議に出ると、ノートに誰がどこに座ったかをノートに書いてます。<br><br>大した絵ではありませんが、図解式で。<br><br>単に、ホワイトボードに見立てた一本線を書いて、その前に机に見立てた長方形を書きます。<br>その周りに、人の名前をまるで囲みながら書いていくだけです。1分もかかりません。<br><br><br>

■レイアウトがわかると発言がわかる


会議の議事録を作ったり、自分用の会議メモを書いたりするときに、あとで思い出そうとしても、「あれ、誰が言っていたかなぁ」と思い出せない時がよくありますよね。

脳科学のことはよくわかりませんが、発言者を特定するときに、「どこのあたりにいた人が発言したか」という空間的な情報というのは案外記憶に残ってます。
おそらくその日のウチであれば、ほとんどの発言は、細かいニュアンスは別として、「大体こんなことを、この辺りに座った人が言った」というのは記憶に残ってます。

私だけですかね?

■議事録を作るときに略号で人を表す


議事録を書くときに、正式な議事録は発言者の名前をちゃんと書きますが、メモの時にはそんなことしてられません。
その時に、

 発言者は右回りに1番からふる

と決めておいて、

 (1) :×××が○○で、□□□が▼▼▼だよ

とか書いておけばいいわけです。あとでそれを照合すれば誰の発言かわかります。
特に、名前がわからないときには、とりあえず番号で記録しておいて、何かの拍子に「●●さん」と呼ばれたら、さっと席次図に書き込んでおけば、結構記憶に残ります。


■力関係を知る


意外と座る場所というのはそのグループ内での力関係を知るのに役立ちます。

 ・役職はないけど、この人はよくホワイトボードの真正面に座るなぁ。
 ・この人はよくホワイトボードに出て行きやすい位置に座るなぁ

とか、過去のパターンが見えてくると、そのグループにおける力関係がわかります。
もちろん、付き合いの長い人たちであれば、そんなことしなくてもわかると思いますが、あまり付き合いのない部門や社外の人とのミーティングだと、そのグループのキーマンを知るというのは、交渉において、初歩の初歩ですね。

■同じテーマの記事

素早くメモが取れる「パームレストふせん」

普段、メモをとるのには小型の付箋をメモ帳の台紙に貼り付けて使っています。メモ帳の台紙は結構固くて、立ってメモを書くのにも使えるのと、書く面にカバーが付くので、紙が擦れてツルツルになったり、汚れて書きにくくなったりしないからです。ただ、どうしても取り出すのには数秒の時間が必要なので、机などの固定された場所には、付箋を机自体に貼り付けて書けるようにしています(「デスクトップふせん」と呼んでます)。パームレストに付箋を貼る会議などで机から離れるときには、この「..

必ず手帳をチェックする時間を決めておく

今日、このあと退社するまでのスケジュールって言えますか?××時にさんと打ち合わせ××時にチーム進捗会議××時に退社タスクはとと…これがスラスラ出てくるようなら、このネタはあまり役に立たないかも。私はたいていスラスラは出てきません。ちょっと考えると出てくるときが多いですが、「え〜っと」と言いながら、おもむろにパソコンを開こうとします。手帳をチェックする時間『手帳300%活用術』という本にこんなこと..

今日学んだことを3つ上げなさい

以前の記事5項日誌(1)で、「今日発見したこと」を日誌に書くということを続けている、と書きました。始めてからかれこれ3年くらいかな。結構続いてます。ちょっと前に読んだ本ですが、マッキンゼーのコンサルタントもやっている、と書かれていたのでちょっと共有。今日学んだ最も大事な三つのことはなんだろう?マッキンゼーって、本当に三つが大好きですね。何でもかんでも三つ。という皮肉はおいておいて、まずは以下を読んでみてください。P..

通勤どこでも仕事術:本は電車にのる前に出しておく

通勤電車の中で勉強になる本を読む。いかにも勉強熱心なビジネスマンですね〜。現実はと言うと、電車が来るまでの待ち時間にスマホでゲームを始めてしまい、もうちょっとキリになるまで…。で、気がついたらもう目的地。あらら・・・。電車に乗る前に準備しなさい電車で本を読む習慣をつけるには、実は簡単な方法があります。それは電車待ちのときに、本を出して手に持っていることです。元ネタはこちら…..

記憶術:赤のサインペンで書き写す

なにかを記憶したいというときに、使えるのが赤のペンで大きな字を書くというやりかた。「赤」というのは、多くの動物にとっては、「血」の色を連想させます。つまり、そこに着目が行きやすい色です。だから、大抵危険を知らせるような重要なものには赤が使われているんですね。もうひとつは、大きな字です。この記事でも、大きな字を使っていますが、目立つでしょ。結局、目立つものは記憶に残りやすい、というルールをつかって記憶に残す方法です。赤..

PC環境のレビューをする

以前はハードディスクの信頼性が低かったため、よく故障しました。イマドキのPCは、故障する確率が低くなってはいますが、やっぱり物理的に動作しているものは、劣化したり故障したりします。仕事において、社内のシステム管理をしている関係上、そういうところに敏感なのかもしれません。なので、過去記事常にバックアップを作っておくバックアップなどで書いたように、同じデータをあちこちに持っています(たいていは5箇所くらいなのですが、さすがにこれはやり過ぎ、という自覚はあります..