なにかの業務を改善を仕事で請け負った時によくあるのが、

 改善のために××システムを導入する

などということがあります。

そういう活動をしているといつの間にかシステム導入をするのが目標になってしまう場合がよくあります。

それほど大きな活動ではなくとも、「部門でPCアプリを効果的に使おう」ということで、PCアプリに詳しい人を先生にして、「相談窓口をつくろう」などとやることが時々あります。

あるいは個人の生産性を上げたくて、「『××手帳』を使うようにする」みたいなものもありますね。

■手段の目的化


よく失敗するのが、この

 ××システムを導入する
 ××相談窓口をつくる
 ××手帳を買う

とかいうやつで、それを作ることが目標になってしまうような場合です。

こういうのは結果として「できた」か「できなかった」かがすごくわかりやすいです。「××相談窓口」という旗をその人の机の上に立てておけば、いかにもやったような気がしますから。

でも冷静に考えてみると

 ××システムを使ってなかった
 ××相談窓口に誰も相談に来なかった
 手帳が神棚に飾ってある

ことで本来やりたかったことができたのでしょうか?

できてませんよね。

これを称して手段の目的化というみたいです。


■システムでは成果は出ない


私の仕事は社内のシステム構築が担当なのでよく分かるのですが、システムを導入してカットオーバーするとみんな喜んじゃうんですね。

システム導入におけるカットオーバーの時の報告会に出席すると時々総評を言うように言われるので、「私はシステムには興味がありません」とまず最初に言います。
システム屋の代表がこういう発言をすると、結構皆さんの興味を引きますよ。

私としては、そのシステムを使って成果を出すことに興味が有るわけです。それがほしい成果=元々の目標ですから。

そこを見失うと、仏作って魂入れずになるわけですね。

では、成果は何によって生まれるかというと、

 システムや仕組みの運用

によってです。私の知る限り例外はありません。

たとえば、スマホでスケジュール管理をしようとして、使いやすいスケジューラを探して、テスト運用をしてみて、ちょっと気に入らないからといって、また別のスケジューラを探す、なんてことをしてません?
使いやすいスケジューラを探すこと2年、なんて事になってませんか?

使ってはじめて成果が出るのだから、さっさとコンビニに行って、100円のノートを買ってくればいいんです。

ただし、それに満足してはいけません。常に「より良い仕組みはないか」という問題意識を持っていれば、いい手帳の情報は自然にあなたのもとにやってきます。その中で、自分の問題解決にマッチしそうなものを拾い上げればいいだけです。少なくとも、コンビニノートよりは高機能になるでしょう。
そうしたら、成果は拡大の一途になります。

それを使って(運用して)仕事をしなかったら、成果はゼロのままです。

こう書くと「あたり前じゃん」と思われるかもしれませんが、できてないところはいっぱいあります。
だから、いくつになっても、どれほど努力しても、成長余地はいくらでもあるんですね。

 運用しつつ改善をする

これが仕事のスタンスです。

■同じテーマの記事

「教える」のではなく「シェアする」意識

よく言われることですが、何かに熟達したいと思ったら、だれにでもできる方法があります。他人に教えることです。ただ、どうもこの「教える」というのはハードルが高いです。つい、自分に「他人に教える程の知識があるのか」と疑問に思っちゃいますので。でも、実は誰にでもできることなんです。「教える」こと子供の頃に、「先生が生徒に教える」というイメージがついているので、ある程度熟達した人が、未熟な人に対してやる行為みたいな気がします。..

図解とは位置・配置に情報を盛り込むこと

よく「図解」という言葉が使われますが、どうもこの意味を誤解していて、きれいなピクトグラムや挿絵を使って、ひと目で意図がわかるようなものを想像される方が多いようなのですが、こういう定義を「図解」に与えてしまうと、私のようなイメージ貧困なボンクラにはハードルが非常に高くなってしまいます。過去記事でも、「文字とマル、線と矢印だけで十分図解だ」などと書いてましたが、実際、絵を描くことと図解そのものには乖離があります。図..

部下からの不平不満は上司の勲章

『課長のルール』という書籍から。部下に嫌われることを恐れるな誰だって人から嫌われたくはありません。部下とも末長く仲良くやっていきたいものなのですが、最近の若い世代は少々事情が許さなくなってきているようです。::(中略):おそらく部下に気を遣って気が引ける場面も多いことでしよう。しかし、部下に遠慮するのは絶対に禁物です(変に高圧的になってもだめですが)。さらにちよ..

スマホで頑張って入力したら辞書に入れる

スマホの日本語入力は私はすごく遅いです。最大でも1分間に60文字くらい。まあ、これでも最初の頃と比べると早くなった方ですが、いくらやってもこれ以上は早くならないみたい。短縮入力ができるようにするスマホの日本語入力にかぎらず、Google日本語入力や ATOK などもそうなのですが、過去に入力したことのある単語だと「予測候補」に表示してくれるようになります。これが入力速度をかなり改善してくれます。ところが、これは変換キーで区切ると、まとまりとしては認識されません。たと..

社内研修の講師になる

別の記事でも書いてますが、人に教えるというのは最高の勉強方法です。ただし、隣の後輩に「あ〜君、ドラッカーのマネジメントについて教えてあげるよ」と言ったらなにが起きるか、まぁ想像がつきますよね。社内研修たぶん社内研修ってあるでしょう。社員だけを集めていろんなことを教える研修です。その講師は、内容によっては社外から招くこともあるとは思いますが、会社の実務に沿ってというとやっぱり社員を講師にするということも多いかと思います。その講師..

メールは見るのを急くな、返事は急げ

他の人の PC 画面を見ると、メールクライアントが立ち上げっぱなしになっている人が結構います。最小化されているわけでもなく、デスクトップにど〜んと。新着のメールがあるかどうかがわかるように、実際に作業している Excel はちょっと小さくなってしまっていたりして…。これじゃあ効率が悪いだろう…と思うのは、私が時間貧乏だからだろうか…メールはすぐに見るな過去記事でも何度か書いてますが、メールのGTDメールの自動受信はオフにしておきなさいメールの処理メールはプ..

年上の部下は信用しても信頼してはいけない?

過去記事でも、「年上の部下」「年下の上司」について色々書きましたが、ちょっとおもしろい考え方が『課長のルール』という本に書いてありましたので共有。できる上司は部下を信頼しない「年上の部下」というのは、上司本人から見ても扱いにくいものではあります。だからといって、それがマネジメントできなければ、上司としての評価が落ちてしまいますので、なんとかしないといけないです。とくに昔のように年功序列がはっきりしていれば、そういうシチ..

forfilesの使い方

もう使わなくなったバックアップファイルは、削除しておくとハードディスクの容量にも、精神衛生にもちょっと良いかも。ただし、使う可能性のあるファイルを削除はしたくないので、一定期間以上編集しなかった、という条件で削除すると便利かと。これを実現するコマンドが forfiles。本日は、この forfiles の説明。パラメータ一覧FORFILES [/P パス名] [/M 検索マスク] [/S] [/C..

書類は立てて保管する

デジタル化が進んできて、「書類を見る」という行為も、PC で Word ファイルや PowerPoint ファイルを見ることみたいになりましたが、ウチの会社ではまだ多少は、紙の書類も現役です。たとえば、回覧資料、社会動静をまとめたスクラップブック、提案書(捺印の必要なもの)など。書類を書類棚から探す過去記事で何度か書いてますが、探すという行為は成果にはなんの影響もありません。探した結果だげが成果に結びつきます。したがって、探さ..

ドラッカー:リーダーシップ力診断

本日は、『まんがと図解でわかるドラッカー リーダーシップ論』から、ドラッカー流リーダー力診断をご紹介します。以下のリストにある項目に、そう思うなら「はい」、そうでないと思うなら「いいえ」で答え、「はい」の数を数えてみてください。・リーダーは、自分の得意分野に優秀な人材を集めることで組織に「強み」を作るべきである・リーダーは意思決定を下したら、あとは全て現場に任せること。役割分担が大事..