仕事をする能力にはいろいろなものがあります。
これを修得するために、セミナー通いをする人もいるでしょうし、現場で身につけていく人もいると思いますが、能力を一番伸ばすことができるのは、その両方をやる人です。

何のセミナーだったか忘れてしまいましたが、こんな公式を教えてもらいまして、非常に印象に残っています

 能力 = 知識 × 経験

単純極まりないですが、経験的にも理屈で考えても、かなり的を得ているのではないでしょうか。

つまり、どんなに知識があっても、その人が仕事で成果を発揮できるかというとそうではない。
逆に、何十年その仕事をしていたからといって、その人が20歳も年下の人より成果が出せるわけでもない。

大卒の人で考えれば、中学、高校、大学と合わせて10年も英語を勉強していて知識はあるはずですが、海外で活躍できるための基礎である英語で活動できる人は僅かです。
それよりも、半年間英語圏で暮らした人のほうが英語が喋れるわけです。


■知識を入れつつ、経験をする


たとえば、業務改革をしたいと思ったら、「こんな風にしたい」と思うだけでは、改革はできません。

業務改革はどのようにするのか、他の会社ではどのようにしているのかという知識が必要です。
そして、知識を少しだけつけたら、実際にそれをやってみることです。

それをやってみて、今やったことは本に書いてあった(あるいはセミナーで説明された)どこに当たるのか、その手段の効果はどうだったのかをフィードバックして、より洗練(スマートにという意味ではなく、ドン臭くても自分や自分の置かれた環境に適したという意味)された方法を作り出していき、そのプロセスの中で知識をより深めていくという活動が必要なわけです。

「本など読んでも役に立たない」「セミナーに出ている時間があったらやってみろ」などという論調もありますが、実際にそういう人たちが、経験だけで何かを成し遂げてきたというわけではないのではないかと思います。もちろん、その人達がナイショで本を読んでいたということではなく、経験したことから何かを学び取って(一旦仮想世界に入れて)、それを現実世界にフィードバックしてきた場合も含めて、知識を得るための学習をして来たのだと考えています。

■学習すること


なにも、セミナーや読書することだけが知識を増やす方法ではありません。

経験したこと、実際にあったことから、「一般化するとどういうことが言えるのか」を考えることです。
ただし、考えるためには考え方を学ばないと考えられません。そのためにも、セミナーや読書はそのトリガになってくれる重要な要素のひとつです。

ある仕事をやっていると、そういう一般性がその人のコンピタンスになっていきます。

つまり、経験をどのくらい一般化できるかが、その人の能力を決めているのでしょうね。
それが今度は現在の状況に合わせて特殊化できて初めて、コンピテンシーといえるものができるのだと考えています。

なので、いまやっていることを振り返って、自分に何が足らないのかを考えることが、能力(コンピテンシー)を上げるゴールのないスタートになると考えています。

■知識と経験のバランス


こうして、学習というプロセスを通じて、知識と経験を結びつけていくと、その両方が自動的に増えていきます。
逆に言えば、経験がないままの知識や知識がないままの経験は情報としての価値がありますが、仕事の成果としては全く価値がない存在です。

学習を通じて知識と経験をバランスよく育てていきましょう。

■同じテーマの記事

早く帰りたければ、予定をいれなさい

プレミアムフライデーとか、残業ゼロの日とかいろいろありますね。実際、サラリーマンにとって、残業代というのは生活給の一部だったりする部分もありますし、仕事も大抵は予定外のことが起きて、当初の工数ではできなくなって、期限が変わらない以上残業でカバーするしかないという側面もありますが、残業っていうのはある程度は必要なのかもしれません。rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec";rakuten_items="ranking";rakuten_genreId=0;rakuten_size="468x60";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="off";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";でも、自己啓発の勉強がしたいとか、別の趣味があってなにかしたいと思っているような場合、やっぱり「今日は残業したくないな」という日も少な..

社内研修の講師になる

別の記事でも書いてますが、人に教えるというのは最高の勉強方法です。ただし、隣の後輩に「あ〜君、ドラッカーのマネジメントについて教えてあげるよ」と言ったらなにが起きるか、まぁ想像がつきますよね。社内研修たぶん社内研修ってあるでしょう。社員だけを集めていろんなことを教える研修です。その講師は、内容によっては社外から招くこともあるとは思いますが、会社の実務に沿ってというとやっぱり社員を講師にするということも多いかと思います。その講師..

記憶術:休み休み、繰り返し

どうも脳は繰り返し考えたことは記憶に残るようになっているそうです。出し入れすることで記憶力が強化される考えてみれば、会社に入るまでは、その業界のことなんてほとんど知りません。それなのに1年もすると、その業界でどんな会社があって、それぞれの特徴はどんなことなのかなんて、いちいち手帳を見たりしなくてもスラスラいえますよね。極端な話、あなたの上司の名前、別に考えるまでもでてきますよね。脳は繰り返し、出したり入れたりした情報をちゃんと..

待ち時間で整理整頓清掃清潔

ちょっとしたスキマ時間に、すぐに始められて短時間で終わる作業を持っておくといい、とはよく言われます。じゃあ、「今から3分あります」と突然言われて、3分で終わることができる仕事ってどのくらいありますか?私はよくメール処理をするのですが、たまたま読んだメールが考えないといけないようなものだったりすると、3分が10分でも終わらないことがあります。3分と最初は思ったけど、実際に空き時間は2分になったり10分になったり変動するものです。そ..

ドラッカー:リーダーシップ力診断

本日は、『まんがと図解でわかるドラッカー リーダーシップ論』から、ドラッカー流リーダー力診断をご紹介します。以下のリストにある項目に、そう思うなら「はい」、そうでないと思うなら「いいえ」で答え、「はい」の数を数えてみてください。・リーダーは、自分の得意分野に優秀な人材を集めることで組織に「強み」を作るべきである・リーダーは意思決定を下したら、あとは全て現場に任せること。役割分担が大事..

かっこいいグラフを作れるテンプレートChartChooser

コンサルタントが作る資料って、かっこいいですよね。もちろん、それで生計を立てているプロなんだから、シロートと比べられたら、コンサルタントは怒るでしょうけど。グラフの種類は多くないでも、結構多くのコンサルタントの方とお付き合いした経験からして、実際に使っているチャートはそれほど多くはないようです。つまり、あるテンプレートがあって、それにデータを食べさせればいいように作ってあるみたいです。まあ、そのくらいでないと効率的には作業でき..

記憶術:意味付けをする

私は学生時代、英単語を覚えるのが超苦手でした。とにかく日本語と英語の対を覚えようとして、lamentable:ラーメン食べる悲しい受験生determine:出たみんなで決定するこういうのを語呂合わせで一生懸命覚えるわけです。ところが、試験になると、その記憶が単発で覚えているので、「ラーメン」まででてくればまだ可能性はあったのですが、それすら出てこなくて、「ラメンタブル」「ラメンタブル」と繰り返し唱えても、結局意味不明のまま。..

面接のベストアンサー

私が過去に採用面接や昇級・昇格面接で経験した「これは!」という問答をちょっと紹介します。質問:あなたの職歴・経験について教えてください普通の答え年に××社に入社しまして、部に配属されました。その後、年に部に移籍になりを担当しました。⇒勝手な感想そんなこと履歴書に書いてあるじゃん…グッドアンサーこれまでの職務経験でお伝えしたいことは3つあります(指を折りながら)。一つ目が、年に××社の部で経験したことですが、についてをし..

車のメンテナンスをするように自分もメンテナンスする

ちょっとした毎日・毎週程度のメンテナンスを怠ると、フィジカルにもメンタルにも問題を起こしかねません。「ちょっときつい」と思ったときが坂道の始まりです。前の項目で紹介した「心地よい状態のときの自分をイメージして、現在の自分と同一化する」というのも、状態を変える有効なアプローチです。本書の冒頭で「自分の体は一台の車のようなもの」と表現した通り、車の状態がよければ気持ちよくドライブできます。多..

四現象マトリクスは四角で囲ってはいけない

「四現象マトリクス」ってよく使いますよね。全体を縦線と横線でわけて、課題なんかの要素をマッピングするやつ。よく出てくるのは重要度と緊急度のマトリクスですね。四角で囲ってはいけない四現象マトリクスでちょっとだけ注意すると使いやすくなる方法をご紹介します。大したことではないですが、四現象マトリクスを書くときに、まず大きな四角を書いて、それを縦横2分割して書く人がいます。これはやめたほうがいい。外に枠を書くと、拡張できない最初に外枠を書いてしまうと、当然ながら4つの領域..