ちょっと気分を変えて、今まで「仕事術」に分類してきた、部下マネジメントの関連を新しいカテゴリ「マネジメント」にさせようと思います。

本日はその第1号。
進捗管理のヒントについて書いてみたいと思います。

■進捗が悪い時の対応


管理職になるということは、部下がついて(部下なし管理職もいますが、ここでは除外して)、部下に業務を振り、その結果をチームの成果として出していかないといけない立場になる、ということです。リーダーでも同じですが、違いがあるのは、その部下の人事的評価をするかどうかと、組織としてのの成果に責任を取らなければならない、ということです。

そこで一番悩むのは、誰かに仕事をふることではなく、振った仕事の進捗が期待通りにならないことや、期待通りの結果が出ないことです。

管理職になるような人は、当然仕事も他の人よりできることが多いので、「自分がやっていたら、こんなもの1時間で終わるのに…」とストレスをためながら、「できた?」などと話しかけるわけです。

■やれていない理由を探る


進捗が思わしくないない部下であっても、組織のリーダになった以上は、その組織を最大限活用して、組織の人数の総和以上の成果を出さないといけません。

これには、部下のレベルアップが必須で、レベルアップするには、部下の問題点をひとつづつ解決していく必要があります。

個人個人の業務の進捗が思わしくない原因は単純に分類して3種類あります。

 1.やる気はあるのに技術がない
 2.そもそもやる気が無い。意図的に放置している
 3.放置している意識がない

場合が考えられます。
※注記:上司の経験的な「このぐらいに出来るだろう」という感覚とと部下の実力の乖離については、ここでは問題にしません。


■1.やる気はあるのに技術がない


この場合はそのスキルを教育するしかありません。どのようなスキルが必要で、それがいまどの程度のレベルなのかを上司や先輩が把握し、ひとつづつ教えていくことになります。

これには「スキルマップ」というものが役に立ちます。
ネットで「〜のスキル(技術)」などと調べると、体系的にまとめてくれている資料が見つかりますので、それをベースに、自分の部署のおかれた状況に合わせてカスタマイズして、それにレベルをつけてスキルマップを作成します。

例えば、情報処理の技術で言えば、情報処理試験のサイトに、どの様な技術が必要なのかは書いてあります(こちら参照)。そういったものを転用して、抽象化された全体像から、具体的な自分のチームのスキル名称を作っていくわけです。
ここら辺も、また時間があればご紹介したいと思います。

■2.そもそもやる気が無い


なぜやる気が無いのかを考えていく必要がありますが、私個人としては、最近はこの問題はあまり深く考えたことがありません。

というのは、「やる気がない」「意図的に放置している」というものは個人の心情に関わるものであって、最終的に他人の私がどうこうできるものではないことが多かったからです。

かつてはいろいろ手をつくして、本人の不満を聞いたり、飲みに誘ったりして何とかしようとしましたが、結局なんともならなかった事が多いです。
表面的には改善しても、結局個人の好き嫌いに関わってくるので、20歳を過ぎた大人が、そう簡単に変わるようなものではありません。

つまり、そういう人を変えようと思うと、労力が多くいる割に結果を出しにくい、コストパフォマンスが悪いということなので、それよりも、もっと改善効果のあるところ(やる気はあるが技術がないなど)に集中することにしてます。

ただ放置すると、ウイルスみたいに他のメンバーに影響することがあるので、基本的には人事的措置をとります。つまり、その人には今の部署を離れてもらうということです。

3.の「無意識の放置」については、もう少し深く原因と対策を考えているので、明日また考えてみることにします。

ということで、つづく…

■関連する記事

仕事の進捗のマネジメント2

前回は、仕事の進捗のマネジメントをする上で、個人の作業として遅れている仕事の原因と対処方法についての前半をお送りしました。簡単に概略を書くと、遅れる原因は3つ。1.やる気はあるのに技術がない2.そもそもやる気が無い。意図的に放置している3.放置している意識がない1.については、その技術を教えれば対応できる2.については人事措置をとる..

仕事の進捗のマネジメント1

ちょっと気分を変えて、今まで「仕事術」に分類してきた、部下マネジメントの関連を新しいカテゴリ「マネジメント」にさせようと思います。本日はその第1号。進捗管理のヒントについて書いてみたいと思います。進捗が悪い時の対応管理職になるということは、部下がついて(部下なし管理職もいますが、ここでは除外して)、部下に業務を振り、その結果をチームの成果として出していかないといけない立場になる、ということです。リーダーでも同じですが、違いがあるのは、その部下の人..

目標は自分だけが管理できる

目標管理目標管理を採用している組織は多い。しかし、真の自己管理を伴う目標管理を実現しているところは少ない。自己目標管理は、ス口ーガン、手法、針に終わってはならない。原則としなければならない。P.F.ドラッガー著『マネジメント』ドラッガーは各種の著作で、以下のように述べています。知的労働者は第三者が管理・監督するこ..

ドラッカー365の金言:組織の精神はトップから生まれる

本日の巨人:P.F.ドラッカー本日のお言葉:組織の精神はトップから生まれるお言葉の出典:『ドラッカー365の金言』ドラッカーの『マネジメント』から、「リーダーの真摯さ」のお言葉。この文章は、『ドラッカー365の金言』から引用しました。組織の精神はトップから生まれる。真摯さを絶対視して、はじめてマネジメントの真剣さが示される。それはまず人事に表れる。リーダーシップが発揮..

人を動かす:罰則は「前向きさ」を失わせる

いままでスティーブン・R・コヴィーの『7つの習慣』やドラッカーのいろいろな著書(主に『マネジメント』)について、「巨人たちの言葉」シリーズを書いてきましたが、今回からこれに加えて、ディール・カーネギーの『人を動かす』でも書いていきたいと思います。今回は、『人を動かす』から「第一章:盗人にも五分の理を認める」から。悪人には悪人の「理」があるクローレーが逮捕された..

知覚コントラストを利用する

最近テレビを買い換えたのですが、テレビの売り場で見た時には、大して大きく感じなかったものの、実際に家に持ってくるとすごく大きい(場所をとる)事に気がついたりしました。ふと思い出したのが、「知覚コントラスト」というキーワード。思い返してみると、この「知覚コントラスト」って、交渉術のとても大きな技術のひとつです。まあ、簡単に言ってしまえば10円のものから考えると100円というのは高い。10万円と10万100円を比べると別にどうと..

■同じテーマの記事

楽しい仕事と苦しい仕事の違いを考えてみる

仕事にはいろいろな問題が付きものです。というか、問題を解決するのが仕事なのかもしれませんが。で、その同じ仕事でも「楽しい」と感じる場合と、頭から離れなくなってストレスになる場合があります。ところが、あるレベル以上になった人に時々見かけるのが、「24時間仕事の事を考えている」といって自慢する経営層のかた。まぁ、その人はそれで問題ないのだから好きにしてくれればいいのですが、問題はそれを部下にも押し付けたりされる場合があります。「ビジネスマンたるもの常に仕事の事を..