考える力は、他人が出した結論を見るだけでは絶対に付きません。
自分の頭で考え、それを整理し、行動してそれをさらに最初の考えにフィードバックするというループによってのみ強化されます。

本カテゴリでは、さまざまなテーマを設問としてご紹介していきます。
そのテーマについて、ノートに自分の考えを書き出して、それから導き出される結論に基づくアクションを決定して行動してみてください。その結果自分の考えがどのように変わったのか、一度このノートをを見なおしてください。


 Practice Makes Pefect!!



■本日のテーマ「あなたの持っている知識」



私が時々出没するYahoo質問箱で「仕事ができるようになりたいので、いい本を教えて下さい」というような質問を時々見かけます。

仕事に必要な情報を積極的に仕入れていくことは素晴らしいので、なるべくその人にあった本を紹介したりはしてますが、その本が役立つかどうかは、本の内容ではなく、その人の行動次第です。


★――――――――――――――――――――――――――
知識は、本の中にはない。本の中にあるものは情報である。知識とはそれらの情報を仕事や成果に結びつける能力である。

P.F.ドラッガー著   『想像する経営者』
――――――――――――――――――――――――――★



情報と知識は、どう違うのでしょうか。

例えば私の専門であるソフトウェアを学ぶためには、ソフトウェアの記述言語を知る必要があります。ただそれだけではなく、代表的なアルゴリズム、構造化、さらには、それらを使って表示装置を動かすことから、ネットワーク通信のやり方、OSの処理方法まで相当広範囲な情報が必要です。

これらの多くは大学やセミナーでで学べることです。

では大学を出たばかりの人と、10年以上プログラマとして活動した人の情報量は違うのかというと、実際大した違いはありません。
※逆に若い人のほうがより新しい知識を多く持っていることも少なくありません。

違いがあるのは、多くの情報の中から、それぞれの場面でどのような情報を適用するのが最適なのかを判断する力です。さらにそれを実際に個別のプログラムとしてつくり上げる力が違います。

この結果、新卒入社のプログラマが1ヶ月かかってもできないようなプログラミングをベテランであれば1日で仕上げることができたりします。

どんな仕事でもこういった構造はかわりません。

必要な情報や基本的な技能を修得することで、単に「知っている」状態から「理解している」「必要な場面、場面で応用できる」状態に持って行き、実際の行動を通じて成果を出していく。そのような能力を身につけて初めて、知識を得たといえるのです。

どんな会社にも、どんな職種にも、情報と知識の違いがあり、それが仕事の質を左右します。


■本日のお題



 あなたの持っている知識は何ですか

上記のように知識を定義した時に、あなたの持っている知識は何でしょうか?
それを3つ以上ノートに書き出し、それを証明する出来事(経験)をそれぞれ2つづつ上げてみてください。

たとえば、製造では

 ・顧客の納期要求データと実際の出荷データ実績から、今週の生産計画を立案すること
 ・作業ミスがあった時に、どのような作業をしたのかという作業分析から今後の作業方法を作成すること。

などです。またあなたが係長・課長であれば

 ・会社の経営計画にもとづいて今年度の部門KPI/PDを設定し、そのPDを達成するための計画を作成すること
 ・遅延し始めたプロジェクトに対して、遅延の回復のための方策を立案し、実行すること

などです。



■参考図書 『創造する経営者(ラッカー名著集6)





立ち読みできます立ち読み可
事業戦略が「発明」された歴史的著作。「今日の事業の成果」「潜在的な機会の発見」「明日のための新たな事業の開拓」を解く。さらには、「社会的存在としての企業とは何か」「プロフィットは外にある」等、経営の本質を説き、『経営者の条件』と並び、経営実践の書として経営者に長らく支持されてきたバイブル。ドラッカー名著集第6弾。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

創造する経営者(ラッカー名著集6)
著者 :P.F.ドラッカー

創造する経営者(ラッカー名著集6)
検索 :最安値検索

創造する経営者(ラッカー名著集6)
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 面接質問「どんな貢献ができますか?」
 昇進面接質問のブレークダウン
 意思決定をする
 リスクマネジメント:4つのリスクに備える
 成果を上げる5つの条件
 時間を創造する
 知識とは「何かを変えるもの」
 ドラッカー:人は、自らがもつものでしか仕事はできない
 勉強好きはどのように昇進・昇格に影響する
 意思決定をする
 自分を律すること
 好き嫌いで仕事をしてはいけない
 ワークライフバランスを整えてますか?
 継続的学習の方法を身につける
 時間の浪費をやめる
 自分でしか成長できない
 継続的学習の重要性
 機会をつかむ準備をする
 問題は行動によってのみ解決される
 計画を振り返りましたか?
 目標を達成するには時間配分に気をつける
 習慣の力を活用する
 働く動機を満たす行動をする
 アクションプランには軌道修正が必要
 仕事脳は回転の早さではなく体系化
 一般的な問題、例外的な問題
 行動に転化する
 意思決定回避のリスク
 唯一正しい目標は立てられない
 やめる・かえる・へらす
 決定しないという決定
 知識と情報、知識の血肉化
 到達点は目標で決まる
 今年の目標は何ですか?
 フィードバックする仕組み
 ドラッカー名著集 創造する経営者
 時間を分析する
 意思決定をする習慣
 時間を創造する
 時間を塊にする
 目的を明らかにする
 意見から始める
 時間の使い方を記録する

●このテーマの関連図書


ドラッカー名著集3現代の経営[下]

イノベーションと企業家精神(ドラッカー名著集)

ドラッカー名著集2現代の経営[上]

ドラッカー名著集11企業とは何か

ドラッカー名著集7断絶の時代

ドラッカー名著集8ポスト資本主義社会



■同じテーマの記事

リーダーシップとは芸術だぁ!

『リーダーシップ・チャレンジ』という本があります。初版発行(1987)から約30年を経過するロングセラーの一冊で、2014年に第5版が発行されています。今日語られているリーダーシップに関することはほぼここに書いてあります。おそらく、「リーダーシップ」に関する著作を持っている人は、何らかの形で影響されているのではないかと思えるような古典的正統派の「リーダーシップ論」です。多くの「リーダーシップ」本で語られているとおり、「リーダーシップ..

転職面接:なぜ弊社を希望されましたか?

新卒・転職面接にかかわらず、必ず出る質問に志望理由があります。この答え方に2パターンがありそうです。主語はなにか?主語の2パターンは、「御社は〜」「私は〜」です。ただ、主語が「御社は〜」の場合、印象に残ることがほとんどないです。あまり記憶に残ってません。これの理由をつらつら考えるに、「ありきたりのことしか言ってない」のではないかと。たとえば、「御社の将来性…云々」と言われても、面接官は10年も20年も会社にいるわけなので、応募者よりもその会社のことは詳し..

「…による」には2つの意味が存在する

論理的な文章を書く際に、気をつけている単語があります。「〜によって」「による」「により」この単語が一つの段落や文節に2つ以上出てきたら、多分読まされる人は苦痛です。意味がわからなくなるから。「によって」を多用してはいけないこの「によって」という単語は結構便利な接続して、因果関係のある事象を結びつけるのに使用します。たとえば「AによってBの問題が発生した」みたいな文章です。ところがこれが多段接続する時があります。「..

グロービス流ビジネス基礎力のチェックリスト3

『27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10』に載っていた、ビジネス基礎力のチェックリストをご紹介します。長文なので、3回に分けました。本日はその3回目。紹介「将来に、漠然とした不安がある」「今の自分に自信が持てない」「ビジネススキルを学びたいけれど、何から始めたらいいのかわからない」本書は、そんな悩みを抱える若手ビジネスパーソンに向けて、日本有数のビジネススクールであるグロービスの教授陣が書き下ろした「ビジネ..

グロービス流ビジネス基礎力のチェックリスト1

『27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10』に載っていた、ビジネス基礎力のチェックリストをご紹介します。長文なので、3回に分けました。本日はその1回目。紹介「将来に、漠然とした不安がある」「今の自分に自信が持てない」「ビジネススキルを学びたいけれど、何から始めたらいいのかわからない」本書は、そんな悩みを抱える若手ビジネスパーソンに向けて、日本有数のビジネススクールであるグロービスの教授陣が書き下ろした「ビジネ..

グロービス流ビジネス基礎力のチェックリスト2

『27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10』に載っていた、ビジネス基礎力のチェックリストをご紹介します。長文なので、3回に分けました。本日はその2回目。紹介「将来に、漠然とした不安がある」「今の自分に自信が持てない」「ビジネススキルを学びたいけれど、何から始めたらいいのかわからない」本書は、そんな悩みを抱える若手ビジネスパーソンに向けて、日本有数のビジネススクールであるグロービスの教授陣が書き下ろした「ビジネ..

「教える」のではなく「シェアする」意識

よく言われることですが、何かに熟達したいと思ったら、だれにでもできる方法があります。他人に教えることです。ただ、どうもこの「教える」というのはハードルが高いです。つい、自分に「他人に教える程の知識があるのか」と疑問に思っちゃいますので。でも、実は誰にでもできることなんです。「教える」こと子供の頃に、「先生が生徒に教える」というイメージがついているので、ある程度熟達した人が、未熟な人に対してやる行為みたいな気がします。..

記憶術:周辺情報を追加する

何かを記憶しようとするとき、そのことだけでなく他のことも合わせて記憶しようとするといい場合があります。人間の脳は、あらゆることを関連付けで覚えているそうです。したがって、離れ小島のようなピンポイント記憶は難しいんです。周辺記憶「周辺情報」を追加してみる記憶するときには、情報を絞り込んだほうが有利です。 5 つ覚えるより、ひとつ覚えるほうが簡単だからです。しかし、記憶の..

早く帰りたければ、予定をいれなさい

プレミアムフライデーとか、残業ゼロの日とかいろいろありますね。実際、サラリーマンにとって、残業代というのは生活給の一部だったりする部分もありますし、仕事も大抵は予定外のことが起きて、当初の工数ではできなくなって、期限が変わらない以上残業でカバーするしかないという側面もありますが、残業っていうのはある程度は必要なのかもしれません。でも、自己啓発の勉強がしたいとか、別の趣味があってなにかしたいと思っているような場合、やっぱり「今日は残業したくないな」という日も少な..

社内研修の講師になる

別の記事でも書いてますが、人に教えるというのは最高の勉強方法です。ただし、隣の後輩に「あ〜君、ドラッカーのマネジメントについて教えてあげるよ」と言ったらなにが起きるか、まぁ想像がつきますよね。社内研修たぶん社内研修ってあるでしょう。社員だけを集めていろんなことを教える研修です。その講師は、内容によっては社外から招くこともあるとは思いますが、会社の実務に沿ってというとやっぱり社員を講師にするということも多いかと思います。その講師..